通報は実は2度目だった…隣人女性宅を覗き自慰行為で逮捕のアルジェリア代表FWが謝罪

2020.05.08 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
わいせつ物陳列罪で逮捕されたアンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)が謝罪した。イギリス『サン』が伝えた。エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。

そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。すでに釈放されているが、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。

今月4日にアンジェとの契約を2023年6月まで延長することが発表されてから数時間後の行動について、エル・メラリは自身のSNSで謝罪をした。

「この数日は精神的にも肉体的にも非常にハードだった。批判と判断への対応は難しい。情報を受け取った人が、このような行動を容認できないことは理解している」

「僕の家族、友人、愛するクラブであるアンジェのサポーター、そしてアルジェリアの仲間に謝罪したいと思う」

「起きたすべてのことが僕に影響を与え、それは僕が守らなければならない価値観と原則をより強く意識させるようになった」

「この難しい時期に僕と向き合ってくれたすべての人々に感謝している」

なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であることが報告されている。
コメント
関連ニュース
thumb

「僕は若かった」背中に巨大なタトゥーを入れたサネが後悔の念を明かす「今なら別の決断を下す」

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが、自身の背中に入れているタトゥーについて語った。ドイツ『シュピーゲル』が伝えている。 サネはマンチェスター・シティ時代の2017年、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、モナコとの1stレグでゴールを決めたタイミングで、背中に大きくゴールを決めた瞬間の自分の姿のタトゥーを入れ、話題を呼んでいた。 その後、タトゥーのデザインはシティのユニフォームからドイツ代表での姿に変化したが、約4年が経った今、タトゥーを入れた選択を後悔しているようだ。 「僕は若かった。今なら別の決断を下すと思う。若い時の僕は挫折から学ぶために、たとえそれで傷ついたとしても壁にぶつかる必要があった」 「この話題がメディアで大きく取り上げられたことに驚いた。当時はまだただの若手だったし、ドイツには他にもっと重要な選手がいたが、それでもこのタトゥーが議論の的になった」 25歳のサネは、タトゥーを入れた当時はまだ21歳。欧州ではタトゥーの文化は受け入れられており、サッカー選手でも入れている選手が多いが、今のサネはまた別の考えを持っているようだ。 <div id="cws_ad">◆サネの背中に彫られた巨大なタトゥー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The tattoo. It took two &quot;long days&quot; to do, four days in total. <a href="https://t.co/ypDPLUrp1o">pic.twitter.com/ypDPLUrp1o</a></p>&mdash; Sam Lee (@SamLee) <a href="https://twitter.com/SamLee/status/889914488736165888?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.26 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが痛快ジョーク! 2011年のバルサ戦を振り返るファンの質問に「あの夜は僕が支配していた」

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、ファンからの質問にジョークを飛ばしている。 昨年10月にウェストハムとの契約を解除し、つい先日にボーンマスと半年間の契約締結に至ったウィルシャー。すでに19日に行われたダービー・カウンティ戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)デビューしており、29歳の新たなキャリアがスタートしている。 そんな中、23日にウィルシャーは自身の公式ツイッターでフォロワーとの交流を図った。様々な質問が寄せられた中で、一人のフォロワーから「2011年のエミレーツで行われたバルセロナ戦で、あなたは誰のプレーを見て感銘を受けましたか?」という質問が及んだ。 この質問は、2010-11シーズンのチャンピオンズリーグのラウンド16・バルセロナ戦に関するもので、アーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムで行われたファーストレグは2-1でアーセナルが先勝していた。 当時のバルセロナと言えば、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いた黄金時代の真っ只中。中盤にはチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツが君臨し、称賛や名誉を欲しいままにしていた。 結局、同大会を圧倒的な強さで制したバルセロナに一太刀浴びせたアーセナルにおいて、フル出場したウィルシャーに上述の質問が寄せられたのだ。 だがウィルシャーは、「学べることはなかったね。あの夜、彼らは皆、僕のポケットの中で大人しくしていたんだから(笑)」と返答。簡単に言えば「大したことなかった」という意味合いだろう。 確かにウィルシャーは若い頃には“天才”と称され、アーセナル時代の同僚であり、バルセロナでそのチャビやイニエスタらと共闘したMFセスク・ファブレガスも絶賛していたが、その実ケガの連続で、今のところその才能が輝いたとは言えない。 もちろん本人も承知の上でのコメントだろうが、このツイートには別のファンから「ポケットにそんな重い物を入れてなけりゃ、ヒザのケガで4カ月も離脱することはなかっただろうに」と、ウィルシャーを上回るジョークを返されていた。 2021.01.24 18:06 Sun
twitterfacebook
thumb

違法パーティ参加、スイス代表FWが警察から屋根を使って逃走の容疑

ボルシアMGのスイス代表FWブリール・エンボロに容疑がかけられている。ドイツ『ビルト』が報じた。 報道によると、エンボロは17日の夜にエッセン州のバルデニー湖のカフェでパーティーに参加していたとのこと。その際に警察が捜査に入ると、屋根を伝って逃げていったのがエンボロであるとの容疑をかけられている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が再び激しさを増し、厳戒態勢が敷かれている中、閉店しているはずのカフェで行われていたパーティは違法なもの。そこから逃げ出したとのことだ。 なお、逃げた男は隣接するアパートに逃げ込み、警察が訪れるとエンボロが1人で部屋にいたという。 エンボロは手を手術していた中で試合を欠場。また、今回のパーティ参加を明確に否定している。しかし、プロトコル違反となっており、19日のブレーメン戦は出場停止となっていた。 <div id="cws_ad">◆エンボロがCLで決めた豪快バイシクル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NTA3S1E5SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 選手本人が否定している一方で、エッセン警察はこの件について「彼は1人で部屋にいた。したがって、屋根を伝って逃げた男はエンボロだと仮定できる」と発表している。 ボルシアMGは「ここまでのところ、我々に新たな情報はない。まだ、警察による推測の状態だ」と否定。しかし、「同僚が到着すると、人が屋根を伝って隣のアパートに駆け寄り、窓から侵入した。そこから我々が入ると、1人の男、エンボロに会った」と捜査員は述べており、警察の推測は当たっているようにも思える。 エンボロは検査で陰性となったために20日からチームのトレーニングに復帰。しかし、パーティ参加は断固として否定している。 エンボロは今シーズンのブンデスリーガで14試合に出場し3ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグでは5試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.01.21 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレスが驚異のバルクアップ! アジア企業のアンバサダー就任発表も注目は違うところに

先日久しぶりにメディアに姿を現した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの見た目の変貌ぶりが話題となっている。 サガン鳥栖でのプレーを最後に、2019年にそのキャリアに幕を落としたトーレス氏。昨年夏からは古巣アトレティコ・マドリーのBチームで監督を務めており、第二の人生を歩み始めている。 引退から1年以上が経った中、トーレス氏は自身の公式インスタグラムを通じて、カジノウェブサイトを運営する東南アジアの会社『AW8』のアンバサダー就任を発表。しかし、関心を集めたのは久々に披露されたその見た目だった。 現役時代のトーレス氏はスラリと長い手足とその端麗な顔立ちで、モデルとしても通用するような体型だった。プレースタイルもスピードや嗅覚を生かしたものだったが、最新のトーレス氏は、両腕にレスラーのような筋肉をつけ、胸筋も見事に発達。これまでのイメージを払拭する驚きの姿となっていた。 これには驚きを隠せないファンが多く、SNS上では大きな話題となっている。 情報によると、トーレス氏は引退後、ボクシングやジム通いを始め、現在のような体つきになったとのこと。現役時代からその願望はあったのかもしれない。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fernando Torres bulked up <a href="https://t.co/PSs3QI9vIs">pic.twitter.com/PSs3QI9vIs</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1351591954098884617?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

あのJリーグクラブが唯一参加! 世界中で人気の『フォートナイト』のコスチュームに登場

世界中で人気を博しているオンラインゲーム『フォートナイト』。サッカー界でもプレーヤーが多い人気のゲームだが、新たにフットボールの世界が登場することになると発表された。 『フォートナイト』によると、今回フットボールファンに向けてサッカークラブのコスチュームを配信するとのこと。男性用と女性用の10種のバリエーションのコスチュームから選んで、ゲーム内で好きなクラブをアピールすることが可能となった。 『フォートナイト』は、3つのモードで展開されるゲームで「世界を救え」、「バトルロイヤル」、「クリエイティブ」が楽しめる。 「世界を救え」モードでは他のプレーヤーと協力し、役割分担をして楽しむもの。その際には、外見などがステータスに影響を与え、プレーヤーは課金して購入して楽しんでいる。 今回用意される「キックオフ」セットでは、世界中の23のクラブをパートナーとなり、ユニフォームを提供されるとのこと。マンチェスター・シティやユベントスなどが並ぶ中、なんとJリーグからも1クラブだけ参戦。セレッソ大阪が搭載されている。 また、サッカー界のレジェンドであるペレ氏ともタッグ。「ペレのジャンピングガッツポーズ」というゴール後のパフォーマンスが配信されるとのことだ。 さらに「ペレカップ」がゲーム内で開催され、参加すれば「キックオフ」セットや「ペレのジャンピングガッツポーズ」が獲得できるチャンスがあるとのことだ。 今回パートナーとなったクラブは以下の通り。 マンチェスター・シティ ウォルバーハンプトン ウェストハム ユベントス ミラン インテル ローマ セビージャ スポルティング・リスボン ボルシアMG シャルケ ヴォルフスブルク レンジャーズ セルティック シアトル・サウンダーズ アトランタ・ユナイテッド ロサンゼルスFC サントス バイーア セレッソ大阪 メルボルン・シティ シドニーFC ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 2021.01.20 12:46 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly