森本貴幸が福岡と契約更新! 来季3年目へ

2020.01.06 15:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は6日、FW森本貴幸(31)と2020シーズンの契約を更新したことを発表した。

東京ヴェルディでプロデビューした森本は、2006年から長らくイタリアのカターニャで活躍。UAEのアル・ナスルでもプレーした後、2013年にジェフユナイテッド千葉に加入し、日本へ帰国した。

その後は川崎フロンターレへの移籍を経て、2018年に福岡に入団。2019シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場1ゴールを記録した。

関連ニュース
thumb

福岡、元カメルーン代表FWジョン・マリが完全移籍で復帰「アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして」

アビスパ福岡は7日、サウジアラビアのアル・シャバブから元カメルーン代表FWジョン・マリ(29)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「45」をつけることとなる。 ジョン・マリは、ブリーラム・ユナイテッド、バンコク・クリスチャン・カレッジ、クラビー、プラチュワップとタイのクラブや、ヴォイヴォディナ(セルビア)、ルダル・ヴェレニエ(スロベニア)と渡り歩くと、中国の梅州客家、深圳でプレー。2021シーズンは福岡へ期限付き移籍で加入していた。 アフリカ人選手特有の並外れた身体能力を持つジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで2試合2得点、天皇杯で1試合に出場した。 期限付き移籍満了となり福岡を退団すると、アル・シャバブへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では2試合に出場し1ゴールを記録していた。 半年ぶりに福岡に復帰するジョン・マリはクラブを通じてコメントしている。 「再び声をかけてくれたことを、私、そして私のファミリーも、とても嬉しく光栄に思っています」 「チームを勝利へ導くためにピッチ内外問わず、アビスパ福岡の戦士として常に全力を尽くして戦っていきます。そしてファン・サポーターの皆さんとまた会えるのがとても楽しみです」 2022.07.07 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が福岡MF重廣卓也を完全移籍で獲得「持てる力を全て出し尽くす」

名古屋グランパスは7日、アビスパ福岡のMF重廣卓也(27)が完全移籍で加入することを発表した。チームへの合流は9日になる。 重廣は、広島県出身で、広島皆実高校から阪南大学を経て、2018年に京都サンガF.C.へと入団する。 京都では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで61試合に出場し5得点。天皇杯で1試合に出場し、2020年に福岡へ完全移籍した。 福岡では1年目に明治安だJ2で19試合に出場し1得点を記録。チームのJ1昇格に貢献すると、2021シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場。しかし、今季はここまで公式戦6試合の出場に終わっていた。 重廣は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さま、はじめまして。アビスパ福岡から加入することになりました重廣卓也です」 「名古屋グランパスという歴史あるクラブでプレー出来ることに感謝し、自分の持てる力を全て出し尽くし、クラブに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆アビスパ福岡 「この度、名古屋グランパスへ完全移籍する事になりました。アビスパ福岡に在籍していたこの2年半でJ2からJ1昇格という貴重な経験をさせていただき、僕にとってとても大きな財産になりました」 「そして、共に戦ったチームメイト、スタッフの方々にはすごく恵まれていて、とてもいい環境で毎日楽しくサッカーをする事が出来ました」 「また、いつも応援してくださった、ファン・サポーターの皆さん、試合で勝った時の喜びや興奮、負けた時の悔しさや悲しみを一緒に分かち合えたことは僕にとってかけがえのない時間となりました」 「大好きなこの福岡の地を離れるのは寂しいですが、ここでの経験を活かして、次のステージで頑張りたいと思います」 「最後になりますが、この2年半で僕を支えてくださった方々、そしていつも熱いエールを送ってくださったファンの方々、本当にありがとうございました」 2022.07.07 18:39 Thu
twitterfacebook
thumb

山岸のゴールを守り切った福岡、磐田を退け6試合ぶり白星【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、ジュビロ磐田vsアビスパ福岡が6日にヤマハスタジアムで行われ、0-1で福岡が勝利した。 16位の磐田と14位の福岡による下位対決。前節の磐田はサンフレッチェ広島に完敗し、3試合ぶりの黒星。一方の福岡はFC東京とドローに持ち込んだが、リーグ戦5試合未勝利の状況だ。 立ち上がりに攻勢に出たのはアウェイの福岡。立て続けにCKのチャンスを獲得し、磐田を押し込んでいく。ただ、7分のCKは味方が頭で合わせるもジャストミートできず、12分の奈良のクロスから鈴木が頭で合わせたシュートも枠を捉えることができなかった。 押され気味の磐田だが、黒川を中心に徐々に攻撃を仕掛けていく。しかし、精度が低く、なかなかシュートに結びつけることができない。左CKのシーンでは、上原のクロスからファーサイドで待ち構えていた鈴木がダイレクトボレーを試みたが、枠に収めることができず。 互いに枠内シュート0で迎えた後半、51分に磐田がビッグチャンスを迎える。右サイドのFKで上原のクロスを大井が折り返し、最後は黒川がボックス右からシュート。至近距離からのシュートだったが、J1リーグ2試合目の出場となったGK永石のビッグセーブに遭う。 立ち上がりのピンチを凌いだ福岡はその直後、ワンチャンスをものにする。味方の浮き球のパスで裏を取ったルキアンがボックス右に侵入。グラウンダーのクロスを送ると、山岸が丁寧にプッシュして先制点を挙げた。 ようやく均衡が破れた一戦。磐田も55分、金子がボックス右から入れたクロスのこぼれ球を鈴木がダイレクトで狙ったが、ここもGK永石の左手一本によるビッグセーブが炸裂してしまう。 その後は互いにチャンスなく試合は推移。選手同士がヒートアップする場面も見られた一戦は、最後まで山岸のゴールを守り切った福岡が逃げ切り、6試合ぶりの白星を手にした。 ジュビロ磐田 0-1 アビスパ福岡 【福岡】 山岸祐也(後7) 2022.07.06 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。 6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 【第1戦】 8月3日 《19:00》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡 [ノエビアスタジアム神戸] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス [エディオンスタジアム広島] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 【第2戦】 8月10日 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] テレビ:フジテレビONE インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場] テレビ:フジテレビTWO インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [埼玉スタジアム2002] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京vs福岡は白熱ドロー! 共に最低限のリーグ連敗ストップ【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、FC東京vsアビスパ福岡が2日に味の素スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 前節、サガン鳥栖戦での0-5の大敗を含め、公式戦3連敗中と苦境が続く8位のFC東京。大敗からのバウンスバックを図るこのホームゲームでは、先発4人を変更。ヴィトーリア移籍の小川諒也に代わって長友、負傷の安部とベンチスタートの青木に代わって東、紺野が入り、渡邊がインサイドハーフに、最前線はアダイウトンからディエゴ・オリヴェイラに代わった。 一方、リーグ戦では直近1分け3敗の4戦未勝利で足踏みが続く14位の福岡は、直近2試合連続で3失点と自慢の堅守に翳りが見える。5戦ぶりの白星を狙うアウェイゲームでは、GKに永石を起用したほか、田中達也、ルキアン、ジョルディ・クルークスを先発に戻すなど、直近のサンフレッチェ広島戦から大幅にメンバーを入れ替えた。 立ち上がりは[4-4-2]で入った福岡が山岸とルキアンの2トップが積極的にプレスを仕掛け、主導権を握りにかかる。 一方、序盤の守勢を凌いだFC東京だったが、早い時間帯にアクシデントが発生。左ハムストリングを痛めた中村がプレー続行不可能となり、バングーナガンデ佳史扶が10分過ぎにスクランブル投入され、長友が左から右にポジションを移した。 いきなりプラン変更を余儀なくされたホームチームの隙を狙うアウェイチームは、見事な揺さぶりからゴールをこじ開ける。16分、右サイドでの細かい繋ぎから中へ運んだ前嶋がボックス手前から浮き球のクロスを供給。これをファーサイドの山岸が冷静に頭で折り返すと、ゴール右にポジションを取っていたルキアンがうまく右足ボレーで叩き込んだ。 先手を奪われたホームチームはすぐさま反撃を開始。ボールを動かしながら相手の守備ブロック攻略を目指すが、全体的に動き出しが少なく守備の目線を変えられない。前半半ばを過ぎても攻めあぐねる状況が続く中、34分にはカウンタープレスから松木がエリア外から果敢に足を振っていくが、このシュートは枠の右に外れる。 前半終盤にかけて試合はややオープンな展開となり、福岡に田中、FC東京にディエゴ・オリヴェイラと、共に良い形でフィニッシュのチャンスが訪れたが、決め切るまでには至らず。 迎えた後半、福岡はクルークスを下げて金森、FC東京は永井を下げてレアンドロをハーフタイム明けに投入。すると、この交代策が試合を動かす。 49分、ハーフウェイライン付近でボールを持った渡邊が背後を狙ってフィードを狙うと、松木が頭でフリック。これでボールの勢いが弱まったことで飛び出しを狙った紺野に良い形で繋がる。ボックス内での紺野のシュートはGK永石の好守に阻まれるが、こぼれ球に反応したレアンドロが冷静に右足で流し込んだ。 アルべル采配的中で試合を振り出しに戻したFC東京は、前線のブラジル人コンビの連携などで前半にはあまり見られなかった背後への動きで2点目に迫る。 一方、追いつかれた福岡だが、58分にはルキアンの完璧な背後への抜け出しからのラストパスに反応した金森がボックス右でシュートに持ち込むが、ここはGKスウォビィクのビッグセーブに阻まれる。 前半に比べて明らかに試合に動きが出始めると、やはりこの時間帯にゴールが生まれる。63分、FC東京の左CKの流れでボックス手前右でクリアボールに反応した紺野が抑えの利いた見事な左足のダイレクトシュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 紺野のゴラッソで試合を引っくり返したFC東京はボールを落ち着かせつつ、キレを感じさせるレアンドロをシンプルに使いながら3点目を狙っていく。 後半半ばを過ぎて互いに交代カードを切っていくと、今度は長谷部監督の交代策が機能。74分、田中に代わって投入されたフアンマ・デルガドがボックス左ギリギリの位置でDF木本と交錯。このプレーで福岡にPKが与えられる。ファウルの位置を含め微妙な判定となり、VARによるレビューが入るも判定は変わらず。そして、キッカーのフアンマがGKとの駆け引きを冷静に制し、待望の今季リーグ初ゴールとした。 再び振り出しに戻った試合は終盤にかけて拮抗。追いついた勢いのある福岡がセットプレーを軸に幾度か惜しい場面を作り出すが、FC東京も最後の局面で身体を張って3点目を与えない。 その後、2-2のイーブンのまま試合は最終盤に突入。VARのレビューの影響もあり、10分というアディショナルタイムが加えられる。浮上のキッカケを掴みたい両チームは、最後まで果敢に3点目を目指したが、フアンマ、三田のボックス内での決定的なシュートはいずれも相手の好守に阻まれ、このままタイムアップ。 白熱の一戦は2-2のドローで終わり、共にリーグ連敗をストップする最低限の結果となった。 FC東京 2-2 アビスパ福岡 【FC東京】 レアンドロ(後4) 紺野和也(後18) 【福岡】 ルキアン(前16) フアンマ・デルガド(後33) 2022.07.02 20:09 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly