水戸DF瀧澤修平が契約更新!「来シーズンは嬉し涙を流せるよう」

2019.12.24 12:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは24日、DF瀧澤修平(26)の契約更新を発表した。

瀧澤は2019年にFC琉球から水戸に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグで12試合1得点を記録した。また、天皇杯には1試合に出場している。

水戸残留が決定した瀧澤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「2020シーズンも水戸ホーリーホックのためにプレーできることを嬉しく思います。明確な目標である自動昇格に向かって覚悟を持って挑みます。来シーズンは嬉し涙を流せるよう持ち前の強固な一体感でまた共に闘いましょう!」

関連ニュース
thumb

水戸、中央大MF高岸憲伸の来季加入内定を発表 特別指定選手登録も完了

水戸ホーリーホックは10日、中央大学に在学するMF高岸憲伸(22)の来季加入内定を発表した。 高岸は川崎フロンターレのアカデミー育ちで、星稜高校を経て、中央大学に進学。西村卓朗GMは「技術が高く、展開力があり、リズムを生み出すことのできる選手です」と紹介している。 来季から水戸でプロキャリアを歩み出す高岸はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「この度、2022年より水戸ホーリーホックに加入することになりました、中央大学の髙岸憲伸です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアを水戸ホーリーホックからスタートできることを誇りに思います」 「家族をはじめ今まで支えてくださった方々への感謝を忘れずに結果で恩返しができるように頑張ります。また、少しでも多くの方に元気や希望を与えられるようにこれからもサッカーを全力で楽しみ、熱く戦っていきます。熱い応援をよろしくお願いいたします!」 なお、2021年のJFA・Jリーグ特別指定選手登録も無事完了。背番号「30」を着用する。 2021.09.10 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグが無資格者の試合エントリーで3クラブに懲罰…福島は不正出場で3-0敗戦扱いも、MCの出場許可があった事実を公表

Jリーグは18日、3クラブに対しての懲罰決定を発表した。 今回懲罰が決定したのは、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、福島ユナイテッドFCの3クラブ。いずれも指定公式検査で陰性判定を得ていない人物が試合にエントリーされたことが原因となっている。 山形は、4月17日にソユースタジアムにて行われた明治安田生命J2リーグ第8節のブラウブリッツ秋田戦にて、指定公式検査で陰性判定を得ていない選手をエントリーさせていた。 クラブによると、対象選手はFWルリーニャであり、ジュビロ磐田を退団した後に途中加入。そのため公式検査を実施できなかったとのこと。「本来はクラブが独自に行ったPCR検査の結果をもって、Jリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要がありました」とし「今回、ルリーニャ選手はチーム合流前にクラブが独自に行ったPCR検査で陰性判定であったものの、クラブの認識不足が原因で、Jリーグエントリー資格認定委員会への申請を怠り、4月17日秋田戦にエントリーしていたことが判明し、その結果、今回の処分が下りました」と説明。「選手本人には瑕疵はなく、すべてクラブの不手際によるものです」としている。 水戸は、4月11日にケーズデンキスタジアム水戸にて行われた明治安田生命J2リーグ第7節のFC琉球戦で、指定公式検査で陰性判定を得ていないスタッフを試合にエントリーしていた。 水戸は今回の件について「皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。今後のようなことがないようクラブとして再発防止に努めてまいります」と謝罪した。 福島は、5月16日に郡山西部サッカー場にて行われた明治安田生命J3リーグ第8節のヴァンラーレ八戸戦に陰性判定を得ていない選手を試合に出場させていた。 なお、山形と水戸はけん責処分となった一方で、福島は選手の不正出場となり、けん責に加え、3-0での敗戦扱いとなった。なお、実際の試合は2-0で福島が勝利を収めていた。 福島は今回の件について状況を説明。クラスター発生後、公式検査を当該選手は受けられず、エントリー可能者リストにも名前がなかったとのこと。その後、PCR検査及び抗原検査が実施され、いずれの検査においても陰性判定を得ていたとのことだ。 クラブによると、「試合当日に当該選手が記載したエントリー可能者リスト及び本件選手が記載されたJリーグメンバー提出用紙を提出したところ、本件選手がエントリー可能者リストに記載がないとの指摘があったとのこと。しかしながら、マッチコミッショナーから本件選手がエントリー可能者リストに記載がなくても、新型コロナウイルス感染症の陰性判定証明ができれば本件試合に出場することができる旨の発言があったため、運営担当はマッチコミッショナーに対し、本件選手の抗原検査における陰性判定の結果を提出しました。その結果、マッチコミッショナーは、本件選手が本件試合に出場することができることを認め、Jリーグメンバー提出用紙に署名をし、本件選手が試合にエントリーして出場しました」としており、マッチコミッショナーの判断により出場させた結果、勝ち試合が敗戦扱いとなってしまった。 福島はクラブ公式サイトを通じてこの件に対して意見を掲載。不正出場には当たらないとのと主張し、対応を検討するとしている。 「弊クラブは、本件行為の存在を争うものではなく、Jリーグの指定公式検査において陰性判定を得ていない選手が試合に出場した点について、ファン・サポーターの皆様をはじめ、クラブを支えている全ての関係者にお詫び申し上げると共に、再発防止策の徹底に努めてまいります」 「しかしながら、本件選手の試合への出場は、マッチコミッショナーの認可によってエントリーしたことによるものであります。マッチコミッショナーは、Jリーグの実行委員会が推薦し、理事会が承認した後、チェアマンが任命し、公式試合に派遣されるものであり、キックオフ時刻の変更についての承認権やエントリー完了後からキックオフ時刻までの選手の変更についての承認権等、試合の開催や選手の出場等について大きな権限を有している立場ですから、弊クラブとしては、マッチコミッショナーの認可がなければ、指摘に逆らって本件選手を試合に出場させる意思は全くありませんでしたし、事実上不可能と認識しています」 「したがって、弊クラブとしては、誤ったエントリー可能者リストを提出したわけでもなく、Jリーグから派遣されたマッチコミッショナーにおいて本件選手が指定公式検査の陰性判定を得ていないことを認識したうえで、出場の認可をしたことにより本件行為に至ったものであり、JFA懲罰規程の競技及び競技会における懲罰基準3-3における「不正」出場には当たらない又はその違反の程度は極めて小さいと思料しております」 「よって、通知書の内容を精査し、弊クラブ顧問弁護士をはじめとする関係機関とも相談の上、今後対応策を検討してまいります」 2021.08.18 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

沼津、水戸FWブラウンノア賢信が育成型期限付き移籍加入「勝利のために全力でプレー」

アスルクラロ沼津は12日、水戸ホーリーホックからFWブラウンノア賢信(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。契約期間は2022年1月31日まで。背番号は「30」となる。 横浜F・マリノスユース出身のブラウンノア賢信は2020年2月にトップチーム昇格を果たすと、直後にカマタマーレ讃岐へ期限付き移籍。今年2月からは水戸へと完全移籍し、今季はここまで公式戦12試合に出場していた。 そのブラウンノア賢信は両クラブを通じてコメントをしている。 ◆アスルクラロ沼津 「水戸ホーリーホックから加入しました、ブラウンノア賢信です。早くチームに馴染んでチームの勝利のために全力でプレーします。よろしくお願いします!」 ◆水戸ホーリーホック 「この度、育成型期限付き移籍でアスルクラロ沼津に移籍することになりました。シーズンの初めはチャンスをたくさんいただいていた中で、結果を残すことができずに悔しい想いをしていました。沼津ではさらに結果にこだわって、成長した姿を見せられるように頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2021.08.12 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟DF岡本將成が水戸にレンタル 「試合に出たい想いが強く…」

水戸ホーリーホックは12日、アルビレックス新潟からDF岡本將成(21)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「35」を着用する。 岡本は新潟の下部組織出身で、2020年8月から鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍。今季から新潟に復帰したが、天皇杯1試合のみの出番にとどまっていた。 出場機会を求めて移籍を決断した岡本は水戸を通じて「初めまして! 新潟から期限付き移籍で加入しました、岡本將成です。いち早くチームに慣れ、試合に出場して皆さんと勝利を喜び合えるように頑張ります! よろしくお願いします」とコメントした。 一方、新潟を通じては「水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓った。 「チームが昇格争いをしている中、期限付き移籍という決断をしていいのかすごく迷いました。しかし、一人のサッカー選手として試合に出たい想いが強く、移籍を決めました」 「再びシーズンの半ばでの移籍となりましたが、後悔はありません。アルビレックス新潟のJ1昇格を応援しています。僕も頑張ってきます! 半年間ありがとうございました!」 2021.08.12 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸、生え抜きの平田海斗がJFLクラブに武者修行

水戸ホーリーホックは8日、MF平田海斗(20)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森FCに育成型期限付き移籍で加わると発表した。移籍期間は2022年1月31日まで。本日8日のトレーニング終了後、チームを離れる。 平田は水戸下部組織育ちで、2020年にトップチーム昇格。その昨季こそ明治安田生命J2リーグで2試合に出場したが、ここまで出番が巡ってきていなかった。武者修行決定を受け、水戸の公式サイトを通じて、新天地での活躍を誓った。 「この度、ラインメール青森FCに行くことになりました。今年は怪我でサッカーができない時間が多く、とても悔しく苦しい半年でした」 「途中でチームを離れるのは申し訳ない気持ちでいっぱいですが、自分の夢を叶えるために決断しました。そして、ユースからトップチームに昇格してプロの世界でもやれるというのを自分が示し、ユースの印象を変えなければいけないと思っています」 「チームは変わりますがこれからも応援してもらえると嬉しいです! ありがとうございました!」」 2021.08.08 10:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly