アルジェリア代表FWが隣人に自慰行為を見せつけるわいせつ行為で逮捕…

2020.05.06 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)がわいせつ物陳列罪で逮捕されたようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。

『Le Parisien』が伝えるところによれば、エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。

そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。ただ、すぐに自身の容疑を認めたため、すでに釈放されたようだ。また、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。
なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であるという。一方、同選手の弁護人は被害女性がエル・メラリの当該行為を見ていないという主張を述べている。

2018年にアンジェに加入したエル・メラリは、今シーズンの公式戦11試合で5ゴールを記録。また、アルジェリア代表ではここまで2キャップを刻んでいる。今月4日には2023年6月までの契約延長が発表されたばかりだった。

関連ニュース
thumb

「期待を裏切り続けている」2試合ぶり先発の南野拓実に厳しい評価、チャンスメイクするも連係面とミスを指摘「デュエルで苦戦を強いられた」

モナコの日本代表MF南野拓実が苦しい立場に立たされている。 30日、リーグ・アン第13節でホームにアンジェを迎えたモナコ。南のはこの試合トップ下で先発出場。第11節のクレルモン戦以来、リーグ戦で2試合ぶりに先発の機会が巡ってきた。 前回の試合は味方の退場により、早々とベンチに下げられてしまった南野。そんな中で迎えたアンジェ戦は、2トップの近くでプレーし攻撃に絡んでいく姿勢を見せる。 一方で、中盤で多くのボールロストが見られることに。前半の終盤には自身のパスからPKが生まれるが、ウィサム・ベン・イェデルが失敗。その後にもミドルシュートを放つもGKに阻まれるなどして無得点。55分にピッチを後にすると、代わりに入ったアレクサンドル・ゴロビンが追加点を奪う活躍を見せ、2-0で勝利を収めていた。 南野に対しフランス『レキップ』は10点満点中3点の低評価。辛辣なコメントを残している。 「日本人は期待を裏切り続けている。彼は自分の力を発揮することはできたが、あまりにも多くのボールを失った」 「フリーキックも上手く決められず(8分、36分)、味方が意図したパスも全て読みきれず、デュエルでも苦戦を強いられた」 トップ下で出ている以上、チャンスメイクやチームの攻撃の中心となるだけに、あまりにも多かったボールロストが低評価に。また、味方との連係の拙さも再び目立つ格好となってしまった。 試合には起用されている中で、公式戦13試合で1ゴール2アシスト。エンジンをそろそろかけてもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が2試合ぶり先発のアンジェ戦ハイライト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4V0Rx391moc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.31 13:01 Mon
twitterfacebook
thumb

キックオフからたった9秒で退場の珍事…ニースDFが欧州5大リーグ最速記録に

キックオフからたったの9秒で退場する事件が起こった。 17日には、今季からアンタルヤスポルへと完全移籍したMF中島翔哉が途中出場から15秒で一発退場になるということが話題に。これは世界でも大きく取り扱われることとなったが、それをすぐに更新する珍事が起きたのだ。 それは18日に行われたリーグ・アン第8節のニースvsアンジェの一戦。2021年夏にバルセロナから完全移籍で加入したDFジャン=クレール・トディボだった。 ニースの主軸CBとしてプレーするトディボは、アンジェ戦にも先発出場する。 するとキックオフからアンジェがパスを繋いで縦に。するとパスに抜け出そうとしたアブダラー・シマに対して、トディボがチャージ。このプレーに主審がすぐさまレッドカードを提示したのだ。 ファウルが起きたのはキックオフからおよそ5秒後。カードが出されたのは9秒となった。 これはヨーロッパの5大リーグでは最速の退場記録となったとのこと。衝撃の珍プレーとなってしまった。 ちなみに、Jリーグでは現在はヴィッセル神戸のアシスタントコーチを務める菅原智氏が東京ヴェルディ時代の2009年4月15日、サガン鳥栖戦で試合9秒で退場。大黒将志がキックオフから戻したボールを菅原はCBが受けると思いスルー。しかし、パスは両CBの間に転がったため慌てて対応し、池田圭を掴んで倒していた。 <span class="paragraph-title">【動画】何が起きた!? キックオフからたった9秒で一発レッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>A clear annihilation of a goal-scoring opportunity on Sima, who was running at goal.<br><br>Record: He becomes the fastest player in the history of the 5 major leagues to get sent off so quickly. <a href="https://t.co/FCNZQW5x9R">pic.twitter.com/FCNZQW5x9R</a></p>&mdash; Fnews. (@Fnews81010283) <a href="https://twitter.com/Fnews81010283/status/1571605658218430465?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.19 21:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、アンジェのカメルーン代表DFエボセを獲得

ウディネーゼは29日、アンジェのカメルーン代表DFエンツォ・エボセ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年契約で移籍金は300万ユーロ(約4億円)とのことだ。 RCランスでプロデビューを飾った左サイドバックを本職にセンターバックでもプレー可能なエボセは、ル・マンを経て2020年夏よりアンジェでプレー。昨季はリーグ・アン27試合に出場していた。 フランス出身だが、ルーツのカメルーン代表に2021年12月、初選出していた。 2022.07.30 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、大型WGシマをアンジェへレンタル!

ブライトンは12日、セネガル代表FWアブダラー・シマ(21)がアンジェへ1年間のレンタル移籍で加わることを発表した。 スラビア・プラハで台頭したシマは右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカー。2020-21シーズンに39試合20ゴール8アシストの数字を残したことで、昨夏にブライトンへ4年契約で加入した。 圧倒的な身体能力を生かした打開力、得点感覚を備えた逸材は、昨夏の獲得時にチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティへ即レンタルで加入。だが、その新天地では度重なる負傷によって、シーズンをほぼ棒に振り、公式戦4試合の出場に留まっていた。 そういった事情もあり、ブライトンはさらなる成長を期待してリーグ・アンのアンジェへ武者修行に出すことを決断した。 なお、シマはユース年代でフランスのトノン・エビアンでプレーしており、約2年ぶりのフランス帰還となる。 2022.07.13 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、仏リーグ屈指の攻撃的MFフルジーニを獲得!

マインツは12日、アンジェからフランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格したフルジーニは、フランスの世代別代表チームに選出されてきた攻撃的MF。2017年にアンジェに完全移籍すると、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残してきた。 トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、個人での打開力や正確な右足のキックを生かしたチャンスメークを特長とする。さらに、国内ではプレースキックの名手としても知られている。 ここ最近ではボルシアMGやレンジャーズからの関心も伝えられたが、ヴァランシエンヌ時代からの親友で、今夏までマインツに在籍していたフランス人DFムサ・ニアカテ(現ノッティンガム・フォレスト)のアドバイスもあり、マインツ行きを決断した。 2022.07.13 14:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly