湘南が鹿屋体育大FW根本凌の2022シーズン加入内定を発表! 今季から特別指定選手として登録

2020.03.27 15:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
湘南ベルマーレは27日、鹿屋体育大学に在学するFW根本凌(20)の2022シーズン加入内定およびJFA・Jリーグ特別指定選手承認を発表した。今季のプレー時は背番号「37」を着用する。

今年大学3年生の根本は神奈川県出身で、上田西高校から鹿屋体育大学に進学。フィジカル能力に優れる選手で、攻撃の起点になれ、シュート意識も高く、常にゴールを狙っているストライカーだ。加入内定および特別指定選手承認を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この度、湘南ベルマーレに2022年から加入が決まり、今年から特別指定選手になりました鹿屋体育大学の根本凌です。幼い頃から憧れていたプロサッカー選手になるということを、湘南ベルマーレという自分の生まれ育った町にあるクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。今まで支えてくれた両親、そして指導していただいたたくさんの指導者の皆様への感謝の気持ちを常に忘れず、チームの勝利に貢献できるよう日々精進していきますので応援よろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

采配的中! 同時投入の天野、水沼、オナイウが3点に絡み横浜FMが今季初白星、湘南は3連敗《J1》

8日、明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレがニッパツ三沢球技場で行われ、3-2で横浜FMが今シーズン初勝利を挙げた。 4カ月ぶりの再開となった前節、横浜FMは浦和レッズとアウェイで対戦し0-0のゴールレスドロー。今期初勝利を逃していたが、その一戦からは、スタメンを5名変更。小池龍太、實藤友紀、ティーラトン、天野純、遠藤渓太の5名に代わり、松原健、伊藤槙人、高野遼、マルコス・ジュニオール、エジガル・ジュニオを起用した。 対する湘南は、ベガルタ仙台を相手に0-1で敗戦。開幕2連敗となった試合からは、同様に5名変更。大岩一貴、福田晃斗、松田天馬、石原直樹、タリクに代えて、大野和成、金子大毅、山田直輝、指宿洋史、中川寛斗を起用した。 互いに前節から中3日で迎えた一戦。ターンオーバーを採用した両チームは、ピッチ内に吹く強風の影響でロングボールの精度が下がり、互いに探りながらの入りとなる。 湘南は前線からのプレスを掛けて横浜FMのボールを奪いに。横浜FMはサイドを使った攻撃で湘南ゴールを目指す。 最初にチャンスを掴んだのは横浜FM。17分、ボックス右から仲川がアーリークロス。これに走り込んだエジガル・ジュニオがダイビングヘッドで飛び込むも、GK富居がセーブ。こぼれ球をエリキが拾うが、シュートにはいけない。 湘南は横浜FMに攻め込まれながらもサイドでの対人守備と、最終ラインの統率がうまく行き、決定機をそれほど作らせない。 攻撃面では、指宿をターゲットに、中川がセカンドボールを拾う展開に。左サイドどの鈴木、右の石原とウイングバックも有効に使い、横浜FMゴールを目指して攻め込んでいく。 31分には、仲川が折り返したところを大野がボックス内でハンド。しかし、これはPKとはならない。 湘南は38分、左サイドで得たFKから鈴木がクロス。坂がファーサイドで落とすと、齊藤がボックス内でシュートもGK梶川がセーブする。 前半アディショナルタイムに横浜FMは左サイドから攻め立てると、エリキのクロスに扇原が飛び込むも、わずかに合わない。 ゴールレスで終えた前半。湘南は指宿に代えて松田を投入し攻撃の形を変える。すると迎えた51分、湘南は自陣でのボール奪取からカウンター。スルーパスに対して齊藤が飛び出したGK梶川をかわし、無人のゴールへ流し込むだけだったが、高野がうまくカバーし、得点を許さない。 しかし、その流れで迎えた51分、岡本のクロスをファーサイドで石原が折り返すと、フリーの中川がボックス内で押し込み湘南が先制する。 先制を許した横浜FMは63分に3枚替え。エリキ、マルコス・ジュニオール、扇原に代えて、水沼、オナイウ阿道、天野を投入する。すると65分、ドリブルで持ち出した天野がGKの位置を見てロングループシュート。これがGK富居の頭上を越えて、横浜FMが同点に追いつく。 73分、横浜FMは畠中が自陣でパスミス。湘南はここからボールをつなぎ、タリクがボックスに侵入。クリアボールが山田に渡ると、山田がボックス内からシュートもGK梶川がなんとかセーブする。 同点に追いついてから攻勢を強めた横浜FMは77分、ボックス手前でエジガル・ジュニオとのワンツーでリターンを受けた天野がドリブルで相手DFをかわしてボックス内に侵入。最後は豪快に左足を振り抜き、逆転ゴールを記録する。 逆転を許した湘南だったが79分、DFラインの裏に抜け出た岡本がダイレクトでグラウンダーのクロス。これを逆サイドを上がった鈴木がダイレクトで左足で蹴り込み湘南が同点に追いつく。 点の取り合いとなった試合は85分、左サイドからティーラトンがクロス。これをオナイウ阿道が落とすと、拾った天野がドリブルでボックス内を仕掛けると相手に倒されたかと思いきや、自身でバランスを崩してチャンスを逸する。 それでも87分、右サイドでボールを回した横浜FMは、水沼がボックス手前からクロス。これをボックス中央でオナイウ阿道がフリーで合わせ、横浜FMがまたしてもリードを得る。 またしてもリードを許した湘南は90分、ドリブルでボックス内に侵入した鈴木が左足一閃。しかし、GK梶川が触りシュートはクロスバーを直撃する。 その後は横浜FMが最後まで湘南ゴールに迫り、タイムアップ。打ち合いは横浜FMが3-2で勝利し初勝利。湘南は3連敗となった。 横浜F・マリノス 3-2 湘南ベルマーレ 【横浜FM】 天野純(後21、後32) オナイウ阿道(後42) 【湘南】 中川寛斗(後7) 鈴木冬一(後34) 2020.07.08 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:横浜FMvs湘南】出遅れた両者、“神奈川ダービー”で初白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆つまづいた王者、ダービーで初勝利へ【横浜F・マリノス】 昨シーズンのJ1王者である横浜FMだが、開幕から2試合で勝利なし。前節は浦和レッズを相手に持ち前の攻撃力を発揮したものの、GK西川周作の好パフォーマンスもありノーゴール。0-0のゴールレスドローに終わった。 試合では中断期間中に加入したDF小池龍太、DF實藤友紀、MF天野純がいきなり先発。完全にフィットはしていないものの、アンジェ・ポステコグルー監督が求めるサッカーへの適応は問題なさそうだ。 しかし、試合を重ねるごとに精度を上げていった昨シーズンのことを考えれば、4カ月も中断していたことは大きなマイナスだろう。実際に、浦和戦でも細かなズレが散見。横浜FMが取り組むサッカーには致命傷となる。 まずは今季初勝利へ。リモートマッチの“神奈川ダービー”となるが、ニッパツを熱くさせる勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-1-3] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:天野純 FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆守備で耐え、ゴールをこじ開けることができるか【湘南ベルマーレ】 昨シーズンは参入プレーオフの末になんとか残留した湘南。しかし、新たに迎えたJ1のシーズンも連敗スタートと苦しい状況となっている。 開幕戦は浦和レッズとの打ち合いとなったが、一転して再開初戦はベガルタ仙台との対戦で0-1と敗戦。守備面では一定のパフォーマンスを発揮したが、やはり得点力という点ではまだまだ課題を解決できてはいないようだ。 前節は1失点に抑えたが、今節の相手は屈指の攻撃力を誇る横浜FM。まずはゼロで抑えつつ、前掛かりになった横浜FM守備陣のスペースを突き、カウンターでゴールを奪いたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:岡本拓也、坂圭祐、大岩一貴 MF:石原広教、福田晃斗、鈴木冬一 MF:齊藤未月、松田天馬 FW:タリク、石原直樹 監督:浮嶋敏 2020.07.08 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

開始早々のジャーメイン良弾を守り切り仙台が湘南を下す! 湘南は2連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節、湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が4日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で仙台が勝利した。 開幕戦では浦和レッズとの打ち合いの末、2-3で敗れた湘南はこの中断期間で守備面の修正に着手。初勝利を目指す今節の先発は、開幕戦から山田に代えて松田を起用した。 一方、仙台は開幕節で名古屋グランパスと1-1のドロー。こちらも初勝利を目指す中で、ケガから復活した長沢の他、GK小畑、石原崇兆、椎橋、関口、さらにこの中断期間中に加入した西村が先発に名を連ねた。 試合開始早々に動く。3分の仙台の攻撃。右サイドを駆け上がったジャーメイン良がループ性のクロスを送ると、これが風に乗りそのままゴールへ吸い込まれていった。 序盤は仙台が主導権を握っていたが、徐々に湘南が盛り返しを見せる。23分、鈴木のアーリークロスにボックス中央でタリクが頭で合わせるも枠を捉えられず。43分には岡本のクロスのこぼれ球をボックス右で収めた鈴木が左足で狙う。しかし、GK小畑の好セーブに阻まれて同点弾を生み出せず、試合を折り返す。 後半立ち上がりからリードを広げに掛かる仙台は53分、左CKのこぼれ球にボックス中央手前から石原崇兆が強烈なシュート。地を這う強烈なシュートだったが、惜しくもゴール左に逸れた。 膠着状態が続く中、湘南は交代カードを駆使して仙台ゴールを襲いかかる。59分の途中出場の茨田のミドルシュート、同じく途中投入の指宿のポストプレーを起点に攻撃を試みるも、なかなか決定機まで持ち込めない。後半アディショナルタイムには、左サイドからのFKをゴール前に蹴り込むもディフェンダーに弾き出され万事休す。 直後にタイムアップのホイッスルが鳴り、早々のゴールを守り切った仙台が1-0で勝利を飾った。 湘南ベルマーレ 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 ジャーメイン良(前3) 2020.07.04 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

GK負傷の金沢、湘南からGK堀田大暉を8月末までの短期期限付きで獲得

ツエーゲン金沢は29日、湘南ベルマーレのGK堀田大暉(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は、2020年6月29日から2020年8月29日までとなる。 堀田はベガルタ仙台の下部組織出身で、東海大学を経て2018年に福島ユナイテッドFCへ入団。2シーズンにわたって守護神を務めると、今シーズンから湘南へ完全移籍していた。 明治安田生命J3リーグでは通算59試合に出場している。堀田はクラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「この度、湘南ベルマーレから期限付き移籍してきました堀田大暉です。8月末までという短期間ではありますが最大限チームの勝利に貢献出来るように日々のトレーニングから直向きに頑張って行きます!応援よろしくお願いします!」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、ツエーゲン金沢に短期間ではありますが期限付き移籍する事になりました。金沢でしっかり経験を積んで湘南に戻る際には今よりもチームに貢献出来るように精一杯頑張ってきます!引き続き応援よろしくお願いします」 なお、金沢は今シーズンFC琉球から加入していたGK石井綾が6月の練習試合で眼下底骨折および頬骨骨折のケガを負い、手術を受けていたことが発表されていた。 2020.06.29 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南MF梅崎司が全治3カ月…左ヒザ内側半月板損傷で手術

湘南ベルマーレは7日、元日本代表MF梅崎司の戦線離脱を報告した。 梅崎は練習中に負傷して、5日に手術が無事終了。全治3カ月の左ヒザ内側半月板損傷という診断結果が下った。 33歳の梅崎は過去、大分トリニータ、グルノーブル、浦和レッズでプレー。2018年から湘南に所属している。 今季はここまでルヴァンカップ1試合に出場。明治安田生命J1リーグ開幕節の浦和レッズ戦は出番がなかった。 なお、新型コロナウイルスの影響で中断が続くJリーグは7月4日からの明治安田生命J1リーグ再開が決まっている。 2020.06.07 16:15 Sun
twitterfacebook