ELラウンド16の組み合わせ決定! 5度優勝のセビージャがローマと、ユナイテッドはLASKリンツと対戦《EL》

2020.02.28 21:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
欧州サッカー連盟(UEFA)は28日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16の組み合わせ抽選会を行った。

27日、悪天候の影響でザルツブルクvsフランクフルトは28日に延期となったものの、ラウンド32・2ndレグの15試合が行われベスト16の15チームが決定した。

昨シーズンのファイナリストであるアーセナルはオリンピアコスと対戦し、延長戦までもつれ込む展開となったが、逆転でオリンピアコスが勝利しラウンド32で敗退。また、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4に入ったアヤックスは、ヘタフェに勝利するも2戦合計で敗退となっていた。

ラウンド16では、マンチェスター・ユナイテッドはオーストリアのLASKリンツと、インテルはアヤックスを下したヘタフェと対戦。またヨーロッパリーグを5度制しているセビージャはローマと対戦することが決定した。

なお、ラウンド16・1stレグは3月12日(木)、2ndレグは19日 (木)に予定されている。

◆ヨーロッパリーグ ラウンド16組み合わせ
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
オリンピアコス(ギリシャ) vs ウォルバーハンプトン(イングランド )
レンジャーズ(スコットランド) vs レバークーゼン(ドイツ)
ヴォルフスブルク(ドイツ) vs シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
インテル(イタリア) vs ヘタフェ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs ローマ(イタリア)
フランクフルト(ドイツ)/ザルツブルク(オーストリア) vs バーゼル(スイス)
LASKリンツ(オーストリア) vs マンチェスター・ユナイテッド(イングランド )
コメント
関連ニュース
thumb

チルウェルからシフト? チェルシーもレギロン獲得レースに名乗りか

レアル・マドリーが保有権を持つセビージャのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)を巡る獲得レースにチェルシーも加わった模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨夏にレアル・マドリーからレンタルでセビージャ入りして、公式戦34試合2得点4アシストの数字を収めるレギロン。ラ・リーガでも31試合に出場して、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。 そんな左サイドバックは今季終了後にレアル・マドリー復帰が既定路線だが、先週にエバートンが移籍金1800万ポンド(約24億9000万円)のオファーを打診。しかし、今夏に左サイドバックの強化を目論むチェルシーも参戦の動きがあるようだ。 そのチェルシーのフランク・ランパード監督はスペイン代表DFマルコス・アロンソとイタリア代表DFエメルソン・パルミエリを評価しておらず、長らくレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルを追っているとされる。 しかし、チェルシーとレスターの交渉は移籍金額で依然として溝がある模様。移籍金8000万ポンド(約110億9000万円)を求めるレスターは態度を軟化させているが、いまだ合意の道筋を見いだせておらず、近くレギロン獲得の入札に動くという。 一方で、レアル・マドリーはレギロンを評価しているが、左サイドバックの人材に困っておらず、新型コロナウイルス感染拡大で崩れた財政バランスを整えるためにも選手売却が必要な状況とみられる。 なお、セビージャはもう1年間のレンタルを希望している様子だが、欧州各国のクラブも関心を示しているため、引きとめが難しい状況であることも察しているようだ。 2020.08.04 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがELセビージャ戦に向けた招集メンバー発表、スモーリングは招集外

ローマは3日、6日に行われるヨーロッパリーグ・ラウンド16のセビージャ戦に向けた招集メンバーを発表した。 一発勝負で行われるセビージャ戦に向けて、マンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入していたDFクリス・スモーリングは、完全移籍での交渉がまとまらず招集外となった。また、退団が濃厚とされるMFハビエル・パストーレもメンバー外となっている。 一方で長期離脱から復帰したMFニコロ・ザニオーロがメンバー入りした他、リーグ再開後に主力としてプレーしていたDFブルーノ・ペレス、DFロジェール・イバニェスらがメンバー入りしている。その他のメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ローマ招集メンバー GK パウ・ロペス アントニオ・ミランテ DF ブルーノ・ペレス フェデリコ・ファシオ ロジェール・イバニェス ジャンルカ・マンチーニ ダビデ・サントン レオナルド・スピナッツォーラ アレクサンダル・コラロフ MF ブライアン・クリスタンテ アマドゥ・ディアワラ ユスティン・クライファート ヘンリク・ムヒタリアン ロレンツォ・ペッレグリーニ カルレス・ペレス ディエゴ・ペロッティ ジェンギズ・ウンデル ジョルダン・ヴェレトゥ ゴンサロ・ビジャール ニコロ・ザニオーロ FW エディン・ジェコ ニコラ・カリニッチ </span> 2020.08.04 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍決定で再起を図るロニー・ロペスに絶望…「言葉が出ない」

ポルトガル代表MFロニー・ロペス(24)の母親が亡くなった。各国のメディアが伝えている。 ロニー・ロペスは先月30日、セビージャからニースへのレンタル移籍が決まった。昨夏に加入したセビージャでは不遇の時を過ごしたが、再起を図ろうと新天地を求めた。 しかしその4日後、母の訃報が届いた。自身のSNSで伝えたロニー・ロペスは、感謝と別れのメッセージを綴った。 「言葉が出ない。僕がまたプレー出来ることを喜んでくれたばかりなのに。あなたは僕やダニエラ、ガブリエル、そして父さんのことを誇りに思ってくれていた」 「本当に受け入れ難いよ。でも、天は輝く星を手に入れた。お母さん、あなたはそこで僕たちを見守ってくれるのだろう」 「僕たちはあなたが教えてくれたこと、強くなって夢に向かって戦い続けることを誓う。ママが誇りに思ってくれるよう頑張るよ。想いは永遠に。愛してるよ」 なお、セビージャやニースからも追悼の言葉が寄せられている。 2020.08.03 16:23 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの行き先候補に古巣セビージャが浮上?

予てから今夏の去就が注目されているバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)だが、古巣に戻る可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナとの契約が2021年6月までとなっているラキティッチ。今年1月の移籍市場でもその去就が騒がれ、一時はインテル行きに合意したとの報道も出ていた。 <div id="cws_ad">◆ラキティッチがナポリ戦で決めたスーパーミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2OG1tWW9uOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在はバルセロナに残留することが既定路線となっているが、新たな行き先候補に古巣のセビージャが浮上したようだ。 バルセロナも放出する気はないようだが、ラキティッチがセビージャでキャリアを終えるつもりがあるならば、オファーを受け入れるつもりとのこと。1000万ユーロ(約12億4500万円)で手放す可能性があるようだ。 一方で、セビージャは獲得の資金を用意できても、高額な給与が問題になるとしており、獲得する場合でもラキティッチが減俸を受け入れる必要があるとのことだ。 それでも、セビージャの最優先事項はラキティッチの獲得ではないとのこと。あくまでも条件面で合致した場合となるようだ。 2020.08.03 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンがレギロン獲得に向け好位置に! 25億円の好オファー掲示?

エバートンはレアル・マドリーからセビージャへレンタル中のスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)の獲得に向け、好位置に付けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 エバートンは、長年左サイドバックのポジションを支えてきた元イングランド代表DFレイトン・ベインズが今シーズン限りで現役を引退。さらに、現在レギュラーを務めるフランス代表DFリュカ・ディーニュに関しても、プレミアリーグのライバルを中心に移籍の噂が取り沙汰されており、左サイドバックのポジションの補強は急務となっている。 そういった中、カルロ・アンチェロッティ監督はかつて指揮した古巣マドリーから若手DFの獲得を目指しているようだ。 マドリー下部組織出身のレギロンは、昨シーズンにサンティアゴ・ソラーリ前監督の下でトップチームの主力に定着。一時はブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うまでの勢いを見せたが、ジネディーヌ・ジダン監督の再任によってトーンダウン。 今シーズンはリヨンからフランス代表DFフェルラン・メンディが加入した影響により、セビージャへ武者修行に出ることに。そして、マドリー時代にも指導を受けたフレン・ロペテギ監督の下、左サイドバックと左ウイングバックの主力として今季のラ・リーガ31試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を残した。 そのレギロンは来シーズンもセビージャ残留を希望していると見られているが、セビージャサイドに完全移籍で買い取る金銭的な余裕はないようで、現時点ではマドリー復帰が濃厚となっている。ただ、マドリーはマルセロとメンディを来季も左サイドバックの主力と考えており、レギロンが割って入る余裕はない。 さらに、新型コロナウイルスの影響が財政面に影響を及ぼしていることもあり、資金調達を目指すクラブはレギロンを換金対象の一人とみなしているようだ。 なお、エバートンはレギロンの獲得に向けて1800万ポンド(約25億円)という好条件のオファーを掲示しており、国内外の幾つかのクラブの関心を集める同選手の獲得レースをリードしているという。 2020.08.01 17:43 Sat
twitterfacebook