ピャニッチがボスニア・ヘルツェゴビナ代表から離脱

2019.11.17 02:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は16日、ユベントスのMFミラレム・ピャニッチが代表を離脱したことを発表した。

ピャニッチは15日に行われたユーロ2020予選グループJ第9節のイタリア代表戦(0-3でボスニア・Hは敗戦)で先発。77分に交代していたが、右足内転筋を痛めていたとのことだ。

既にトリノに戻って検査を行っているピャニッチはイタリア『Rai』のインタビューで「痛みがひどくなる前に交代したから、そこまで悪い状態でないことを願っている」とコメントし軽傷を強調した。

ボスニア・HはグループJで5位に位置。3位以下が確定しており、最終節のリヒテンシュタイン代表戦は消化試合となる。なお、UEFAネーションズリーグ2018-19のリーグBグループ3で首位だったボスニア・Hはプレーオフから本選出場の可能性が残されている。
コメント
関連ニュース
thumb

ブッフォン代理人「彼はユーベの監督になれる」

ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(42)の代理人が、将来的にブッフォンがユベントスの指揮官に就任する可能性があると主張した。イタリア『Radio Kiss Kiss』で語った。 ブッフォンは4日に行われたセリエA第30節トリノ戦でセリエA最多出場記録(648試合)を樹立。来季までユベントスと契約しているが、代理人を務めるシルビーノ・マルティナ氏はブッフォンの現役引退後について次のように言及している。 「私の意見では彼は監督になるべきだと思う。サッカーを理解しているし、ロッカールームをまとめる力があるからね。ユーベの監督になれる可能性はあると思う。彼と他のGKの違いは全ての物事をシンプルに捉えることができる点だ。これは彼に元来備わっている天性のものだと思う」 2020.07.09 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

カモラネージのカミソリシュート 威力と軌道に相手GK触れず【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表MFマウロ・カモラネージ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆驚異の威力!カモラネージのカミソリショット<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTbG92YmJWVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチン出身のカモラネージ氏は、2000年初頭にヴェローナで頭角を表し、2002年夏にユベントスへ移籍。2003年にはイタリア国籍を取得し、イタリア代表の一員として2006年ドイツ・ワールドカップの優勝に貢献した。 ユベントスでは、2010年にシュツットガルトへ移籍するまで、在籍8年で公式戦288試合に出場し、32ゴール48アシストを記録している。 中でも2005年9月24日に行われたセリエA第5節のパルマ戦では、見事なゴールを決めている。 ユベントス1点ビハインドで迎えた前半終了間際の44分、ユベントスはMFパトリック・ヴィエラがボールを運び、敵陣中央のカモラネージへとパス。このボールを受けたカモラネージは、ゴールまで距離があったものの、迷うことなく右足を振り抜く。 右足のアウトサイドで捉えたシュートは、アウト回転がかかり、相手GKクリスティアーノ・ルパテッリから逃げるようにゴール右上に突き刺さった。 カモラネージ氏は2014年の現役引退後、メキシコのコラスFCやタパチュラ、アルゼンチンのクラブ・アトレティコ・ティグレなどを指揮。2020年1月からスロベニア1部リーグのターボル・セジャーナの監督に就任し、欧州での監督初挑戦中だ。 2020.07.08 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリがミラン相手の逆転負けを分析 「60分間は最高だったが、ブラックアウトが起きた」

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、屈辱の逆転負けとなったミラン戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 前節終了時点で2位のラツィオと7ポイント差を付ける首位のユベントスは7日、敵地で行われたセリエA第31節で好調の7位ミランと対戦した。 この試合前に行われた一戦でラツィオが格下レッチェに敗れたため、ポイント差を「10」に広げるチャンスを得たユベントスは、後半開始早々の47分にMFアドリアン・ラビオのゴールで先制すると、53分にもFWクリスティアーノ・ロナウドが追加点。敵地でも地力の差を見せつける展開に。 しかし、62分にDFレオナルド・ボヌッチが与えたPKをFWズラタン・イブラヒモビッチに決められると、そこから瞬く間の連続失点。“魔の5分間”で試合を引っくり返された首位チームは、その後ダメ押しの4点目まで献上し、屈辱的な逆転負けを喫した。 同試合後、サッリ監督はイタリア『DAZN』で後半の15分間を「ブラックアウト」と表現。連戦が続く中で今回の敗戦を必要以上に掘り下げる必要はないと、主張している。 「最初の60分間はワールドクラスだった。我々は試合を完全にコントロールしていたが、その後にブラックアウトが起こった。3日後にはまた次の試合がある。したがって、それについてあまり深く考えすぎることは意味がない」 「15分間、完全にブラックアウトの状態だった。ただ、それはこの期間に他のチームにも起こっていることだ。したがって、我々はこの試合からポジティブな要素を抽出していく必要がある。つまり、60分間に渡って試合を完全にコントロールできたという事実をね」 「こういった不可解なブラックアウトに関して特定の理由を見つけるのは難しい。ただ、ヴェローナとナポリに対する敗戦とはまったく異なるものであり、次の試合に集中する必要がある」 さらに、ラツィオの敗戦という結果によって少し緩みが出たのではないかとの問いに対しては、「それが影響を及ぼしたとは考えていない。そうでなければ、試合の入りから悪かったはずだ。ブラックアウトを引き起こしたのはあくまでPKだった」と、完全否定している。 2020.07.08 13:34 Wed
twitterfacebook
thumb

1G1Aで古巣撃破のイブラヒモビッチ、試合後にはズラタン節炸裂 「俺は会長であり、選手であり、監督」

ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、古巣相手の劇的な勝利にご満悦の様子だ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 再開後のリーグ戦を3勝1分けとしている好調の6位ミラン(勝ち点46)は、7日に行われたセリエA第31節で首位ユベントス(勝ち点75)をホームで迎え撃ち4-2の逆転勝利を飾った。 ミランは前半をゴールレスで終えたものの、後半立ち上がりの連続失点で一気に2点のビハインドを負うことに。堅守を誇るアウェイチーム相手に敗色濃厚と思われたが、ここでチームの生き返らせたのが38歳の大ベテランだった。 イブラヒモビッチは62分、相手のハンドによって得たPKを冷静に決めて反撃の狼煙を上げると、66分にはボックス内での絶妙なポストワークからMFフランク・ケシエの同点ゴールをお膳立てした。 1ゴール1アシストで試合を振り出しに戻す、さすがの仕事を見せた直後にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラとの交代でピッチを退きお役御免となったものの、この同点劇で完全に勢いづいたチームは、その後に2ゴールを挙げて絶対王者相手に見事な逆転勝利を飾った。 同試合後、殊勲のベテランストライカーは、イタリア『DAZN』でジョークをんだんに交えながら古巣相手の勝利に満足感を示した。 「俺は年を食っている。それは秘密でもなんでもない。年齢なんてただの数字だからな。良いバランスを保った良い仕事ができたと思っている。今日はこの前の試合よりも長い時間プレーすることもできた」 「正直なところ、本当に気分が良いよ。そして、あらゆる形でチームを助けようと励んでいるところだ」 また、ベンチに下がってからは周囲のチームメートに熱心にアドバイスを送るシーンも見受けられた中、今後の指導者転身の可能性について問われると、「俺は会長であり、プレーヤーであり、監督」と、クラブ内で多くの役割を担っているとズラタン節で返答。 「俺は会長であり、プレーヤーであり、監督だ。唯一の問題はプレーヤーとしての報酬しか受け取っていないことだね」 「もしも俺がシーズン初日からここにいれば、ミランはスクデットを獲得できたかもしれないな」 ユベントス戦に関して饒舌に語ったイブラヒモビッチだったが、来シーズン以降もミランでプレーするのか、との去就に関する質問に対しては明言を避けている。 「どうなるか見てみようじゃないか。少なくともあと1カ月はプレーを楽しむことができる。ただ、依然として奇妙な状況が続いているし、それは俺自身がコントロールできる類のものでもない」 「(ミラン)ファンがライブ(スタジアム)で俺を観る機会は最後になるかどうかはわからない。そうなるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。行間を読んでくれよ」 「俺はミランで本当に楽しんでいるんだ。アメリカではケガもした。生きている実感がほしかった。今、俺は38歳になった。確かに以前ほどのフィジカルではないが、よりずる賢くもなっているんだ。だから、20歳のときと同じようなことをやろうなんて思っちゃいないよ」 「俺はいつでも違いを生みたいんだ。そうじゃなきゃ、気がすまない。マスコットとしてここに来たわけじゃない。チームメートやクラブ、ファンを助けるためにここに来ているんだ」 2020.07.08 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ピオリ監督、ユーベ撃破のチームを称賛! 「すべての称賛は我々の選手に向けられるべき」

ミランを率いるステファノ・ピオリ監督は、絶対的王者ユベントスを相手に鮮烈な逆転勝利を挙げたチームを称賛している。『フットボール・イタリア』が伝えている。 再開後のリーグ戦を3勝1分けとしている好調の6位ミラン(勝ち点46)は、7日に行われたセリエA第31節で首位ユベントス(勝ち点75)をホームで迎え撃ち4-2の逆転勝利を飾った。 試合はオープンな立ち上がりとなった中、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWズラタン・イブラヒモビッチと両エースが相手ゴールに迫るも、前半はゴールレスで終了。だが、迎えた後半は地力の差か、ミランは立ち上がりの10分でMFアドリアン・ラビオ、C・ロナウドに連続ゴールを許して瞬く間に2点のビハインドを負うことに。 それでも、好調のホームチームはここから見事なリバウンドメンタリティを発揮。59分に古巣対戦のDFレオナルド・ボヌッチのハンドによって得たPKをイブラヒモビッチが決めると、66分にはMFフランク・ケシエのゴールで同点。これで完全に勢いづくと、67分にFWラファエル・レオン、80分にFWアンテ・レビッチとアタッカー2人にゴールが生まれ、ユベントスに今季4つ目の黒星を与えた。 同試合後、圧巻の逆転勝利に導いたピオリ監督は、イタリア『DAZN』で選手たちが示したメンタリティ、チームへの献身を称賛している。 「すべての称賛は我々のプレーヤーに向けられるべきだ。彼らは信じられないほどのメンタリティとスピリットを示してくれた。困難な状況においても、彼らは一丸となって反撃の機会を窺い、信じることを止めなかった。そして、この素晴らしい勝利という結果で報われることになった」 「これは我々がミラネッロで毎日やってきた仕事の結果でもある。我々はここ最近まで、順位表が自分たちのクオリティを反映していないことを理解していた。そして、そういったしがらみを離れ、自分たちだけに集中し、自分たちにやれることだけに取り組んできた」 「今ではチーム全員がより頼りになる存在になっている。彼ら全員が自分たちが何をすべきかを理解してくれている」 「このチームのメンタリティが徐々に変化をもたらし始めている。そして、自分たちで常にエネルギーを注ぎ続けなければならない部分でもある」 「今シーズンは非常に珍しいシーズンだ。次はナポリとの対戦となるが、今日の勝利に満足すると同時に次のテストを楽しみにしている」 ユベントス戦で劇的な勝利を飾った一方、現在ミランでは『レッドブル・グループ』で働くラルフ・ラングニック氏の新指揮官招へいの噂で持ち切りとなっている。だが、ピオリ監督は不透明となっている自身の去就に関しては明言を避けている。 「遠く離れた将来のことを考えてはいない。今、私が考えているのは次の試合のこと。満足感を与えてくれる素晴らしいプレーヤーと共に働くことだけだ」 「今、我々はようやくチームになった。互いをよく知り合うことで、長所や短所を共有し始めている。私自身、ここでとても幸せを感じているし、ここでの仕事を誇りに思っている。そして、できるだけ良い順位でシーズンを終えたいと思っている」 「8月3日(シーズン終了後)以降に、何かが起こることはわかっているが、自分の将来については考えていない。私にとっては今、自分が取り組んでいることが最も重要であり、自分ではコントロールできない事柄について考え、エネルギーを浪費する余裕なんてないよ」 2020.07.08 10:21 Wed
twitterfacebook