人種差別を受け自ら退場のポルトFW、ポルトガルメディアが異例の満点評価!

2020.02.18 11:58 Tue
Getty Images
ポルトのマリ代表FWムサ・マレガが、ポルトガル『A Bola』の採点で10点満点の評価を受けた。
PR
ポルトは16日に行われたプリメイラ・リーガ第21節でヴィトーリア・ギマランイスと対戦。マレガは試合中に相手サポーターから人種差別を受けると、70分に自ら交代を求め、味方選手らの引き留めを振り切ってピッチを後にした。

『A Bola』は、「Somos Marega。」という見出しとともに、マレガが取った行動は人種差別に対する完璧な態度だとして、選手採点で異例の10点満点を与えた。
今回の件を受けてポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督も、「私たちは国籍、肌の色、髪の色に関係なく家族だ。私たちは人間で、尊敬に値する。ここで起こったことは非常に残念だ。ヴィトーリアが持つ情熱を知っています。ほとんどのサポーターは、ウォームアップ以来ムサを侮辱した人々とは違います」とマレガを擁護している。

PR
関連ニュース

「遅かれ早かれ…」負傷交代後はベンチではなくスタンド観戦…別れ近づくムバッペにルイス・エンリケ監督「我々とはプレーしなくなるだろう」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの行動が話題を呼んでいる。 1日、リーグ・アン第24節でPSGはアウェイでモナコと対戦した。古巣との対戦に先発したムバッペは、ハーフタイムで交代。足首の問題を抱えての交代となったが、後半はベンチではなくスタンドで母親と共に観戦。すでに着替えも済ました状態だった。さらに、後半開始直後には誰かと電話をする姿も。チームが戦っている最中の行動としてはよろしい見方はされていない。 あまり良いパフォーマンスではなかったムバッペだったが、交代後の姿が話題に。シーズン終了後にレアル・マドリーへと移籍することが確実視されており、PSGとの関係がすでに破綻しているという見方もある。 チームとしても、退団するのであればいつまでも頼るわけには行かないムバッペ。今シーズンもリーグ・アンでは22試合で21ゴールを記録しているだけに、抜けた穴の大きさは明白だ。 フランス『レキップ』によれば、試合後にルイス・エンリケ監督もムバッペについて問われ、退団を考えて準備をしなければいけないとコメント。クラブ全体が別れを覚悟していると考えられる。 「来シーズン、守備、攻撃、戦術のあらゆるレベルでチームが良くなると確信している」 「ムバッペ?驚いているよ。遅かれ早かれ、我々は彼なしでプレーしなければならないだろうから最善の選択肢を見つけようとしている」 「遅かれ早かれ、彼はもう我々とはプレーしなくなるだろう。私は自分で決断を下さなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】負傷交代した直後、試合中にも関わらず笑顔で電話…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Kylian Mbappe was subbed off at half-time and this was him minutes later...<br><br>On the phone to Florentino Perez...? <a href="https://t.co/cAURkfgGd9">pic.twitter.com/cAURkfgGd9</a></p>&mdash; Football on TNT Sports (@footballontnt) <a href="https://twitter.com/footballontnt/status/1763681042353836425?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 15:45 Sat

今季から30年ぶりにアディダスに戻ったローマ、来季ユニフォームはピンストライプ柄に?新デザインの情報がリーク

ローマの2024-25シーズンのホームユニフォームデザインがリークされている。『FOOTY HEADLINES』が伝えている。 2023-24シーズンから、30年ぶりにアディダスとタッグを組んでいるローマ。久しぶりのアディダス製のユニフォームでは、赤をベースに黄色をアクセントに使用しつつ、左胸にはクラブのエンブレムのかわりにクラブの伝統的なシンボルであるルペット(狼)をデザインしている。 リークされている2024-25シーズンのユニフォームのデザインについては、濃い赤紫色に近い赤をベースとしつつ、黄色のピンストライプ柄を採用。『FOOTY HEADLINES』によると、1990年代初頭のローマのユニフォームをオマージュしているという。 また、左胸のルペットは通常のクラブのエンブレムに変更されており、アディダスのロゴはピンストライプと同じ黄色で施されている。 なお、『FOOTY HEADLINES』によると、ローマの新ユニフォームは5月に発表される予定とのことだ。 <span class="paragraph-title">【画像】リークされたローマの来季ユニフォームデザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/N3g2apdHu1">pic.twitter.com/N3g2apdHu1</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1763477548376190993?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 19:25 Fri

「ゴールを決めたくないのか?」「幽霊でも見えたか」無人のゴールにシュートを打たず…豪Aリーグの決定機逸にファン騒然「なぜ打たない?」

今シーズン初ゴールを目前にして、慎重になりすぎてしまったのかもしれない。 先週末に行われたAリーグ・メン第19節で、メルボルン・ビクトリーvsセントラルコースト・マリナーズが対戦。上位争いはアウェイのマリナーズが1-0で勝利を収めた。 試合は、48分にマリナーズが先制し、そのまま試合終盤へ。80分から後半アディショナルタイムにかけては計3人が退場するという荒れた展開となる。 そして迎えた後半アディショナルタイムの99分、メルボルンとしては同点に追いつく絶好のチャンスとなるFKを獲得する。 GKも前線へと上がったものの、ボールはマリナーズ陣がクリア。一気に前線へと駆け出したジョシュ・ニスベットが無人のゴールの方へとボールを運んでいく。 誰もが試合を決める2点目を予想した中、ニスベットは少しスピードを緩めて味方の位置も確認。最終的には自らのシュートを選択したが、その間に戻ってきた相手選手にブロックされてしまった。 さらに、そのこぼれ球を再びシュートするもここはクロスバー。そのこぼれを次はダン・ホールが頭で押し込もうとするが、ここも相手のブロックに阻まれ、マリナーズの追加点とはならなかった。 誰もいないゴールに流し込めばよかったものの、より確実な味方に渡すか、右足に持ち替えて体勢を整えてからシュートを打ちたかったのだろうか。 試合はその直後にタイムアップを迎え、マリナーズは勝利していたものの、ニスベットの決定機逸はAリーグの公式SNSでも取り上げられることに。SNS上のファンからも「ゴールを決めたくないのか?」、「幽霊でも見えたか」、「八百長を疑う」、「なぜ彼はシュートを打たなかったんだ?」とコメントが寄せられている。 1月にはオーストラリアのプロサッカー選手協会にあたるPFAの月間最優秀選手賞も受賞する活躍を見せていたニスベットだが、今シーズンのリーグ戦でのゴールはいまだゼロ。この場面では初ゴールの重圧が影響したのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】早めにシュートを打てばゴールになっていたはず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Seriously, how did the ball not go in here?! <br><br>Josh Nisbet&#39;s wait for a first goal of the season goes on, but he won&#39;t know how after this incredible pair of chances in the dying moments at AAMI Park!<br><br>Report and highlights <a href="https://t.co/4U4rROME3C">https://t.co/4U4rROME3C</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MVCvCCM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MVCvCCM</a> <a href="https://t.co/qFFH5Wvljl">pic.twitter.com/qFFH5Wvljl</a></p>&mdash; Isuzu UTE A-League (@aleaguemen) <a href="https://twitter.com/aleaguemen/status/1761684963512946951?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 18:30 Fri

「ロナウジーニョですらしなかった」「何かの必殺技」中米で生まれた曲芸ドリブルが話題に「本当に使う人がいるとは」

中米ホンジュラスの試合でスタジアムを沸かせるドリブルが生まれた。 そのドリブルが生まれたのは、2月29日に行われたホンジュラス3部リーグの昇格トーナメント、パンテラスvsアトレティコ・ラ・ロカの一戦だ。 試合は、29分にパンテラスが先制に成功。1-0のまま試合の終盤を迎えると、79分にアトレティコ・ラ・ロカのクリスティアン・ムニョスが話題のドリブルを繰り出した。 ムニョスはボックス外でボールを拾うと、巧みなタッチでボックス右に侵入。相手選手2人に囲まれるとここでまさかの大技を繰り出す。両足でボールを挟んで前転。相手選手たちの意表は突いたようだったが、立ち上がってからのタッチでバランスを崩してしまい、ボールはそのままタッチラインを割っていった。 このプレーは、ホンジュラスの『TDTV』の公式X(旧ツイッター)で「ホンジュラスのメジャーリーグで何が起こるか。ロナウジーニョですらそんなことはしなかった」と公開されると、SNS上でも話題になることに。 「漫画とかでは出てきそうだけど本当に実践で使う人がいるとは(笑)」、「ブランコを思い出す」、「何かの必殺技」、「初めて見た」と多くの反響が寄せられている。 なお、メキシコ『レコルド』によると、試合はそのまま1-0でパンテラスが勝利。2戦合計スコアを3-2としたことでホンジュラス地域トーナメントの次のステージへの進出を決め、2部昇格へ近づいたということだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ロナウジーニョでもしなかった曲芸ドリブル(音量注意)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr">Lo que pasa en la Liga Mayor de Honduras. Ni Ronaldinho se atrevió a tanto. <a href="https://t.co/5rdnO2TI8n">pic.twitter.com/5rdnO2TI8n</a></p>&mdash; TDTV (@tdtvhn) <a href="https://twitter.com/tdtvhn/status/1763242522808070648?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 17:45 Fri

日本人選手も見た!スコットランド得点王が投げ込まれたパイを見事にキャッチ→そのままパクリ「流れるような動き」「素晴らしいキャッチだ」

ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)のスコットランド代表FWローレンス・シャンクランドが、見事なムーブを見せた。 FW田川亨介とFW小田裕太郎も所属するハーツのエースに君臨しているシャンクランド。今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップでは28試合に出場して19ゴールという数字を残し、得点王争いでも断トツの1位に立っている。 シャンクランドは、2月28日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第28節のハイバーニアン戦、エジンバラ・ダービーにも先発すると、前半アディショナルタイムに獲得したPKを冷静に決め同点ゴールを決めていた 両手を広げてゴールを祝ったシャンクランドに対し、ヒートアップしたハイバーニアンのサポーターからはモノが投げ込まれることに。その中のパイをシャンクランドは右手でキャッチすると、なんとそのまま一口食べてから投げ返した。 この珍場面には、ファンからも「素晴らしいキャッチだ」、「流れるような動き」、「なんて男だ」と反響が寄せられていた。 なお、この試合で田川はベンチ入りも出場機会はなし。小田はベンチ外だった。 <span class="paragraph-title">【写真複数】キャッチしたパイをそのままパクリ!さらに投げ返す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C37cpmQIE6D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C37cpmQIE6D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C37cpmQIE6D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SPORTbible(@sportbible)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.01 17:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly