今日は何の日!4月20日はモウ・インテルがペップ・バルサに逆転勝利!/2010年

2020.04.20 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日4月20日の出来事を振り返ってみよう。

今回ピックアップするのは、2010年4月20日。チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでインテルがバルセロナ相手に見せた見事な逆転勝利だ。

◆モウリーニョvsグアルディオラ、長年に渡るライバル関係の序章

2009-10シーズンのCL準決勝、インテルvsバルセロナは、この先何年も続くことになる2人の名将によるライバル関係の序章となる一戦になった。

バルセロナを率いていたのはジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)。2008年にバルセロナのトップチームの監督に就任すると、2009年には前代未聞の1年6冠(コパ・デル・レイ、ラ・リーガ、CL、スペイン・スーパーカップ、UEFAスーパーカップ、クラブ・ワールドカップ)という偉業を達成。前年のバロンドーラー、リオネル・メッシを始めズラタン・イブラヒモビッチらスター軍団を擁していた。

一方、インテルを率いたのはジョゼ・モウリーニョ監督(現トッテナム)。2008-09シーズンにインテル指揮官に就任すると、すぐさまインテルをリーグと国内カップの2冠に導いていたものの、クラブの悲願であったCL優勝に向けて、野心を燃やしていた。

◆バルセロナが先手をとる

インテルのホームでの試合となった1stレグだったが、先に主導権を奪ったのはアウェイのバルセロナだった。19分、左サイドを崩し、インテルディフェンスの裏をとったDFマクスウェルがドリブルでボックス内の深い位置まで侵入し、マイナスのクロス。後方から入ってきたFWペドロ・ロドリゲスが完全にフリーの状態で合わせ、ダイレクトシュート。狙いすまされたシュートはゴール右下に決まりバルセロナが0-1とリードを奪った。

◆インテルが見せた逆転劇

リードを許したインテルだったが、モウリーニョ監督の下、一致団結していたチームは黄金世代のバルセロナを持ってしても止めることは難しかった。

30分、インテルは右サイドを攻め、ワイドなポジションをとっていたFWサミュエル・エトーがクロスを上げる。これはミスキック気味のグラウンダーのクロスになったものの、ボックス中央にいたFWディエゴ・ミリートが何とかボールを拾い、右サイドでフリーとなっていたMFヴェスレイ・スナイデルにラストパス。これをスナイデルが落ち着いて決め、インテルが同点に追いつき1-1で前半を終えた。

インテルは、理想の形で後半のスタートを切る。48分、自陣深くでボールを持ったFWゴラン・パンデフがドリブルでバルセロナMF陣をかわすと、ハーフウェイライン付近から裏のスペースに走っていたミリートへパス。ボックス内でボールに追いついたミリートは攻撃参加してきたDFマイコンへパス。DFらしからぬ落ち着きを見せたマイコンが放ったシュートはGKビクトール・バルデスの脇をすり抜けゴール。後半開始早々にインテルが逆転を果たす。

止まらないインテルは61分、敵陣でバルセロナのパスをインターセプトしたMFチアゴ・モッタがすかさずサイドのマイコンへパス。マイコンのクロスに合わせたスナイデルのヘッドはミスとなるものの、反対側のポストで待っていたミリートの方向へ流れる。ミリートのゴール至近距離からの強烈なヘディングはゴールネットに突き刺さり、インテルが3-1とリードを広げた。

この後、前シーズンのCL覇者として意地をみせたいバルセロナが猛攻を見せるも、インテルが耐え抜き試合は3-1で終了。カンプ・ノウでの2ndレグに向けてインテルが大きなアドバンテージを得た。

なお、2ndレグではバルセロナが1-0で勝利するも合計スコア3-2でインテルが勝利し、決勝進出。その後、バイエルンとの決勝を制したインテルはクラブ史上3度目となるCL優勝を果たしている。

★2010年4月20日
《チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ》
インテル 3-1 バルセロナ
【インテル】
ヴェスレイ・スナイデル(前30)
マイコン(後3)
ディエゴ・ミリート(後16)
【バルセロナ】
ペドロ・ロドリゲス(前19)

◆出場選手
◆インテル[4-2-3-1]
GK:ジュリオ・セーザル
DF:ハビエル・サネッティ、ワルテル・サムエル、ルシオ、マイコン(→73 クリスティアン・キヴ)
MF:チアゴ・モッタ、エステバン・カンビアッソ
MF:ゴラン・パンデフ(→56 デヤン・スタンコビッチ)、ヴェスレイ・スナイデル、サミュエル・エトー
FW:ディエゴ・ミリート(→75 マリオ・バロテッリ)
監督:ジョゼ・モウリーニョ

◆バルセロナ[4-3-3]
GK:ビクトール・バルデス
DF:マクスウェル、ジェラール・ピケ、カルレス・プジョール、ダニエウ・アウベス
MF:チャビ・エルナンデス、セルヒオ・ブスケッツ、セイドゥ・ケイタ
FW:ペドロ・ロドリゲス、ズラタン・イブラヒモビッチ(→62 エリック・アビダル)、リオネル・メッシ
監督:ジョゼップ・グアルディオラ
コメント