ディ・マリア妻、夫の「くそったれ」なユナイテッド時代を語る 「何もかもが好きじゃなかった」

2020.05.07 10:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの妻にとって、夫のマンチェスター・ユナイテッド時代は嫌な思い出しかない。

ディ・マリアは2014年にレアル・マドリーからユナイテッドに移籍したが、当時の指揮官だったルイス・ファン・ハール監督と反りが合わず、わずか1年で退団。ディ・マリア本人の後日談として、たびたびユナイテッド時代の苦悩が取り上げられるが、イングランドからの脱出は家族にとっても悲願だったようだ。

イギリス『talkSPORT』によると、妻のホルヘリーナ・カルドーソさんはアルゼンチンのテレビ番組で夫のユナイテッド時代を振り返り、そもそも移籍決定前からイングランドに良いイメージがなかったと当時の思いを吐露。不満もぶちまけた。

「私はマンチェスターに行きたくなかった。(マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ)・アグエロの前妻である(ジャンニ―ナ・)マラドーナとは友達で、アンヘルがレアル・マドリーで休みのときにマンチェスターの彼女たちが住む家に行って、2、3日間ぐらい滞在したからよ。酷いものだったわ! 全てがね。家に行ったとき、『またじゃあね。もうここから出るわ』って気分だったわ」

「私は彼に言ったのよ。『どこに行っても良いけど、イングランド以外にしてね』って。それなのに、1年後、イングランドにいたわ。くそったれよ。イングランドの何もかもが好きじゃなかった。女性はみんな、細くて、堅苦しくて、上品ぶって…どこか風変わり。通りを歩いていても、殺されるかどうかもわからない。食べ物もおいしくないしね。女の子は完璧にメイクアップした9頭身のお人形よ」

「そうした環境のなかにノーメイクでお団子ヘアの私がいたの。アンヘルが『マンチェスター・ユナイテッドからオファーが届いた。経済的にも少し裕福になれるはずさ』っ言ってきたのを覚えているわ。でも、私はこう言った。『行くなら1人で行って』ってね。でも、でも、彼が『行こう』って聞かなかったの。かなりの大金だったのもあってね。スペイン人からは金の亡者呼ばわりされるようになったわ」

「でも、そのとおりよ! 会社で働いていて、他の会社から2倍の給料を提示されたら飛びつくでしょ!」

関連ニュース
thumb

D・ヘンダーソン、カタールW杯行きを諦めず「確かに不利な状況だけど…」

ノッティンガム・フォレストのGKディーン・ヘンダーソンが、イングランド代表入りへの思いを語っている。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のヘンダーソンは、出場機会を求めて今夏にフォレストへレンタル移籍した。昨季はわずか5試合に出場しただけだったが、新天地では正GKとしてリーグ戦では全試合に出場している。 そんな中、今回のインターナショナルマッチウィークでは、イングランド代表で守護神の地位を築くジョーダン・ピックフォードが負傷中のため、代わりにヘンダーソンが招集された。ただ、昨夏のユーロ以来の招集となったが、イタリア戦とドイツ戦ともに出番はなく、4番手であることを痛感させられることになった。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは他のGKより遅れをとっていることを認めたヘンダーソン。それでも、カタールW杯でのスリーライオンズ入りに向けて諦めない姿勢を示した。 「今は遅れていると思う。明らかに昨シーズンはほとんどプレーできてなかったし、他のみんなは上手くやっていた」 「僕の最大のチャンスは試合に出てガレス・サウスゲイト監督にアピールすること。願わくば良い印象を与えられるといいね」 2022.09.27 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロサーノを来夏売却か? バイエルンやユナイテッドが関心

ナポリのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(27)に、多くのクラブが関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 PSV時代に名声を高め、2019年夏に推定4500万ユーロの移籍金でナポリに加入したロサーノ。当時も多くのビッグクラブが獲得に動いた右ウインガーは、初年度から主力の一人としてプレーし、2年目には公式戦43試合15ゴール5アシストの成績を残した。 昨季もルチアーノ・スパレッティ監督のもとで概ね主軸としてチームに貢献したが、今季にかけてもやや存在感が薄まってきていることも事実。今季はまだ1アシストのみで、ついに直近のミラン戦では起用されなかった。 契約が残り2年ということもあり、来夏の退団が予想されているロサーノ。『マルカ』によれば、バイエルンやライプツィヒ、マンチェスター・ユナイテッドなど国外のビッグクラブから関心を持たれているという。 また、伝えられるところでは、ナポリは27歳の売却額を3000万ユーロと評価。メキシコ代表での活躍も加味すればリーズナブルな設定金額と考えられるが、果たしてその去就は…。 2022.09.27 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ストーンズが代表戦で負傷交代…シティ帰還後の初戦はマンチェスター・ダービーも

イングランド代表DFジョン・ストーンズがケガを負ってしまった。 26日のUEFAネーションズリーグでドイツ代表をホームに迎え撃ったイングランド。グループステージ最下位でリーグB降格が決まっての一戦とあって、今年11月のカタール・ワールドカップを睨んだテストの場となるなか、出場停止明けのストーンズは3バックの右センターバックで先発した。 守りの部分だけでなく、10分にカウンターのキッカケとなる縦パスも披露したりしたが、35分に自身のボールカットから自ら前線に駆け上がった際に右足ハムストリングの裏を右手で抑え込み、プレーを中断。ピッチ上での治療を経て、37分にDFカイル・ウォーカーとの交代で退いている。 現時点でイングランド代表からアナウンスなく、状態不明だが、所属先のシティに戻ると、10月2日に予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦が再開初戦に。検査の結果が待たれるところだ。 2022.09.27 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

痛恨ミスで批判浴びるマグワイア…代表OBも苦言 「ミスをするのは常に彼であるように思えてしまう」

元イングランド代表FWのジャーメイン・デフォー氏が痛恨ミスの同代表DFハリー・マグワイアに苦言を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 この試合も先発したマグワイアだが、自身のパスミスからファウルでPKを与え、批判の矢面に。元々、所属クラブのマンチェスター・ユナイテッドでベンチを温める試合が増えている中での代表入りに懐疑的な声が多かったが、火に油を注ぐパフォーマンスとなってしまった。 『Channel 4』に出演したデフォー氏も愚かなミスだったと苦言。一方で、これまで代表に大きく貢献してきた選手の復活を望むとも語っている。 「イングランドの喫した失点は避けられたものだったと思う。愚かなミスによってみすみすボールを相手に渡してしまい、その後にPKを与えた。明らかに個人のミスだが、どういうわけか、そうしたミスをするのは常に彼であるように思えるね」 「今の彼の周りには多くのネガティブな要素がある。それでも、彼はイングランド代表として各大会で良い結果を残してきただけに、これからも良いプレーをしてほしいと思ってしまう」 「実際、彼は代表の一員として好成績を残してきた選手だ。だから、今は自分にかけているブレーキを外して、ひたすらプレーしてくれることを望むよ」 <span class="paragraph-title">【動画】後半早々にボックス内でPKを与えてしまうマグワイア</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PsPkQe0Tu80";var video_start = 124;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

「逃げ続けることはできない」暴力的行為でFAから告発されたC・ロナウドに被害者少年の母が再び怒り「彼はどうして夜眠れるの」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに手を叩かれた少年の母親が、事件について改めてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。 C・ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を叩き落とし、その場を去っていた。 この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され騒動に発展。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。 その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたC・ロナウドだが、さらに24日にはイングランドサッカー協会(FA)から「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。 事態の進展を受け、少年の母親が改めてコメント。収まらぬ怒りを明かした。 「彼が最終的に正しい罰を受けることを望みます。彼はそれを逃れ続けることはできません。彼の行動は容認できません」 また、C・ロナウドのファンから「地獄のような6カ月間」に耐えてきたとする母親は、今回のFAの告発で問題が再燃したと語っている。 「私は再びこの事件を引きずっていると言う人々に追い詰められていますが、私は告発について何も知りませんでした」 「彼は半年前に処分されるべきでした。息子は、毎日彼に何が起きたのかという話をしています。彼は、まだ携帯電話を息子に返していません」 そして、携帯電話の修理代金をマージーサイド警察が支払ったことについてもC・ロナウドの対応を糾弾している。 「彼が支払うべきです。彼がこの事件のすべての発端です。それは私を困惑させます。彼は子供を暴行しても、いつも通り過ごすことができます。若いファンに与えた苦痛を理解しているなら、どうして夜眠れるのでしょう」 C・ロナウドが200ポンド(約3万円)の罰金を払ったことを警察から聞いたという母親は、心からの謝罪は受けていないともしている。 「彼は私たちに会うことを提案し、申し訳ないと言ったが、何も悪いことはしていないとも言った。それは謝罪ではなく、侮辱です」 なお、FAによってC・ロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドが少年の手を叩き落とした瞬間を改めて確認</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/PE1LahZpms">pic.twitter.com/PE1LahZpms</a></p>&mdash (@c7world) <a href="https://twitter.com/c7world/status/1512889318192435208?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 12:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly