ビジャやトーレスと共にユーロ優勝に貢献した元スペイン代表FWが40歳でも現役続行へ

2020.05.13 12:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはスペイン代表で貴重な存在となっていたFWダニエル・グイサ(39)が、新シーズンも現役を続けることになった。

スペイン3部のアトレティコ・サンルケーニョは12日、グイサとの契約延長を発表した。新契約は1年間となる。

マジョルカやヘタフェ、フェネルバフチェなどでプレーしたグイサは、2007-08シーズンにマジョルカでシーズン27ゴールを挙げ27歳で得点王に輝くと、スペイン代表に滑り込みで選出されユーロ2008出場。昨シーズン限りで現役を引退したFWフェルナンド・トーレスやFWダビド・ビジャらとポジションを争い、本大会では4試合で2ゴールを記録し、優勝に貢献していた。

その後は、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムやパラグアイのセロ・ポルテーニョなどでもプレー。その後スペインへ戻り、2017年7月にアトレティコ・サンルケーニョへ加入していた。

39歳になったグイサは、現在スペイン3部のアトレティコ・サンルケーニョでプレー。今シーズンはリーグ戦21試合に出場もゴールはない状況だった。

私生活での話題に事欠かないグイサは、コロナ禍でもスーパーマーケットでビール3カートンと炭酸飲料を大量購入する姿が目撃されるなど、話題を振りまいている。
コメント