ダビド・シルバ「マドリーのオファーは拒否した。何度もね」

2020.01.26 08:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが、レアル・マドリーから誘われたことがあったことを明かした。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

同選手曰く、マドリーがシルバに接触を図ったのはまだバレンシアに移籍する前。推測するに15歳前後だろうか。少年時代のシルバは一度スペイン首都クラブを訪問したことがあるようだ。

「それはまだ若かった頃だよ。でも父はマドリー移籍を反対したんだ。若過ぎるとね」

「父は彼らにもう少し見てから判断するべきだと説いていたよ。グラン・カナリアのサン・フェルナンドでプレーする僕をね」

「その後、僕はマドリーに戻ることは二度となかった。彼らは毎年電話をかけてきたけど行かなかったよ」

「故郷のチームに留まる決断をした。それからバレンシアに移籍したんだ」

バレンシアに移籍してからのシルバの輝かしいキャリアは言うまでもない。マドリーは以降もシルバ獲得を試みたようだが、心を動かすことは出来なかったようだ。
コメント