【ACLプレビュー】2016年以来の本大会出場、アウェイ初戦のカギは新戦力《蔚山現代vsFC東京》

2020.02.11 16:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
11日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020が開幕を迎える。

Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。

新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。そんな中で、日本勢の先陣を切るのがFC東京だ。

◆4年ぶりのACL
Getty Images

FC東京は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグで首位を走りながらも、シーズン後半に横浜FMの追い上げを受け、悲願のJ1タイトルを逃していた。

2位となり、プレーオフではセレス・ネグロス(フィリピン)と対戦。大雨に見舞われた中での試合を2-0と制し、本大会に出場することとなった。

グループには蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)が同居する中で、まずはクラブ最高位と同じグループステージ突破が目標となる。

◆新戦力のフィットがカギ

プレーオフですでに今シーズンの公式戦を戦っているFC東京。そのプレーオフでは、昨シーズンのリーグ2位の立役者であるFW永井謙佑、FWディエゴ・オリヴェイラがメンバー外に。一方で、DFジョアン・オマリ、FWアダイウトン、FWレアンドロの新外国人が機能した。

今シーズンもリーグ優勝を目標に掲げながら、アジアの舞台でもしっかり戦いたいFC東京。そのためには、新戦力のフィットが大きなカギを握ることになる。

システムも[4-3-3]に変更して臨む今シーズンだが、準備期間が短いのも懸念点。新戦力と新システムの融合に関しては、シーズン序盤は様子見の状況が続くだろう。

それでも、ディエゴ・オリヴェイラやMF橋本拳人らが復帰。リーグ戦開幕前に迎えるACLでまずは良いスタートを切りたい。

◆Kリーグ2位の蔚山現代
Getty Images

対する蔚山現代は、昨シーズンのKリーグ1で2位に終わっている。さらに、リーグMVPを獲得したMFキム・ボギョンが優勝した全北現代モータースへ移籍。また、韓国代表GKキム・スンギュも柏レイソルへと完全移籍し、チームの核を失った。

しかし、FWイ・グノやDFパク・チュホらJリーグを経験しているベテランが残留。さらに、大邱FCの韓国代表GKチョ・ヒョヌ、鹿島アントラーズの韓国代表DFチョン・スンヒョン、アビスパ福岡のDFウォン・ドゥジェを獲得。また、AZからノルウェー代表FWビヨルン・ヨハンセンを獲得し、チームの強化を図っている。

ホームでの開幕戦となるだけに、ACLで優位に立つためには勝利を求めて激しいプレーを出してくるだろう。引き続き指揮を執るキム・ドフン監督が継続して指揮を執っており、チーム力は高いままと予想できる。

★FC東京予想スタメン

GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:高萩洋次郎、橋本拳人、三田啓貴
FW:レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン
監督:長谷川健太

◆注目選手
Getty Images

注目選手は新加入のMFアダイウトンをピックアップしたい。

ジュビロ磐田では公式戦157試合43ゴール21アシストを記録していたアダイウトン。そのパワフルなプレースタイルは、今シーズンの初戦となったセレス・ネグロス戦でも健在だった。

大雨による劣悪なピッチコンディションにおいて、馬力を見せるとともに、高いテクニックも見せつけ、絶妙なループシュートでゴールを記録。FC東京での初ゴールを記録した。

レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラとのブラジル人トリオがいかに機能するかが今シーズンのFC東京のカギ。新システムが完全にフィットしている状況ではないが、このトリオの感覚でその穴を埋めていきたい。

久々のACL。アダイウトンにとっても初挑戦となるが、しっかりと相手の脅威になれるのか。ゴール、アシストでの活躍に期待したい。
コメント