ファン・ニステルローイが強く抱き続けた“対アンリ”! ファーディナンド激白

2020.03.29 12:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がマンチェスター・ユナイテッド時代に同僚だった元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイとの思い出を明かした。イギリス『Sports Mole』が報じている。

2001-02シーズンから5シーズンにわたり、ユナイテッドで活躍したファン・ニステルローイ氏。公式戦通算219試合150ゴールを誇る。しかし、プレミアリーグ得点王に輝いたのは2002-03シーズンの1度だけ。当時のアーセナルに所属した元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏が残る4シーズンの得点王に君臨したからだ。

そうした強烈な個性を持つ選手が多く集う時代を共にしたファーディナンド氏。ファン・ニステルローイ氏はチームの勝利を目指すなかで、アンリ氏も相当意識しながら試合に挑んでいたという。赤い悪魔が誇る名センターバックは、その当時をこう振り返っている。

「3-1、4-1で勝った試合があったが、1ゴールを挙げたファン・ニステルローイはロッカールームのテレビを見て、肩を落とした。気をかけると、『なんでもない』と言ってきたが、同日にアンリが他会場で2ゴールを決め、得点数で追い抜かれてしまったから、悲しみに打ちひしがれていたんだ」

また、「私は荒れているのが見て取れる彼の隣に座ったとき、『こいつは狂っている』と思った。チームが勝って、彼自身もゴールを決めたのに、ガッカリしているのだからね」と当時の心境も口にしつつ、「優れた選手は偉大なライバルを求めるもの。ライバル関係は必要さ」とも述べ、理解も示した。
コメント
関連ニュース
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ランパード「A・ゴメスの獲得? 私サイドで一度たりとも話に挙がっていない」

チェルシーのフランク・ランパード監督がU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に向けた動きを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、先月末に満了の現行契約を巡る延長交渉が一向にまとまらず、オーレ・グンナー・スールシャール監督が30日に行われたプレミアリーグ第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた公式会見で退団を認めた。 そんなA・ゴメスを巡り、以前から関心が取り沙汰され、移籍先候補の筆頭に挙がっているのがチェルシーだ。しかし、そのチェルシーを束ねるランパード監督は1日に敵地で行われるプレミアリーグ第32節のウェストハム戦に先駆けたウェブ会見で、噂されるA・ゴメス獲得の可能性を訊かれると、「私サイドで一度たりとも話に挙がっていないという点だけは詳しく説明できる。私から話せるのはそれだけだ」と言葉少なに否定した。 一方で、今節の対戦相手でプレーする選手であり、獲得候補に挙がるイングランド代表MFデクラン・ライス(21)についても触れ、「彼は良い選手だ。チェルシーのアカデミー出身者だが、(獲得の)話は出ていない。ともあれ、今季が終わるまで聞かれるいかなる選手についてもそう言い続けるだろうね。話すことなんて何もない」と語っている。 なお、今季限りで契約切れになるものの、依然として延長に至っていないブラジル代表MFウィリアンについては「まだ彼との会話を続けている。まだはっきりとしたことはわからないがね。彼は私がどういう考えなのかを知っている」と説明している。 2020.07.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

神々しい活躍が続くブルーノ、ポグバとの関係性がフォーカスされるのは「フェアじゃない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが自身とフランス代表MFポール・ポグバの関係性がフォーカスされがちな状況に「フェアじゃない」と語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今冬にスポルティング・リスボンから加わり、出場したプレミアリーグ7試合のうち、実に6度もクラブのマン・オブ・ザ・マッチに輝くなど、早々から偉才ぶりを発揮するB・フェルナンデス。先月30日に敵地で行われた第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも別格の存在感を解き放ち、2ゴールの活躍でチームの勝利に貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaXIxMzA0UCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 選手:ブルーノ・フェルナンデス 所属:マンチェスター・ユナイテッド そのブライトン戦後にクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じたB・フェルナンデスは公式戦15戦無敗が続くチーム状況についてこう考えを示した。 「この前や中断前まで、スコット(・マクトミネイ)とフレッジがすごく良いプレーで良い結果をもたらし続けてくれ、今はネマ(ネマニャ・マティッチ)、ポール(・ポグバ)、そして僕でそれをしている。10番の役割に関して言うと、アンディ(アンドレアス・ペレイラ)や、フアン(・マタ)もできる。ジェシー(・リンガード)だってそうさ。僕らはたくさんのクオリティを持つ集団。僕とポールのことだけを語るのはチームメイトに対してフェアじゃない」 「僕らは大いにクオリティがあって、一緒にトレーニングをするなかで、互いを追い込み合っている。それがより高いレベルに繋がる。僕が大丈夫じゃないなら、他の選手がプレーする。だから、僕はトレーニングの段階からベストを尽くさないといけない。チームの力になるためにもっともっと良くならないと。みんなも同じ考えだと思う。だからこそ結果も出ている。誰もが認識しているはず。クオリティがあるからこそベストを尽くす必要があるのをね」 また、チームが目標に掲げる来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、「これからも集中して、クラブのために、チームのために全てを捧げないと。ここにいる誰もがこの巨大なチームを代表としてプレーしているという認識を持っていると思う。ベストを尽くして突き進み続けること、そしてトライし続けることこそが大事だ」とも述べ、4日に行われる次節のボーンマス戦に視線を向けた。 「僕らの歩みにすごく満足しているが、今は次の試合が楽しみ。CL出場権がほしい。しっかりとリカバリーして、この調子をキープしないとね。みんなもそれを理解しているはずだ」 2020.07.01 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

スールシャール「最初から最後までファンタスティック」 2発ブルーノの偉才ぶりにも舌を巻く

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が試合を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが続くユナイテッドは先月30日に敵地で行われたプレミアリーグ第32節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。延長戦にもつれ込んだFAカップ準々決勝のノリッジ・シティ戦から中2日のアウェイ戦だったが、3-0の快勝で飾り、5位の座をキープした。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaXIxMzA0UCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> スールシャール監督は試合後、「今日の出来を高く評価したい。最初から最後まで素晴らしかったよ。選手たちは自信とクオリティに満ち溢れ、いつくかのプレーも並外れたものだった」と絶賛。2ゴールをマークしたポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが改めて示した偉才ぶりにも舌を巻いた。 「リーダーの存在が効いていたね。彼は勝者でもあり、我々はそんな類の選手を欲していたのだ。彼との契約を実現させたクラブのファインプレーさ。よくやってくれた。もちろん、ベストプレーヤーを売りたがらないものだから、難しい取引だったと思う。ここにやって来てから、ファンタスティックな存在であり続けている」 「彼の2得点目はセットプレー時の良い守備から生まれたもの。我々はスペースを認識していたから、素早くカウンターに転じたかったのだ。ネマニャ(・マティッチ)の素晴らしいパス、メイソン(・グリーンウッド)の素晴らしいクロス、そして、ブルーノの素晴らしいフィニッシュだった。この試合の全得点に満足している」 また、卓越したフィニッシュワークから先制ゴールをマークしたU-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに対しても、「素晴らしいプレーぶりだった。彼はスペシャルな青年。顔を上げて正面を向くと、危険な選手だとすぐわかる」と賛辞の言葉を贈ると、4日に行われる次節のボーンマス戦に目を向けた。 「わざわざ宣言する必要なんてない。我々は良いチームだ。それはわかっている。この試合にしっかりフォーカスしていたし、今は次のボーンマス戦に目を向けている。リカバリーしないとね」 2020.07.01 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデス&グリーンウッド躍動のユナイテッドが5位キープ!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは6月30日、プレミアリーグ第32節でブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した暫定6位のユナイテッド(勝ち点49)は、3日前に行われたFAカップ準々決勝のノリッジ戦を延長戦の末に勝利した。ノリッジ戦のスタメンから8選手を変更。ブルーノ・フェルナンデス、マグワイア、ショーが引き続き先発となり、ラッシュフォードら主力が先発に戻った。 15位ブライトン(勝ち点33)に対し、立ち上がりから押し込む展開としたユナイテッドは、16分に先制する。ドリブルを仕掛けたグリーンウッドがボックス右に侵入。左足でゴール右を射抜いた。 その後も攻勢に出るユナイテッドは29分に追加点。ポグバの横パスをペナルティアーク右のブルーノ・フェルナンデスがダイレクトで合わせると、DFにディフレクトしたミドルシュートがゴール右に決まった。 余裕の展開で前半を2点リードして迎えた後半、マクペイを投入してきたブライトンに対し、ユナイテッドは開始5分に3点目。 ロングカウンターに転じた流れから、ボックス左のグリーンウッドのクロスをファーサイドのブルーノ・フェルナンデスがボレーで蹴り込んだ。 余裕のユナイテッドは64分にブルーノ・フェルナンデスやポグバをお役御免としていく。そして、終盤にかけてはGKデ・ヘアの好守もあったユナイテッドが3-0で快勝。グリーンウッドとブルーノ・フェルナンデスが活躍したユナイテッドが5位をキープしている。 2020.07.01 06:09 Wed
twitterfacebook