讃岐、韓国人DFキム・ホヨンの加入決定を発表! 背番号は「28」

2020.03.27 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は27日、韓国人DFキム・ホヨン(22)の加入決定を発表した。背番号は「28」に決定している。

キム・ホヨンは身長187cm、体重75kgで、これまで木浦市庁FC(韓国)やサムットプラカーン・シティFC(タイ)でプレー。讃岐加入を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「ファン・サポーターの皆様はじめまして、今シーズンより加入することになりましたキム・ホヨンです。得意なプレーはビルドアップや縦パスです。カマタマーレ讃岐のJ2昇格のために一生懸命頑張ります」


関連ニュース
thumb

讃岐、大卒3年目の中村亮と来季契約を更新せず 「全然結果を出せなかった」

カマタマーレ讃岐は3日、MF中村亮(24)の来季契約非更新を発表した。 鹿児島県生まれの中村は鹿児島城西高校、阪南大学を経て、2019年に讃岐でプロ入りすると、初年度の明治安田生命J3リーグで18試合4得点をマーク。2年目の昨季は14試合に出場し、最終節を残すのみの今季は13試合でプレーしている。 今季限りでの契約満了に伴い、退団が決まった中村はクラブを通じて別れの挨拶をした。 「カマタマーレ讃岐に関わる皆様、3年間ありがとうございました。色んなところからチームをサポートしているフロントやスポンサーの方々、見えない所で1番チームを支えているマネージャーとトレーナーに感謝してもしきれません」 「そしてどんな状況でも応援し続けてくださるサポーターと3年間戦えたことは自分の財産です。その一方で、全然結果を出せなかった事がとても悔しいです」 「この悔しさとクラブを通じて出会った方々に教えて貰ったことを、今後に活かせるように頑張ります。最後に、この素晴らしい環境でプレーできたことをクラブに感謝したいです。本当にありがとうございました」 2021.12.03 18:28 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐が湘南下部組織出身の国士舘大学DF内田瑞己の来季加入内定を発表「選手としても人間としても成長できるように」

カマタマーレ讃岐は2日、国士舘大学のDF内田瑞己(22)の来季加入内定を発表した。 内田は神奈川県出身で、湘南ベルマーレの下部組織で育ち、平塚学園高校、国士舘大学へと進学した。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では16試合に出場し1得点を記録していた。 讃岐は内田について「対人に強く、クロスの精度が高いサイドバック」と特徴を紹介している。内田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2022シーズンよりカマタマーレ讃岐に加入することになりました国士舘大学の内田瑞己です。幼い頃からの夢を叶えることができたのは、家族や友人の支えがあったからだと思います」 「現状に満足せず常に上を目指し、選手としても人間としても成長できるように頑張ります。カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2021.12.02 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐のGK浅沼優瑠が契約満了「魅力が満載の香川県が大好きになりました」

カマタマーレ讃岐は25日、GK浅沼優瑠(29)との契約満了を発表した。 浅沼は北海道出身で、ヴェルディSS調布Jrユースから成立学園高校を経て、東洋大学に進学。2015年にY.S.C.C.横浜へと入団した。 プロ1年目は出番がなかったが2年目にJ3で6試合に出場。すると3年目からは正守護神となり、2017年はJ3で23試合、2018年はJ3で32試合に出場した。 2019年にSC相模原へと完全移籍すると、シーズン途中に栃木SCへと期限付き移籍。栃木では出番がなく、2020年に讃岐へと加入した。 2020シーズンは出番がなかったが、今シーズンはJ3で2試合に出場していた。 浅沼はクラブを通じてコメントしている。 「2シーズン、カマタマーレ讃岐でプレーさせていただきありがとうございました。たくさんの人に支えられた2年間でした。正直この2年間は大変なことの方が多かったですが、仲間たちやファン・サポーター、スポンサー、チーム関係者の方々の多くの支えによって、私自身も成長することができました」 「チームを離れるのは寂しいですが、カマタマーレ讃岐のこれからの発展、そしてJ2昇格を祈っております。そのためには少しでも多くの方に今、チームが行なっている「カマタマ・トークン」の活動に賛同していただきチームの成長を共に感じて頂きたいです!是非よろしくお願いします!」 「また私自身、魅力が満載の香川県が大好きになりました! うどんや骨付鳥を中心とした様々な美味しい食事や、綺麗な海、綺麗な景色などがたくさんあり、歴史を感じられる建物もたくさんあります。県内の方も県外の方も、改めて香川の魅力を感じてほしいです!」 「最後になりますが、カマタマーレ讃岐に来て、24番のユニフォームを着てる方や名前のタオルなどを掲げてくれる方が多くいてくれて本当に嬉しかったです!」 「街中で話しかけていただけたり、試合結果などを気にして声をかけてくれるスポンサー様もいて感謝しかないです」 「心残りは、私のいる2年間は新型コロナウイルスの影響で応援スタイルの変更があり、チャントなどを生で聞けなかったことが心残りです。これから終息に向かっていき、また応援の声が届く日を楽しみに待ちましょう!」 「2シーズンカマタマーレ讃岐でプレー出来て良かったです。本当にありがとうございました。」 2021.11.25 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐が地元出身のMF高木和正の現役引退を発表「この19年間は辛いことの方が多かった」

カマタマーレ讃岐は22日、MF高木和正(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 高木は香川県さぬき市出身。香川西高校から2003年にサンフレッチェ広島へと入団。2005年にはモンテディオ山形へと期限付き移籍。2006年からFC岐阜でプレーした。 岐阜ではJリーグ昇格へと貢献。2009年にクラブの財政難により退団すると、2010年には栃木SCへと完全移籍。2014年から讃岐でプレーした。 通算成績はJ1で2試合、J2で379試合29得点、J3で50試合2得点を記録。今シーズンは明治安田生命J3リーグで16試合に出場していた。 高木はクラブを通うじてコメントしている。 「今シーズンをもちまして、現役を引退することを決断しました。9歳でサッカーを始め、たくさんの仲間と出会い、素晴らしい指導者のおかげでプロサッカー選手になることができました!ありがとうございました」 「高校卒業してプロサッカー選手になって19年間、ここまで続けられるとは思っていませんでした。楽しいこと、嬉しいこと、苦しいこと、辛いこと、たくさんの感情がある中で、この19年間は辛いことの方が多かったと思います」 「サンフレッチェ広島、モンテディオ山形ではプロの厳しさや自分の考えの甘さを教えていただきました。チームの力にまったくなれず、なにもできなかった3年間でした」 「プロ3年目に戦力外になり、当時地域リーグだったFC岐阜から声をかけてもらい、もう一度サッカーをするチャンスをいただきました」 「そこから仲間たちと一つになり、JFL・Jリーグと昇格することができました。あの時、FC岐阜に声をかけてもらってなかったら今の自分はなかったと思います。本当に感謝してます」 「栃木SCでは、4年間副キャプテンをさせていただき、人としてもとても成長できた4年間でした!」 「そして、30歳の時に地元のカマタマーレ讃岐に帰ってきて、8年間プレーさせていただきました。入替え戦、残留争い、J3降格と結果が出せず、応援してくださってるファン・サポーターの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「どんな時もチームのために力になって下さったスポンサーの皆様、企業の皆様、ファン・サポーターの皆様、地域の皆様、カマタマーレ讃岐を支えていただき、ありがとうございます!」 「そしてこの19年間、サンフレッチェ広島、モンテディオ山形、FC岐阜、栃木SC、カマタマーレ讃岐で関わったすべての皆様、本当にありがとうございました」 「僕にとってこの19年間で、たくさんの経験をさせてもらい、とても楽しい最高のサッカー人生でした!」 「今後については未定ですが、これからは地元のために自分の経験したことを伝えていけたらと思っています。次のステージも自分らしく全力で頑張りたいと思ってます!」 「本当にたくさんの応援ありがとうございました!」 2021.11.22 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

讃岐DF竹内彬が今季引退へ…名古屋時代の2010年にJ1制覇、16年間のプロ生活に幕

カマタマーレ讃岐は15日、DF竹内彬(38)の今季現役引退を発表した。 竹内は国士舘大学を卒業後、2006年に名古屋グランパスでプロ入り。2010年にJ1優勝に貢献した。それからジェフユナイテッド千葉、大分トリニータでもプレー。2018年8月にレンタルで讃岐入りした。 完全移籍に切り替わった2019年からは主将を務めるほか、昨季の明治安田生命J3リーグで全試合に出場するなど、主力としても活躍。今季もここまで17試合に出場して1得点をマークしている。 Jリーグ通算成績はJ1リーグ126試合2得点、J2リーグ179試合12得点、J3リーグ79試合4得点。Jリーグの4クラブを渡り歩いての16年間にわたるプロ生活に今季で区切りを打つ竹内は讃岐を通じてコメントした。 「今シーズンをもちまして、現役生活を引退することを報告させていただきます。憧れだったプロサッカーの世界に飛び込んでから16年間、たくさんの人達に支えられプレーすることができました」 「幼少期に好きで始めたサッカー。プロサッカー選手をテレビや雑誌などで見て憧れを持ち、いつしか憧れから自分の夢へと変わっていきました。多くの人達の支え、応援、ご指導、叱咤激励があり自分の背中を押していただき、ここまでプレーすることができ感謝の気持ちでいっぱいです」 「この16年間、名古屋グランパス、ジェフユナイテッド千葉、大分トリニータ、カマタマーレ讃岐、4クラブでプレーさせていただきました。いつも応援してくれていたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました。地域の皆様、スポンサー様の皆様、本当にありがとうございました」 「また、城郷サッカークラブ、横浜新井JFC、向上高校、国士舘大学の指導者の方々、チームメイト、関係者の皆様、本当にありがとうございました。サッカーからたくさんのことを学びました。楽しいこと、嬉しいこと、悔しいこと、辛いこと、心が折れそうになったこともありました。その一つひとつが自分の財産になりました」 「今後もサッカーを通して多くのことを学び、まだまだ続く自分の夢、目標に向かって邁進していきたいと思います。支えていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。自分が憧れていたプロサッカーの世界は夢のような世界でした。ありがとうございました」 なお、引退後も讃岐にとどまり、来季からトップチームの強化担当兼地域連携リーダーに就任。28日のホーム最終戦となるJ3第29節のガイナーレ鳥取戦後、引退セレモニーが行われる。 2021.11.15 17:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly