京都、本多勇喜が手術…J2最終節で左アキレス腱断裂

2019.12.01 12:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は1日、DF本多勇喜の負傷および手術を発表した。

本多は11月24日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ最終節の柏レイソル戦で左アキレス腱を断裂。同月28日に京都市内の病院で手術を受けたという。

28歳の本多は2016年に名古屋グランパスから加入。今シーズンも主力として、J2リーグ37試合に出場した。

関連ニュース
thumb

京都がMF三沢直人と契約更新、今年1月にアキレス腱断裂の重傷「チームのために全力で戦います」

京都サンガF.C.は9日、MF三沢直人(27)との契約更新を発表した。 三沢は専修大学から2018年にY.S.C.C.横浜に入団。ガイナーレ鳥取への移籍を経て、2021年に京都に加入した。 2021年は明治安田生命J2リーグで38試合に出場し4得点を記録。チームのJ1昇格に大きく貢献し、今シーズンは初のJ1の舞台に立つことが期待されたが、1月のトレーニング中に右アキレス腱断裂の重傷。手術を受けていた。 その結果、今シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、天皇杯で1試合の出場に終わることとなった。 三沢はクラブを通じてコメントしている。 「来年もこのクラブで戦える事を嬉しく思います。チームのために全力で戦います。来季もよろしくお願いします」 2022.12.09 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

京都が指揮官の教え子を獲得! 大分DF三竿雄斗が完全移籍加入

京都サンガF.C.は9日、大分トリニータからDF三竿雄斗(31)の完全移籍加入を発表した。 鹿島アントラーズのMF三竿健斗が実弟の三竿は東京ヴェルディのアカデミー卒で、早稲田大学在学中に湘南ベルマーレの特別指定選手となり、2014年に正式入団。2017年の鹿島移籍を経験して、2019から大分に活躍の場を移した。 その大分では初年度から主力として重用され、今季の明治安田生命J2リーグではチームで唯一の全42試合に先発。ただ、1年でのJ1復帰を期したチームはレギュラーシーズン5位でJ1参入プレーオフも1回戦で敗退してしまった。 湘南時代の恩師である曺貴裁監督と再会を果たす三竿。京都の公式サイトを通じて挨拶とともに、意気込みを語っている。 「京都サンガF.Cファミリーの皆様、初めまして。この度、大分トリニータから加入することになりました三竿雄斗です。このような素晴らしいクラブに加入することが出来てとても感謝しています。サンガの目標達成、勝利に貢献できるように日々精進して全力で戦います! シャイです。よろしくお願いします」 一方で、大分を通じては「この度京都サンガF.Cへ移籍することになりました」と移籍を報告するともに、その経緯にも触れ、別れの挨拶をした。 「熟考した中で、もっと人として、サッカー選手として成長したい。そしてより厳しい挑戦をしたいという想いからこのような決断をしました。4年間共に戦ったサポーターの皆様、チームメイト、スタッフや強化部、会社の人々には感謝しかありません」 「大分トリニータ、そして大分の街や人々、文化など全てが大好きです。正直このチームを離れるのはとても辛いです。伝えたいことや想いはたくさんありますが、自分の決断に責任と覚悟を持ってピッチ上で示したいと思います」 「またスタジアムで会えるのを楽しみにしています。本当に4年間ありがとうございました」 2022.12.09 12:51 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留の京都、DFアピアタウィア久、MF荒木大吾と契約更新

京都サンガF.C.は8日、DFアピアタウィア久(24)、MF荒木大吾(28)との契約更新を発表した。 アピアタウィアは、流通経済大学から2021年にベガルタ仙台に入団。今シーズンから京都に完全移籍し、明治安田生命J1リーグで17試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 荒木は柏レイソルの下部組織育ちで、青山学院大学へと進学。2016年にジュビロ磐田に入団すると、2020年から京都でプレーしている。 今シーズンはJ1で15試合、ルヴァンカップで7試合、天皇杯で3試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DFアピアタウィア久 「夏以降怪我でなかなかプレーできず、チームが苦しい時に力になれず本当に申し訳ありませんでした」 「2023シーズン、京都サンガF.C.の勝利に貢献し、サポーターの方々と共にたくさんの喜びを分かち合えるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆MF荒木大吾 「今シーズンも応援ありがとうございました。2023シーズンは京都サンガF.C.をJ1で勝たせられる存在に、より進化した自分を魅せたいと思います!たくさんの勝利を掴み取りましょう!」 2022.12.08 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がACLで9試合4得点、京都退団のFW武富孝介を獲得「全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」

ヴァンフォーレ甲府は8日、京都サンガF.C.を契約満了となっていたFW武富孝介(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 武富は柏レイソルの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。ブラジルのモジミリンで半年間プレー。その後柏に復帰すると、ロアッソ熊本、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験する。 2018年に浦和レッズへと完全移籍。2019年には期限付き移籍で湘南へ戻ると、2021年から京都でプレーしていた。 京都では加入1年目に明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2015年の柏時代に9試合に出場し4得点を記録している。 甲府に加入する武富は、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました武富孝介です。自分を必要としてくれたこのチームのために全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」 「J2リーグ、天皇杯、そしてACL、全ての試合で山梨全体が盛り上がり、喜んでもらえるように自分の持っている全てを出し切ります」 「どんなときでもチームが一体感を持ち、ポジティブに前へ進んでいけるように努力していきたいと思います」 「みなさんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています!よろしくお願いします!」 2022.12.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

京都が主将の松田天馬、麻田将吾と契約更新! 「日々努力して引っ張る存在に」

京都サンガF.C.は7日、MF松田天馬(27)とDF麻田将吾(24)の契約更新を発表した。 鹿屋体育大学出身の松田は湘南ベルマーレでプロ入り後、2021年に京都入り。麻田は京都の下部組織育ちで、レンタル先のカマタマーレ讃岐から今季復帰した。 両選手はともに主力として徴用され、主将も務めた松田が公式戦32試合1ゴール、麻田が42試合出場を記録。クラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語った。 ◆松田天馬 「京都サンガF.C.を支えてくださる全ての皆さま、今シーズンも熱い想いを常に届けていただきありがとうございました。来シーズンも共に戦う事を決めました。このチームの成長を手助けできるよう、日々努力して引っ張る存在になっていきます! 京都の街のように一緒に大きく強くしていきましょう。よろしくお願いします」 ◆麻田将吾 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも京都の一員としてプレーできることをとても嬉しく思います。京都サンガF.C.に関わる全ての人が一丸となって、より多くの勝利を掴み取れるように一緒に頑張りましょう!! 来シーズンもよろしくお願いします」 2022.12.07 17:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly