ランプスが恩師モウとの師弟対決に完勝! ウィリアン2発でソン・フンミン愚行退場のスパーズを敵地で撃破《プレミアリーグ》

2019.12.23 03:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第18節、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が22日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-0で勝利した。

チェルシー時代に多くのタイトルを共有したモウリーニョ監督、ランパード監督の師弟対決となった4位のチェルシー(勝ち点29)と、5位のトッテナム(勝ち点26)による、トップ4の座を懸けた今季最初のダービー。

前節、ウォルバーハンプトン相手に大苦戦を強いられながらも後半アディショナルタイムの劇的なゴールによってリーグ2連勝を飾ったトッテナム。ポルトガル人指揮官にとって2戦連続の教え子との対戦に向けてはウルブス戦と同じスタメンを採用。前線にケイン、ソン・フンミン、デレ・アリ、ルーカス・モウラが並んだ。

一方、前節ホームで不振のボーンマスに敗れて今季2度目のリーグ連敗となったチェルシーは、ランパード監督にとっての恩師であり、レジェンド指揮官との初めてのダービーに向けて10月初旬のリール戦以来となる[3-4-3]の布陣を採用する奇策を敢行。ジョルジーニョ、プリシッチをベンチに置き、両ウイングバックにアスピリクエタ、マルコス・アロンソを配置する守備的なメンバー構成となった。

並びを変えたアウェイチームの出方をホームチームが窺う入りとなった中、トッテナムは足下に難がある相手の3バックに対して必要以上に前から嵌めに行く形は取らず、ウイングバックとカンテとコバチッチへのパスコースを切るミドルプレスを採用。

キックオフ直後はビルドアップでバタつくチェルシーだが、コバチッチや2シャドーがボールを引き出しながらサイドチェンジを起点に相手陣内深くにボールを運んでいく。すると12分、左CKの場面でキッカーのウィリアンがショートコーナーを選択。ボックス左でコバチッチのパスを受け直してカットインから鋭い右足のシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。

オーリエが与えた不用意なCKの流れからあっさりと先制を許す拙い入りとなったトッテナムはすぐさま反撃の構えを見せるが、先制点によってボール回しに良いリズムが出てきたチェルシーから良い形でボールを奪えず。決定機はおろか相手陣内に効果的にボールを運べない。

それでも、27分にムサ・シソコのボックス右からの折り返しに反応したケインがようやくファーストシュートを放つと、直後の29分にも再びケインの右からの折り返しをゴール左のソン・フンミンがダイレクトで合わせる決定機を創出。ここから一気に押し返したいところだったが、ビルドアップの場面で手詰まりしてケインやデレ・アリが低い位置まで下りてボールを受けにくる悪循環が続く。

その後は球際でのバトルが激しくなる一方、中盤での潰し合いによって試合はこう着状態に陥るが、このままチェルシーの1点リードで終了かに思われた前半終了間際にミスから試合が動く。

前半アディショナルタイム1分、ウィリアンがボックス内に入れた浮き球パスにGKガッサニーガとマルコス・アロンソが反応。ここで目測を誤ったガッサニーガがアロンソにアフター気味のタックルを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によってPKが与えられる。これをキッカーのウィリアンが冷静に決めてアウェイチームが点差を広げてハーフタイムを迎えた。

後半の巻き返しに向けて大きな変化が求められるトッテナムはダイアーを下げてエリクセンを後半頭から投入。この交代でルーカスを左ウイングバックに置く[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更。相手とのマッチアップをハッキリさせる。

このシステム変更に加えて、ビルドアップ時に中盤をダイヤモンド型に変形させて相手のプレスをいなすホームチームは前半に比べて相手陣内の深い位置までボールを運べるようになるが、きっちり全体がリトリートしてスペースを消す相手の守備ブロックをこじ開けるまでには至らず。

すると、62分にはリュディガーと交錯した際に足裏で胸を故意に蹴るような仕草を見せたソン・フンミンに対して、VARの介入によってアンソニー・テイラー主審がレッドカードを掲示。これで2点ビハインドのトッテナムは数的不利まで背負うことに。

一方、より有利に試合を運べることになったチェルシーは68分に前半から飛ばし気味にプレーしていた殊勲のコバチッチを下げてジョルジーニョを投入。よりゲームコントロールを意識した戦い方にシフトする。

ホームでのダービーで何とか意地を見せたいトッテナムは74分、ヴェルトンゲンとルーカスを下げてローズとエンドンベレを同時投入。試合終了まで15分を残して交代枠を使い切り最後の勝負に打って出る。だが、最後まで気を緩めないアウェイチームを脅かすような攻撃を見せられない。

その後、今後の連戦を睨んでアスピリクエタ、エイブラハムを下げてリース・ジェームズ、バチュアイを投入したチェルシーは追加点こそ奪えなかったものの、危なげない試合運びでこのまま2-0で勝利。恩師モウリーニョ率いるスパーズを敵地で退けたランパード率いるチェルシーが連敗をストップするとともに、今季の対ビッグ6初勝利を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズでのラストシーズンのモドリッチが針の穴を通す精密ミドル!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆GKセーブ不能なコースにアウトサイドにかかった強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGa2swT2xLOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> モドリッチは、母国のディナモ・ザグレブで活躍後、2008年に当時のクラブ史上最高額である2300万ユーロ(当時のレートで約37億6000万円)でトッテナムに移籍。トッテナムではすぐにレギュラーの座を確保し、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなど、不動の地位を築いた。 トッテナムでのラストシーズンとなった2012年5月2日のプレミアリーグ第34節のボルトン戦では見事なゴールを決めている。 スコアレスで迎えた37分、トッテナムは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのMFラファエル・ファン・デル・ファールトは、ボックス外にいたモドリッチへとパス。 ゴールまで約30ヤード(約27.4m)の距離で受けたモドリッチは、胸トラップで落とすと、そのまま右足を振り抜いた。ややアウトにかかったシュートは、相手GKアダム・ボグダンから逃げるようにゴール右上隅へと吸い込まれた。 モドリッチはこのシーズン終了後にマドリーへと移籍。期待に違わぬ活躍を披露し、CL3連覇にも貢献し、2018年にはUEFAが選ぶ年間最優秀選手賞にも輝いている。 2020.07.05 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、スパーズと競合のセインツMFホイビュルク獲得に本腰?

エバートンがデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク(24)の獲得に本腰を入れる構えだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ラルフ・ハーゼンヒュットル体制下でキャプテンに任命されるなど、セインツの中心選手として活躍してきたホイビュルク。 しかし、セインツとの現行契約が2021年6月末までとなっている中、クラブと新契約を結ぶ意思はなく、今年に入ってステップアップを望む趣旨のコメントも発している。 そういった選手サイドの態度を受け、ハーゼンヒュットル監督は先日に腕章をはく奪し、イングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズにキャプテンを変更。クラブサイドの強硬な態度を見ると、今夏の移籍市場での売却が既定路線と見られている。 そのセインツ元主将には、トッテナムとエバートンというプレミアリーグの2クラブが強い関心を寄せているという。 ジョゼ・モウリーニョ監督の好評価を含め、これまではトッテナムがより強い関心を示しているが、財政難のクラブにとってセインツが要求する3500万ポンド(約46億9000万円)と言われる高額な移籍金がネックとなっている模様だ。 トッテナムは、今冬にセインツへ貸し出しているイングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータース(24)の譲渡を契約に盛り込むことで、キャッシュでの支払いを減らしたい考えだが、同じく財政難の相手クラブはあくまで前述の金額での売却を希望しており、交渉難航が予想されるところだ。 一方、トッテナムに比べて財政面の余裕があるエバートンは、セインツの要求額を支払うことで交渉を優位に進めていきたい考えのようだ。 なお、エバートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は先日、獲得に動く可能性についての言及は避けたものの、「彼のことは知っている。良い選手だとね」と、ホイビュルクを評価していることを認めている。 ホイビュルクは2016-17シーズンにバイエルンからサウサンプトンへ完全移籍。以降は、球際の強さとポジショニング、パスセンスを武器に中盤の主軸に君臨し、今シーズンここまではリーグ戦30試合に出場している。 2020.07.05 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

空砲もブレイズ戦でゴールのケインがPLで29チーム相手にゴール!

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがシェフィールド・ユナイテッド戦で新たなゴール記録を樹立した。イギリス『optajoe』が伝えている。 トッテナムは2日、敵地で行われたプレミアリーグ第32節のブレイズ戦を1-3で敗戦した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ハリー・ケイン、CLでのベストゴール集<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT1IxMXBwRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 逆転でのトップ4フィニッシュに向けて残り試合での取りこぼしが許されない7位のトッテナムだったが、勝ち点1差で8位のブレイズ相手に苦戦。ボールの主導権こそ握りながらも、相手の粘り強い守備を崩し切れず。 逆に、相手のシンプルなカウンターに手を焼き、いずれもサイドを起点とした似たような崩しから3失点。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が遠のく痛恨の敗戦となった。 一方、同試合でフル出場して試合終了間際に韓国代表FWソン・フンミンのお膳立てから一矢報いるゴールを挙げたケインは、空砲になったものの新たなゴール記録を樹立することに。 前節のウェストハム戦でトッテナムでのプレミアリーグ通算200試合を達成したケインは、201試合目となったこの試合で通算138ゴール目を記録。そして、ブレイズ相手に決めたこのゴールによって、同選手はこれまでプレミアリーグで対峙した全29チームからゴールを記録するという、偉大な記録を達成することに。 この29チームという数字はプレミアリーグ所属選手の中で最多の記録だという。 また、ケインは前日にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが達成したばかりの、12カ月すべての月でゴールを記録したプレミアリーグ史上2番目の選手となっている。 2020.07.03 14:44 Fri
twitterfacebook
thumb

敗戦のモウリーニョが来季のCL出場に白旗「夢を見るのはとても難しい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦の敗戦を振り返った。 トッテナムは2日、プレミアリーグ第32節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。勝ち点差1で迎えたシックスポインターとなった試合は、序盤からシェフィールド・ユナイテッドが攻勢を強めると先制に成功。トッテナムはハリー・ケインのゴールが認められないなど不運もあると、後半にも2失点。結局3-1で敗れていた。 試合後、モウリーニョ監督が敗戦を振り返り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場に白旗を挙げ、ヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すと語った。 「ひどい結果だ。チャンピオンズリーグに向けた戦いにとって、重要な結果だと思う」 「ギャップを埋めてプレッシャーをかけるチャンスはあったが、この結果、CLについて夢を見るのはとても難しく、シェフィールド・ユナイテッド、エバートンのような他のクラブや多くのクラブとの重要な試合は難しくなる。ヨーロッパリーグの出場権を目指して戦うつもりだ」 後半は試合を支配したトッテナムだったが、結果は3-1と敗戦。モウリーニョ監督は統計は意味がないと語った。 「フットボールとは得点したゴール数と与えたゴール数だ。正直でなければならない。決定について話すことはとても簡単だが、正直になりたいと思っている」 「ポゼッションはたくさんあったが、アタッキングサードでは我々以上にアグレッシブで強烈だった」 また、得点が認められなかった前半のシーンについては、そこが問題ではないと否定。チームとしてしっかり戦えるメンタルが足りないと反省した。 「目標を達成したい場合は、パフォーマンスが安定し、結果が安定し、精神的に安定している必要がある。前半は失点にも関わらず完全にコントロールしていたが、認められなかったゴールは我々を殺すことができない」 「我々に強い打撃を与える可能性があり、我々にとって大きな失望となる可能性はあるが、我々はチームとして別の方法でメンタル的に反応するのに十分な時間があった。その決定死ぬことはない」 「我々はそういった状況に対処するために精神的に強くなる必要がある。それは私が自分自身を責めるところだ」 2020.07.03 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレイズに敗れたトッテナム、上位進出の希望薄れる《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、シェフィールド・ユナイテッドvsトッテナムが2日に行われ、3-1でシェフィールド・ユナイテッドが勝利した。 10位シェフィールド・ユナイテッド(勝ち点44)と、8位トッテナム(勝ち点45)の上位進出を目指すチーム同士の対戦。 ホームのブレイズはコロナ明けから調子を落とし、ここまで3試合を戦って1分け2敗。前節はマンチェスター・ユナイテッドに完敗を喫した。一方、トッテナムは前節のウェストハム戦で再開後初勝利。エースのケインには、ケガから復帰後初ゴールが生まれた。 最初のシュートはブレイズ。1分になる前に、右ウイングバックのバルドックが狙う。挨拶代わりのシュートはGKロリスに止められた。 トッテナムも6分にCKからダイアーのヘディングシュートで相手ゴールを脅かすと、23分には素早い攻守の切り替えから、ケインがこの試合初シュートを放つ。 ややトッテナムが優勢に進めていたが迎えた31分、左サイドからパスを繋いで右へと展開したブレイズは、ボックス右に侵入したバシャムの折り返しを、ベルゲがワントラップからシュートを沈めて先制。チームはコロナ後初ゴールを挙げた。 だがその2分後、トッテナムは素早いアクションを見せる。最終ラインからロングボールを送り、そのこぼれ球を拾ったモウラがドリブルで前線へ。相手に囲まれ倒されるもボールはケインのもとへ。ケインはボックス右で冷静にキックフェイントで相手を躱し、左足でゴール。これで同点かに思われたが、倒れたモウラの手にボールが当たっていたとして取り消しとなった。 1点ビハインドのトッテナムは56分にベルフワインを下げてラメラを投入。前半同様に高いポゼッションで攻撃を仕掛けていくが、プレミアリーグでも屈指の守備力を誇るブレイズの壁を崩せない。 すると69分、数少ない攻撃のチャンスが巡ってきたブレイズは、ボックス左でタメを作ったオズボーンを起点にスティーブンスが深い位置まで進攻。そのマイナスの折り返しを、途中出場のムセが押し込んで追加点を奪った。 完全に相手の術中に嵌ってしまったトッテナム。70分の給水タイムでオーリエとムサ・シソコに代えてデレ・アリとエンドンベレを投入。77分にそのエンドンベレのパスからケインがネットを揺らすが、ここは完全にオフサイドだった。 残り時間も少なくなる中、84分にブレイズは右サイド深くでボールを持ったバルドックからパスを受けたベルゲがボックス右に侵入。その折り返しをマクバーニーが決めて、勝利を手繰り寄せる3点目を決めた。 敗戦濃厚となったトッテナムは90分、ラメラのクロスをワンタッチではたいたソン・フンミンの折り返しをケインが決めるも焼け石に水。試合は3-1でブレイズがモノにし7位に浮上した。一方、コロナ明け初黒星を喫したトッテナムは、上位進出は厳しい状況となってしまった。 2020.07.03 04:05 Fri
twitterfacebook