レスター監督、セルティック時代の教え子ティアニーとの再会希望か

2020.02.16 14:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティが、アーセナルに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が報じた。

2014年にセルティックでプロキャリアをスタートさせたティアニーは、昨夏に推定移籍金2500万ポンド(現レートで約35億8000万円)でアーセナルに加入。しかし、加入1年目の今シーズンは負傷を繰り返している影響で、ここまでプレミアリーグ5試合の出場にとどまっている。

そんなティアニーに対して、レスターを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が獲得を希望。同クラブでは左サイドバックを務めるイングランド代表DFベン・チルウェル(23)が、マンチェスター・シティやチェルシーから関心を寄せられており、その後釜としてセルティック時代の教え子であるティアニーに白羽の矢を立てたという。

そして、レスターはアーセナルがセルティックに支払った移籍金と同じ金額を用意しているとのこと。また、ガナーズが今夏にスカッドを再編すべく同選手の移籍金を回収できるであれば、悪くない話だと同メディアは指摘している。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴァーディのメモリアルゴールなど3ゴールを奪ったレスターがリーグ再開後初勝利を飾る!《プレミアリーグ》

レスター・シティは4日、プレミアリーグ第33節でクリスタル・パレスと対戦し3-0で勝利した。 リーグ再開後未勝利の続く3位レスター(勝ち点55)が、12位クリスタル・パレス(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 前節、リーグ戦4試合ぶりの敗戦を喫したレスターは、その試合から先発を2人変更。プラートとバーンズに代えてイヘアナチョとアジョセ・ペレスを先発で起用した。 前節の[4-1-4-1]から[4-3-1-2]に布陣を変更して試合に臨んだレスターは、14分に最初の決定機。左サイドから攻撃を展開するとアジョセ・ペレスの横パスをオーバーラップして受けたジャスティンがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 良い入りを見せたレスターだが、32分にピンチ。イヘアナチョがボックス手前でファン・アーンホルトを倒しFKを献上すると、ミリボイェビッチの直接FKがゴールを襲ったが、これは枠の左に外れ難を逃れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するレスターだが、自陣で堅固な守備ブロックを築くクリスタル・パレスの守備を前に効果的なフィニッシュとはいかず、枠内シュート0本で前半を終えた。 迎えた後半、レスターはチルウェルを下げてR・ベネットを投入すると、開始早々の49分にレスターが幸先良く先制する。アジョセ・ペレスのパスで左サイドを突破したティーレマンスがDFとGKの間へ絶妙なクロスを供給。これをゴール前の走り込んだイヘアナチョが右足で流し込んだ。 幸先良く先制したレスターだったが、クリスタル・パレスも反撃。60分、左CKのクリアボールを右サイドで拾ったマッカーサーがゴール前に軌道の高いクロスを供給。これを走り込んだケイヒルが頭で合わせたが、これは好反応を見せたGKシュマイケルがキャッチした。 ピンチを凌いだレスターは、63分にイヘアナチョを下げてプラートを投入。さらに75分には、アジョセ・ペレスとオルブライトンを下げてバーンズとフックスをピッチに送り出した。 すると、レスターは直後に追加点を奪う。77分、GKからのショートパスを受けたサコーにハイプレスをかけたバーンズが相手ボックス内でボールを奪うと、飛び出したGKを引きつけラストパス。最後はヴァーディが無人のゴールにボールを流し込んだ。 さらに後半アディショナルタイムには、カウンターからヴァーディのダメ押しとなる3点目を奪い、試合はタイムアップ。ヴァーディのプレミア通算100ゴール目などで快勝したレスターが、リーグ再開後初勝利を飾っている。 2020.07.05 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

スールシャール、熾烈なCL権争いの“最終節決着”を予想 「最後までもつれる」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが最終戦までもつれ込むと予想しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 リバプールの優勝が決定した今季も激しい上位争いが繰り広げられるプレミアリーグ。6試合を残す現在、2位マンチェスター・シティが他クラブを大きくリードしているが、3位レスター・シティ(勝ち点55)、4位チェルシー(同54)、5位ユナイテッド(同52)、6位ウォルバーハンプトン(同52)がわずか3ポイント差以内にひしめき合っている。 その熾烈さを極めるCL出場権争いのなかで、最も勢いに乗っているのが公式戦15戦無敗を続け、ここ2試合をいずれも3-0の快勝で飾ったユナイテッド。しかし、そのユナイテッドの指揮を執るスールシャール監督は混戦から早々に抜け出せると考えていないようだ。4日にホームで行われる第33節のボーンマス戦に先駆けた会見でこう語っている。 「最終節が重要になってくるだろう。チェルシーvsウォルバーハンプトンがあり、そして我々もレスター・シティと対戦するわけだからね。我々にとっても、レスターにとっても3ポイント差がアドバンテージになるかもしれない。それでも重要な一戦になる」 「それに、我々とレスターの間に3ポイント以上の差があるとは思っていない。チェルシーとウォルバーハンプトンも同じようにね。刺激的だ。短い期間でたくさんの試合があるわけだが、最後までもつれると思っている」 なお、3ポイントでせめぎ合うレスター、チェルシー、ユナイテッド、ウォルバーハンプトンの4チームは26日に行われる最終節でそれぞれ直接対決を予定。チェルシーvsウォルバーハンプトン、レスターvsユナイテッドが組まれている。 2020.07.04 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ、エバートン戦で一矢報いるも、「よりハードワークが必要」

レスター・シティに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョは、苦しい現状を打破するためにより一層のハードワークを求めている。クラブ公式サイトがナイジェリア代表FWの試合後コメントを伝えている。 レスターは1日、プレミアリーグ第32節でエバートンとのアウェイゲームを戦い、1-2で敗戦した。 リーグ再開後初白星を目指した中、チームは前半15分過ぎまでに2点のビハインドを負う苦しい展開を強いられた。だが、後半頭から投入されたイヘアナチョは51分、クロスボールに反応したFWジェイミー・ヴァーディの競ったこぼれ球を混戦の中で何とか身体に当て、反撃の狼煙を上げるゴールを奪取。 これで息を吹き返したアウェイチームは反撃に転じたが、2点目、3点目と続けてゴールを挙げることはできず、再開後のリーグ戦初黒星となった。 再開後の公式戦3試合でわずかに1ゴールとチームとして得点力不足が指摘される中、イヘアナチョがリーグ戦で12試合ぶりとなるゴールを奪ったことは、苦境のチームにとって唯一の明るい材料のひとつと言える。 ただ、イヘアナチョは自身のゴールを喜ぶよりも、不出来な前半を含めエバートン戦のチームパフォーマンスを悔いている。 「ピッチに出てプレーし、チームメイトを助けるのは常に良いことだ。だから、チームのためにベストを尽くさなければならないんだ」 「ただ、僕らはより多くの仕事をこなしていく必要がある。現状では十分でないと言わざるを得ない。ゴールを奪い返して何度かチャンスを作ったけど、残念ながら負けてしまった」 「後半は少し改善されたけど、(チャンピオンズリーグ出場権を)争っていくには足りないよ。まだ6試合が残っているし、戦い続ける必要がある。とにかく、最後まで戦うには正しいメンタリティを持つ必要があるんだ」 最後に、中2日で戦う次節のクリスタル・パレス戦に向けては、「毎週2試合があるので、準備しなければならないね。3日後にクリスタル・パレスと対戦するので、またプレーするための準備が必要だね」と、良い準備と切り替えの必要性を強調している。 なお、前半戦のアドバンテージを生かして3位をキープしているレスターだが、今年に入っての不振と、再開明けの3戦未勝利(2分け1敗)によって4位チェルシーとは1ポイント差に。さらに、同勝ち点で並ぶ5位のマンチェスター・ユナイテッド、6位のウォルバーハンプトンとの勝ち点差も3ポイントに縮まっており、パレス戦では再開後初白星が求められるところだ。 2020.07.02 21:57 Thu
twitterfacebook
thumb

トップ4黄色信号のレスターも、ロジャーズ監督は前向き「トップ4の夢はまだ我々次第」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、混迷するトップ4争いについて言及した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 レスター・シティは1日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦し、1-2で敗戦した。これでプレミアリーグ再開後の3試合での獲得勝ち点がわずか2ポイントとなった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆躍進レスターの守備の要、チャグラル・ソユンク<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4SmtKM1ZVdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 4位チェルシーがウェストハムに3-2で敗れたため、辛うじてレスター(勝ち点55)が3位を守っているものの、勝ち点3ポイント差の中に、4位チェルシー(勝ち点54)、5位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点52)、6位ウォルバーハンプトン(勝ち点52)の4チームがせめぎ合う状態となり、トップ4争いが混迷を極めている。 レスターのロジャーズ監督は、試合後のインタビューに応えると、トップ4フィニッシュはまだ自分たちの手の中になると前向きなコメントを述べた。 「後半はとても良かった。長い間維持できたと思う。前半は失望した。それは、再開後、試合に潜んでいるものだった。立ち上がりを素早くしなければいけない」 「ポゼッションをコントロールしてから、1点ビハインドを負ってしまった。ただまだまだ早い時間だったので、テンポを取り戻しつつあった。ただ、PKが与えられるまでに時間がかかったため、我々にとっては非常に厳しいと感じた。今の状態では、2-0になると非常に難しくなる」 「ハーフタイムで変更する必要があった。後半は早い段階でゴールをきめられたが、その後ははるかに良くなった。テンポとオフェンス面から改善しようとしたが、うまくいかずにイライラさせられた」 「ボールは十分に持てていると感じた。いくつか本当に良いポジションまで持って行けたが、ゴールを決めるうえでの最後のクリエイティビティがなかった。そして、我々にとって残念な結果になった」 「我々はこのところ調子を落としているが、我々にとっての夢であるトップ4でシーズンを終えることはまだ我々次第でどうにでもなる立場にある。これは今までのパフォーマンスが良かったからこその結果だ」 2020.07.02 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

不調レスター、リーグ戦4試合ぶりの黒星でCL出場権争いはより混戦に!《プレミアリーグ》

レスター・シティは1日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦し、1-2で敗戦した。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う3位のレスター・シティ(勝ち点55)が、12位エバートンのホームに乗り込んだ一戦。リーグ戦2試合連続ドロー中のレスターは、直近に行われたFAカップ準々決勝のチェルシー戦から先発を1人変更。アジョセ・ペレスに代えてオルブライトンを先発で起用した。 ヴァーディを1トップに据えた[4-1-4-1]の布陣で試合に臨んだレスターは10分、エバートンに最初チャンスをモノにされる。ジャスティンのパスをディーニュが頭で繋ぐと、ボックス付近でこれを受けたA・ゴードンがワントラップで左サイドを抜け出し折り返しを入れると、中央に走り込んだリシャルリソンがダイレクトで流し込んだ。 先制を許したレスターは、13分にもピンチ。バイタルエリア左手前でFKを与えるとディーニュがゴール前にクロスを供給。これがボックス内で競り合ったエンディディの手に触れると、VARの末にPKを献上。このPKをシグルドソンに決められ、立て続けに失点となった。 反撃に出たいレスターだが、アタッキングサードでのプレー精度を欠き、相手ゴールに迫ることができないまま時間が経過。それでも38分、右CKのセカンドボールをボックス手前のティーレマンスがボレーシュート。さらに相手DFに当たったボールをチルウェルが頭で繋ぐと、ゴール前に抜け出したエバンズに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKに阻まれた。 2点を追うレスターは、後半からバーンズとプラート下げてイヘアナチョとマディソンを投入。すると51分、ティーレマンスの左クロスをニアでヴァーディが落とすと、ホルゲイトのクリアがイヘアナチョに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 幸先良く1点を返したレスターは、62分にも相手のミスからゴールに迫る。オルブライトンの右クロスを相手GKがファンブルすると、守備に戻ったM・キーンの足に当たったボールが枠を捉えたが、これはライン上でM・キーンにクリアされた。 相手を押し込む時間が続くレスターは、81分にティーレマンスとオルブライトンを下げてアジョセ・ペレスとグレイをピッチに送り出す。すると後半アディショナルタイム、ドリブルでボックス左に侵入したヴァーディの折り返しを中央に走り込んだアジョセ・ペレスが合わせたが、これはゴール左に外れる。 結局、レスターは最後まで同点弾を奪えず1-2で敗戦。リーグ戦4試合ぶりの黒星となり、、CL出場権争いは益々混戦となっている。 2020.07.02 04:03 Thu
twitterfacebook