フィッカデンティ体制で出直しの名古屋が新体制発表! 新加入のMF阿部浩之が「11」を着用!

2020.01.13 16:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは13日、2020シーズンの新体制を発表した。昨シーズン途中に指揮官に就任したマッシモ・フィッカデンティ監督が率いるチームは、2年連続の残留争いから抜け出すべく、補強と期限付き移籍からの復帰で戦力を整えた。

サンフレッチェ広島からMF稲垣祥、湘南ベルマーレからFW山﨑凌吾、川崎フロンターレからMF阿部浩之を獲得。また、ユースからGK三井大輝、MF石田凌太朗が昇格、九州国際大学付属高校からDF吉田晃が加入した。

その他、DF金井貢史(サガン鳥栖)、MF秋山陽介(ジュビロ磐田)、FWマテウス(横浜F・マリノス)、FW相馬勇紀(鹿島アントラーズ)と期限付き移籍中の選手が復帰した。

新加入選手は稲垣が「15」、山﨑が「17」、阿部が「11」を着用。また、背番号変更も行われDF丸山祐市が「17」→「3」、DF中谷進之介が「20」→「4」、DF成瀬竣平が「34」→「26」、GK武田洋平が「16」→「21」、MF渡邉柊斗が「30」→「20」に変更となった。

◆2020シーズン選手背番号
新加入:☆(←前所属)※移籍形態

GK
1.ランゲラック(31)
18.渋谷飛翔(24)
21.武田洋平(32)※背番号変更「16」
22.三井大輝(18)☆(←名古屋グランパスユース)※昇格

DF
3.丸山祐市(30)※背番号変更「17」
4.中谷進之介(23)※背番号変更「20」
5.千葉和彦(34)
6.宮原和也(23)
13.藤井陽也(19)
23.吉田豊(29)
26.成瀬竣平(18)※背番号変更「33」
28.吉田晃(18)☆(←九州国際大学付属高校)※新加入
31.金井貢史(29)☆(←サガン鳥栖)※復帰
36.太田宏介(32)

MF
2.米本拓司(29)
8.ジョアン・シミッチ(26)
9.長谷川アーリアジャスール(30)
11.阿部浩之(30)☆(←川崎フロンターレ)※完全移籍
14.秋山陽介(24)☆(←ジュビロ磐田)※復帰
15.稲垣祥(28)☆(←サンフレッチェ広島)※完全移籍
19.青木亮太(23)
20.渡邉柊斗(22)※背番号変更「30」
24.石田凌太朗(18)☆(←名古屋グランパスユース)※昇格

FW
7.ジョー(32)
10.ガブリエル・シャビエル(26)
16.マテウス(25)☆(←横浜F・マリノス)※復帰
17.山﨑凌吾(27)☆(←湘南ベルマーレ)※完全移籍
25.前田直輝(25)
27.相馬勇紀(22)☆(←鹿島アントラーズ)※復帰
コメント
関連ニュース
thumb

稲垣弾で名古屋が連敗を「2」で止める! 苦境の仙台は14試合未勝利に…《J1》

24日、明治安田生命J1リーグ第24節の名古屋グランパスvsベガルタ仙台がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 今季初の連敗を喫している名古屋は1-2で敗れた前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを2名変更。宮原と太田の両サイドバックが外れ、成瀬とオ・ジェソクを起用した。 一方、13試合未勝利で最下位に転落した仙台は、さらに道渕が「クラブの秩序、風紀を著しく乱した」行為で契約解除になるなど苦境に立たされている。8月8日以来の勝利を目指す今節は、解雇された道渕が務めていた右サイドハーフに関口を配置した。 立ち上がりから名古屋が支配しながら試合は推移していく。19分には米本のパスをボックス右で収めた前田が縦に仕掛けて利き足ではない右足シュート。だが、GKヤクブ・スウォビィクに片手1本で阻まれた。 30分過ぎ以降も名古屋がイニシアチブを握る展開となるなか、仙台は40分にチャンス。ボックス中央で関口がインターセプトをすると、DFを一人抜いてからボックス右へとパス。ディフレクトしたボールがボックス左の長沢の足元へ繋がるも、シュートまで持ち込めなかった。 主導権を握りながらもゴールレスで試合を折り返した名古屋は後半立ち上がりの49分、マテウスからのパスを受けた阿部がボックス中央から右足シュート。枠を捉えていたが、GKヤクブ・スウォビィクに横っ飛びで防がれて、またしても先制点のチャンスを逃した。 56分にも自陣から持ち運んだマテウスの放ったシュートを相手GKに防がれるなど、仙台守備陣を攻略できない名古屋。攻撃を活性化させるべく、64分に阿部と前田を下げて、山崎と相馬をピッチに送り込んだ。 するとその1分後、名古屋はその相馬を起点にオーバーラップしてきたオ・ジェソクがボックス左からマイナスにクロス送る。ボックス内の選手には合わなかったものの、セカンドボールを拾った稲垣がボックス中央手前から左足シュート。ディフレクトしてコースが変わったボールがゴール右に吸い込まれて、先制に成功した。 その後、76分に相馬からのリターンパスを受けた金崎がボックス右から強烈なシュートを放つも、ここでもGKヤクブ・スウォビィクの好守に遭う。さらに金崎は80分にもボックス中央手前からミドルシュートを放ったが、ヤクブ・スウォビィクに立て続けに決定機を防がれて、追加点を奪えない。 後半終盤も仙台ゴールに迫った名古屋は2点目を手にすることはできなかったものの、1-0で勝利。連敗を「2」で止めて、3試合ぶり勝利を手にした。一方、仙台は14試合未勝利となっている。 名古屋グランパス 1-0 ベガルタ仙台 【名古屋】 稲垣祥(後20) 2020.10.24 16:07 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:名古屋vs仙台】2位に向け3連敗避けたい名古屋、仙台はピッチで闘えるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/42pt) vs ベガルタ仙台(18位/13pt) [パロマ瑞穂スタジアム] ◆2位争いに向け避けたい3連敗【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの横浜F・マリノスとの一戦。互いに連敗を避けたい一戦だったが、2-1で横浜FMに軍配が上がった。 名古屋にとってはこれがシーズン初の連敗。今まで敗戦の後にはしっかりと勝ち切ってきたが、横浜FM戦では攻撃の形が作れずに黒星となった。 中2日と過密日程ではあるが、3連敗は避けなければいけない。2位は狙える状況であるだけに、まずは立て直したいところ。疲労もある中でどうバウンスバックを見せるかだ。 ケガ人などの影響もあるが、この過密日程のシーズンをほぼ固定メンバーで戦っている名古屋。負ければすでに溜まってる疲労も、大きく感じてしまうもの。3試合ぶりのホームゲームでしっかりと勝ちたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆ピッチ外での不祥事、ピッチで信頼を取り戻せるか【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦し、0-6と惨敗。完膚なきまでに叩きのめされ、チームも最下位に転落した。 それに追い打ちをかけるかのように、ピッチ外の問題が発覚。DV事件を起こしていた道渕諒平の契約解除問題に関してクラブとしての対応が遅れたこともあり、不祥事として大きな代償を払うこととなった。 ピッチ内でも結果が出ていない中で、ピッチ外の不祥事を起こしてしまったことはクラブとして大きな問題を抱えている証拠。しかし、失った信頼を取り戻すのもピッチの上でしか果たせない。 13戦未勝利とファン・サポーターには勝利も届けてられていない現状。しっかりと気持ちを入れ替え、まずは闘う姿勢をしっかりと見せられるかだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、シマオ・マテ、平岡康裕、柳貴博 MF:関口訓充、浜崎拓磨、椎橋慧也、石原崇兆 FW:長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 2020.10.24 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が3年連続で名古屋から期限付き補強、MF青木亮太を獲得「精いっぱい頑張ります」

大宮アルディージャは23日、名古屋グランパスのMF青木亮太(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなり、名古屋と対戦する公式戦には出場できない。背番号は「45」に決まった。 青木は東京ヴェルディのジュニアユース出身で、流通経済大付属柏高校から2014年に名古屋へと入団。これまで明治安田J1で24試合に出場、明治安田J2では26試合に出場し11得点を記録していた。 2019シーズンは、左ヒザ半月板損傷のケガの影響もあり出場機会はなし。今シーズンはここまで明治安田J1で1試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 大宮は近年名古屋から選手を獲得しており、2018シーズンにはDF畑尾大翔、2019シーズンはFWロビン・シモヴィッチとDF櫛引一紀が加入しており、3年連続での選手加入となった。 青木はクラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さん、このたび、名古屋グランパスから期限付き移籍加入することになりました青木亮太です。一日も早くチームの力になれるように精いっぱい頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「このたび、大宮アルディージャに期限付き移籍することとなりました。このタイミングでチームを離れることはすごく悩みましたが、自分の成長のため新たなチャレンジをする決断しました。また、皆さんの前でプレーできるように頑張ってきます」 2020.10.23 17:51 Fri
twitterfacebook
thumb

終始攻め続けた横浜FMが渡辺皓太弾で勝利、名古屋はシーズン初の連敗《J1》

21日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜・マリノスvs名古屋グランパスが日産スタジアムで行われ。2-1で横浜FMが勝利を収めた。 前節はアウェイでセレッソ大阪に4-1で大敗を喫した横浜FMは、スタメンを8名変更。GKの朴一圭が11試合ぶりに復帰。その他、小池龍太、渡辺皓太、和田拓也、天野純、水沼宏太、エジガル・ジュニオ、松田詠太郎を起用した。 対する名古屋は2名を変更。成瀬竣平、オ・ジェソクの両サイドバックに代えて、宮原和也、太田宏介を起用。直近3試合で2ゴールのマテウスは古巣対戦となった。 9分、小池のダイレクトパスを受けた天野がボックス内でシュートもGKランゲラックがセーブ。12分には渡辺がブレ球のミドルシュートを放つも、ランゲラックがなんとか防ぐ 攻勢を止めない横浜FMは21分、水沼がボックス内で水沼が拾うと、最後は天野が抜け出しシュート。しかし、枠を捉えられない。 防戦一方だった名古屋だが22分には、マテウスのドリブル突破からグラウンダーのクロス。これが伊藤に当たりディフレクトするとゴールへ。しかし、GK朴一圭がなんとか掻き出して失点を免れる。 攻め手を止めない横浜FMは33分には、渡辺のパスを受けた水沼がボックス内右で浮き球のパス。ボックス内でパスを受けた天野が右足でシュートも、枠を越えてしまう。それでも41分、ボックス手前でエジガル・ジュニオがフィードを受けると、落としを受けた天野からのパスを受けた松田がボックス左からグラウンダーのクロス。これを走り込んだエジガル・ジュニオが合わせて、横浜FMが先制する。 ホームの横浜FMがリードして迎えた後半、立ち上がりから横浜FMが攻勢をかけるがゴールを奪えず。すると名古屋は51分に前田と阿部を下げて、石田と山﨑を投入。横浜FMはエジガル・ジュニオに代えてオナイウ阿道を投入する。 選手交代でシステムを[4-4-2]に変更した名古屋だが、攻撃に活路を見出せない。山﨑のポストプレーでタメを作るものの、決定機を作れない。 なかなかシュートを打てない名古屋だったが、1つのチャンスを生かす。69分、左からのクロスをボックス中央で山﨑が胸トラップ。これを落とすと、待ち構えたマテウスがボックス内右から左足一閃。名古屋が同点に追いつく。 少ないチャンスを生かして同点に追いついた名古屋だったが、その後は攻め手が見つけれない。 横浜FMは天野を中心に名古屋ゴールに迫るが、こちらも決定的なシーンを作れず。攻めながらも決まらない嫌な流れとなる。 しかし、その横浜FMが80分にスコアを動かす。アーリークロスのルーズボールを前田がスプリントして奪うと、パスを受けた小池がカットインから丁寧なパス。これを走り込んだ渡辺がダイレクトでシュートを放つと、左隅に決まり横浜FMが勝ち越しに成功する。 その後は名古屋も攻め込む一方で、横浜FMも攻勢を止めず。そのまま試合は終了し、横浜FMが勝利。名古屋はシーズン初の連敗となった。 横浜F・マリノス 2-1 名古屋グランパス 【横浜FM】 エジガル・ジュニオ(前41) 渡辺皓太(後35) 【名古屋】 マテウス(後24) 2020.10.21 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:横浜FMvs名古屋】連覇消えた王者、連勝ストップの名古屋とともに求められるバウンスバック

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2020年10月21日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(7位/38pt) vs 名古屋グランパス(5位/42pt) [日産スタジアム] ◆連覇消滅、モチベーションをどこに【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、4-1で大敗。大阪でのアウェイ連戦を勝利なく終え、さらには連覇の可能性が消滅することとなった。 “鬼門”となっていたアウェイのC大阪戦だったが、試合では相手のプレスにハマり、全くポゼッションが機能せず。パフォーマンスレベルも低く、内容もないまま敗れ去ってしまった。 連覇の可能性がなくなったことに加え、ガンバ大阪戦に続き苦しい試合となったことのショックは少なくない。YBCルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)による過密日程の影響で選手たちは疲労困憊状態。さらにケガ人が相次いだこともあり、ターンオーバーもままならない状況でここまで戦ってきたツケが回った印象だ。 これによりタイトル獲得の可能性は現状ACLのみ。11月に集中開催となるが、そこに向け、そして王者としての意地を見せるためにもしっかりと前を向いて戦いたい。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆川崎Fを止められず連勝ストップ、仕切り直しへ【名古屋グランパス】 前節はアウェイで川崎フロンターレと対戦し、11連勝を阻みたかったが、結果は3-0で完敗に終わった。 優勝の可能性はかなり低くなったが、2位はまだ目指せる状況。ここで気落ちして連敗していては2位の座も遠くなる。 川崎F戦ではブロックを敷き、相手の巧みなボール回しと、選手のポジショニングにもしっかりと対応していたが、セットプレー絡みで3失点と流れとは関係ないところでやられてしまった。 今節に向けてもしっかりとした守備からまずは入ること。横浜FMの強力な攻撃陣を乗らせないことが重要となる。 川崎F戦ではカウンターの精度を欠いたことも苦しむ要因に。しっかりとストロングポイントを出して、まずは連敗回避と行きたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.10.21 15:40 Wed
twitterfacebook