長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる

2019.12.30 08:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)に対して、イタリア復帰の可能性が浮上している。長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに加入。それ以降、トルコで公式戦通算65試合3得点7アシストの数字を収めるガラタサライの主力として、スュペル・リグ2連覇に貢献している。

その長友は今シーズンもレギュラー格として公式戦24試合2得点の活躍を披露しているが、来夏に契約が失効する状況。今シーズンのここまでリーグ戦7位に甘んじるチーム状況も相まって、今冬の放出候補に挙がっている。

こうした状況を受け、冬の動向に注目が集まる長友に対して、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者で、移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、日本代表DF冨安健洋を擁するボローニャが興味を示しているという。

ボローニャ移籍が成立すれば、長友は約8年間を過ごしたイタリア帰還に。以前にセリエA復帰の可能性としてサンプドリアも候補に挙がった長友だが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

ガラタサライがオリンピアコスのノルウェー代表DFエラブデラウィを獲得、シティの下部組織に所属経験

ガラタサライは17日、オリンピアコスからノルウェー代表DFオマール・エラブデラウィ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 エラブデラウィはマンチェスター・シティの下部組織に所属していたことがあり、フェイエノールトやブラウンシュヴァイクへのレンタル移籍を経験。2013年7月にブラウンシュヴァイクへ完全移籍すると、2014年7月にオリンピアコスへと完全移籍していた。 オリンピアコスでは公式戦170試合に出場し11ゴール16アシストを記録。今シーズンはキャプテンとしてギリシャ・スーパーリーグで21試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで6試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 契約期間は2023年6月までの3年間。なお、年俸は3シーズンで405万ユーロ(約5億1000万円)となり、1年目は130万ユーロ(約1億6400万円)、2年目は135万ユーロ(約1億7000万円)、3年目は140万ユーロ(約1億7600万円)が支払われることとなる。 2020.08.18 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ガラタサライがGKオズトゥルクを獲得、守護神・ムスレラが長期離脱中

ガラタサライは15日、カシムパシャからトルコ人GKファティ・オズトゥルク(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2年間となる。 オズトゥルクはフランス生まれのトルコ人。これまでトルコ国内のクラブでのみプレーし、トラブゾンスポルなどでもプレーした。 これまでスュペル・リグで82試合に出場しているオズトゥルクは、カシムパシャでは守護神を務め、2019-20シーズンは公式戦22試合に出場していた。 なお、シーズンごとに選手へ移籍金400万トルコリラ(約5800万円)を支払うとも発表している。 ガラタサライはウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラ(34)が守護神を務めていたものの、現在は脛骨と腓骨を骨折しており来年1月まで復帰は難しいとみられている。 2020.08.16 12:47 Sun
twitterfacebook
thumb

フリーの長友佑都、独2部ハノーファーが関心? 移籍実現なら原口元気と共演

日本代表DF長友佑都(33)の新天地候補にドイツが浮上した。トルコ『Hurriyet』が報じている。 長友は2018年1月にインテルからガラタサライに加わり、公式戦65試合3得点7アシストをマーク。スュペル・リグ2連覇にも貢献したが、今季になり、シーズンが進むにつれて序列を落とすと、6月30日をもっての契約満了で退団が決定した。 そんな日本人左サイドバックを巡り、ドイツからも関心が集まっているようだ。これまでイタリアなどが行き先に挙がり、具体的な動きがない状況が続くが、ブンデスリーガ2部のハノーファーが獲得に興味を示しているという。 そのハノーファーは今夏、左サイドバック獲得を目指して、フェネルバフチェのトルコ代表MFメフメト・エキジを狙ったが、それに代わる選手として長友を新たな標的に。トルコ人指揮官のケナン・コチャク監督が希望しての動きとみられ、すでにオファーも打診しているという。 昨年11月にコチャク監督を招へいしたハノーファーは今季のブンデスリーガ2部で1部昇格が叶わず、6位でフィニッシュ。長友と代表でチームメイトのMF原口元気も所属している。 2020.08.10 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ退団の元トルコ代表MFアルダ・トゥランがガラタサライへ復帰

ガラタサライは5日、バルセロナの元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)の復帰を発表した。 トゥランは、ガラタサライの下部組織で育ち、2005年1月からファーストチームでプレー。マニサスポルへのレンタル移籍も経験したが、ガラタサライでその名を挙げた。 2011年8月には1300万ユーロ(約16億2900万円)の移籍金でアトレティコ・マドリーへと完全移籍。アトレティコでは、2011-12シーズンにヨーロッパリーグ、2012-13シーズンにコパ・デル・レイ、2013-14シーズンにラ・リーガとタイトルを獲得。2015年7月に3400万ユーロ(約42億6000万円)でバルセロナへと移籍した。 しかし、バルセロナは当時選手登録が禁止されていたためにプレーできず。その後も不遇の時期を過ごすと、2018年1月からはイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍していた。 ただ、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。2019-20シーズンはスュペル・リグで9試合に出場するにとどまっていた。 バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかったアルダ・トゥランは、今回フリートランスファーでガラタサライへ復帰した。 ガラタサライではこれまで公式戦191試合に出場し44ゴール76アシストを記録。古巣でキャリアの締めくくりを行うことになりそうだ。 2020.08.06 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ&インテルが横やり? ヴィオラが狙うマンジュキッチ獲りに動く

ガラタサライが元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 マンジュキッチは、2019年12月にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。 しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場に終わり、今月5日に契約を解除していた。 マンジュキッチに関しては実力あるベテランの獲得でチーム力を上げているフィオレンティーナがターゲットに定めており、年俸約300万ユーロ(約3億7000万円)の2年契約+延長オプションのオファーを提示したと取りざたされていた。 しかし、『アス』が伝えるところによれば、今夏にエースFWラダメル・ファルカオの流出が噂されるガラタサライがマンジュキッチの獲得を検討しているようだ。 ファルカオは以前からサウジアラビアのアル・ヒラルが触手を伸ばしており、その後釜としてファティ・テリム監督は以前から高く評価しているマンジュキッチの獲得を熱望しているという。 なお、同メディアはガラタサライのほかにもチェルシーのフランス代表FWオリヴェル・ジルーの獲得に失敗し、ベルギー代表FWロメロ・ルカクのバックアッパーを探すインテルも興味を示していると伝えている。 2020.07.26 07:40 Sun
twitterfacebook