J1復帰の柏、元神戸の韓国代表GKキム・スンギュを完全移籍加入合意を発表!

2020.01.10 14:19 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルは10日、韓国の蔚山現代FCの韓国代表GKキム・スンギュ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。

キム・スンギュは、2008年から蔚山現代でプレー。2015年にヴィッセル神戸へ完全移籍すると、3シーズン半在籍。明治安田生命J1リーグで107試合に出場していた。

2019年7月には古巣の蔚山現代へと復帰。Kリーグ1では16試合に出場していた。また、韓国代表としても48試合に出場。昨年1月のアジアカップや、12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権の日本戦でもプレーしていた。

なお、柏を率いるネルシーニョ監督とは神戸時代も仕事をしており、正守護神として起用していた。


関連ニュース
thumb

柏の新背番号が発表! 小屋松知哉は14番、マテウス・サヴィオは10番に変更

柏レイソルは15日、2022シーズンの選手背番号を発表した。 昨季は15位でなんとかJ1残留を果たした柏。新シーズンで2020年のJ1昇格から3シーズン目、ネルシーニョ監督の就任4年目を迎える中、クリスティアーノと高橋峻希がV・ファーレン長崎へ、ヒシャルジソンがブラジルへ戻るなど、小さくない戦力低下を被った。 一方、新戦力としてはヴィッセル神戸からドウグラス、清水エスパルスから中村慶太、さらにはサガン鳥栖から小屋松知哉が加入するなど、即戦力に数えられる実力者を加えた。 そのドウグラスは清水時代から一貫して49番を選択。中村は8番、小屋松はかつて伊東純也やオルンガが背負った14番を身につけることになった。また、マテウス・サヴィオは11番から10番に変更している。 ◆選手背番号一覧 GK 1.猿田遥己←横浜FC/期限付き復帰 18.キム・スンギュ 21.佐々木雅士 46.松本健太 DF 2.三丸拡 3.高橋祐治 4.古賀太陽 5.エメルソン 13.北爪健吾 15.染谷悠太 23.岩下航←ロアッソ熊本/完全 24.川口尚紀 25.大南拓磨 32.田中隼人←柏レイソルU-18/新加入 33.大嶽拓馬 44.上島拓巳 MF 6.椎橋慧也 7.大谷秀和 8.中村慶太←清水エスパルス/完全 10.マテウス・サヴィオ 14.小屋松知哉←サガン鳥栖/完全 22.ドッジ 27.三原雅俊 28.戸嶋祥郎 29.アンジェロッティ 30.加藤匠人←筑波大学/新加入 34.土屋巧←日本体育大学柏高校/新加入 36.山田雄士 FW 9.武藤雄樹 19.細谷真大 35.真家英嵩←柏レイソルU-18/新加入 37.鵜木郁哉 38.升掛友護←柏レイソルU-18/新加入 39.森海渡←筑波大学/新加入 49.ドウグラス←ヴィッセル神戸/完全 監督 ネルシーニョ 2022.01.15 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

柏MF菊池大介が岐阜移籍! 昨季は栃木にレンタル、「全てを捧げて戦います」

FC岐阜は14日、柏レイソルからMF菊池大介(30)の完全移籍加入を発表した。 菊池は下部組織から過ごす湘南ベルマーレでプロ入り後、2010年からザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)に期限付き移籍。2017年の浦和レッズ移籍を経て、2019年に柏入りすると、2020年からアビスパ福岡にレンタル加入した。 そして、昨季からは栃木SCにレンタルプレーヤーとして加わり、明治安田生命J2リーグ21試合に出場したが、シーズン終了後に退団。動向が注目されたが、今オフにFW田中順也やMF宇賀神友弥も加入して話題の岐阜入りが決まった。 菊池は移籍決定を受け、両クラブを通じてそれぞれのファンにコメントしている。 ◆FC岐阜 「FC岐阜ファミリーの皆さんはじめまして。柏レイソルから加入します菊池大介です。自分を必要としてくれて、オファーをくれたFC岐阜の為、自分の全てを捧げて戦います。FC岐阜の試合を見た人が、また試合を見たい、スタジアムに行きたいと思って貰えるような最高の空間を皆さんと一緒に作っていけたらと思います。よろしくお願いします。必ずみんなで昇格を掴みとりましょう!!」 ◆柏レイソル 「このたび、FC岐阜に移籍することになりました。レイソルでJ2を優勝して、嬉しさとともに自分に対しての物足りなさを感じ移籍を決意しました。強くなってレイソルに戻り、レイソルのために戦う。結果を出して恩返しするという目標が達成できず、本当に悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。日立台という素晴らしいスタジアムで自分のチャントを歌って応援してもらったこと、苦しい時に熱い声援で後押ししてくれたこと絶対に忘れません」 「この悔しさを必ず次の舞台で生かし、自分の成長に繋げていきます。そして次、日立台でプレーする時には成長した姿を見てもらえるように頑張ります。これからの柏レイソルの躍進を陰ながら楽しみにしています。自分も負けません。また皆さんに会えるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました」 2022.01.14 14:46 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、トップチームで連日のコロナ陽性

柏レイソルは13日、トップチーム選手における、さらなる新型コロナウイルス感染が判明したことを報告した。 同クラブでは12日、トップチームの選手2名がコロナの陽性判定を受けたことを明らかにされた。その際は濃厚接触者はいないと断言されていたが、その疑いのあるトップチーム選手2名に検査を実施したところ、1名が陽性判定を受けたという。 陰性判定だった一方の選手に関しては、保健所から濃厚接触者に認定されたとのことで、関係各所の対応方針に沿って対応していくとしている。 2022.01.13 21:22 Thu
twitterfacebook
thumb

柏で通算8シーズン過ごしたDF鎌田次郎が相模原へ完全移籍「最高のプレゼントができるよう」

SC相模原は13日、柏レイソルから期限付き移籍で加入していたDF鎌田次郎(36)に関して、完全移籍に切り替わることを発表した。 FC東京下部組織出身の鎌田は流通経済大学へ進学。2006年に柏の特別指定選手となると、2008年に正式に入団。2010年から2015年までをベガルタ仙台で過ごした後、2016年から柏に戻り、2020年は明治安田生命J1リーグ9試合に出場していた。 2021シーズンに相模原へ期限付き移籍で加入すると、明治安田生命J2リーグで17試合に出場していた。 柏では特別指定選手時代を含め通算8シーズン在籍し、J1で95試合5得点、J2で42試合4得点、リーグカップで18試合1得点、天皇杯で7試合に出場していた。 鎌田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「昨年に引き続き2022年シーズンもSC相模原でプレーさせて頂きます!昨年味わった悔しさを晴らし、サガミスタの皆さんに最高のプレゼントができるようチーム一丸となって戦います。 よろしくお願いします!」 ◆柏レイソル 「2022年シーズン、SC相模原に移籍することになりました。柏レイソルがタイトル争い、ACL出場できるよう相模原から応援しています。ありがとうございました」 2022.01.13 11:18 Thu
twitterfacebook
thumb

柏の選手2名が新型コロナ陽性判定、12日発表分だけで9クラブ目

柏レイソルは12日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手2名は12日に行われた検査で陽性判定を受けたとのこと。適切な対策のもと、療養しているとのことだ。 なお、その他の選手やスタッフとの接触はなく、濃厚接触者はいない。 柏では6日にトップチーム関係者2名が陽性反応となっていた。 12日に発表されただけでも、JリーグのクラブではFC琉球、ツエーゲン金沢、川崎フロンターレ、ガイナーレ鳥取、松本山雅FC、V・ファーレン長崎、横浜FC、大分トリニータと柏以外にも8クラブで選手やスタッフが陽性判定判定を受けている。 2022.01.12 20:49 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly