今季不発のベルナルデスキ、クルゼフスキに押し出されユベントス退団か

2020.04.06 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ(26)が今夏にユベントスを退団する可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。

2017年夏に推定移籍金4000万ユーロ(約46億9000万円)でフィオレンティーナからユベントスに加入したベルナルデスキ。加入初年度から出場機会を手にすると、公式戦通算94試合9ゴール12アシストの成績を収め、今シーズンもセリエA18試合に出場しているが、0ゴール0アシストと結果を残せていない。

そんななか、ユベントスは今冬、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(19)を推定移籍金3500万ユーロ(約41億1000万円)でアタランタから獲得。今シーズンレンタルされていたパルマへそのままレンタル移籍している状況で、パルマではセリエA23試合5ゴール7アシストを記録している。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ミランが関心を示すなど今冬にも退団の可能性のあったベルナルデスキは、クルゼフスキに押し出される形で今夏ユベントスを去る可能性が高まっているという。なお、ベルナルデスキの移籍金の10%はフィオレンティーナが受け取る契約となっている。

ユベントスは、今夏の移籍市場で中盤の選手の整理を進めると見られており、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチやウェールズ代表MFアーロン・ラムジーらに退団報道も出ている状況。一方で、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFジョルジーニョ(チェルシー)などを獲得する話も出ており、少なからず人員整理は行われると見られているが果たして。
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第32節プレビュー】首位ユーベが9連勝中のアタランタと対戦!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスがミランに逆転負けしたものの、2位ラツィオもレッチェに不覚を取ったため、両チームの7ポイント差に変動はなかった。迎える第32節、土曜に首位ユベントスが9連勝中の3位アタランタと対戦する。 ミラン戦ではFWディバラとDFデ・リフトの出場停止と厳しいVARによるPK判定が響き、痛恨の逆転負けを喫したユベントス。ラツィオとの勝ち点差をさらに広げるチャンスを逃した中、セリエA最高の攻撃力を誇るアタランタを退けることはできるか。出場停止が明けるディバラとデ・リフトの活躍に期待したい。 一方、サンプドリアに快勝して9連勝とし、3位に浮上したアタランタは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得がほぼ確実となっている中、スクデット争いを面白くするためにもユベントスを撃破して10連勝を狙いたい。 レッチェに痛恨の敗戦を喫した2位ラツィオは、8位サッスオーロとホームで対戦する。再開後、2勝3敗と調子の上がらないラツィオだが、前節はミランの頑張りでユベントスが勝ち点を伸ばせなかったのは救い。今節もヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すサッスオーロが相手と簡単な試合にはならないかもしれないが、勝利してユベントスにプレッシャーをかけたいところだ。 そして日曜にはナポリvsミランの好カードが行われる。CL出場権獲得が厳しくコッパ・イタリア優勝によってEL出場権を獲得している6位ナポリにとっては消化試合感が否めないが、ガットゥーゾ監督の下で成長しているチームが、好調ミラン相手にどのようなパフォーマンスを見せるかに注目だ。 対するミランは前節ユベントスを撃破し、EL圏内の7位を死守。後続のサッスオーロが6ポイント差で追走してきているが、FWイブラヒモビッチの復帰したチームは好調を維持。ナポリも撃破してEL出場権獲得へ前進したい。 前節サッスオーロ戦で得点と失点に絡んだDF冨安の10位ボローニャは、12位パルマとの中位対決に挑む。ここ2試合、ややパフォーマンスを落としている感のある冨安だが、FWジェルビーニョと対面することが予想されるパルマ戦で面目躍如となるか。 そしてアタランタの前に2失点を喫したDF吉田の16位サンプドリアは、15位ウディネーゼとの下位対決に臨む。降格圏の18位ジェノアとは5ポイント差とまだまだ安心できる位置ではないため、吉田としてもウディネーゼ戦は踏ん張りどころの試合となりそうだ。 最後にヴェローナに引き分けて4位後退となったインテルは月曜に14位トリノとホームで対戦する。 ◆セリエA第32節 ▽7/11(土) 《24:15》 ラツィオvsサッスオーロ 《26:30》 ブレシアvsローマ 《28:45》 ユベントスvsアタランタ ▽7/12(日) 《24:15》 ジェノアvsSPAL 《26:30》 フィオレンティーナvsヴェローナ カリアリvsレッチェ パルマvsボローニャ ウディネーゼvsサンプドリア 《28:45》 ナポリvsミラン ▽7/13(月) 《28:45》 インテルvsトリノ 2020.07.11 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

9連勝中のアタランタに挑むユーベ、指揮官サッリ「歯医者に行くようなもの」

アタランタ戦に臨むユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が記者会に出席した。 勝ち点75で首位に立つユベントスは11日にセリエA第32節で3位のアタランタと対戦する。勝ち点差は「9」と離れてはいるものの、アタランタは現在9連勝と絶好調。昨年11月の対戦ではアウェイで1-3で勝利しているが、サッリ監督はアタランタ戦は常に苦痛を伴う相手であるコメント。ジョゼップ・グアルディオラ監督の以前の言葉を使って表現している。 「今シーズンの重要な局面だ。アタランタは非常に上手くやっている。本当に良いプレーをしているよ。特にアウェイではね」 「グアルディオラの言葉を引用すると(アタランタ戦は)歯医者に行くようなものだ。大事なことだが気分は良くない。対峙するのはかなり困難なチームだ」 「彼らはとても攻撃的で粒揃い。身体的な観点からすれば非常に速く、守備を引き裂く力を備えている。それを常に頭に入れておかなければならない」 2020.07.11 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベで覚醒したシュチェスニーが見せた驚愕のダブルセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ユーベで躍動するシュチェスニーのダブルセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuYmVKMng3MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今回はユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが見せたセーブだ。 母国ポーランドの名門レギア・ワルシャワユース出身のシュチェスニーは、2009年若くしてアーセナルへ移籍。大器として長年の活躍を期待されていたものの、大きな活躍ができず、ピッチ外での問題も重なり、2015年にローマへレンタル移籍で加入していた。新天地イタリアで安定した活躍を見せたシュチェスニーは2017年、イタリアの絶対王者ユベントスへ移籍。2018年からは同クラブのレジェンドである元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの退団に伴い(現在はユベントスに復帰)、背番号「1」を継承している。 ユベントスでついに覚醒したシュチェスニーだが、2018年9月1日セリエA第3節のパルマ戦で背番号「1」に恥じない素晴らしいセーブを見せた。 前半にクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのゴールで先制したユベントスだったが、コートジボワール代表FWジェルビーニョの得点で同点に。先制しながらも追いつかれるという嫌な展開の中で、パルマに再びチャンスが訪れる。左サイドを突破したジェルビーニョがユベントスボックス内に侵入すると、完全にフリーになっていたMFルカ・リゴーニへ横パス。完全にフリーの状態でボールを受けたリゴーニのシュートを素早く正面に回ったシュチェスニーがストップ。しかし、跳ね返りが再びリゴーニの下へ行きそうになると、驚異的な身体能力で起き上がったシュチェスニーが、詰めてきたリゴーニの手前、間一髪でボールを書き出し、チャンスを阻止した。 これでパルマの逆転の芽を摘んだユベントスは、後半の得点で勝ち越し、2-1で勝利を収めている。 2020.07.11 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベがアタランタの左WBゴセンズに注目か、今季のセリエAで9G6A

ユベントスがアタランタのドイツ人MFロビン・ゴセンズ(26)に注目しているようだ。イタリア『コリエレ・ディ・トリノ』が報じている。 今季のセリエAで28試合に出場して9ゴール6アシストと特筆すべきスタッツを残している左ウイングバックのゴセンズ。攻撃センスが開花している左サイドのスペシャリストに対してはインテルも関心を寄せているようだが、ユベントスは2000万ユーロ(約24億2000万円)の移籍金を準備する用意があると同メディアは主張している。 ユベントスでは現在、左サイドバックのレギュラーをDFアレックス・サンドロが務めているが、バックアッパーのDFマッティア・デ・シリオは負傷がちな上、移籍の可能性も報じられている。 そこでレフティーであり、年齢的にも今後キャリアのピークを迎えるであろうゴセンズに注目しているようだが、アタランタの躍進を支えるキーマンを引き抜くことはできるだろうか。 2020.07.09 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのセリエA初のハットは全てがワールドクラス【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラにとって初めてのセリエAでのハットトリック<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoYWRJNkpGayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年4月17日に行われたセリエA第31節のレッチェ戦。まずは1-1で迎えた34分、MFマウロ・カモラネージのロングフィードに抜け出し、ボックス内に侵入する。シュートフェイントで相手GKを騙しながらマークマンも剥がすと、ワンステップ置いて冷静にゴールへと流し込んだ。 さらに43分、カウンターのチャンスでMFパベル・ネドベドからのパスを受けると、ダイレクトで左足を一閃。簡単なシュートではなかったが、難なく2点目を決める。 極めつけは82分、またもカウンターからネドベドのパスを受ける。波に乗っているイブラヒモビッチはボックス左手前から、コントロールショットを放つ。美しいカーブがかかったシュートは枠外の軌道からゴール右へと吸い込まれていった。 3ゴールとも難なく決めているが、その全てがワールドクラスのゴール。勢いに乗った時のイブラヒモビッチは、誰にも止められないかもしれない。 2020.07.09 22:00 Thu
twitterfacebook