【ラ・リーガ第18節プレビュー】年内最終戦! クラシコ終えた両雄はバスク勢と対戦

2019.12.20 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週末に行われた第17節、ミッドウィークに行われる第10節延期分では首位のバルセロナと2位のレアル・マドリーが今季最初のエル・クラシコをゴールレスドローで終えるなど、共に2戦連続ドローという結果に。ようやく“暫定”が外れた順位表において勝ち点36で並ぶ両雄が3位以下に勝ち点5差を付ける状況となっている。

紆余曲折を経て異例のミッドウィーク開催となった今季最初のクラシコは、17年ぶりの0-0のドローという互いに消化不良の一戦となった。そして、その激戦を終えた両者は3戦ぶりの白星を求めて、バスク勢と年内最終戦を戦う。

ホームでレアル・マドリーのアグレッシブな守備に苦しみ見せ場を欠いてのドローという悔しい結果に終わった首位のバルセロナは、14位のアラベスを相手に同じカンプ・ノウで憂さ晴らしの一戦に臨む。そのアラベスはラ・リーガ3戦未勝利に加え、直近のコパ・デル・レイでは下部カテゴリーのレアル・ハエン相手に惨敗とチーム状況は芳しくない。そのため、クラシコの迷采配でサポーターの不興を買ったバルベルデ監督としては年内最終戦を快勝で収め、良い形で新年の戦いに臨みたい。その中で直近2戦無得点のエースFWメッシの躍動に注目だ。

一方、MFカゼミロやMFバルベルデを中心に勇猛果敢な守備でカンプ・ノウのバルセロナニスタを沈黙させたものの、最後の精度を欠いて首位浮上のチャンスを逃したレアル・マドリー。今節では直近のリーグ戦2戦未勝利も地力のある7位のアスレティック・ビルバオをホームに迎える。曲者相手の一戦ではクラシコで獅子奮迅の働きを見せたカゼミロが累積警告によってプレーできず、クラシコでベンチスタートとなったMFモドリッチに出番が与えられそうだ。昨年のバロンドール受賞者にはクラシコで消耗色濃いMFクロースやバルベルデと共に中盤の主導権争いを優位に進める仕事が期待される。

3位のセビージャ、4位のヘタフェ、5位のアトレティコ・マドリー、6位のレアル・ソシエダの第2集団では直近3連勝中で7戦無敗(5勝2分け)と絶好調のヘタフェに注目。

今季もリーグ4位の堅守を武器に、着実に勝ち点を積み上げつつ課題の攻撃面でもFWアンヘルがすでに8ゴールを挙げるなど、昨季からの積み上げを見せているマドリード第3のクラブは、今節2強に次ぐリーグ3位の得点力を誇る13位のビジャレアルとの矛盾対決に挑む。互いの特長がハッキリしている中で好勝負が期待される。

また、直近2試合未勝利と足踏みが続くセビージャは、FW久保建英を擁する17位のマジョルカとのアウェイゲームで3戦ぶりの白星を目指す。そのセビージャでは多士済々の攻撃陣に関して組み合わせの最適解を見いだせておらず、得点力不足が課題となっており、守備に問題を抱える格下相手に攻撃陣の奮起を期待したい。一方、前節のセルタ戦のドローで連敗を「3」でストップも、久保自身は地元メディアから酷評を受けたマジョルカは、その久保の奮起で格上を破り年内最終戦を白星で飾りたい。

前節、オサスナ相手にリーグ4戦ぶりの白星を飾ったアトレティコは、4戦無敗で一気に残留争いから脱した感もある12位のベティスとのアウェイゲームに臨む。この年内最終戦では主将MFコケをケガで欠くこともあり、前節ゴールのMFサウールら同じく生え抜きのプレーヤーたちの活躍に期待したい。

最後にMF乾貴士を擁する16位のエイバルは9位のグラナダと年内最終戦を戦う。前節、ビルバオ相手のドローで連敗を「4」でストップしたものの、完全に残留争いに巻き込まれているチームとしてはホームできっちり勝ち切って新年を良い形で迎えたい。その中で乾の復帰後初ゴールにも期待だ。

《ラ・リーガ第18節》
▽12/20(金)
《29:00》
エイバル vs グラナダ

▽12/21(土)
《21:00》
マジョルカ vs セビージャ
《24:00》
バルセロナ vs アラベス
《26:30》
ビジャレアル vs ヘタフェ
《29:00》
バジャドリー vs バレンシア

▽12/22(日)
《20:00》
レガネス vs エスパニョール
《22:00》
オサスナ vs レアル・ソシエダ
《24:00》
ベティス vs アトレティコ・マドリー
《26:30》
レバンテ vs セルタ
《29:00》
レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ
コメント