鳥栖がベテランMF高橋義希と契約更新「メリークリスマス」

2019.12.25 14:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は25日、MF高橋義希(34)との契約更新を発表した。高橋は松商学園から2004年にサガン鳥栖へ入団。2010年、2011年とベガルタ仙台へと完全移籍すると、2012年に復帰。以降、鳥栖でプレーを続けていた。

今シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯に3試合出場していた。高橋はクラブを通じてコメントしている。


「メリークリスマス」

「サガン鳥栖に関わる全ての方々にとって、このクリスマスが素晴らしい日にそして来シーズンが素晴らしい年になるように頑張ります」

「17の誇りを胸に!感謝 ヨシキ」
関連ニュース
thumb

ゴールレスドローで鳥栖は3連勝ストップ、広島は6戦未勝利に【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が8日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 3位・鳥栖(勝ち点26)と8位・広島(勝ち点17)の対戦。鳥栖は前節、ヴォルティス徳島をホームで2-0で下して3連勝。今節は2度目の4連勝を目指す。一方の広島は5戦未勝利。前節はヴィッセル神戸に前半だけで3ゴールを許し完敗を喫した。 前節と同じ11人を起用した鳥栖に対し、2人入れ替えた広島が序盤の主導権を握る。まずは2分、CKの流れから今日がJ1通算400試合目の出場となる青山がミドルシュートで相手を牽制。11分には、相手のパスを奪った浅野がシュートまで運んだが、ここは枠を捉えられず。 なおも攻勢が続くアウェイチームは13分に決定機を迎える。前線から果敢にプレスをかける鮎川が最終ラインのエドゥアルドからボールを奪取。そのままゴール前まで侵入し、GKと一対一の局面を迎えたが、シュートは朴一圭のファインセーブに遭った。更にその直後のFKでは、敵陣左サイドのやや離れた位置から森島が狙ったシュートが左ポストを直撃するなど、先制の匂いをうかがわせる展開に。 しかし、その後も何度かゴールに迫った広島だが、今一つフィニッシュの精度が上がらない。最前線で奮闘する鮎川も空回りするうちに、徐々に鳥栖も押し返してくる。すると45分、広島陣内でボールの奪い合いになる中で、ボールはボックス左の林の下へ。林は荒木のマークをターンで振り切り左足でニアを狙ったが、ポストに嫌われゴールならず。試合はゴールレスで折り返した。 後半立ち上がりに林のシュートでゴールに迫った鳥栖は、54分にも樋口のミドルシュートで強襲。ハーフタイムにかけて勢いを持続させて点を取りにいく。その中で広島は57分、エゼキエウを下げて永井を投入し、先にテコ入れを図った。 対する鳥栖も72分に2選手を入れ替え。その直後に樋口がミドルシュートを放つも、ここはGK大迫に阻まれる。広島も75分、自陣中央でこぼれ球を拾った浅野がそのままドリブルを開始。スピードに乗って相手を次々と躱し、最後はボックス手前左から左足を一閃。決まっていればスーパーゴールだったが、GK朴一圭がそれを許さなかった。 GK朴一圭は、広島のロングボールに対しても高い位置を取りながらピンチを未然に防ぐ。時にはディフェンスラインまで上がり、組み立てに参加するプレーも。 後半は完全に主導権を奪い返して攻め込んだ鳥栖だったが、最後までゴールが遠く、連勝は「3」でストップ。一方の広島は6戦未勝利となった。 サガン鳥栖 0-0 サンフレッチェ広島 2021.05.08 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:鳥栖vs広島】4連勝目指す鳥栖、5戦未勝利の広島攻撃陣は堅守をこじ開けられるか?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月8日(土) 14:00キックオフ サガン鳥栖(26pt/3位) vs サンフレッチェ広島(17pt/8位) [駅前不動産スタジアム] 一時の不調も払拭し、現在リーグ戦3連勝中の鳥栖。対する広島はここ5試合勝利がない状況と調子は対極的だ。 堅守を継続している鳥栖のゴールを攻撃陣が結果を残せていない広島がどうこじ開けるのか。 ◆4連勝に2度目の挑戦【サガン鳥栖】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えての一戦。結果は2-0で勝利を収め、今シーズン2度目の3連勝を達成した。 開幕からの無失点が途切れた後に連敗を喫するなど、一時結果が出なかったが、再び3連勝と復調。相変わらずの堅守は健在で、得点が取れるようになったことで結果がついてくるようになった。 しかしながら、この復調を支えたMF酒井宣福が再び負傷。それでも、酒井不在の前節はFW山下敬大が結果を残すなど、チームとしてのサイクルは悪くない。 今節もしっかりと守備を構築しながら、スピードある攻撃でいかに仕留められるか。前回成し遂げられなかった4連勝に向けて、ホームで結果を残したい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 ◆5戦未勝利、課題は攻撃に【サンフレッチェ広島】 開幕から8戦無敗を続けていた広島だが、第9節で湘南ベルマーレに敗れると、そこから5戦勝利なし。1分け4敗と結果を残せない状態が続いている。 シーズン当初から懸念材料の1つだったフィニッシュ精度の低さが大きくブレーキをかけており、この5試合では2点しか取れていない状況だ。 さらに、前節はヴィッセル神戸に3失点、前々節はアビスパ福岡に2失点と、守備にも綻びが出始めている状況。チームとしての強みを失った状態では厳しい戦いが待っている。 何としてもこの流れを止めたい広島は、鳥栖に必勝で臨むくるはず。その中心に誰がなるのか。今節でJ1通算400試合出場を達成するMF青山敏弘がどうゲームメイクするのかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔、東俊希 MF:エゼキエウ、川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ジュニオール・サントス 監督:城福浩 2021.05.08 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖が立正大学DF孫大河の来季加入内定を発表、左利きのCB

サガン鳥栖は6日、立正大学のDF孫大河(21)の来季加入内定を発表した。 孫は埼玉県出身で、正智深谷高校から立正大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで5試合に出場し1得点を記録している。 鳥栖は孫のプレースタイルについて「左足から繰り出すロングフィードとショートパスの精度が高いプレイヤー。空中戦の強さと粘り強い守備も持ち味」と紹介している。 孫はクラブを通じてコメントしている。 「この度サガン鳥栖に加入することになりました立正大学の孫大河です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアをサガン鳥栖という素晴らしいクラブでスタートさせる事ができて心より嬉しく思います」 「まず、ここまで支えてきてくれて家族には本当に感謝をしたいです。大好きなサッカーをここまで続けさせてもらったりどんな時でも誰よりも応援してくれて支えてもらいました。これからは私が家族を支えて恩返しできるよう励んでいきたいです」 「そして今まで私に関わってくれた全ての人に感謝をして感動を与えられるようプレーしていきたいです。1日でも早くサガン鳥栖の勝利に貢献して、ファン、サポーターの方々に応援していただけるよう頑張ります。応援よろしくお願い致します」 2021.05.06 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が3試合ぶりのクリーンシートで3連勝! 仙頭のJ1初ゴールなどで徳島下す【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs徳島ヴォルティスが1日に駅前不動産スタジアムで行われ、2-0で鳥栖が勝利した。 2連勝中で暫定4位の鳥栖と、2連敗で11位の徳島の対戦。前節はFC東京から2点を挙げ、逃げ切り勝利を収めた鳥栖は、その試合からスタメンを1人変更。酒井に代わり、山下が入った。対する徳島は、前節は柏レイソルに5-1で大敗。そこから5人のスタメン変更を施して3試合ぶりの白星を目指す。 序盤は互いに中盤での精彩を欠き、なかなかシュートまで運べない時間が続く。先にチャンスを迎えたのはホームの鳥栖。31分、仙頭の縦パスを受けた山下がボックス左でコントロールしシュートに繋げたが、枠を捉えることはできなかった。 その山下は39分にも右サイドから入ったクロスをボックス中央で収めてシュートへ。こちらも決定的なシーンだったが、相手に当たって左に逸れた。 一方、ここまでシュート1本に留まっているアウェイ徳島も44分、ボックス手前のボール奪取からボックス中央の宮代にボールが渡ると、シザーズで相手を躱してシュートへ。しかし、惜しくも枠の左上に外れた。 終盤に白熱した前半戦の勢いのまま後半へ向かうと、55分に均衡が破れる。敵陣中央でボールを奪った鳥栖は素早く攻撃に切り替え、樋口から山下へ。ボックス手前左でボールを持った山下は迷わず右足を振り抜くと、相手の岩尾に当たってゴールイン。コースが変わったことで、GK上福元の逆を突く形でゴールが決まった。 先制したホ-ムチームはさらに75分、樋口が右足で上げた右CKを徳島DF田向がクリアし損ねると、こぼれ球に反応した仙頭がシュート。これはGKに阻まれてしまうものの、その跳ね返りが仙頭に当たり追加点。これがJ1初ゴールとなった。 2点リードで後半アディショナルタイムに突入し、勝利が濃厚となった鳥栖はJ1デビューとなるドゥンガを投入。そしてこのまま逃げ切り3連勝。3試合ぶりのクリーンシートで3位の座を守っている。 サガン鳥栖 2-0 徳島ヴォルティス 【鳥栖】 山下敬大(後10) 仙頭啓矢(後30) 2021.05.01 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs徳島】ハイプレスvsポゼッション、得意のスタイルで上回るのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 16:00キックオフ サガン鳥栖(23pt/3位) vs 徳島ヴォルティス(14pt/11位) [駅前不動産スタジアム] アウェイでの難敵との連戦を連勝で終えた鳥栖と、ダニエル・ポヤトス体制でまだリーグ戦勝利がない徳島。 ハイプレスかポゼッションか、どちらの策が相手を封じるのか。 ◆自信を胸に3連勝へ【サガン鳥栖】 前節はFC東京のホームに乗り込んでの一戦。すると、前半で酒井宣福、樋口雄太がゴールを奪い、1-2での勝利に貢献した。 開幕からの無失点が6でストップした後、4試合で3敗を喫するなど一気に落ち込むかと思われたが、名古屋グランパス、FC東京と難敵とのアウェイゲームで連勝し、しっかりとチームとしての強さを見せる形となった。 堅守をベースに、ポゼッションするスタイルは昨シーズンよりも完成度が上がっている状況。さらに、常に前から奪いに行くことをやめ、相手に合わせてしっかりとタイミングを見てのプレッシングも機能している。 通り一辺倒の戦い方ではなくなったことが結果にも出ており、3位をキープ。首位の川崎フロンターレが独走しかけているだけに、なんとか上位を守りチャンスをうかがいたい。 徳島はボールを保持してポゼッションするスタイルだけに、ボールをしっかり奪うポイントを決めれば封じられるだろう。一方で、剥がされるとピンチを迎えることもあり、集中力高く臨み、3連勝を飾りたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:林大地、酒井宣福 監督:金明輝 ◆プレスを回避し、ポヤトス体制リーグ戦初勝利へ【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイで柏レイソルを相手に5失点を喫して大敗。リーグ戦も2連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が指揮をしてからリーグ戦で勝利がないだけに、早いところ勝利を収めたいところだろう。 柏戦の敗因は今季何度か見られるミスから。GKからビルドアップするスタイルだが、ディフェンスラインや自陣でのビルドアップでミスをすると、失点の確率が上がってしまう。 特に鳥栖は柏と同様にハイプレスをかけてくるだけに、変な失い方をすれば一気に決定機を迎えられてしまう。慎重な戦いを見せる必要があるが、うまくプレスを回避できれば大きなチャンスを迎えることになる。 自陣でのミスを減らし、しっかりと自分たちのペースに持ち込むことができるか。前節の反省を生かした戦いを見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、鈴木大誠、福岡将太、ジエゴ MF:クリスティアン・バトッキオ、岩尾憲 MF:杉森考起、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.05.01 12:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly