山東魯能のフェライニが新型コロナ陽性反応…現地メディア報じる

2020.03.22 15:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
山東魯能に所属する元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが新型コロナウイルスに感染した模様だ。中国『sina sports』が報じている。

クラブのホームタウンである済南市の保健衛生委員会が発表したところによると、フェライニは20日に新型コロナウイルスの検査を受け、その後に陽性反応が検出。現在、病院に搬送され、隔離治療を受けており、無症状の状態だという。中国スーパーリーグでプレーする選手としては初の感染確認者となる。

32歳のフェライニはベルギー代表としても87キャップを誇る長身MFで、スタンダール・リエージュやエバートン、マンチェスター・ユナイテッドを渡り歩き、2019年2月から山東魯能でプレー。中国での1stシーズンとなる昨年は公式戦34試合に出場して13得点の数字を残した。

なお、中国から広がった新型コロナウイルスはいまや世界中に波及。各国が対応に講じているが、終息が見通せず、フットボール界においても延期が相次いでいる。

関連ニュース
thumb

チーム最多5ゴールの浦和・松尾佑介「大邱との試合では…」、サポーターにも感謝「毎試合ホームゲームのよう」

浦和レッズのMF松尾佑介が、山東泰山(中国)戦を振り返った。 大邱FCとのグループ首位の座を争っている浦和。グループ2位以上での突破が決まっている中、ここまで出番の少ない選手を起用した。 グループ首位突破を目指す浦和。控え組中心となった中でも、実力差のある浦和が試合を圧倒した。 13分に安居海渡が先制ゴールを奪うと、34分には知念哲矢、46分には松尾と前半だけで3点のリードを得た。 後半途中には、GKの西川周作を下げて牲川歩見を起用するという交代を見せた中、押し込み続けた浦和は69分に松尾、85分に知念とゴールを重ねて勝利を収めた。 試合後、2ゴールの活躍を見せ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれた松尾は記者会見で「監督も仰ったように、タイまで駆けつけていただいて、毎試合ホームゲームのようでした。プレーする中でチャントなどが聞こえてくるのは当たり前のことではないですから、しっかりその責任を背負って、グループステージを突破することができてよかったです」とコメント。現地まで足を運び、大声援を送ってくれたサポーターたちに感謝の気持ちを語り、グループステージ突破を喜んだ。 また、松尾は全6試合に出場し5ゴールを記録。チームで最もゴールを奪った。 キャリアはつのACLでのパフォーマンスについては「大邱との試合ではゴールを奪えなくて、そこで1ゴールでも決めていれば、チームがもう少し楽に突破できたと思っています」と大邱相手だけにゴールを決められていないことを悔やんだ。 ただ「その中で、グループステージ突破には絶対にゴール数が必要だったので、少しでもチームの力になれたと思いますし、日本に戻っても続けられるように頑張りたいと思います」とコメント。リーグ戦では出遅れた結果2試合しか出場できていないだけに、ACLでの活躍をこの先の試合でも見せていきたいとした。 <span class="paragraph-title">【動画】松尾が右足ヒールで技ありのゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Yusuke Matsuo finishes off a fantastic team goal in style!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/SDLvURA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SDLvURA</a> <a href="https://t.co/neffHyUwcF">pic.twitter.com/neffHyUwcF</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520410546432008195?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.01 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「みなさんに感謝」GS通過の浦和・リカルド監督、遠征帯同の全27名を起用した点には「モチベーションを保ちながら進める」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、山東泰山(中国)戦を振り返った。 大邱FCとのグループ首位の座を争っている浦和。グループ2位以上での突破が決まっている中、ここまで出番の少ない選手を起用した。 グループ首位突破を目指す浦和。控え組中心となった中でも、実力差のある浦和が試合を圧倒した。 13分に安居海渡が先制ゴールを奪うと、34分には知念哲矢、46分には松尾佑介と前半だけで3点のリードを得た。 後半途中には、GKの西川周作を下げて牲川歩見を起用するという交代を見せた中、押し込み続けた浦和は69分に松尾、85分に知念とゴールを重ねて勝利を収めた。 試合後、リカルド・ロドリゲス監督は記者会見でサポーターについて言及。「まずは日本からタイに来てくれた、多くのサポーターの方々に感謝している。毎試合ホームゲームのように応援してくれた。もちろん、日本やほかの国から応援してくれた方々にも感謝する」と、現地に応援に駆けつけてくれたサポーター、そして映像を通じて応援してくれたサポーターに感謝した。 また、最終的には2位通過となったものの、試合前の時点で突破が決まっていた浦和。グループステージを突破したことにいては「まずはこのグループステージを突破することができて、我々の目標を達成することができたので、ここまで応援してくれたみなさんに感謝を申し上げたい」と、グループステージを突破できたことも感謝した。 グループステージ6試合を振り返り「まず、大邱との試合に勝てなかったのは悔しさが残るところ」と、結果的に首位通過した大邱に敗れたことを悔しがり、「大邱との最初のゲーム では60~70分難しい時間帯が続いて、2試合目も良かった試合はあったが上回れなかった」と、1分け1敗で終わったことを反省した。 それでも「ただ、他の4試合ではしっかりとゴールを取ることもできたし、グループの中でももっともゴールを取ることができた。この大会自体が、チームとって成長につながったと思うし、特に引いたチームに対して、5枚、時には6枚で守ってくる相手に対してどう攻撃していくかという面で成長したと思う」と、相手の守備に苦しみながらも、グループステージ全体として良い攻撃が見せられたと語った。 また「これからの目標はJリーグで上位とのポイントを詰めること、そしていい試合をしていくこと」とコメント。日本に戻って再開するJリーグでは下位に低迷しているだけに、このACLでの戦いをキッカケに浮上したいと意気込んだ。 ラスト3試合はクリーンシートだったが、チームの変化については「そこまで大きく変わってはないと思う」とコメント。「(大邱との)2試合目に関しては良い入りができたし、ライオン・シティ・セーラーズ、山東泰山に対してもしっかりと相手を上回りながらプレーできたと思う。ちちろん細かいところの変化や出ている選手の特徴が違う部分はあるが、大きく変わったところはないのかなと思う」と、大きな変化はないものの、試合内容は向上したとした。 前述の通り、GK牲川歩見を途中起用したことや、木原励、工藤孝太と、遠征に帯同した全27名をピッチに立たせたリカルド監督。「試合前の会見でも言ったが、チームにアレックス(・シャルク)やダヴィド(・モーベルグ)など新加入選手が来た中で、チームとして成長していくべきこと、コンセプトの理解などができたと思う」と、チームとしての成熟度が上がったとコメント。「今日の試合では木原や牲川と初出場する選手たちがいたが、今回はそのチャンスを彼らが得たことで、チームとしてもまたモチベーションを保ちながら進めることができると思う」とし、今後に向けても良い影響があるだろうと語った。 2022.04.30 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和がグループステージ最終節を圧勝で締めくくる! 知念と松尾が2得点《ACL2022》

浦和レッズは30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH最終節で山東泰山(中国)と対戦し、5-0で勝利した。 ここまで3勝1分け1敗でグループ首位に立つ浦和。現状で大邱と勝ち点で並んでおり、最終順位は最終節の結果次第となるが、グループ2位で終えた場合でも上位3チームに入ることが決まり、決勝トーナメント進出が確定した。 そのため、今節のスタメンは前節から西川と明本を除く9人を変更。全員日本人で臨んだ中、開始13分、安居がボックス手前でボールを奪い、素早く左足を素早く振ると、これがゴール左下に決まって早々に先制した。 その後も圧倒的なボール支配率でハーフコートゲームを展開していく浦和。20分にも江坂のパスから松尾が決定機。30分には岩尾のCKから江坂がヘディングシュートを放つ。続く34分に江坂が右サイドからクロスを入れると逆サイドから走り込んだ知念がダイレクトボレーで丁寧に合わせて追加点を決めた。 前半のアディショナルタイムには、岩尾とのワンツーで右サイドからボックスへ侵入した江坂の折り返しをゴール前の岩尾が押し込んでゴール。前半だけで3点を奪った。 後半から山東泰山は2人入れ替えたが、依然として浦和ペース。49分に工藤がヘディングシュートを放てば、55分には明本、57分には岩尾と立て続けにゴールを狙っていく。 すると69分、味方のパスで松崎がゴール前に出ると、ここは相手に対応されてしまうものの、GKのクリアが中途半端となったところを松尾が強かに押し込んで4点目。 この少し前からスコールに見舞われ、激しい雨が降り頻る中、それでもペースを渡さない浦和は85分、CKのこぼれ球を岩尾がシュートにつなげると、一度は止められたが、ゴール前の知念が押し込んで5点目を追加。 そして、試合はそのまま終了し、浦和はグループステージ最終戦を圧勝で締めくくった。 山東泰山 0-5 浦和レッズ 【浦和】 安居海渡(前13) 知念哲矢(前34) 松尾佑介(前46) 松尾佑介(後24) 知念哲矢(後40) 2022.04.30 21:54 Sat
twitterfacebook
thumb

大邱が山東泰山を圧倒! 勝ち点で並ぶも浦和を上回り首位に!《ACL2022》

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループF第5節の大邱FC(韓国)vs山東泰山(中国)が行われ、4-0で大邱が勝利した。 グループ首位を守りたい大邱は、立ち上がりから試合を圧倒する。 まずは8分、相手のビルドアップを奪うと、ゼカが中央をドリブルで持ち上がり、やや離れた位置で右足一閃。相手の寄せが甘いところを見逃さず、ゴール左に決めて先制する。 さらに12分にも追加点。大邱は左CKからブルーノ・ラマがクロス。これをキム・ジンヒョクが打点の高いヘッドで折り返すと、ホン・ジョンウンがダイレクトで合わせて、リードを2点とする。 早々に2点のリードを得た大邱は、力の差を見せつけて後半へ。すると57分、右CKからヘディングで繋ぐと、ファーサイドで待っていたイ・グノがダイビングヘッド。これが右サイドネットに決まり、大邱がリードを3点に広げる。 実力差のあるチーム同士の対戦ということもあり、山東はほとんどチャンスを迎えられず。さらに66分にはカウンターを仕掛けると、オ・フソンがコースを狙い澄ましてシュート。これが決まり4-0。大邱は首位の座を守っている。 大邱FC 4-0 山東泰山 【大邱】 ゼカ(前8) ホン・ジョンウン(前12) イ・グノ(後12) オ・フソン(後21) 2022.04.28 08:34 Thu
twitterfacebook
thumb

終始攻め込んだライオン・シティは精度を欠いてゴール奪えず、山東泰山が中国勢初勝ち点獲得《ACL2022》

21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループF第3節の山東泰山(中国)vsライオン・シティ・セーラーズFC(LCS/シンガポール)が行われ、0-0のドローに終わった。 ここまで2連敗の山東泰山と1勝1敗のLCSの一戦。立ち上がりから相手ゴールに迫るのはLCSの方だった。 21分に山東がビッグチャンス。右サイドをイ・シャンロンがドリブルで突破すると、ボックス内に侵入しシュート。ニアサイドを狙ったが、これは枠を外れた。 一方のLCSは、22分にマクシム・レスティエンヌがボックス左からクロス。これをファーサイドでガブリエル・クァク・ジュン・イーがダイレクトで合わせると、ジエゴ・ロペスが合わせようとするも、これはわずかに届かない。 さらに26分にはCKの流れから右サイドからのクロスをペドロ・エンリケがヘッド。しかし、これは枠を外れていく。 互いに攻め込むシーンを作るものの、アタッキングサードでのプレー精度が低く、決定機を作れない。 ゴールレスのまま迎えた後半も、LCSが攻め込む時間帯が長く続くが、シュートはことごとく枠を捉えられない。 LCSが迎えた決定機は77分、右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス手前で途中出場のキム・シンウクがダイレクトシュート。これが枠を捉えるがGKがセーブ。この跳ね返りを、ジエゴ・ロペスがダイビングヘッドで合わせるが、シュートは枠に飛ばない。 その後もキム・シンウクの高さを利用して山東泰山ゴールに迫るLCSだったが、最後まで決定力を欠いてしまい最後までゴールを奪えず。そのままゴールレスドローで終わった。 山東泰山 0-0 ライオン・シティ・セーラーズ 2022.04.21 22:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly