バレンシア、ナポリと交渉難航のカジェホンに興味…3年契約を準備か

2020.04.23 01:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリに所属する元スペイン代表FWホセ・カジェホン(33)に対して、スペイン復帰の可能性が浮上している。カジェホンはエスパニョール、レアル・マドリーでプレー後、2013年7月にナポリへ加入。その後は、イタリアで公式戦336試合に出場し80ゴール77アシストを収めるなど、ナポリで不動の地位を築いた。



今シーズンもカジェホンは、レギュラー格としてリーグ戦23試合で2ゴール6アシストの成績を残しているが、今シーズン限りで契約が失効する状況。クラブとの延長交渉も難航しており、今夏での退団が濃厚となっている。

こうした状況を受け、夏の動向に注目が集まるカジェホンに対して、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者で、移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、かねてより噂されるフェネルバフチェに続き、バレンシアも興味を示しているようだ。

なお、同氏によればカジェホンはラ・リーガでのプレーを希望しており、バレンシアはスペインで151試合の出場経験を持つカジェホンに3年契約のオファーを準備しているという。

バレンシアへの移籍が成立すれば、カジェホンは約7年ぶりのスペイン帰還となる。
コメント
関連ニュース
thumb

大敗で6位後退のローマ、指揮官も「いつものスピリットを見せられなかった」と完敗認める

ローマのパウロ・フォンセカ監督がナポリ相手の大敗を「妥当」だと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA3位のローマは29日に行われたセリエA第9節で6位のナポリと対戦。“デルビー・デル・ソーレ(太陽のダービー)”と呼ばれる重要な一戦であり、ローマにとっては勝てば、2位に浮上できる試合だった。 しかし、立ち上がりからナポリにペースを握られ、31分に失点。1点ビハインドで迎えた後半に巻き返したいところだったが、逆に失点を重ね続け、終わってみれば0-4の大敗を喫して、順位も6位に後退してしまった。 試合後のインタビューに臨んだフォンセカ監督は完敗を認め、チームのパフォーマンスが求めていたものに遠く及ばなかったと話している。 「ナポリのようなチームと対峙しているのに、本来持っているいつものスピリットを発揮できなかった。ナポリは勝つに値したし、我々は違う結果をもたらせるようなプレーが何もなかった。単純な話だよ」 「我々はこの試合の前に世界最高のチームだったわけではなく、試合後に最悪のチームになったわけでもない。トップクラブとの試合だけでなく、全ての試合が我々にとってテストだ。トップクラブに勝ったこともあるが、今日はそうならず、良いプレーもできなかった。それを受け入れ、うまくできなかったことを修正する努力が必要だ」 「ナポリは偉大なチームさ。我々は守備で何度もミスしてしまい、選手たちは自信を失った。ボールを持っていたときはプレーがダイレクト過ぎて十分にボールを動かすことができなかったね。そのせいで、ナポリにすぐボールを奪い返され、反撃された」 また、この日のナポリは25日に急逝したクラブの絶対的レジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏を追悼する特別なユニフォームで臨み、通常とは異なる雰囲気となっていた。しかし、フォンセカ監督はそうした要素が試合に影響したとは考えていないようだ。 「サッカーを愛し、マラドーナのプレーを見ていた我々にとって、間違いなくいつもとは違う日だった。ただ、試合が始まってから、我々は皆ピッチ内のことのみを考えていたよ。だから、それが試合に影響を与えたわけではない」 2020.11.30 16:03 Mon
twitterfacebook
thumb

“太陽のダービー”快勝のチームにご満悦のガットゥーゾ「私の望む強度とキャラクターを示した」

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が快勝したチームのパフォーマンスを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 ナポリは29日に行われたセリエA第9節で3位のローマと対戦。“デルビー・デル・ソーレ(太陽のダービー)”と呼ばれるこの試合に、ナポリは25日に急逝したクラブの絶対的レジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏を追悼する特別なユニフォームで臨んだ。 マラドーナ氏のためにも、上位進出のためにも負けられない一戦で、ナポリは前半のうちに先制点をマークする。後半はローマに攻め込まれるシーンがありながらも攻撃陣が躍動して3点を奪い、4-0のスコアで勝利を収めた。 試合後のインタビューに臨んだガットゥーゾ監督は「我々にとって素晴らしい試合だった」と語り、チームのパフォーマンスを称賛している。 「今夜、私は強度とキャラクターを示す組織的なチームを見られた。選手たちが試合への重要性を理解してくれれば、我々は自分たちの資質をしっかり誇示できる。競争力のある態度は私が好むものだ。我々にとって正しい精神を保つというのは基本だよ」 また、ガットゥーゾ監督は結果だけを見れば大差がついているものの、この試合が決して楽な試合ではなかったと認めており、その試合を乗り切ったチームスピリットを喜んだ。 「結果はどうあれ、試合自体は決して楽なものではなかった。だからこそ、我々は互いを助け合いながらプレーした。これが私の望むチームだよ。私が怒るとき、選手たちは私が何を言いたいかを理解してくれるし、私がグループの強さを評価していることもわかっているんだ」 「常に100%を出すのは難しい。しかし、難しいのなら正しい決意と最大限の注意を払うことで補わなければならない。ここまでは(公式戦)12試合で9勝3敗だ。何を期待されているかはわからないが、このチームが今重要なことを成し遂げているのはわかっているよ」 なお、セリエA第3節のユベントス戦が不戦敗扱いとなり、その後中止の原因となったナポリに勝ち点1剥奪の処分が下されたことについて改めて言及。「(本来より)勝ち点1少なくなっている。ユベントス戦はバスに乗り込んで準備もできていたし、試合さえできればポイントは獲得できたと思うんだ」と、悔しさを露わにしている。 2020.11.30 14:14 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 4-0 ローマ《セリエA》

セリエA第9節、ナポリとローマによるデルビー・デル・ソーレが29日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが4-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201130_01_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 5.5 守備機会はほとんどなし。時折、ビルドアップに絡んで球出しをサポート   DF 22 ディ・ロレンツォ 6.5 気迫のこもった対人守備に加え、斜めに差し込む効果的な縦パスでビルドアップに貢献   44 マノラス 6.5 古巣相手に集中したパフォーマンス。相手得意のカウンターをうまく遅らせるなど、安定した対応が光った   26 クリバリ 6.5 ジェコとのエアバトルを互角以上に制し、効果的な持ち出しや縦パスで相手の前からのプレスをいなした   6 マリオ・ルイ 6.5 インシーニェ、ジエリンスキとの同サイドの連係で攻撃の起点に。守備の切り替えの意識も高かった   MF 8 ファビアン・ルイス 7.0 貴重な2点目を奪取。攻守にインテンシティの高さを維持。絶妙な立ち位置でボールを引き出し、パスワークのリズムを司った   4 デンメ 6.5 中盤の底でフィルター役をきっちりこなしつつ、最終ラインと連係しながらクリーンなボールを前線の味方に送り届けた   (→ロボツカ -)   20 ジエリンスキ 7.0 動き出し、プレーの選択が的確で常に相手の嫌がるポジションでボールを受け、崩しの局面に良く絡んだ   (→エルマス 6.0) メルテンスのゴールに繋がるミドルシュートを放った   FW 11 ロサーノ 6.5 縦へのシンプルな飛び出し、仕掛けで攻撃に異なるアクセントを加える。守備の局面でも持ち味のスプリント能力を生かした   (→ポリターノ6.5) マラドーナ氏へのオマージュのような圧巻の5人抜きのゴールを古巣相手に記録   14 メルテンス 6.5 ダメ押しの3点目を奪取。本職中盤のクリスタンテに対して駆け引きを繰り返して相手3バックをかく乱   (→ペターニャ -)   24 インシーニェ 7.5 見事な直接FKで先制点を記録し、2点目もアシスト。この試合に懸ける想いの強さを圧巻のパフォーマンスで示した   監督 ガットゥーゾ 7.0 圧巻のパフォーマンスでデルビーに完勝。レジェンドに最高の勝利を捧げた   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201130_01_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 83 ミランテ 5.0 2失点はどうにかしたかった。だが、混乱気味の最終ラインを支える幾つかの好守でチームを助けた   DF 3 イバニェス 4.5 自身の与えたFKが先制点…。カルスドルプと共に相手左サイドに翻弄され、攻めどころとなってしまった。   4 クリスタンテ 4.5 苦しいセンターバック事情で3バックの中央でプレーも、同格や格上相手ではライン統率やポジショニングの部分で厳しかった。途中で中盤に上がるも改善できず   23 G・マンチーニ 5.0 コンディションに不安を抱える中でのプレーとなり、無理が効かず。前半終盤に無念の負傷交代…   (→フアン・ジェズス 4.5) 緊急出動も年齢を考えれば、経験不足の最終ラインをオーガナイズしたかった   MF 2 カルスドルプ 4.5 チーム全体が押し込まれたことで不得手な守備に追われる厳しい試合に。ポジショニングや判断の悪さが目立った   7 ペッレグリーニ 4.5 コンディションが悪く攻守に精彩を欠く。中盤苦戦の一因に   (→マジョラル 5.0) ほぼ見せ場なし   17 ヴェレトゥ 5.0 ファーストディフェンスの問題もあり、持ち味であるボール奪取はなかなか見せられず。前半終盤にハムストリングを痛めて前半のみの出場に…   (→ビジャール 5.0) 相手の勢いに呑まれて常に劣勢を強いられた   37 スピナッツォーラ 4.5 相手の徹底マークに遭い、持ち味の局面を打開する仕掛けは鳴りを潜める。守備でもロサーノとのマッチアップで劣勢に   FW 11 ペドロ 4.5 連戦の疲れか、珍しく判断ミスや技術的なミスが目立った。さらに、フラストレーションを溜めて空回りしてしまった   9 ジェコ 5.0 チーム全体の問題で完全に孤立。リーグ屈指のセンターバックコンビに狙われた中で仕事をこなすのはさすがに酷だった   (→カルレス・ペレス 5.0) 後半唯一の見せ場を作った   77 ムヒタリアン 4.5 直近2試合の無双状態から打って変わって厳しいパフォーマンスに。ペドロ同様に守備に追われた影響により、攻撃面でパワー、精度を出せず   監督 フォンセカ 4.5 スモーリングとクンブラを欠く中、前半途中にマンチーニまで欠く不運はあったが、流れを好転させることが全くできず、屈辱の“今季初黒星”に   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) 今回の勝利はチーム全体の気迫によるところが大きかったが、先陣を切って流れを引き寄せるゴールを挙げたカピターノをMOMに選出。遊び心と効率性を両立した見事なパフォーマンスは、天国のレジェンドも必ずや褒めてくれるはず。   ナポリ 4-0 ローマ 【ナポリ】 インシーニェ(前31) ファビアン・ルイス(後19) メルテンス(後36) ポリターノ(後42) 2020.11.30 07:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリが英雄マラドーナに捧げる圧巻の4発! 太陽デルビー完勝で好調ローマに“今季初黒星”を与える!《セリエA》

セリエA第9節、ナポリとローマによるデルビー・デル・ソーレが29日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが4-0で圧勝した。   現在、6位のナポリ(勝ち点14)は前節、首位のミランを相手に1-3で完敗し、今季3度目の連勝のチャンスを逸した。それでも、直近のヨーロッパリーグ(EL)では格下リエカを2-0のスコアで一蹴し、バウンスバックに成功した。ローマとのデルビーに向けてはミラン戦から先発2人を変更。出場停止のバカヨコに代えてデンメ、ポリターノに代わってジエリンスキを起用した。   一方、3位のローマ(勝ち点17)は前節パルマに3-0の快勝を収めて3連勝。さらに、ELでもクルージュを2-0で下し、2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。パルマ戦からはビジャール、マジョラルに代えて、いずれもコロナウイルスから回復したペッレグリーニとジェコの2人のリーダーが先発に復帰した。   ナポリが25日に急逝したレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏を追悼する特別なユニフォームに身を包んで臨んだ、今季最初のデルビー・デル・ソーレ。   立ち上がりはチーム状態で勝るローマが厚みのある攻撃を仕掛け、開始2分にはボックス手前でパスカットしたペドロが両チームを通じて最初のシュートを放った。その後はナポリが押し返した中、キックオフからちょうど10分後にはマラドーナ氏の代名詞の背番号10にちなんで両チームがプレーを止めて1分間の拍手をフットボール界のレジェンドへ捧げた。   この仕切り直しを経て試合の流れはホームのナポリへ傾いていく。この試合、デンメをアンカーに配した[4-3-3]の布陣で立ち位置に変化を加えたホームチームはセンターバックを起点に相手のプレスを剥がしながら、数的優位を作り出しやすいサイドを起点に攻撃を展開。20分にはボックス左に抜け出したジエリンスキが右足を振り抜くが、これはGKミランテの正面を突いた。   その後もナポリが攻守に圧倒する時間が続く中、現スカッドで最もレジェンドに近いプレースタイルを持つ生粋のナポリっ子が追悼のゴールを捧げる。31分、ボックス手前左角で得たFKの場面でキッカーのインシーニェが右足を振り抜くと、これがゴール左隅の完璧なコースに決まった。そして、現カピターノはピッチサイドに準備していた背番号10のユニフォームに口付けし、天国の英雄に美しいゴールを捧げた。   立ち上がり以降、ナポリの完全な引き立て役となっているローマは負傷したマンチーニがプレー続行不可能となり、フアン・ジェズスの緊急投入を余儀なくされるなどアクシデントにまで見舞われる。前半終盤に入ってようやくカウンターから押し返す場面を作ったものの、攻守両面で反撃の糸口を掴めぬままハーフタイムを迎えた。   迎えた後半、ビハインドを追うローマは前半終盤にハムストリングを痛めたヴェレトゥに代えてビジャールを投入。ハーフタイムの修正で流れを好転させたいところだったが、立ち上がりの49分にロサーノにいきなり決定的なシュートを浴びるなど苦境が続く。   一方、試合内容を考えれば、早めに追加点を奪いたいナポリだったが、64分に待望の2点目が生まれる。相手陣内中央左で仕掛けたインシーニェから足元にパスを受けたファビアン・ルイスがペナルティアーク付近でDFジェズスの股間を抜く見事な左足のグラウンダーシュートをゴール右隅に流し込んだ。   耐え切れずに2失点目を喫したローマは並びを[4-2-3-1]に変更し、ジェコ、ペッレグリーニに代えてカルレス・ペレス、マジョラルを投入。ナポリの運動量が落ちたこともあり、ようやく相手陣内でのプレーを増やしていく。73分にはボックス中央でカルスドルプからパスを受けたC・ペレスにこの試合最大の決定機も、左足のシュートはDFのブロックに阻まれた。   後半も危なげない試合運びを見せるナポリはロサーノ、ジエリンスキに代えてポリターノ、エルマスとフレッシュな選手をピッチに送り出すと、その選手交代がダメ押しのゴールをもたらす。まずは81分、ボックス手前でエルマスが放った強烈なシュートをGKが弾いたところをメルテンスが押し込む。   さらに87分にはペナルティアーク付近でルーズボールに反応したポリターノが鮮やかなボールタッチで4人のDF、GKまでかわす圧巻の5人抜きのゴールでマラドーナ氏へのオマージュのような見事な4点目を決めた。   そして、レジェンドに大量4ゴールを捧げたナポリが会心の勝利を収め、ミラン戦の敗戦を見事に払しょく。一方、全く良いところなく敗れたローマは登録違反での敗戦扱いとなったヴェローナとの開幕戦を除き、今季公式戦初の黒星となった。 2020.11.30 06:51 Mon
twitterfacebook
thumb

マラドーナの“神の手”はセリエAが最初? ジーコがナポリ時代のマラドーナとの対決秘話を明かす

“神様”ジーコ氏が、全盛期のディエゴ・マラドーナ氏にまつわるエピソードを語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ジーコ氏はマラドーナ氏より7つ上の現在67歳。現役時代はフラメンゴ、ウディネーゼ、そして鹿島アントラーズでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼ時代には、当時全盛期を迎えていたマラドーナ氏が所属するナポリとも対戦。1984-85シーズンのセリエAでは、その2人がピッチ上で対戦する試合があった。 1985年5月12日、セリエA第29節でウディネーゼがホームにナポリを迎えた試合だ。アウェイゲームは欠場していたジーコ氏にとって、マラドーナ氏とウディネーゼに来てから対戦するのは初めてだった。 その試合は4分にマラドーナ氏のゴールでナポリが先制。しかしウディネーゼが逆転に成功し勝利かと思われたが、88分にマラドーナ氏が2点目を奪い、2-2の同点で終わっていた。 マラドーナ氏は1986年のメキシコ・ワールドカップのイングランド代表戦で“神の手ゴール”と“5人抜き”という記憶に残るプレーを見せていたが、ジーコ氏はこの試合のエピソードについて『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でコメント。マラドーナ氏の2点目のゴールが、彼にとって最初の“神の手”のゴールであると語った。 「1984年、私はウディネに来たばかりだった。ナポリでの試合はプレーしなかったが、彼は2ゴールを決めた」 「我々は2-1でリードしていたが、ディエゴが同点ゴールを決めた。彼らがクロスバーに当てた時、試合はほぼ終わっていた。ただ、ディエゴは我々のGKが触る前に彼の手でゴールを決めていた」 「主審と副審はそれに気がついていなかった。私は激怒し、審判の後ろから走って言ってやった。『おめでとう。このまま続けてくれ。あなたはよくやっている』とね。私は退場させられ、4試合の出場停止となった」 「私はよく彼のゴールについての冗談を彼に言っていたんだ。『我々と一緒に神の手をトレーニングしたんだ』とね。そうしたら彼は『あなたはサッカーの良い部分、私は悪い人だ』と言った」 「マラドーナは、私が今まで見た中で最高の5人の中の1人だ。ガリンシャ、ペレ、ディエゴ、クライフ、ベッケンバウアーだ」 2020.11.29 21:35 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly