新GK獲得も、札幌GK阿波加俊太が練習中に左ヒザ内側側副じん帯損傷

2020.02.08 18:58 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌は8日、GK阿波加俊太の負傷を発表した。札幌の発表によると、阿波加は練習中に負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。離脱期間などは発表されていない。

札幌の下部組織出身の阿波加は、2013年にトップチームへ昇格。その後、SC相模原、Honda FC、愛媛FCへの期限付き移籍を経験。2018年から札幌へ復帰していた。札幌でのリーグ戦出場は、2016年にJ2リーグで1試合のみ。ここ2シーズンは出場機会がなかった。

なお、札幌は同日にタイ代表GKカウィン・タンマサッチャーナン(30)をベルギーのルーヴェンから期限付き移籍で獲得したことを発表していた。
関連ニュース
thumb

札幌が幾多のチャンスを活かせず…メモリアルゲームの矢島弾でG大阪が2連勝! 13位に浮上【明治安田J1第4節】

明治安田生命J1リーグ第4節延期分、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪が30日に札幌厚別公園競技場で行われ、0-2でG大阪が勝利を収めた。 G大阪のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きた影響により開催が延期されたこの一戦。現在、勝ち点29で10位に位置する札幌は、10日の第22節ベガルタ仙台戦からスタメンを2人替え、各選手のポジションを大幅に変更。キャプテンの宮澤がメンバー外となる中、右ウイングバックにこの日24歳の誕生日を迎えた金子、左ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを置き、ワントップにはジェイが構える配置となった。 一方、ACFチャンピオンズリーグ(ACL)から帰還して以降、中2日や中3日と短い間隔の連戦が続くガンバ大阪は、27日に行われた前節の大分トリニータ戦からスタメンを5枚変更。レアンドロ・ペレイラをワントップに置き、ウェリントン・シウバとこの試合でJ1リーグ通算100試合目の出場となる矢島のシャドーで、ひとつ上の14位湘南ベルマーレを追いかける。 [3-4-2-1]のミラーゲームとなったこの試合は、ホームの札幌ペースで進んでいく。5分にジェイがボックス中央でシュートを放つと、6分にはまたもジェイがセンターサークルからロングシュート。さらに、13分にはクロスボールを荒野がボックス内で合わせるなど、立ち上がりから札幌がボールを握り積極的に攻撃を展開していく。 攻め込まれる中でG大阪は、22分にウェリントン・シウバがビッグチャンスを迎える。自陣内でボールを奪いドリブルでボックス内中央まで運ぶと、ゴール右下へ右足で巻いたシュートを放つ。しかし、これは札幌のGK菅野のビッグセーブに阻まれる。 序盤の攻め込まれる展開から徐々に攻撃のリズムを掴み始めたG大阪は、29分に待望の先制点が生まれる。左サイドで小野瀬からボールを受けたウェリントン・シウバが、ボックス左手前の角で相手DF2人をかわして置き去りにする。その後、ボックス内左からクロスを上げると、ゴール前で待っていた矢島がネットに突き刺して先制点。自身のメモリアルゲームを自らのゴールで飾り付けた。 サイドの崩しから先制したG大阪だったが、32分にアクシデントが起こる。この日、右ウイングバックとして出場していた高尾が、相手のファールを受け負傷。プレー続行が不可能と判断され、黒川と交代しピッチを後にした。 高尾の負傷により前半から途中出場となった黒川。しかし、この交代がG大阪に追加点をもたらす。53分、札幌陣内のセンターサークル付近から倉田が左サイドを駆け上がる黒川へパスを送る。これを受けた黒川は、ボックス左手前からゴール前へクロスを上げる。これに反応したレアンドロ・ペレイラが豪快なヘディングシュートを放つと、一度はGK菅野に弾かれたもののこれを身体ごとゴールへ押し込みG大阪が追加点を奪った。 85分の時点でボール支配率が63%の札幌。ボールを握り、チャンスを作り続け、フィニッシュまで持っていけているものの、5枚の最終ラインに加えてGK東口が立ちはだかるG大阪ゴールを割ることができずに時間が経過していく。 札幌は最後まで攻め続けるも、最後までネットを揺らすことができずに試合終了。16本のシュートを放つもゴールを奪うことができず敗戦。一方、4試合ぶりのクリーンシートとなったG大阪は2連勝を飾り、得失点差により湘南、清水エスパルスを抜き順位を13位に浮上上させた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ガンバ大阪 【G大阪】 矢島慎也(前29) レアンドロ・ペレイラ(後8) 2021.07.30 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:札幌vsG大阪】20日ぶりのリーグ戦の札幌、降格圏脱出のG大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2021年7月30日(金) 18:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(10位/29pt) vs ガンバ大阪(14位/20pt) [札幌厚別公園競技場] ◆久々の実戦でテンションを保てるか【北海道コンサドーレ札幌】 前回のリーグ戦は20日前の7月10日、アウェイでのベガルタ仙台戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 そこから20日、1カ月の中断期間中に突然現れる公式戦ということもあり、札幌の選手たちには難しい側面が大いにありそうだ。 ここまで12得点を記録していたFWアンデルソン・ロペスが退団。その代役はリストアップしながらも獲得はできていない状況。この先どうなるかというところだ。 とはいえ、チームはしっかりとゴールも奪えている状況。これまでやってきたことを突き詰める方が、チームとしては結果を残せる可能性は高い。 あとは持ち味のオールコートマンツーマン。しっかりとG大阪の攻撃陣をハメ込み、圧倒できるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、駒井善成、青木亮太 MF:金子拓郎、チャナティップ FW:小柏剛 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆降格圏脱出の勢いを繋げられるか【ガンバ大阪】 前節は大分トリニータをホームに迎えた一戦。敗色濃厚の状態から、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史のゴールで逆転勝利。勝ち点3を奪い、降格圏を脱した。 過密日程で驚異的な15連戦を戦う選手たちだが、AFCチャンピオンズリーグからの帰国後のバブルから解放。選手たちのメンタル面もしっかりと回復しているだろう。 ただ、ここで気を抜いてはいけない。降格圏を脱したからこそ、しっかりと勝ち点を重ねて上を目指していきたい。 課題はやはり攻撃面。大分戦では決定機を逸しすぎた結果、苦しい戦いとなった。前線の駒は揃っているだけに、しっかりとチャンスをものにする力をつけたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿、キム・ヨングォン MF:髙尾瑠、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.07.30 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

豪州での武者修行で「選手としても人としても成長」…檀崎竜孔が札幌復帰&入籍

北海道コンサドーレ札幌は23日、MF檀崎竜孔(21)の復帰を発表した。 檀崎は青森山田高校から2019年に札幌入りした攻撃的MF。2020年11月からAリーグのブリスベン・ロアーFCにレンタル移籍すると、公式戦26試合の出場で9得点1アシストをマークした。 オーストラリアでの武者修行を経て、満を持しての復帰となる檀崎。クラブを通じて「この度北海道コンサドーレ札幌に復帰する事になりました」と復帰の報告とともに、活躍を誓った。 「約半年間という短い期間でしたが、海外での生活を通して選手としても人としても成長する機会に恵まれました。これからはチームの勝利に貢献できる様に、全力で戦いますので応援の方よろしくお願いします」 また、クラブからは同じタイミングで一般女性との入籍も公表。生涯の伴侶も得た檀崎は「この度、以前からお付き合いしていた方と7月21日に入籍しました」と語り、決意を新たにした。 「より一層責任感を持って、これからのサッカー人生を歩んでいきたいと思います。そして、幸せな家庭を築いていきたいと思います。これからも引き続き応援の方よろしくお願い致します」 2021.07.23 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌が終盤の劇的決勝弾で1-0勝利!徳島は好機仕留めきれず3連敗【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節、北海道コンサドーレ札幌vs徳島ヴォルティスが3日に札幌厚別公園競技場で行われ、1-0でホームの札幌が勝利した。 札幌は前節、鹿島に0-4と完敗した後、3日にはここまでチームトップのリーグ12得点を挙げていたFWアンデルソン・ロペスが武漢足球倶楽部に移籍。さらに、試合直前には前節で負傷したMF深井一希の左腰椎横突起骨折が発覚と、良くない流れの中で試合に臨んだ。 対する徳島もここ5試合で勝ち点「2」のみの獲得となっており、降格圏まではわずか4ポイント差に。残留のためには、負けられない一戦となった。 ホームで先制点を挙げたい札幌は7分、ルーカス・フェルナンデスがボックス内で上手く入れ替わり中央にショートパス。受けた金子がシュートを放つも相手DFに阻まれる。 札幌はさらに攻勢を強め、16分には右サイドから金子がグラウンダーのクロスを供給。しかし、ダイレクトで合わせようとした小柏のシュートはミートせず、好機を逃した。 序盤は攻撃のリズムを掴めない徳島だったが、27分には駒井のロストから渡がシュート。左に外れるも、ここから徐々に徳島に流れが向き始める。 そして、37分には徳島に前半最大のチャンスが訪れる。裏に抜け出した杉森がボックス左からマイナスに折り返すと、中央にいた岩尾がダイレクトシュート。これが相手GKが反応できないコースに飛んだものの、札幌DF青木にゴールライン上でブロックされ、惜しくも先制とはならなかった。 後半に入ると、再び札幌がペースを掴み始める。59分には右サイドのコンビネーションからルーカス・フェルナンデスがクロス。小柏が頭で合わせたが、ゴールポスト上に外れた。 さらに70分に札幌に決定機。小柏が中央からミドルシュートを放つと、相手GKがこぼしたところに青木が詰める。しかしシュートは浮いてしまい、得点には至らなかった。 後半は守勢を強いられている徳島は75分にバトッキオ、鈴木に代えて宮代、藤田を投入。若いアタッカー2人を入れ、攻撃の活性化を図る。 しかし、完全に流れを取り戻した札幌は止まらない。迎えた87分、菅のボックス左からのクロスにファーにいた駒井が合わせると、相手に当たりオウンゴールに。終了間際に待望の先制点を挙げた。 リードを奪った札幌は、相手陣内での軽快なパス回しで時間を使いながら試合終了のホイッスルを待つ。結局、1-0で逃げ切り、前節の悪夢を払拭する白星を手にした。一方の徳島はこれで3連敗および6試合勝利無しとなった。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 ヴォルティス徳島 【札幌】 OG(後43) 2021.07.04 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌が深井一希の左腰椎横突起骨折を報告…J1第20節の鹿島戦で負傷

北海道コンサドーレ札幌は4日、MF深井一希の負傷を発表した。 深井は6月27日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節の鹿島アントラーズ戦で負傷。全治こそ明らかにされていないものの、左腰椎横突起骨折という診断が下ったという。 札幌のアカデミー育ちで、2013年のトップチーム昇格から今季で9年目の深井。その今季はここまでJ1リーグ12試合に出場していた。 2021.07.04 13:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly