大宮ユース1期生、16年在籍のMF金澤慎が現役引退「言葉では表し切れない感謝でいっぱい」

2019.12.05 16:24 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大宮アルディージャは5日、MF金澤慎(36)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。

金澤は大宮のユース1期生で、2002年にトップチームへ昇格。開幕戦でプロデビューを果たすと、2002年8月には初ゴールを記録した。

2シーズン目は出場機会が減少すると、2006年、2007年は東京ヴェルディへと期限付き移籍を経験。2008年に復帰してからは大宮でプレーを続けた。守備的なポジションで、チームの窮地を救うなど、アカデミーから19年間にわたって在籍した大宮を支えたが、ここ2シーズンは出場機会がなかった。

J1リーグでは212試合に出場し5得点、J2リーグでは149試合に出場し9得点、リーグカップでは30試合に出場し2得点、天皇杯では27試合に出場し1得点を記録していた。金澤はクラブを通じてコメントしている。

「今まで支えてくださった皆さんへ」

「2019シーズンをもって現役を引退することを決断しました。シーズン終了後のご報告となり、申し訳ありません。チームがJ1昇格に向けて戦っている中で、プロ選手として最後までやり切り、貢献したいという気持ちがありました。そのため、クラブから提案いただいたホーム最終戦でのセレモニーではなく、このタイミングでのご報告にさせていただきました」

「今まで応援してくださった皆さん、お世話になった方々、育ててくれたクラブには、言葉では表し切れない感謝でいっぱいです。良いときも悪いときも経て、ここまで長く続けられたのは、皆さんのおかげです。これからは違った形で恩返ししていけたらと思います。本当にどうもありがとうございました」

関連ニュース
thumb

大宮のトップチームスタッフが新型コロナ陽性判定、チーム内に濃厚接触者はなし

大宮アルディージャは17日、トップチームスタッフが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、このスタッフは11日に濃厚接触者に認定されていたとのこと。その際からチーム活動には参加していなかったという。 また、Jリーグが定める新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づき、チーム内の濃厚接触者はいないとのことだ。 大宮は18日にアウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦するが、キックオフ3時間前にオンサイト検査を実施し、陰性判定を得た選手・スタッフのみが試合にエントリーされる。 クラブは「毎日の検温や体調チェック、手洗いやうがいの徹底、不要不急の外出自粛などの感染予防対策を継続し、クラブ運営に努めてまいります」としている。 2021.09.17 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮のDF河面旺成が右足内転筋肉離れと診断され、全治は3~4週間

大宮アルディージャは14日、DF河面旺成の負傷を発表した。 クラブの発表によると、河面は5日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節の東京ヴェルディ戦で負傷。右足内転筋肉離れと診断され、全治は3~4週間とのことだ。 今シーズンの河面は、明治安田生命J2リーグで10試合に出場していた。 2021.09.14 18:23 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮が今季初の連勝でついに降格圏を脱出、栃木はFW豊田陽平の2ゴールで残留争う山口との一戦を制す【明治安田J2第28節】

5日、明治安田生命J2リーグ第28節の3試合が行われた。 試合前の時点で最下位に位置する大宮アルディージャは、突然の監督交代となった東京ヴェルディをホームに迎えた。 前節は松本山雅FCにホームで5カ月ぶりに勝利した大宮が、立ち上がりから主導権を握って試合を進める。 まずは3分、大宮はボックス手前右でFKを獲得。これを馬渡が壁の外を巻いて直接狙ったが、GKマテウスが横っ飛びでセーブする。 高い位置からプレスをかける大宮に対し、東京Vはパスをつないでビルドアップを目指すが、微妙なパスのズレが目立ち、良い形で攻められない。 10分にも大宮がチャンス。大きなサイドチェンジから黒川が出したパスに反応した馬渡がボックス右からクロス。これに菊地が合わせに行くが、わずかに届かない。 それでも11分に大宮がスコアを動かす。左サイドを奥抜がドリブルで運ぶと、中央へパス。これをハーフスペースの菊地がスルーすると、ボックス中央でパスを受けた河田が落ち着いて蹴り込み、大宮が先制する。 19分には左サイドからの河面の低いクロスに、飛び込んだ河田がニアサイドで合わせるが、薄く当たりすぎてシュートは枠に飛ばない。 東京Vは推進力を持って大宮ゴールに迫る。左サイドバックの山口が積極的に攻め上がると、多くのCKを獲得。しかし、なかなか決定機を作ることができない。 さらに29分には大宮がビッグチャンス。河田がプレスバックでボールを奪うと、小島から左サイドの奥抜へ展開。その奥抜はドリブルを仕掛けてカットインからシュート。しかし、ブロックされる。東京Vはその後のプレーで積極性を見せていた山口にアクシデント。ハムストリングを痛めプレー続行不可能となる。 大宮は32分にもビッグチャンス。奥抜が左サイドから右足アウトサイドでクロス。これに対して黒川がファーサイドで飛び込むが、わずかに届かない。 東京Vは裏を狙ってゴールに迫る回数を増やす中、大宮はしっかりと対応。すると38分、右サイドでボールを持った黒川が小島へとパス。小島は絶妙なタイミングで裏に抜ける菊地へと浮き球のパスを通すと、菊地は巧みなトラップからシュート。GKマテウスはセーブするが、奥抜がこぼれ球を蹴り込み、大宮が追加点を奪う。 大宮の2点リードで迎えた後半。両チーム選手交代はないまま迎えたが、東京Vが先にスコアを動かす。48分、山下のダイレクトパスを受けた端戸がスルーパス。これに反応した梶川がパスを選択。フリーで走り込んだ杉本が蹴り込み、東京Vが1点を返す。 1点を返された大宮は52分にアクシデント。河面が足を痛めてピッチを去り、山田を起用する。東京Vも同点ゴールの杉本、アシストの梶川を下げ、小池と新井を投入。攻撃陣を入れ替え、同点ゴールを目指していく。 東京Vが終始押し込み続けて大宮ゴールに迫る展開が続く後半。大宮は守備を固め、サイドからのクロスに対してしっかりと対応していく。 長い時間押し込んでいく東京Vは、GKマテウスもハーフウェイライン付近まで上がって全員で攻撃。ラストプレーではボックス内左から新井がDFをかわしてシュート。これは枠に飛ぶが、クロスバーに嫌われてゴールならず。その流れから最後まで攻め込むがGK南がキャッチ。そのまま試合は終了し、大宮が2-1で勝利。今シーズン初の連勝で、降格圏を脱出した。 また17位の栃木SCはホームに14位のレノファ山口FCを迎えた一戦。この試合では、途中加入の元日本代表FW豊田陽平が躍動する。 立ち上がりからホームの栃木が攻め込むと4分に先制する。谷内田のスルーパスに反応した有馬がシュート。GK関が飛び出てセーブ。これがこぼれ球になると西谷が浮き球のボールを前線へ。これを豊田が無人のゴールにバックヘッドで決め、栃木が先制する。 なお、このプレーで痛めたGK関はその後プレーを再開するも、10分にプレー続行不可能となり、吉満と交代する。 先制を許した山口だったが、25分に1点を返す。石川からのロングフィードに反応した草野が背中でトラップ。これを蹴り込み、山口が同点に追いつく。 追いついた山口は48分、抜け出した草野がボックス内からシュート。しかし、これは枠を外れる。後半立ち上がりに押し込まれた栃木は55分、石川がカットインからクロスを上げると、ファーサイドで谷内田がヘディングシュート。これが決まり、栃木が勝ち越しに成功する。 さらに73分には柳が豪快なシュート。ロングスローの流れからこぼれ球を拾いボックス手前から右足一閃。これが右隅に決まり、リードを広げる。 山口は86分に相手の守備対応のミスを突いた河野が豪快に蹴り込み1点差に。しかし、山口の反撃はここまで。栃木が栃木が連勝を収めた。 12位のファジアーノ岡山と21位の愛媛FCは互いに決め手がなく0-0のゴールレスドローとなった。 ▽9/5(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC 3</span>-1 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 東京ヴェルディ ▽9/4(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-0 京都サンガF.C. 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ジュビロ磐田</span> アルビレックス新潟 0-0 ギラヴァンツ北九州 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 FC琉球 2021.09.05 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:G大阪vs大分】降格圏の“シックスポインター”、大きな1勝を手にするのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2021年7月27日(火) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/17pt) vs 大分トリニータ(19位/16pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆絶対に勝たなければいけない試合【ガンバ大阪】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎え、0-1で敗戦。ホームでの連敗を喫し、なかなか降格圏を脱出できない状況が続いている。 相手の順位を考えれば、ヴィッセル神戸の3位、鹿島の8位と上位にいる相手。そこを叩ければという状況ではあったが、及ばずに敗れてしまった。 手痛い連敗となったG大阪だが、15連戦という超過密日程をこなす上では、敗戦に下を向いている暇などない。そして、今回の試合は絶対に負けてはいけない状況だ。 ケガ人も抱える中での連戦だが、相手は同じ降格圏の大分。同じ境遇にいる相手のとりこぼしは許されず。3度目の正直と言わんばかり、ホーム3連戦での3連敗は避けたいところだ。 相手にはかつてG大阪でプレーしたFW長沢駿、そして今節から起用が可能となるFW呉屋大翔が所属。恩返し弾は避けたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、チュ・セジョン、塚元大 MF:矢島慎也、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 ◆今季初連勝へ【大分トリニータ】 前節はホームに浦和レッズを迎え、1-0の勝利。5月30日以来の白星を勝ち取った。 多彩な攻撃を仕掛ける浦和に対ししっかりと戦えた結果が、1-0の勝利を呼び込んだ。 昨シーズンから大量に戦力を入れ替えた今季。これまで以上に重要な選手がチームをさったこと、さらにケガ人が出たことで、全くと言っていいほどチームを作る時間がなかった。 その結果、らしさを全く出せず、迷いの見える試合を続けて降格圏に低迷。辛い時期が続いたが、ここにきて復調している。 さらに、チームは補強を行い、FW呉屋大翔(←柏レイソル)、MF梅崎司(←湘南ベルマーレ)と力のある選手を加えた。攻撃陣の層が厚くなるだけに、しっかりと結果を出したいところだ。 気になるのはコンディション。連戦のG大阪の疲労感もある一方で、突然行われる公式戦にどう合わせていくのか。この試合以降は再び中断するだけに、良いコンディションの選手を揃え、G大阪を上回りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:上夷克典、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:井上健太、長谷川雄志、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、小林成豪 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 2021.07.27 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J2残留へ大宮が横浜FCのキャプテン、元日本代表GK南雄太を期限付きで獲得「ともに勝利を目指して戦えることが今から楽しみ」

大宮アルディージャは25日、横浜FCの元日本代表GK南雄太(41)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「35」。 南は静岡学園高校から1998年に柏レイソルへと入団。長らく正守護神を務めると、2010年にロアッソ熊本へと完全移籍。2014年から横浜FCでプレーしていた。 これまでJ1で266試合、J2で363試合に出場している大ベテラン。今シーズンは明治安田生命J1で8試合の出場に終わっていた。 また、U-20日本代表として1997年のワールドユース(現U-20ワールドカップ)で準優勝。2000年のシドニー・オリンピックにも出場し、2001年には日本代表にも選出されていた。 南は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「はじめまして!このたび横浜FCから移籍してきた南雄太です。大宮アルディージャというポテンシャルの高い素晴らしいクラブに加入することができて、大変嬉しく光栄に思います」 「自分の年齢的にもラストチャンスと思って覚悟をもってここに来ましたし、まずは残留、そして更に上へとチームが上昇するよう、自分の持てるすべてを出してチームの勝利ために全身全霊で闘うことを誓います」 「敵として何度も何度も大宮アルディージャと戦ってきましたが、NACK5スタジアム大宮の独特な雰囲気と熱いサポーターは本当に脅威で、正直あまり勝った記憶がないくらいです(笑)。そのようなサポーターとスタジアムが、今度は味方としてともに勝利を目指して戦えることが今から楽しみでなりません」 「このクラブは今の順位にいるクラブではないと思います。大宮アルディージャが本来あるべき位置に戻れるように全力を尽くして戦いますので、どうぞよろしくお願いいたします!」 ◆横浜FC 「このたび大宮アルディージャに期限付き移籍する事になりました。まず今季もキャプテンという大役を与えられ、現在チームが苦しい状況にもかかわらず、チームに貢献出来ずにシーズン途中でチームを離れてしまう事をただただ申し訳なく思います。7年半も在籍させて頂き、酸いも甘いも味わわせて頂いた横浜FCを去るというのは、自分の決断とはいえ今でも本当に寂しい限りです」 「2018年昇格プレーオフでアディショナルタイムに失点して敗退した失意のヴェルディ戦、J1昇格を決めた2019年最終節の歓喜の愛媛戦は自分のサッカー人生の中でも何ものにも代え難い忘れられない瞬間となりました。正直このまま横浜FCで自分は燃え尽きて引退するんだとも思っていました」 「そんな中、今年で42歳になる自分に届いた、自分を必要としてくれた大宮さんからのオファーは、とても刺激的で心が震えました。自分の気持ちに素直に今回挑戦する選択をしました。そして自分のサッカー人生も間違いなく終わりに近づく中、今回挑戦したいという自分のわがままを理解してくれたクラブには本当に感謝しても感謝しきれません。自分はクラブを離れますが、どんな時も愛着のある横浜FCの成功を願い応援しています」 「この苦境をクラブ全体で乗り越え、今年も必ず残留すると信じていますし、今後もJ1に定着していくクラブだと確信しています。『横浜FCに来てよかった!』と心の底から思える、素晴らしい7年半でした。横浜FCに関わる全ての皆様、本当にありがとうございました!」 大宮はGKフィリップ・クリャイッチが右ヒザ前十字じん帯断裂で今季絶望。現在は今季加入のGK上田智輝が正守護神となり、GK笠原昂史が2ndGKを務めている。 2021.07.25 10:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly