呪われた試合? ユーベのトルコ代表DFデミラルもヒザを負傷…2人目の重傷者の可能性

2020.01.13 12:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのトルコ代表DFメリフ・デミラルが重傷の可能性があるようだ。マウリツィオ・サッリ監督が試合後に明かした。

デミラルは12日に行われたセリエA第19節のローマ戦に先発出場。開始3分で先制ゴールを記録するも、19分に負傷。オランダ代表DFマタイス・デ・リフトと交代していた。

試合後の記者会見でサッリ監督は「デミラルには捻挫の可能性があり、明日の朝になるまでわからない」とコメント。加えて「我々が感じていることは、重傷かもしれないということだ」とし、長期離脱の可能性を示唆した。

デミラルはサッスオーロから今シーズン加入。セリエAでは5試合目の出場で今季初ゴールを決めた直後の悲劇だった。

なお、ユベントスはジョルジオ・キエッリーニが2月まで離脱中となり、デミラルの負傷離脱によりDFダニエレ・ルガーニの今冬の移籍は無くなったと考えられる。

なお、同試合ではローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロも負傷。サッリ監督は「ザニオーロにも最善の結果が待っていると望んでいる」とコメントしていたが、右ヒザ半月板損傷と前十字じん帯断裂と診断され今季絶望とのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

コース、スピード共に文句なしの一撃!ピャニッチの華麗なFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回はユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆コース、スピード共に文句なしの一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjNXc5dVo0MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にローマからユベントスへ渡ったピャニッチ。加入初年度から主力に君臨しており、プレースキックも担当し、ここまで公式戦通算174試合22ゴール37アシストを記録している。 その中でも、2017年1月25日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のミラン戦では見事なフリーキックを決めている。 1点リードの21分、ユベントスは左45度の位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーはもちろんピャニッチ。短めの助走から放ったシュートは、スピードを維持しながら相手の壁を超え、ゴール左上へと吸い込まれた。 ボールのコース、スピード共に文句なしの一撃には、相手GKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なしであった。 ピャニッチは来季からバルセロナでプレーすることが決定しており、そのプレースキックがスペインの地でも見られるはずだ。 2020.07.16 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

これぞベテランがなせる業!ブッフォンがCL決勝で見せた超反応ストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ブッフォンが2015年のCL決勝で見せた超反応セーブ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqeGt4TFloeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回はユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが見せたスーパーセーブだ。 パルマで若くして才能を開花させ、2001年からはユベントスで長年絶対的な守護神として世界最高峰のGKとしての座を確率させたブッフォン。御年42歳の超ベテランだが、2015年6月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)、バルセロナとの決勝戦では、これぞベテランという超反応セーブを見せている。 開始4分にMFイバン・ラキティッチのゴールで先制を許したユベントス。これ以上失点を許したくない場面で13分再びピンチを迎える。 FWリオネル・メッシとFWネイマールの連携で左サイドを崩されると、ボックス内に侵入したネイマールがフリーになっていたDFダニエウ・アウベスへマイナスのクロス。アウベスはニアポストへ強烈なシュートを放つと、味方2人の陰になりコースが見えない中で、ブッフォンはシュートとは反対方向へ移動。しかし、直前でジャンプして重心を無理やりニアポスト側に残すと、左手一本でアウベスのシュートを弾き、超反応のセーブで凌いでみせた。 瞬時の判断で重心を残すという好判断を見せたブッフォン。その後、ユベントスは後半に1点を返し1-1としたものの、2失点を喫し1-3で敗れている。 2020.07.16 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ピルロが古巣復帰で合意報道、元福岡のペッキア監督の後任としてユベントスU-23の監督就任へ

元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏(41)だが、既報通り古巣で指導者の道をスタートさせるようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 現役時代に名レジスタとして名を馳せ、現フットボール界でも語り継がれる存在のピルロ氏。ブレシア、インテル、レッジーナ、ミラン、ユベントスを渡り歩いた後、2017年にニューヨーク・シティでのプレーを最後に現役を退いた。 <div id="cws_ad">◆ピルロ、ユベントスでの最高の輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSY29lY3dVRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 引退後は『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるなど現場から遠ざかっていたが、先月に古巣ユベントスのU-23カテゴリーで監督を務める可能性が浮上していた。 ユベントスU-23は、かつてアビスパ福岡で指揮をとったファビオ・ペッキア監督が指揮。コッパ・イタリア セリエCで優勝したものの、セリエB昇格をかけたプレーオフで敗退し、昇格を逃していた。 『スカイ・スポーツ』によると、ピルロ氏はユベントスのU-23チームの監督就任で合意。ペッキア監督は退任となる。 なお、ナポリのプリマヴェーラで監督を務めていたロベルト・バローニオ氏とともにチームを率いることになるようだ。 今回のU-23チームの監督就任に関しては、将来的なファーストチームの監督になることを視野に入れてのものとのこと。ジョゼップ・グアルディオラ監督やジネディーヌ・ジダン監督の道を歩むことをクラブとしては描いているという。 2020.07.16 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

2点先行しながらも追いつかれたサッリ監督「浮き沈みの問題を解決しなければ」

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、引き分けに終わったセリエA第33節のサッスオーロ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 15日に敵地でサッスオーロと対戦したユベントスは、15分までにDFダニーロとFWゴンサロ・イグアインがゴールを奪い2点先行。しかし、29分にMFフィリップ・ジュリチッチに1点を返されると、後半立ち上がりにFWドメニコ・ベラルディ、FWフランチェスコ・カプートと立て続けにゴールを奪われ逆転を許す。それでも64分にアレックス・サンドロのゴールで同点に追いつき、3-3の引き分けに終わった。 前節のアタランタ戦でも引き分け(2-2)、前々節のミラン戦では2-4で敗れ、これで3試合未勝利となったユベントス。サッリ監督は試合後、過密日程による疲労を嘆き、波が激しいパフォーマンスの改善を求めた。 「監督として、チーム継続性を要求しているが、今はフィジカル的にもメンタル的にも維持するのに苦労している」 「理解するのが難しいほど受け身になる時と、非常に良い時が交互に来ている。アタランタや今夜のサッスオーロが素晴らしいチームだと言わなければいけない。こういった浮き沈みの問題を解決する必要がある。ただ、ほとんど例外なく全てのチームが現在抱えている状況だ。この問題を解決したならば、正しい道を行っていることになる」 「失速を避けるために、試合の中では一定の適応が必要だ。非常に高いポテンシャルを時に見せれば、とても脆弱に見える時もあった。2-0にした後、相手陣内にドリブルで持ち運び、押し上げるべきだった。しかし、欲張れず、スペースを与えてしまった。今は計算せずに1試合ずつ考える必要がある」 また、ハーフタイム明けに交代したDFジョルジョ・キエッリーニについて問われると「彼はここ数日は状態が良かった。今日はふくらはぎが硬くなってしまった。おそらく彼を起用するのが少し早かったのだろう。ただ、ボヌッチが起用できなかったので、彼のキャラクターが必要だった」と述べている。 2020.07.16 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

2点のリードを守れなかったユーベ、サッスオーロとの打ち合いはドローで3戦勝利なし《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第33節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、3-3で引き分けた。 前節アタランタ戦をC・ロナウドのPK2本で辛くもアタランタに引き分けた首位ユベントスは、8ポイント差とした3位ラツィオとの直接対決を次節に控える中、ディバラやボヌッチをベンチスタートとし、キエッリーニがリーグ再開後初先発となった。 ヨーロッパリーグ出場を狙う8位サッスオーロ(勝ち点46)に対し、3トップにC・ロナウド、イグアイン、ベルナルデスキと並べたユベントスは、開始5分に先制する。右CKのサインプレーからボックス手前右のダニーロがダイレクトでシュート。これがネットを揺らした。 幸先良く先制したユベントスは12分にリードを広げる。ピャニッチのダイレクトフィードに抜け出したイグアインがボックス右に侵入。GKとの一対一を確実に制した。 直後、カプートとの一対一をGKシュチェスニーが阻止したユベントスは、24分にもピンチ。しかし、ここもシュチェスニーがムルドゥルのディフレクトした難しいシュートを好守で阻止した。 しかし29分に失点する。分厚い攻めを受けた流れからボックス内でカプートにラストパスを出され、最後はジュリチッチに蹴り込まれた。 1点差に詰め寄られたユベントスはその後も劣勢を強いられた中、何とかサッスオーロの攻勢を凌いで前半を2-1で終えた。 迎えた後半、負傷したのかキエッリーニに代えてルガーニを投入したユベントスは、51分に同点とされる。ボックス手前右で許したFKをベラルディに直接ゴール右へ沈められた。 さらに54分、ユベントスは一気に逆転される。ボックス右でベラルディに仕掛けられ、右足でのシュート性のクロスをファーサイドのカプートに押し込まれた。 劣勢が続いたまま逆転を許したユベントスはイグアインとピャニッチに代えてディバラとラビオを投入。 すると60分に同点のチャンス。だが、ベルナルデスキの右クロスにファーサイドのラビオが頭で合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。さらに直後にもディバラのクロスからC・ロナウドがボレーで合わせる決定機を生み出すも、ミートしきれずGKにセーブされる。 それでも64分、ユベントスが追いつく。ベンタンクールの右CKからニアサイドのアレックス・サンドロがヘッドで押し込んだ。 さらに78分にC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスは、終盤にかけて攻勢をかけていたが、84分に大ピンチ。だが、ボックス内からのトラオレのシュートはGKシュチェスニーが好守で阻止し、ルーズボールをボックス左のボガに決定的なシュートを打たれるも、ゴールライン前のアレックス・サンドロがカットし難を逃れた。 追加タイムにはブラビアのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスは、何とかGKシュチェスニーが凌ぎ、打ち合いは3-3で決着。2点のリードを守れず引き分けたユベントスは、暫定2位のアタランタに7ポイント差に迫られている。 2020.07.16 07:00 Thu
twitterfacebook