今夏ドルト退団濃厚なゲッツェは国外移籍を希望か?

2020.04.01 19:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(27)は自身初の国外移籍を希望しているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

ドルトムントとの現行契約が今シーズン終了までとなっているゲッツェ。減俸拒否を理由にクラブとの契約延長交渉は難航しており、2020年に入って20分弱しかプレー機会を与えていないクラブ側も慰留にこだわっていないという事情もあり、2度目の別れは決定的とみられている。

その中でここ最近ではレバークーゼン、ヘルタ・ベルリンへの移籍の可能性が報じられている。

だが、『シュポルト・ビルト』が伝えるところによれば、ゲッツェ本人は両クラブへの移籍に興味がないという。

また、27歳の元ドイツ代表MFは自身初の国外移籍に関心を示しており、とりわけイタリア行きに興味を示しているようだ。

ただ、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響によって世界中のクラブが財政的な問題を抱えており、現行で800万ユーロ(約9億4000万円)の年俸を受け取っている同選手としては、今夏の移籍に向けて減俸を受け入れるなど、ある程度の譲歩が求められそうだ。


関連ニュース
thumb

フランクフルト、ドルトムントからFWクナウフを1年半のレンタルで獲得

フランクフルトは20日、ドルトムントからU-21ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(20)を2023年6月30日までの18カ月ローンで獲得したことを発表した。 ハノーファーの下部組織から2016年にドルトムントのユースに加入したクナウフは、年代別チームの主力として活躍した後、2020年12月のチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦でトップチームデビューを飾った。 左ウイングを主戦場にスピードと突破力に優れるアタッカーは、3部に所属するドルトムントⅡで定期的にプレー機会を得ながら、ここまでトップチームでも16試合に出場していた。しかし、更なるトップレベルでの出場機会を求めてフランクフルトに移籍することになった。 なお、フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「アンスガーはそのスピードとゲームへの理解力で、我々のチームに非常によく適合しており、ここで成長に向けた次のステップを踏み出したいと思っている。彼は広いレーンですぐに我々を助けることができるはずだ」と、若武者への期待を口にしている。 2022.01.21 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3回戦で2部チームに敗れた王者ドルトムント…指揮官も落胆露わに「あるべき形でスタートできなかった」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは18日に行われたDFBポカール3回戦で、2部のザンクト・パウリと対戦した。格下相手に試合開始早々に失点したチームは、その後もなかなか得点を奪えない時間帯が続くと、40分にもオウンゴールで追加点を奪われる苦しい展開に。後半に入り、FWアーリング・ハーランドがPKを決めて1点を返したが、その後は相手チームの守りを崩せず1-2で敗れた。 昨季のDFBポカール王者が3回戦で敗退したことに対して、試合後のインタビューに応じたローゼ監督も落胆を隠せず。チームは試合に正しい姿勢で臨めていなかったと敗因を語った。 「このカップ戦の夜に、我々は本来あるべき形でスタートすることができなかった。開始15分で何度も問題を起こしてしまい、その後すぐにまた失点した。こういうときは、難しくなるものだ」 「前半の同点ゴールを狙うプレー方法は少し軽率だったね。0-2とされた後になって、いくつかの調整を行った。とはいえ重要なのは、王者である我々が、ザンクト・パウリとのアウェイマッチでどのようなスタートを切ってしまったかということだ。我々は試合の意味について、正しく理解していなかった」 2022.01.19 11:06 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季王者ドルトムント、2部首位のザンクト・パウリの前に敗退《DFBポカール》

DFBポカール3回戦の4試合が18日に行われ、ドルトムントはザンクト・パウリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 2部で首位に立つザンクト・パウリに対し、[4-3-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からロイス、ハーランド、T・アザールと並べた。 そのドルトムントは開始4分に失点すると、その後は押し込む展開としたものの好機を作ることができない。 すると40分、先制点を許した形と同じように自陣左サイドを崩されてクロスを送られると、ヴィツェルのクリアボールがそのまま自陣ゴールに向かい、前半を2点ビハインドで終えた。 それでも迎えた後半、56分にPKを獲得する。フンメルスが敵陣でボールを奪った流れからハーランドのヒールパスを受けたボックス左のフンメルスがクロスを送ると、相手DFのハンドを誘った。 このPKをハーランドが決めたドルトムントだったが。終盤にかけてはザンクト・パウリの集中した守備の前に好機を作れず1-2で敗戦。昨季王者ドルトムントが3回戦敗退となっている。 またボーフムはマインツとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は84分から出場している。その他、ケルンvsハンブルガーSVは1-2でHSVが、1860ミュンヘンvsカールスルーエは0-1でカールスルーエが勝利している 2022.01.19 06:54 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがブンデス通算300ゴール達成! 史上2人目の偉業に

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ通算300ゴールを達成した。 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 2022年の初白星を挙げたこの一戦でレヴァンドフスキは、開始9分に先制点を挙げると、チームが2点リードで迎えた後半の63分に2点目を奪取。さらに、74分にはGKとの一対一を冷静に制し、ハットトリックを達成した。 そして、この3点目のゴールはレヴァンドフスキにとってブンデスリーガ通算300ゴール(通算373試合)のメモリアルゴールに。 なお、これはバイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目の偉業だ。 ちなみに300ゴールの内訳は、バイエルンで226ゴール(242試合)、ドルトムントで74ゴール(131試合)となっている。 2022.01.16 07:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly