鹿島DF小田逸稀が右ヒザ半月板を損傷…手術受け治療期間2カ月

2019.11.10 10:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズは10日、DF小田逸稀の戦線離脱を報告した。

今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ2試合に出場している小田は、6日の練習中に右ヒザ半月板を損傷。8日に東京都内の病院でチームドクターの執刀による関節鏡視下半月板手術を受け、治療期間として2カ月を要する見込みだ。

17勝8分け6敗の3位につける鹿島は、9日にホームで行われたJ1第31節の川崎フロンターレ戦で敗れ、首位から陥落。23日に敵地で行われる次節、6位に位置するサンフレッチェ広島のホームに乗り込む。

関連ニュース
thumb

仲間の技あり弾で鹿島が先制も、マテウスのPKで名古屋が追い付きドローに【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 前半戦を連敗で折り返すことになった名古屋だが、今節は頼れる守護神が復帰。第16節サンフレッチェ広島で9分に負傷交代したGKランゲラックが、2試合ぶりに戻ってきた。 前半戦を2位で折り返した鹿島にとっては、前日に首位の横浜F・マリノスが勝利したため必勝の一戦に。鈴木優磨が出場停止から戻り、古巣対戦となるキム・ミンテが第3節柏レイソル戦以来のスタメンとなった。 素早いトランジションから柿谷がゴールに迫るなどした序盤の名古屋は、森下が11分に個人技を見せる。深い切り返しで2人を外してのカットインからの左足は、右上の際どいコースを突いたが、GKクォン・スンテに阻まれた。 20分には鹿島が均衡を破ったかに思われた。GKのロングキックをカイキが頭でつなぎ、仲間が相手と競り合ったこぼれ球を再びカイキが拾って縦へ。ボックス内でパスを受けた上田は、中谷のチャージを受けながらもブレずに右足で流し込んだ。 だが、オンフィールドレビュー(OFR)の結果、上田が胸トラップ後に左腕を使ってボールをコントロールしたとしてハンドの判定に。鈴木や鹿島ベンチは猛抗議するもノーゴールのままで、直後のチャンス後にも鈴木は再び山本主審に言い寄った。 ただ、これで気持ちを切らさなかった鹿島は33分に正真正銘の先制点を奪取。三竿のフィードが柿谷当たって大きく浮き上がり、敵陣中央で上田が競り合ってディフェンスラインの背後へ落とすと、抜け出した仲間がケアにきたGKランゲラックより先に触る。滑り込みながらちょこんと浮かせる技ありのフィニッシュでネットを揺らし、試合を動かした。 J1ホーム通算250勝が懸かる名古屋は仙頭のシュートやマテウス・カストロの直接FKで反撃に出ると、折り返した後半は頭からラッシュ。稲垣のクロスがピトゥカのハンドを誘発してPKを獲得すると、マテウスの強烈な左足のキックは左のポストに当たってゴールに吸い込まれ、51分に同点とした。 3試合ぶりの得点がJ1ホーム通算800得点となった名古屋は、その後もマテウスやレオ・シルバが積極的に足を振る。58分には稲垣のフリックからフリーの柿谷がこれ以上ないというくらい狙いすませてのボレーを放つも、枠の上へ外れた。 追い付かれて劣勢が続く鹿島は59分に3枚替えを行い、一度試合を落ち着かせることに成功。押され気味の展開をフラットな状態へ戻し、その中で74分に投入された樋口のFKからカイキがヘディングを見せると、82分にも「14」番のキックからカイキが左ポスト直撃のシーンを作る。 後半のアディショナルタイムには名古屋もマテウスの突破からチャンスを迎え、右サイドをえぐってのマイナスの折り返しを稲垣がスルーしてボックス手前からレオ・シルバが右足で狙う。追加3分には相馬にもビッグチャンスが訪れたが、GKクォン・スンテの前に阻まれると、互いに次のゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。 名古屋グランパス 1-1 鹿島アントラーズ 【名古屋】 マテウス・カストロ(後7) 【鹿島】 仲間隼斗(前33) 2022.06.26 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【PHOTOギャラリー】天皇杯3回戦 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ/NACK5スタジアム大宮

22日に行われた第102回天皇杯3回戦の鹿島アントラーズvs大宮アルディージャは3-0で鹿島が勝利を収めた。 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ 【鹿島】 仲間隼斗(前16) 鈴木優磨(後7) 上田綺世(後45) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_01.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_02.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_03.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_04.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_05.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_06.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_07.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_08.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_09.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_10.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_11.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_12.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_13.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_14.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_15.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_16.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_17.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_18.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_19.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_20.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_21.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_22.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_23.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_24.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_25.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_26.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_27.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_28.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_29.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_30.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_31.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_32.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_33.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_34.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_35.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_36.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_37.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_38.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_39.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_40.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> 2022.06.23 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮・相馬直樹監督が古巣対決も、鹿島が圧巻3発!鈴木優磨&上田綺世揃い踏みでベスト16《天皇杯》

22日、天皇杯3回戦の鹿島アントラーズvs大宮アルディージャがNACK5スタジアム大宮で行われ、3-0で鹿島が勝利した。 J1で上位につける鹿島とJ2で下位に沈む大宮の一戦。大宮の相馬直樹監督にとっては古巣対決となった。 鹿島、大宮ともに週末のリーグ戦を考慮し、控えメンバー中心で臨むことに。立ち上がりから大宮はボールを握ろうとするも、パスミスが目立ちボールを繋げずに簡単にロストする。 地力に勝る鹿島は相手のボールを奪い、しっかりと繋いでペースを握っていくと16分、広瀬陸斗のスルーパスに抜け出た仲間隼斗がボックス内右からシュート。これがゴール左に決まり、鹿島が先制する。 先制した鹿島は余裕が生まれたのか、簡単にボールを繋いでゲームをコントロール。鈴木優磨と仲間がサイドを変えながら起点となって相手陣内でのプレータイムを増やし、危なげなく試合を進めていく。 対する大宮はポジショニングに勝る鹿島に後手を踏み、自分たちのペースに持っていくことができない。 鹿島リードで後半に入るも、ビハインドの大宮は盛り返せず。前半同様にパスを繋ごうとトライするも、強度の高い鹿島のプレスの前にボールを前に運べない。 すると52分、鹿島はサイドを崩すと、右からのクロスが溢れたところをボックス内で鈴木優磨が詰めて鹿島がリードを2点に広げる。 2点ビハインドの大宮は60分に3枚替えを敢行。三門雄大、河田篤秀、栗本広輝を下げて、奥抜侃志、菊地俊介、矢島慎也を投入して流れを変えにいく。 サイドを起点に裏を狙う大宮だが、試合を通してパス精度が低く、鹿島に対処されることに。何度かボックス付近に迫るも、シュートまではいけない。 試合をコントロールする鹿島は、松村優太、フアン・アラーノ、上田綺世らを投入。攻撃の活性化を図る。 すると90分には途中出場の上田がエヴェラウドのパスを受けると、ボックス手前からミドルシュート。これが見事に決まり勝負あり。鹿島が3-0で勝利し、ベスト16に駒を進めた。 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ 【鹿島】 仲間隼斗(前16) 鈴木優磨(後7) 上田綺世(後45) 2022.06.22 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「鬼畜すぎる」Jリーグがしかおに無茶ぶり!?鹿島社長も「やばい、公式からあおられている笑」

鹿島アントラーズのクラブマスコットである「しかお」にJリーグが無茶ぶりをしている。 18日、鹿島は明治安田生命J1リーグ第17節で京都サンガF.C.とホームで対戦。MFアルトゥール・カイキのゴールで1-0の勝利を掴んだ。 決勝点を挙げたアルトゥール・カイキは、後方1回転宙返りのアクロバティックなゴールパフォーマンスを披露。ゴールだけでなくその華麗さでもファンを沸かせていた。 京都戦では新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばらくスタジアムから離れていた「しかお」も登場。ステージではFW鈴木優磨のゴールパフォーマンスを真似るなど来場したファンを楽しませていた。 そんな「しかお」にJリーグから思わぬパスが飛んできた。 リーグの公式ツイッターは、「鹿島アントラーズマスコット、しかおがステージイベントに登場 選手のゴールパフォーマンスを真似していました」としかおのステージを紹介。さらに、「次回はアルトゥールカイキ選手のパフォーマンスかな?」とアルトゥール・カイキが後方1回転宙返りをしている瞬間の写真を添えて投稿した。 予想外の要求にはファンも驚き。「がんばれしかお」、「鬼畜すぎるよw」、「J公式に無茶ぶりされててウケる」、「流石に無理」、「頭とれちゃうw」、「ドアラなら出来そう」と反応。さらに、鹿島の小泉文明社長も「やばい、Jリーグ公式からあおられている笑これはしかおに筋トレを命令するしかない!」とリアクションしている。 <span class="paragraph-title">【写真】しかおの運命は!?アルトゥール・カイキの後方1回転宙返りがこれ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">鹿島アントラーズマスコット、しかおがステージイベントに登場選手のゴールパフォーマンスを真似していました次回はアルトゥールカイキ選手のパフォーマンスかな?<a href="https://twitter.com/atlrs_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@atlrs_official</a> <a href="https://t.co/THTcxlAO6m">pic.twitter.com/THTcxlAO6m</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1539085178571997184?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.22 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「結果が良すぎる」Jリーグの声出し応援の検証結果に産総研も驚き「観客の皆さんの協力が大きかった」

Jリーグは21日、実行委員会を開催。メディアブリーフィングでは、「声出し応援」の2試合に関する報告が行われた。 2020年1月に新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に蔓延し始めると、Jリーグも中断期間を設けるなど対応。NPBとの協力により「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。実に2年以上にわたって現在も月に2回開催されている。 そんな中、観客の入場制限解除など徐々に緩和に向かっている中、スタジアムでの「声出し応援」再開に向けて実証検証が行われた。 実施されたのは、6月11日のYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡、12日の明治安田生命J2リーグ第21節の東京ヴェルディvsいわてグルージャ盛岡の2試合。いずれも「声出しエリア」を設けて2年ぶりにスタジアムに声援とチャントが戻ってきた。 検証結果は鹿島vs福岡で声出しエリアのマスク着用率は99.7%、東京Vvs岩手では99.8%となっており、水分補給以外ではマスクは外されていなかったという。 また、今回は格子状(自分を中心に回りを囲む8席が空席)に座席を設けていたが、観客間の距離も97%と94.5%が守っており、守っていないケースのほとんどが子供が親の近くにいるというケースだったという。 その他、CO2濃度も一般席とほとんど変わらず、空気が停滞することはなかったとのこと。また、声出しの割合は88〜95分と、長い時間声出しがされていたという。 国立研究開発法人 産業技術総合研究所の保高徹生氏は今回の2試合での検証結果について「結果が良すぎて改善することはほとんどない」とコメント。想定していた以上の結果が残り、一定の手応えを感じたとのこと。「観客の皆さんの協力が大きかった」と、声出しエリアを含めて、意識の高さが良い結果をもたらせたとした。 ステップ2として7月にはより多くの試合で「声出し応援」が導入される中、座席は市松状に変更。より観客を動員しての実施となる中、保高氏は「リスクはあまり変わらないと予想できる」としていた。 今回の結果を受け、Jリーグの窪田慎二理事がコメント。なるべく早く元の姿に戻していく方針ながらも、一歩ずつ慎重に行っていくとした。 「我々としては2019年以前の100%入場でマスクなしで声の出せる環境を取り戻したいと考えていて、ステップバイステップでやっています。ステップ1は順調にスタートが切れたと思います」 「クラブ、サポーターの皆さんのご理解ご協力のおかげで良いスタートが切れました」 「このステップを始めるにあたり、スポーツ庁をはじめとする関係省庁のご理解もありました」 「コロナ禍にあっては外国人選手の入国など、関係省庁のご理解をいただいています。ステップをスピードアップして、ステップバイステップでやっていき、1日も早く2019年の状況に戻したいと思います」 ただ、「声出しあり」となった場合は、現在の政府方針ではスタジアムを満員にすることは不可能。この先は、観客動員とのジレンマも生まれてくることになりそうだが、まずは順調なスタートを切ったといって良いだろう。 2022.06.21 20:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly