アルジェリア代表FWが隣人に自慰行為を見せつけるわいせつ行為で逮捕…

2020.05.06 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)がわいせつ物陳列罪で逮捕されたようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。

『Le Parisien』が伝えるところによれば、エル・メラリは5月4日から5日にかけた深夜の時間帯にアンジェ市内にある自宅の中庭で、1階にある隣人女性宅を覗き見ながら自慰行為を行ったという。

そして、女性からの通報を受けて、駆け付けた地元警察によってわいせつ物陳列罪の容疑で逮捕され、勾留。ただ、すぐに自身の容疑を認めたため、すでに釈放されたようだ。また、今後の裁判では罰金刑が科される見込みだという。
なお、地元警察によると、エル・メラリが隣人女性に通報されたのは今回が2度目であるという。一方、同選手の弁護人は被害女性がエル・メラリの当該行為を見ていないという主張を述べている。

2018年にアンジェに加入したエル・メラリは、今シーズンの公式戦11試合で5ゴールを記録。また、アルジェリア代表ではここまで2キャップを刻んでいる。今月4日には2023年6月までの契約延長が発表されたばかりだった。

関連ニュース
thumb

マルセイユがモロッコ代表MFウナイ獲得を発表! カタールW杯の主役の一人が仏屈指の名門へ

マルセイユは29日、アンジェからモロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 なお、フランス『レキップ』によると、マルセイユは移籍金800万ユーロ+アドオン200万ユーロの総額1000万ユーロ(約14億1000万円)に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことになる模様だ。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て、2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 <span class="paragraph-title">【動画】今冬の注目株がマルセイユに加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/AzzedineOunahi?ref_src=twsrc%5Etfw">@AzzedineOunahi</a> <br><br>Le milieu offensif marocain a signé son contrat et est désormais ️<a href="https://twitter.com/hashtag/AzzedineEstOlympien?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AzzedineEstOlympien</a> <a href="https://t.co/Pvjk7bmaqe">pic.twitter.com/Pvjk7bmaqe</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1619709469973168129?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.30 00:52 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユがモロッコ代表MFウナイの獲得でアンジェとの基本合意発表!

マルセイユは28日、モロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)の完全移籍に向けてアンジェと基本合意に至ったことを発表した。 フランス『レキップ』などによると、マルセイユは移籍金800万ユーロ+アドオン200万ユーロの総額1000万ユーロ(約14億1000万円)に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことになる模様。また、選手サイドとは2027年までの4年半契約で合意しており、メディカルチェックをパスした後に移籍が完了する。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 アンジェの財政難もあって今冬の退団が既定路線となっていた中、当初はレスター・シティやリーズというプレミアリーグの中堅クラブ、ナポリ移籍が有力視されていた。しかし、その新天地はフランス屈指の名門となった。 2023.01.29 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユがW杯で躍動したモロッコ代表MFウナイの争奪戦制す! 4年半契約での加入決定的に

マルセイユが、アンジェのモロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)を巡る熾烈な争奪戦を制したようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数メディアが報じた。 報道によると、マルセイユは総額1000万ユーロ(約14億1000万円)の移籍金に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことでアンジェとクラブ間合意に至ったという。また、選手サイドとは2027年までの4年半契約で同じく合意に至ったとのことだ。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 アンジェの財政難もあって今冬の退団が既定路線となっていた中、当初はレスター・シティやリーズというプレミアリーグの中堅クラブ、ナポリ移籍が有力視されていた。しかし、その新天地はフランス屈指の名門となった。 2023.01.28 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

休暇明けのメッシが復帰弾! PSGがホームで最下位相手に完勝《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、リーグ・アン第18節でアンジェと対戦し2-0で勝利した。 前節のRCランス戦で今季リーグ初黒星を喫したPSGは、その試合からスタメンを4人変更。ムバッペやヴェッラッティ、ハキミらに代わり、ワールドカップ休暇明けのメッシや出場停止明けのネイマール、ヴィティーニャらがスタメンに名を連ねた。 最下位に沈むアンジェに対し、PSGは開始早々の5分にメッシのパスをボックス右横で受けたムキエレがダイレクトで折り返すと、これをニアのエキティケが難なくゴールに流し込んだ。 先制点で主導権を握ったPSGは、24分にもセットプレーから決定機を創出する。バイタルエリア左手前で獲得したFKからメッシがゴール前へクロスを供給すると、走りこんだセルヒオ・ラモスが頭で合わせたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 1-0のスコアで折り返した後半もPSGがゲームをコントロールするが、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。59分にボックス左に抜け出したベルナトの折り返しからエキティケが後半最初のチャンスを迎えたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに72分には、敵陣での細かなパス交換からムキエレのパスでゴール前に抜け出したメッシがネットを揺らすと、一度はオフサイドと判定されたが、VARの末にゴールが認められた。 待望の追加点を奪ったPSGは、83分にもメッシのループパスからゴール前に抜け出したネイマールが左足のハーフボレーでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定となり、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま2-0でPSGが勝利。メッシの復帰弾などで完勝のPSGが、RCランス戦の敗戦からのバウンスバックに成功した。 2023.01.12 06:58 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位アンジェが暫定指揮官ブアザマ氏を正指揮官に任命

アンジェは5日、暫定指揮官を務めていたアブデル・ブアザマ氏(54)の正指揮官就任を発表した。 開幕から2勝2分け11敗の最下位に沈むアンジェは、先月にジェラール・バティクル監督(53)を解任。リザーブチームを指揮していたブアザマ氏は、バティクル監督が更迭された11月半ばから暫定指揮官としてトップチームを指導していた。 再開後のリーグ戦ではアジャクシオ、ロリアンに連敗し、前体制から続く連敗記録が「9」に伸びたが、クラブ首脳陣は財政難の影響もあり、2013年から長らくクラブの育成部門で仕事をしてきたブアザマ氏を正指揮官に任命した。 2023.01.06 01:34 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly