ディーニーが1週間前にリバプール戦勝利を予言?

2020.03.01 15:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
歴代最強の呼び声高いリバプールの快進撃をストップしたワトフォードの主将FWトロイ・ディーニーは、1週間前からこの勝利を確信していたのかもしれない。イギリス『SPORTbible』が伝えている。

ワトフォードは2月29日、プレミアリーグ第28節でリバプールをホームに迎えて3-0の完勝。首位を独走する対戦相手のリーグ連勝記録(18連勝)、無敗記録(44試合)を同時にストップする、大仕事をやってのけた。

今回の大勝はイングランドだけでなく世界中のフットボールファンを驚かせたが、もしかしたらディーニー自身は当然の結果と考えているのかもしれない。

ディーニーは先月23日に0-3で敗戦したマンチェスター・ユナイテッド戦後にイギリス『スカイ・スポーツ』のフラッシュインタビューを受けた際、レポーターから次節のリバプール戦に向けたコメントを求められていた。

その際に同選手は、「リバプール戦は簡単な試合だよ」と、意味深な笑みを浮かべながらコメントしていた。

恐らく、ディーニーはユナイテッド戦での大敗を受け、歴代最強の呼び声高いリバプールとの難しい対戦に向け、皮肉な意味合いで「簡単な試合」と評していたと思われる。

だが、今回の一戦の結果だけを見れば、ワトフォードにとって「簡単な試合」だったことは間違いない。

なお、ディーニーはリバプール戦後に『スカイ・スポーツ』で、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとの勝負を意図的に避けたことや、セカンドボールへの反応やハードワークの徹底など、チームとして勝利を掴むための万全の準備を行ってきたことも明かしていた。

関連ニュース
thumb

プレミア復帰を目指すワトフォードが監督交代、ビリッチ氏を招へい

ワトフォードは26日、ロブ・エドワーズ監督(39)の解任を発表。新監督にクロアチア人指揮官のスラヴェン・ビリッチ氏(54)を招へいしたことを発表した。 なお、ビリッチ監督との契約期間は1年半となる。 エドワーズ監督は今シーズンからワトフォードの監督に就任。これまではウォルバーハンプトンの下部組織で監督を務めた他、U-16イングランド代表の監督も務めていた。 ビリッチ新監督は、母国のハイドゥク・スプリトやクロアチア代表の監督を務めた他、ロコモティフ・モスクワ、ベシクタシュを指揮。その後、ウェストハム、アル・イテハド、WBA、北京国安で指揮を執っていた。 2022年1月で北京国安の監督を退任。これまではフリーだった。 ワトフォードはプレミアリーグ復帰を目指す中、チャンピオンシップ(イングランド2部)で10位と中位に甘んじている状況だった。 2022.09.26 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがPL勢関心のFWジョアン・ペドロと契約延長

ワトフォードは23日、ブラジル人FWジョアン・ペドロ(20)との契約を2028年6月30日まで延長したことを発表した。 今夏の移籍市場ではセネガル代表FWイスマイラ・サールと共に、プレミアリーグの複数クラブからオファーが舞い込んだジョアン・ペドロだが、移籍市場締め切り直前に自身の公式インスタグラムを通じて、「僕はここで本当に幸せなんだ。ワトフォードにいるのが大好きだし、彼らともっと一緒にやりたい」と、残留宣言を行っていた。 そして、相思相愛の関係にある両者は、契約延長で合意に至り、改めて1年でのプレミアリーグ復帰を目指すことになった。 フルミネンセの下部組織時代から国内外で注目を集める存在だった逸材アタッカーは、2018年10月にワトフォードへの加入が内定。その後、18歳となり国際移籍が可能となった2020年冬に正式加入。ここまで同クラブでは公式戦83試合15ゴール7アシストの数字を残し、背番号10を託されている。 なお、ワトフォードはチャンピオンシップ(イングランド2部)第10節終了時点で自動昇格圏内と6ポイント差の10位にいる。 2022.09.24 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表GKベン・フォスターが現役引退…ユナイテッドやワトフォード、WBAなどでプレー

元イングランド代表GKベン・フォスター(39)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでワトフォードを退団して以降、フリーの状態が続いていたフォスターは15日、自身のYouTubeチャンネルを通じて「大きな発表があるんだ。ついに引退を発表するときが来たんだ」と、キーパーグローブを外す決断を下したことを明かした。 同選手に関してはGKマルティン・ドゥブラフカの移籍に加え、GKカール・ダーローが長期離脱となったニューカッスルが、GKロリス・カリウスを獲得する以前に関心を示していた。だが、フォースターはミッドランドの自宅から車で4時間を要するタインサイドへの単身赴任を敬遠し、オファーを断っていたという。 また、メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドやニースとの話し合いを認めたが、いずれのクラブとも合意に至らなかった。 2005年にストーク・シティからマンチェスター・ユナイテッドに加入したフォスターは、ワトフォードでの武者修行を経て2007-08シーズンからセカンドGKとして3年間在籍。公式戦出場は20試合にとどまったが、2008-09シーズンのEFLカップ決勝のトッテナム戦ではPK戦を含め圧巻のパフォーマンスを披露し、チームのタイトル獲得に大きく貢献した。 その後は、バーミンガム、WBAを経て2018年に古巣ワトフォードに帰還。3シーズンに渡って正GKを務め上げた。プロキャリアを通じてはプレミアリーグ390試合を含む、通算536試合に出場した。 また、2007年2月に行われたスペイン代表戦でデビューを飾ったイングランド代表では通算8試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップではグループステージ最終節のコスタリカ代表戦に出場していた。 2022.09.16 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「ワトフォードにいるのが大好き」、PL勢関心のジョアン・ペドロが残留宣言!

今夏、プレミアリーグのクラブから熱視線を注がれていたブラジル人FWジョアン・ペドロ(20)がワトフォード残留を明言した。 今夏の移籍市場ではセネガル代表FWイスマイラ・サールと共に、プレミアリーグの複数クラブからオファーが舞い込んだジョアン・ペドロ。しかし、ニューカッスルがスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクを獲得し、エバートンからの直近のオファーはクラブサイドが拒絶していた。 それでも、依然として退団の可能性が取り沙汰された20歳のアタッカーだが、自身の公式インスタグラムを通じて残留を明言。クラブと共に1年でのプレミアリーグ復帰に向けた戦いに臨むことを明かした。 「僕はここで本当に幸せなんだ。ワトフォードにいるのが大好きだし、彼らともっとやりたい。昨日、そのことを首脳陣と話した。そして、僕はクラブに完全にコミットしていて、シーズンの成功を楽しみにしているんだ。レッツゴー、ホーネッツ」 フルミネンセの下部組織時代から国内外で注目を集める存在だった逸材アタッカーは、2018年10月にワトフォードへの加入が内定。その後、18歳となり国際移籍が可能となった2020年冬に正式加入。ここまで同クラブでは公式戦80試合15ゴール7アシストの数字を残し、背番号10を託されている。 2022.09.01 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元イングランド代表ダニー・ローズとの契約解除を発表… 昨季出場は8試合

ワトフォードは1日、元イングランド代表DFダニー・ローズ(32)と双方合意のもとで契約解除に至ったと発表した。 ダニー・ローズは2007年から2021年にかけてトッテナムに在籍。同クラブで通算214試合出場10得点29アシストの成績を残したほか、2016年と2017年に2年連続でPFA年間ベストイレブンに選出されるなど、プレミアリーグを代表する左サイドバックの1人だった。 イングランド代表としては、2016年のEUROや2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でメンバー入り。また、2012年にはU-23イギリス代表として、自国開催のロンドン五輪にも出場している。 ワトフォードには昨夏にフリーで加入。しかし、昨季のプレミアで8試合の出場にとどまり、チームも19位でチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格。迎えた今季はここまで公式戦の出場がない状況が続いていた。 2022.09.01 20:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly