元イタリア代表FWヴィエリ、“笑い過ぎてちびりそうになった”インテル時代のすべらない話を披露

2020.04.24 17:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのレジェンド、クリスティアン・ヴィエリ氏が、インテル時代のすべらない話を披露したようだ。

ヴィエリは、トリノでプロキャリアをスタートさせた後、ユベントス、アトレティコ・マドリー、ラツィオなどのクラブを渡り歩き、1999年から2005年の間インテルでプレー。公式戦143試合に出場し103ゴールをマークしている。

そんなヴィエリがインテルのチームメイト、マルコ・マテラッツィ氏と共にインスタグラムライブに出演し、インテルでの日々を回顧。その中で、1997年から2000年までインテルでプレーし、奇抜な髪型で個性派として知られていた元ナイジェリア代表DFタリボ・ヴェストと当時のインテル指揮官、マルチェロ・リッピ氏との奇妙な会話を明かした。

「あれは試合があった日の土曜の朝だった。私たちはリッピ監督の周りに立っていて、スタメン発表を待っていた。その後にウォームアップを始める予定だったからね」

「そしたらタリボ・ヴェストがあのデカくて低い声で『ミスター!神が私はプレーしなくてはならないと言っている!』って監督に言ったんだ」

「私はもうその時から腹を抱えて笑っていたんだ。そしたらリッピが『それは変だな、神は私にそんな話しなかったぞ』って返事した。笑い過ぎてちびりそうになったよ」

ちなみに神の声を聞いたという個性派DFヴェストは、後に牧師となり、ナイジェリアの大都市・ラゴスで自分の教会を設立したそうだ。


関連ニュース
thumb

インテル退団濃厚のベシーノはラツィオへ? サッリが教え子たちとの再会を心待ちに

今季限りでインテルでの契約が満了となるウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)は、エンポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオへ移籍することになりそうだ。イタリアの複数のメディアが報じている。 ベシーノは2017年8月にフィオレンティーナから加入。最初のシーズンは、最終節のラツィオ戦でインテルにとって7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を呼び込む決勝弾を決めるなど主力として活躍した。しかし、アントニオ・コンテ監督が就任した2019-20シーズンを境に徐々に序列が低下し、シモーネ・インザーギ体制となった今季もセリエAで17試合の出場にとどまっている。 かねてより今季限りでの退団が濃厚とされてきたベシーノだが、『Sempre Inter』によると、ラツィオのサッリ監督が来季のチーム編成にあたって、ベシーノら自身が指導してきた教え子たちをチームに呼び寄せたいと考えているとのことだ。 サッリ監督は、ベシーノ以外にもエバートンに所属するブラジル代表MFアラン(31)や、ユベントスの元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(27)ら、かつて自身が指揮したクラブで重用してきた選手たちとの再会を心待ちにしているという。 ラツィオは元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)の今季限りでの退団が確実視されており、中盤の位置から献身的な働きでチームを支えるベシーノの獲得にはとりわけ熱心だと指摘されている。 2022.05.21 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル守護神ハンダノビッチが契約延長へ、加入濃厚オナナとの定位置争いを受け入れた模様だ

インテルの守護神である元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(37)は、まもなく契約延長が発表される見通しとのことだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 2012年7月のインテル加入後、10シーズンにわたってクラブの正GKの座を守り続けているハンダノビッチ。昨シーズンは待望のスクデットを獲得し、最終節を残すのみとなった今シーズンも、わずかながらも連覇の可能性を残している。 そんなハンダノビッチも今年7月には38歳を迎える。インテルは、アヤックスからカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(26)の獲得が迫っているとされ、長年ハンダノビッチがほぼ1人で担ってきたゴールマウスも世代交代のタイミングに来ているのかもしれない。 そんな憶測も広がる中での契約延長のニュース。今シーズン限りで現行の契約が満了する予定となっていたが、この度1年の延長でまとまる見通しとなったようだ。 『カルチョ・メルカート』によると、ハンダノビッチはオナナ加入に伴い自身が2番手に回るつもりはないものの、正GKを巡って競争が行われることには同意したとのことだ。 また、クラブに対し、オナナをチームにフィットさせるために自らも積極的なサポートをする姿勢を示しており、同じポジションを争うライバルでありながらも、チームのキャプテンとして、しかるべき役割を担うことを心得ているようだ。 インテルは、今シーズンの最終節サンプドリア戦の終了後、数日以内にハンダノビッチの契約延長を発表するとのことだ。果たして、クラブ史にも名を残すであろう偉大なキャプテンの契約延長を、スクデット獲得という最高の形で迎えることが出来るのか。 2022.05.21 19:17 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル移籍が報じられるムヒタリアン、ローマGMが噂を否定「彼は真のプロフェッショナル」

インテルへの移籍が盛んに報じられる元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)だが、所属するローマのチアゴ・ピントGM(ゼネラル・マネージャー)が噂を否定した。イタリア『トゥット・メルカート』が報じている。 今シーズン限りで契約満了となるムヒタリアンは、ここまではローマとの契約更新が進んでおらず、インテルのほかにもナポリ、トッテナム、アストン・ビラなどへのフリー移籍が取り沙汰されている。 だが、ピントGMはセリエA最終節のトリノ戦直前に行われた『DAZN』のインタビューで、ムヒタリアンに関する噂を一蹴。同選手を含めた選手たちの移籍に関する話はシーズン終了後に進めていくと、噂の収束に努めた。 「彼は現在、ティラナで行われるヨーロッパカンファレンスリーグ決勝戦へ向けて、ケガの回復に努めている」 「彼が真のプロフェッショナルであることを私は知っており、今はチーム全員が今日の試合と、その次の決勝戦へ向け集中している。彼がインテルと話をしているというのは嘘だと確信している」 「私は、移籍市場について話すためにここにいるわけではない。シーズンが終わった後にゆっくり時間がある。その時に話すことを約束するよ」 ムヒタリアンはトリノ戦にも帯同せず、25日に行われるヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)決勝戦の出場に照準を合わせて、ケガの回復に取り組んでいるとのことだ。 なお、ローマは最終節のトリノ戦に3-0で勝利。順位が6位で確定し、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保してリーグ戦を終えた。 2022.05.21 16:12 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、来季ホームユニはシンプルな青黒ストライプ! エンブレム上部の星が消える可能性も

インテルの来季ホーム用ユニフォームのデザインがリークされたようだ。『Footy Headlines』が伝えた。 2022-23シーズンのユニフォームもこれまで同様にナイキがサプライヤーを務める。青を基調に前面、背後に太い黒のラインが入った、青黒のストライプデザインとなっている。襟元から袖にかけても同様の黒いラインが施されている。 胸の『digitalbits』はローマと同様だ。アメリカのブロックチェーン企業『Zytara Labs』が開発しているブロックチェーンプロトコルで、同社とインテルは2021年9月から『DigitalBits財団』の支援を受けてパートナーシップを締結している。 右胸のナイキのロゴと胸スポンサーロゴはそれぞれ白であしらわれ、ショーツとソックスが黒となっている。 また、同メディアは『@ebbkrXLIV』のツイートを元に左胸にあるエンブレムの上部から、星が除かれる可能性も示唆している。 コッパ・イタリアを制し、セリエAでも逆転優勝の可能性を残している2位のインテルだが、どちらのデザインが正式なものとなるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】青黒ストライプ! リークされたインテルの来季ホーム用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The Brand new Inter Stadium Home kit 2022/2023?! <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines?ref_src=twsrc%5Etfw">@Footy_Headlines</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/InterMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#InterMilan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Nerazzurri?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Nerazzurri</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/maglia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#maglia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Calcio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Calcio</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SerieA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieA</a> <br><br><a href="https://t.co/4kSthfV9L8">pic.twitter.com/4kSthfV9L8</a></p>&mdash; EBU-XLIV (@ebbkrXLIV) <a href="https://twitter.com/ebbkrXLIV/status/1527046947412054016?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdv7_WqNEwg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdv7_WqNEwg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdv7_WqNEwg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Footy Headlines(@footyheadlines22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.21 07:35 Sat
twitterfacebook
thumb

33歳ムヒタリアンは今夏の隠れた人気銘柄?インテル、トッテナムら4クラブが争奪戦へ

ローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)はクラブに残留するかどうか不透明のようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 かつてドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどにも在籍した33歳の老練なアタッカーは、今季のセリエAで31試合5得点6アシストと、年齢を感じさせないハイパフォーマンスを見せ、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマの中心選手として活躍している。 そんなムヒタリアンだが、ローマ加入3季目を迎えた今季限りで現行の契約が満了。現在までにローマとの契約延長にサインしておらず、母国アルメニアのニュースを伝える情報サイト『Public Radio of ARMENIA』によると、ムヒタリアンに対し、インテル、ナポリのセリエA勢の他、トッテナム、アストン・ビラのプレミア勢も関心を寄せているようだ。 中でも獲得に熱心だとされているのがインテルだが、昨夏に引き続き財務上の観点から今夏の移籍市場も予算が限られている模様。そんな中でもチームの競争力を維持するために、フリー移籍で獲得可能なベテラン即戦力にアプローチをかけているとみられている。 また、イタリア『Sempre Inter』によると、インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督がムヒタリアンの獲得を熱望しており、中盤の主力選手であるトルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)のバックアップとしてチームに迎え入れたいとのことだ。 ムヒタリアンのローマ退団は現時点で確定しておらず、モウリーニョ監督も契約延長を望んでいるとのことだが、引き続きイタリアの首都でプレーを続けるのか、違う色のユニフォームを着ることになるのか。未だ衰えを見せないベテランの決断に注目が集まっている。 2022.05.20 10:39 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly