古巣初対戦の久保建英はフル出場! その眼前で圧巻ハットのメッシがバロンドーラーの輝きで4連勝に導く《ラ・リーガ》

2019.12.08 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ16節、バルセロナvsマジョルカが7日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが5-2で圧勝した。なお、マジョルカFW久保建英はフル出場した。

首位のバルセロナは前節、敵地で戦ったアトレティコ・マドリーとの上位対決を終始苦しめられながらも、守護神テア・シュテーゲンと、メッシの決勝点によって1-0で勝利。リーガ4連勝を狙うこの一戦に向けては負傷のアルトゥールに代えて出場停止明けのブスケッツを起用。

一方、2戦連続1-2のスコアで連敗中の17位マジョルカ。その中で2試合連続フル出場中の久保は、カンテラ時代を過ごした古巣との初対決にスタメン起用となった。

久保のカンプ・ノウ凱旋に、メッシの6度目のバロンドールお披露目と試合前からトピックス満載の中でスタートした一戦はド派手な試合展開に。開始7分、相手CKのリスタートからGKテア・シュテーゲンが左サイドで背後のスペースを狙うグリーズマンに絶妙なフィードを通す。そして、完璧に抜け出したグリーズマンがチップキックでGKとの一対一を難なく制した。

幸先良く先制に成功したホームチームはその後も押し込む展開の中、17分にはボックス手前右からカットインしたメッシが左足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺すゴラッソで自らのバロンドール受賞を祝う公式戦3試合連続ゴールとした。

地力の差を感じさせられる連続失点で一気に崩れてしまうかに思われたマジョルカだが、30分過ぎに1点を返す。35分、セビージャからの縦パスを引き出したブディミルがボックス左に抜け出してシュートを放つと、DFにディフレクトしたボールがゴール右隅に決まった。

これで試合への興味が繋がったかに思われたが、バルセロナの攻撃陣がここから再び躍動を見せる。まずは41分、カウンターからペナルティアーク付近でラキティッチの縦パスを受けたメッシが素早い左足の振り抜きからあっさりとドブレーテを達成。直後の43分には味方との細かいパス交換でボックス内に侵入したデ・ヨングから足下にパスを受けたスアレスが圧巻のヒールシュートで試合を決定付ける4点目とした。

迎えた後半もバルセロナペースで試合は進んでいく。その中で爪痕を残したい久保は右サイドから積極的な仕掛けをみせ、右足でのクロスやラストパスで局面の打開を図る。62分にはボックス付近でシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。それでも、チームは64分に右サイド深くでフェバスが入れたクロスをブディミルが頭で合わせ、メッシに続くドブレーテを達成。

その後は互いにメンバー交代を行いながらも試合は徐々にこう着状態に陥る。その流れの中で再び均衡を破ったのはバルセロナが誇る大エースだった。83分、ブスケッツの浮き球スルーパスに反応したセルジ・ロベルトがボックス右で何とか折り返すと、ゴールとDFを背にしたスアレスが丁寧にマイナスへ落とす。これをメッシが左足でゴール右上隅に蹴り込んでハットトリックを達成。

古巣初対戦となった久保の眼前でバロンドーラーとしての存在感を遺憾なく発揮したメッシの活躍でホームのバルセロナが5-2のマニータでリーガ4連勝を飾った。
コメント