イブラヒモビッチの銅像、今度は鼻を切り落とされる

2019.12.23 22:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルメのスタジアムの外に立てられたズラタン・イブラヒモビッチの銅像だが、悲惨な状態のようだ。イギリス『BBC』が報じた。今年いっぱいでMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーを退団したイブラヒモビッチ。現役続行が見込まれているものの、行き先は現時点でも決まっていない状況だ。

そんなイブラヒモビッチだが、11月にスウェーデンのハンマルビーの株式25%を購入したことが発表。共同オーナーの1人となった。

ハンマルビーは、イブラヒモビッチの古巣であるマルメのライバルクラブ。すると、このことに怒りをあらわにした者が銅像を破壊したようだ。

イブラヒモビッチの銅像は10月9日に建設。3.5メートルあるものだが、塗料が吹き付けられ、火がつけられ、便座が腕にかけられる事態に。そして、今回は鼻が切り落とされていたようだ。

イブラヒモビッチの銅像を製作した彫刻家のピーター・リンデ氏は破壊行動を止めるように訴えているが、難しそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスFWの父親がトレーニング施設に向かう道中で横転事故も奇跡の無傷

ユベントスに所属するスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキの父親が、交通事故にあったようだ。 イタリア『スカイ』のチャンネル『Sky TG24』によると、くるぜふすきの父親は、23日の午後にユベントスのトレーニングセンターを訪れようとしたとのことだ。 自身が運転するジープ・レネゲードは道中のトラヴェス通りで横転。車のコントロールを失ったとみられるとのことだ。 幸いなことにクルゼフスキの父親にケガはなく、救急車が現場に駆けつける必要もなかったようだ。 パルマへのレンタル移籍から復帰したクルゼフスキは、今シーズンはここまで公式戦4試合に出場。20に行われたチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦でも起用されるなど、アンドレア・ピルロ監督の下で重宝されている。 2020.10.24 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

感染者急増のイタリア、新型コロナウイルス被害者を揶揄と非難されたイタリア代表マンチーニ監督が謝罪

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、新型コロナウイルス(COVID-19)に関するジョークで非難を浴び謝罪した。 マンチーニ監督は、自身のインスタグラム(mrmancini10)のストーリーズで、1枚の画像を投稿。その画像は、入院中の男性が「テレビのニュースを見て病気になってしまった」と明かしている漫画の一場面だった。 しかし、イタリアでは新型コロナウイルスが急速に拡大し、多くの感染者と死者を出した上、現在は第二波の影響を受けており、連日1日の感染者の最多記録を更新中。22日は1万6078人が感染し、夜間の外出禁止令が出るほどの状況となっている。 その状況下でのマンチーニ監督の投稿に関して、侮辱や軽蔑であるとの意見が殺到し、非難される事態に。そんな中、マンチーニ監督は自身のツイッター(@robymancio)で弁明し、謝罪した。 「このような複雑な瞬間のドラマを抜き出しているように見えた漫画をただ共有しただけだ。ただそれに過ぎない」 「そこに暗黙のメッセージはなかったし、病気の人やCOVID-19の犠牲者への敬意を欠くような意図もなかった。もしそう伝わってしまったならば、謝罪します」 2020.10.23 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「黒人の闇商人」バルサの神童、アンス・ファティを例えた記者が謝罪

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティに対して、不適切な表現をしたスペインのジャーナリストが謝罪した。 ファティは、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節のハンガリー王者のフェレンツヴァローシュ戦に先発出場。1ゴール1アシストを記録し、17歳でCLで2点目を決めた初の選手となっていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUXpvZ1RtYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームも5-1と快勝を収めていた中、スペイン『ABC』が掲載した試合レポートでは、貴社のあサルバドール・ソストレス氏がファティに関して警察が到着した時に「突然走り出す黒人の闇商人」と表現していた。 この件に関しては、チームメイトであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがツイッターで「アンスは他の人と同じように、尊敬すべき特別な少年だ。人種差別も無礼なことも許されない」とコメント。記者の表現を非難していた。 この件を受け22日に『ABC』は謝罪文を掲載。ソストレス氏は差別の意図はなかったとした。 「フェレンツヴァローシュ戦のバルセロナのレポートでは、アンスの動きの美しさと、とても若い選手としての彼のレベルを褒め称えたいと思っていた」 「一部の表現が、人種差別的な軽蔑として捉えられててしまいました」 「彼がデビューして以来、私の全てのレポートで表現してきたように、私の意図や意見から、これ以上ない好意をこの選手に示してきた」 「誤解を招いてしまったことを深く反省し、不快に思われた方々にはお詫び申し上げます」 2020.10.22 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス2部で噛み付き事件発生、GKが左頬を噛まれる

リーグ・ドゥ(フランス2部)で噛み付き事件が発生したようだ。 事件が起こったのは17日に行われた、リーグ・ドゥ第7節のヴァランシエンヌvsソショーの一戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 しかし、両軍合わせてイエローカードが8枚、互いにファウルを22回ずつ取られる荒れた試合となっていたが、試合後には乱闘にまで発展していたようだ。 そんな中、ヴァランシエンヌの守護神でありこの試合を無失点に抑える活躍を見せたGKジェローム・プライヤーが左の頬を負傷。噛み付かれたと訴えたとのことだ。 噛み付いたのは、ソショーのMFウセイヌ・ティウネとのこと。プライヤーの左頬から出血していることが確認されていた。 この件に関しては、LFPが21日にも調査を開始するとのこと。現時点では真偽が定かではない。 一方で、ティウネは侮辱的な発言を受けて挑発されたと主張。その仕返しに噛み付いたと言っているようだ。 ソショーのオマール・ダフ監督は「選手は最初に何かが起こらなければ発狂することはない」とコメント。「試合の終盤に侮辱的なことを言われたと聞いた。しかし、もっと自分をコントロールしなければいけない」と侮辱発言が発端だとしながら、噛み付いた行為については良くないと考えているようだ。 噛み付き事件といえば、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがリバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付き10試合の出場停止、ウルグアイ代表として出場した2014年のブラジル・ワールドカップではイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付き4カ月間の活動禁止処分が科されていた。 2020.10.19 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

月給3万円でサントス復帰のロビーニョ、強姦容疑の無実を晴らすため1週間で契約停止

サントスは16日、元ブラジル代表MFロビーニョ(36)の契約に関して、一時的に停止したことを発表した。 ロビーニョは、今夏イスタンブール・バシャクシェヒルとの契約が満了。10日にキャリア4度目となる古巣サントスへの入団が発表されていた。 <div id="cws_ad">◆4度目のサントス復帰を果たした笑顔のロビーニョ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUEdpc05CbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今年いっぱいの5カ月契約、さらに月給は1500レアル(約3万円)と破格の契約を結んだことで大きな話題となっていた。 しかし、ロビーニョはイタリアにて強姦容疑がかけられ告発されている状況。裁判がまもなく始まるとのことだ。 事件はミランでプレーしていた2013年に遡るとのこと。2017年にはすでに有罪判決が下されていた。しかし、第一審は被害にあったという女性の証言のみが採用されて有罪になっていたとのこと。そのため、今回の上訴が行われていた。 サントスは「サントスとロビーニョは相互の合意により、10月10日にサインされた契約の有効性を一時停止し、選手がイタリアで行われる裁判で自分の防衛に専念できるようにすることを決めました」と声明を発表していた。 ロビーニョ本人も「僕の目的はサントスを助けることだった。それができないことは苛立つが、現時点では個人的な問題に集中するのが最善だ」とコメント。「僕はサントスのファンと僕を好きな人たちのために、自分の無実を証明します」と、改めて無実を主張した。 2020.10.17 23:05 Sat
twitterfacebook