スールシャール称賛! EL8強に大きく前進の5発大勝に「ファンタスティックだった」

2020.03.13 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイレギュラーな状況下で大勝劇を演じた選手たちを称賛した。イギリス『BBC』が報じた。

プレミアリーグでトップ4争いを演じる傍ら、ヨーロッパリーグ(EL)でもラウンド16に勝ち進み、オーストリアのLASKリンツと8強進出の一枠をかけて激突したユナイテッド。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、11日に敵地で行われた1stレグは無観客での開催だったが、5-0の快勝を収めた。

公式戦11試合連続無敗となる白星でELベスト8進出に大きく前進したスールシャール監督。試合後、「選手たちはファンタスティックだった。彼らの仕事ぶりは多くの信頼と称賛に値すると思う。フィニッシュの質は高いものがあり、いくつかの素晴らしいゴールと、誇らしいプレーもあった」と労った。

また、「彼らは自分たちの望みを理解していて、うまくやってくれることに疑いなんてなかった。ウォームアップ後もマイケル(・キャリック)とキーラン(・マッケナ)が私に選手の状態が良いと言ってきた。集中していたんだ。彼らを称賛しないとね。非常にプロフェッショナルだ」と続け、姿勢を評価した。

なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は12日、17日に同連盟が管轄する大会の開催可否に関する協議を行うと発表。今後に向け、様々な選択肢を議題に話し合いが行われるものとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

B・フェルナンデスのPK弾で120分の激闘を制したユナイテッドがベスト4進出!《EL》

マンチェスター・ユナイテッドは10日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でコペンハーゲンと対戦し、1-0で勝利した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中立地ドイツでの一発勝負形式に変更となった異例の短期トーナメントとなったEL。この試合もケルンの本拠地ライン・エネルギエ・シュタディオンで開催された。 ラウンド16でリンツを2戦合計スコア7-1で下したユナイテッドは、5日に行われた2ndレグから先発メンバーを6人変更。イガロやマタ、リンガードらに代えてマルシャルやラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデス、ポグバらが先発に名を連ねた。 一方、トルコ王者イスタンブール・バシャクシェヒルとのラウンド16を2戦合計3-1で突破したコペンハーゲンは、2ndレグからは先発メンバーを2人変更。2ndレグで2ゴールのウインドやファルク、元ユナイテッドのDFバレラらが先発に起用された。 比較的静かな立ち上がりとなった中、コペンハーゲンは15分にアクシデント。ボイレセンがピッチに座り込み交代を要求。ベングソンが緊急投入された。 早い時間に交代カードを使ったコペンハーゲンだが、直後にチャンスを迎える。17分、敵陣でパスカットしたウインドが素早く縦のダラミーに供給。ボックス内で粘ったダラミーのシュートが相手DFに当たると、こぼれ球をステージがボレーシュートで合わせたが、これも守備に戻ったポグバのブロックに阻まれた。 ピンチを凌いだユナイテッドは21分、左クロスをファーサイドのマグワイアが頭で折り返すと、マルシャルのフリックしたボールを最後はゴール左手前に走り込んだブルーノ・フェルナンデスが頭で合わせたが、これは枠の上に外した。 クーリングブレーク以降はユナイテッドが押し込む展開となるが、アタッキングサードでの正確性を欠き、フィニッシュまで持ち込めない状況が続く。このまま前半終了かと思われたが、ユナイテッドは前半終了間際に最大のチャンスを迎える。 45分、相手GKのロングフィードをマグワイアが弾き返すと、ラッシュフォードが頭で前線のスペースへ。これに反応したグリーンウッドがボックス右からシュートを流し込んだが、VARの末にオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 ゴールレスで迎えた後半、最初のチャンスはユナイテッドに生まれる。57分、ボックス左でボールを受けたグリーンウッドが左足を振り抜くと、強烈なシュートが右ポストを直撃。この跳ね返りをラッシュフォードが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなる。 さらに63分には、ボックス右手前でパスを受けたB・フェルナンデスがDFのチェックに掛かる前に素早くミドルシュートを放ったが、これも左ポストに嫌われた。 後半もコペンハーゲンの中央を締める守備に苦戦するユナイテッドは、70分にフレッジとバイリーを下げてマティッチとリンデロフを投入。すると84分、バイタルエリア左でロストボールを拾ったマルシャルがカットインからコントロールショットを放つったが、これはGKヨンソンの好セーブに防がれた。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。 延長前半、ユナイテッドはグリーンウッドを下げてマタを投入。すると94分、ラッシュフォードの縦パスをボックス左で受けたマタが素早いターンから折り返しを入れると、中央で待ち構えていたマルシャルがA・ビランドに倒され、PKを獲得。このPKをB・フェルナンデスがゴール左に突き刺し、ユナイテッドが待望の先制点を奪った。 さらにユナイテッドは、延長前半終了間際にも左CKの流れからリンデロフに決定機が訪れたが、シュートは右ポストを直撃した。 延長後半はユナイテッドがコペンハーゲンの猛攻を受けたが、集中した守りでこれをシャットアウト。結局、B・フェルナンデスのPK弾で逃げ切ったユナイテッドがコペンハーゲンを下してベスト4進出を決めている。 2020.08.11 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

D・ヘンダーソンは来季もレンタル? スールシャールは既存GKを高評価

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(23)の再レンタルを検討しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 ユナイテッド下部組織出身のヘンダーソンは2018年夏からシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍。昨季はブレイズのプレミアリーグ昇格に貢献すると、今シーズンは13度のクリーンシートを達成して、9位と躍進したクラブを最後尾から支えた。 ローン先で成長を遂げるヘンダーソンには、今季はイージーミスが目立ったスペイン代表GKダビド・デ・ヘアや、FAカップ準決勝のチェルシー戦で先発落ちし、不満を抱いていたという第二GKのアルゼンチン代表セルヒオ・ロメロの代役になるとの憶測が立っていた。先日にはユナイテッドが新たな5年契約へ動いているとの噂も。 しかし、スールシャール監督は「ポジション争いは重要だ」と話す一方で「彼ら3人ともをクラブに留めておくのは難しいだろう」と一部GKの放出を認めた。さらに、10日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のコペンハーゲン戦の会見の席で今季のデ・ヘアとロメロのパフォーマンスに満足感を示した。 「今シーズンはセルヒオがどれだけ重要な存在であるかを示してくれた。私にとってはダビドも常に良かったね。残りの今シーズン、突き進むために我々に何ができるか見ていきたい」 劣勢とみられるヘンダーソン。GKを探すチェルシーが注視しているとも言われるが、果たして今夏の去就は。 2020.08.10 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

渦中のサンチョ、ドルトの夏季キャンプに参加

マンチェスター・ユナイテッド移籍が迫っているとされるイングランド代表FWジェイドン・サンチョが、ドルトムントのプレシーズントレーニングに参加することがわかった。 ドルトムントは10日、スイスで行われる夏季キャンプの参加メンバーを発表。FWアーリング・ハーランドやMFトルガン・アザール、DFラファエル・ゲレイロなどの主力が名を連ねた中に、渦中のサンチョの名前も。飛行機に搭乗する姿もメディアによって報じられていた。 サンチョに関してはユナイテッドが個人合意に達したとの報道もある中、イギリス『BBC』はドルトムント側が移籍期限を今月10日に設定したと伝えており、それまでに1億2000万ユーロ(約149億5000万円)の移籍金を用意できなければ移籍は不成立に終わると言われていた。 そして、そのエックスデーにサンチョのプレシーズントレーニングの参加を発表。なお、その他メンバーには新加入のDFトーマス・ムニエやMFジュード・ベリンガム、そして下部組織に在籍する15歳のFWユスファ・ムココも。一方で、右足内転筋損傷のMFマルコ・ロイスやDFマルセル・シュメルツァーはリハビリのため、今回のキャンプには参加しないようだ。 2020.08.10 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャールがポグバの将来にヒント? 「これからの数シーズンで最高の姿を目にできるはず」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がフランス代表MFポール・ポグバ(27)の将来にコメントした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 昨夏に新たな挑戦を示唆したものの、今季もユナイテッドにとどまったポグバ。蓋を開けてみれば度重なる故障に苦しみ、公式戦8試合にとどまるなど散々な状況だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断明けから戦列復帰すると、今冬加入のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと新たな中盤のホットラインを形成して、チームを来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となるプレミアリーグ3位フィニッシュに導いた。 しかし、契約は1年間の延長オプションを除くと、2021年まで。最近の報道で良好なチーム状況もあり、移籍願望から一転して残留を望み、延長交渉を開始したともいわれるが、現時点で将来が不透明な状況だ。そうしたなか、スールシャール監督が10日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のコペンハーゲン戦に先駆けた会見で、同日9日にユナイテッド復帰から4年が経ったポグバに関する質問が及ぶと、新契約締結の可能性を示唆した。 「ポールに関する質問に何度も答えてきた。プレーに戻り、フィットして、フットボールを楽しんでいる彼の姿は喜ばしいもの。失われた時間を取り戻さなければならず、それをしている最中だ」 「彼はいつもトレーニングに精を出して、いつも周りに素晴らしいパーソナリティを振りまいている。うまくいけば、彼が以前のようにトロフィーを掲げている姿を目の当たりにできるだろう」 「彼は本当に頑張っていて、幸せで、良いプレーも披露している。これからの数シーズンで最高の姿をお目にかかれるはずだ。私はそう確信している。このチームで成長していく姿が楽しみだ」 「リーダーの1人、中心選手の1人でなければならない。27歳になり、フットボーラーとしてのピークを迎えようとしているからだ。仕事を共にできるのを本当に楽しみにしている」 2020.08.10 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、EL8強の相手コペンハーゲンに言及 デ・ヘアorロメロの先発GKにも

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)準々決勝で対戦するコペンハーゲンに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 先のラウンド16でLASKリンツを破り、準々決勝以降の集中開催地となるドイツ行きを果たしたユナイテッド。ベスト8での相手はデンマークの強豪コペンハーゲンとなる。 スールシャール監督は10日の準々決勝に先駆けた会見で対峙するコペンハーゲンの印象を訊かれると、組織的なチームだと評した。 「(コペンハーゲンのベスト8進出は)驚きでも何でもない。ステイル(・ソルバッケン監督)が何を目指して、どのようにチームを作ってきたのか知っているからだ。もちろん、彼とは私がモルデを率いた時代に対戦したことがあって、個人的に長い付き合いもある」 「コペンハーゲンはヨーロッパの戦いで良い成績を残した素晴らしい歴史を持つクラブだ。選手も良い顔ぶれが揃っているが、彼らの最大の強みはチームワーク。常に良く組織化されているのがステイルのチームだ」 また、一発勝負となる準々決勝からの戦いに向け、ミスが目に付くスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと、カップ戦要員として立ち位置を確立するアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロのどちらを使うのか注目が集まるGKの人選にも触れた。 「GK陣の充実ぶりを鑑みると、私は世界で誰よりも恵まれている監督だと思う。セルヒオ、ダビドがいて、ディーン・ヘンダーソンも戻ってくる。彼らはトップ中のトップのGKたちだ」 「今季のセルヒオは我々にとってどれほど重要な存在なのか示してくれた。ダビドも常にパフォーマンスを発揮してくれている。残るシーズンでどうするか決めないといけない」 2020.08.10 12:45 Mon
twitterfacebook