磐田、節目の静岡ダービー制し逆転残留へ望み! ファン・ソッコ退場の清水は3連敗《J1》

2019.11.02 16:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第30節の清水エスパルスvsジュビロ磐田が2日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-1で磐田が勝利した。

ここまで10勝5分け14敗で13位に位置する清水(勝ち点35)と、5勝7分け17敗で最下位に沈む磐田(勝ち点22)による静岡ダービー。前節のサンフレッチェ広島戦を1-2で敗れ、連敗を喫した清水は、広島戦から先発メンバーを2人変更した。鎌田と六平に代わり、エウシーニョが復帰し、ジュニオール・ドゥトラが移籍後初先発を飾った。

一方、前節のサガン鳥栖との残留争い直接対決で終盤に追いつき、2-2のドローで終えたものの、J1残留に向けて厳しい状況に追い込まれた磐田。前節から大南と今野に代えて、宮崎とアダイウトンを起用した。

J1で50回目の節目を迎えたダービーマッチは、波乱の幕開けとなる。5分、GK八田のゴールキックが敵陣でワンバウンドすると、清水最終ラインの裏にボールが転がる。これに素早く反応していたルキアンが抜け出しかけたところでファン・ソッコがたまらずファウル。これが決定機阻止とジャッジされて一発退場に。直近の公式戦での静岡ダービーで5連勝中の清水がいきなり数的不利を強いられる。

退場者を出した清水はジュニオール・ドゥトラを下げて立田を投入して、ディフェンスラインの枚数を補填。だが、14分にスクランブル投入となった立田のトラップミスからヒヤリとする場面を迎えるなど、清水は落ち着きを取り戻すことができない。

その後、磐田が押し込む時間帯が続くも、なかなか決定機は作ることができず。対する清水は22分、ボックス手前中央でFKを獲得し、ドウグラスが左足で直接狙うも、わずかにゴール左外に外れた。

数的有利の状況ながら嫌な雰囲気も少々漂い始めていた中、磐田がゴールを匂わせ始める。32分、相手の攻撃を凌ぎ、アダイウトンが左サイドをドリブルで独走する。最後はボックス左手前から右足でシュートを放つも、ゴール右外へ。さらにその1分後には右サイド深い位置からのルキアンのクロスに中央でアダイウトンが頭で合わせたが、これも枠の外に外れてしまう。

それでも迎えた39分、ついに磐田が均衡を破る。ルキアンからパスを受けた小川がボックス左手前からクロスを供給。これをファーサイドで藤川が収め、右足を振り抜いてニアサイドを射抜いた。藤川のJ1初ゴールでアウェイチームが貴重な先制点を奪った。

1-0の磐田リードで試合を折り返すと、後半早い時間帯に清水が追いつく。左サイドから二見がロングスロー。これに両チームの選手が競り合うも誰にも当たらず、ゴール前に落ちたボールが大井の足に当たってゴール左に吸い込まれた。

試合を振り出しに戻すことに成功した清水。すると57分、西澤の右CKに松原がゴール前に飛び込みフリーでヘディングシュートを放つ。しかし、ゴール右を捉えたボールをGK八田がファインセーブでこれを阻む。62分にも河井のパスを受けたドウグラスがボックス右手前からミドルシュートを打たれるも、GK八田が立ちはだかる。

ヒヤリとする場面を立て続けに迎えた磐田は69分、藤川に代えて大久保を投入する。72分、大久保が右サイドに展開し、ボックス右外に持ち込んで小川が鋭い切り返しから中央へ。最後は落としを上原が右足ダイレクトでシュートを放つも、浮いてしまう。

82分、磐田は小川を下げて荒木を投入し、攻勢を強める。すると84分、ボックス右外の荒木のクロスにルキアンがフリーで飛び込むもわずかに届かない。

スコアは1-1。このまま試合終了かに思われたが、86分、磐田が残留へ望みをつなぐ。敵陣中央左でボールを持ったアダイウトンが縦パスを送り、自身もゴール前に走り出す。これを収めたルキアンが体勢を崩しながらもリターンを送ると、ボックス内に侵攻したアダイウトンがGK大久保との一対一を制した。

これが決勝点となり磐田が2-1で勝利。静岡ダービーを制し逆転残留へ望みをつないだ。
コメント
関連ニュース
thumb

首位川崎FがJ1タイ記録の9連勝! 敵地札幌で今季最多6発のゴールショー《J1》

15日に明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が札幌ドームで行われ、アウェイの川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に6-1で勝利した。 今季初の2連敗で順位も9位に落とす札幌は海外挑戦が取り沙汰される鈴木が欠場となり、ケガ明けの福森がリーグ4試合ぶりの先発復帰。そのほか、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの横浜FC戦でJリーグデビューの小柏が先発入りして、初のリーグ戦出場を果たした。一方、クラブ記録の8連勝でいまだ無敗を継続して、首位をひた走る川崎Fはルヴァンカップで退場処分の大島が欠場となり、下田を3試合ぶりのスタメンに抜擢。3トップの一角に今季初先発の宮代を起用した。 昨季ルヴァンカップ決勝カードの再現となる一戦は宮代の折り返しからレアンドロ・ダミアンが華麗なヒールシュートで魅せた川崎Fに対して、札幌も積極果敢にミドルレンジからゴールを狙う構図に。そのなかで、比較的ペースを握った札幌だが、川崎Fがセットプレーのチャンスを生かす。敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した35分、密集地帯をフリーで抜け出した車屋がキッカーの脇坂からのクロスにヘディング。コースを狙ったシュートがゴール右に吸い込まれ、川崎Fが先制する。 追いかける展開に回った札幌は38分、ルーカス・フェルナンデスの横パスから同点機。チャナティップがバイタルエリア中央から右足ダイレクトでゴールを狙うが、クロスバーに嫌われてしまう。そのまま1点ビハインドで試合を折り返すと、ハーフタイム明けからジェイをピッチに送り出した札幌だが、同じく三笘と田中を投入した川崎Fが追加点。山根が敵陣右サイドでインターセプトした50分、バイタルエリア中央で相手最終ラインを抜け出しながらボールを受けた三笘が決め切り、札幌を突き放した。 三笘の公式戦4試合連発となるリーグ戦3得点目でリードを広げた川崎Fは続く55分、脇坂と三笘のパス交換で中央から相手最終ラインを攻略。ボックス左で三笘のスルーパスに反応したレアンドロ・ダミアンがGK菅野にブロックされたボールを押し込み、チーム3得点目を奪取した。さらに、63分にもGKチョン・ソンリョンのロングキックからボックス右の旗手が折り返すと、フリーの三笘が右足シュートで勝負の行方を決する4点目。首位川崎Fが圧倒的な攻撃力で、札幌に反撃の隙を許さない。 59分に中野とアンデルソン・ロペスの投入を講じて反撃に出たものの、失点が続いて、劣勢の札幌は79分にチャナティップの浮き球パスからジェイが一矢報いる一撃を見舞ったが、64分からピッチインの小林が87分と後半アディショナルタイム5分にゴール。今季最多6発のゴールショーを演じた川崎FがJ1タイ記録のリーグ戦9連勝を成し遂げ、首位の座をより確固たるものにした。 2020.08.15 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、濃厚接触者だったスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性反応

サガン鳥栖は14日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルスで陽性反応を示したことを発表した。 このスタッフは、陽性者と濃厚接触していたとされ、11日(火)より隔離されていたスタッフ3名のうちの1人とのことだ。なお、のどの痛みはあるものの、味覚・嗅覚障害等の症状はないという。 また、11日に行われたPCR検査80名の陰性者の中から選手24名・スタッフ22名を対象として13日にJリーグ公式PCR検査を実施。全員が陰性となったという。 これにより、鳥栖は金明輝監督を含め11名が陽性者となった。 鳥栖は、Jリーグ初のクラスターとなり、チーム活動を停止。15日に開催が予定されていたガンバ大阪戦を含めた3試合がすでに中止となっている。 2020.08.15 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に痛手、MF白井康介が右ハムストリング肉離れで離脱

北海道コンサドーレ札幌は15日、MF白井康介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、白井は12日に行われた2020JリーグYBCルヴァンカップ第3節の横浜FC戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、白井は右ハムストリング肉離れと診断されている。 白井は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで9試合に出場していた。 2020.08.15 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

もうすっかりわかった今シーズンに有利なチームってどこか?! の巻/倉井史也のJリーグ

てかさ、先週Jリーグが全試合消化できない可能性があるよって書いたでしょ。そうしたらいきなり鳥栖に10人の新型コロナウイルス陽性患者が出ちゃってクラスター化したんで、感染拡大しないことを確認するまでお休み!! ってことなっちゃったでしょ。なんか、すっごい現実味を帯びてきたんですけど。ただでさえリーグ戦の日程が詰まってるんだから、2週間も休んだから4試合ぐらい消化できないんですけど。 で、実はJリーグってそんな可能性を考えてるってのは先週も書きました。今年のリーグ戦が成立するのは、「(1)年間予定総試合数の75パーセント以上が開催」かつ「(2)当該リーグのすべてのクラブについて年間予定総試合数の50パーセント以上が開催」ってことなんです。 で、各チーム何とかこの条件をクリアした中で考えなきゃいけないのが順位。今年は例年と注意するポイントがあるって復習しておきましょう。 通常の年は順位決定方法が (1)勝ち点 (2)全試合の得失点差 (3)全試合の総得点数 (4)該当するJクラブ間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数) (5)全試合の反則ポイント (6)抽選 なんだけど、今年はちょっと違う!! (1)勝ち点 (2)全試合の得失点差 (3)該当するクラブ間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数) ※ただし、ホーム&アウェイの2試合を実施済みの場合のみ (4)全試合の勝利数 (5)全試合の総得点数 (6)全試合の反則ポイント (7)抽選 つまり、総得点数の順位が下がって、該当クラブ間の成績や勝利数の比重が上がってるんですよ。で、しかも当該クラブ間の成績って、全試合が消化できない場合、計算できる対戦が少なくなっちゃうから、となると全試合の勝利数の方が重要になってきた感じがするんですよ。 ってことはどんな点差であれ勝ったほうが上。ということで勝利数で現在の順位表を並べ替えてみると…… まずは現在の順位表 順位/チーム/勝点/試合/勝/分/敗/得点/失点/得失点差 1:川崎F/25/9/8/1/0/23/6/+17 2:G大阪/19/9/6/1/2/14/9/+5 3:C大阪/18/9/5/3/1/9/5/+4 4:名古屋/17/8/5/2/1/17/7/+10 5:柏/16/9/5/1/3/20/13/+7 6:FC東京/15/9/4/3/2/14/12/+2 7:浦和/14/9/4/2/3/11/16/-5 8:広島/13/8/4/1/3/11/5/+6 9:札幌/12/9/3/3/3/15/15/+0 10:神戸/12/9/3/3/3/10/12/-2 11:横浜FM/11/9/3/2/4/14/15/-1 12:鹿島/10/9/3/1/5/13/14/-1 13:仙台/9/9/2/3/4/11/16/-5 14:清水/8/9/2/2/5/13/17/-4 15:鳥栖/7/9/1/4/4/5/10/-5 16:大分/7/9/2/1/6/9/18/-9 17:横浜FC/5/9/1/2/6/8/20/-12 18:湘南/4/9/1/1/7/8/15/-7 これを勝利数で並べ替える、つまり競ったときに強いチームで並び替えると…… 1:川崎F/25/9/8/1/0/23/6/+17 2:G大阪/19/9/6/1/2/14/9/+5 5:柏/16/9/5/1/3/20/13/+7 4:名古屋/17/8/5/2/1/17/7/+10 3:C大阪/18/9/5/3/1/9/5/+4 7:浦和/14/9/4/2/3/11/16/-5 6:FC東京/15/9/4/3/2/14/12/+2 8:広島/13/8/4/1/3/11/5/+6 9:札幌/12/9/3/3/3/15/15/+0 12:鹿島/10/9/3/1/5/13/14/-1 11:横浜FM/11/9/3/2/4/14/15/-1 10:神戸/12/9/3/3/3/10/12/-2 13:仙台/9/9/2/3/4/11/16/-5 14:清水/8/9/2/2/5/13/17/-4 16:大分/7/9/2/1/6/9/18/-9 17:横浜FC/5/9/1/2/6/8/20/-12 18:湘南/4/9/1/1/7/8/15/-7 15:鳥栖/7/9/1/4/4/5/10/-5 おお!! なんと柏が急浮上。で鳥栖が急降下。やっぱり爆発力があるチームが今シーズンは有利ってコトですね。ところで、広島と名古屋って試合数が少なくて順位下がってるんですけど、今後こういうチームが増えてきそうな気が……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.08.14 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグが審判対象の第4回公式検査を報告 検査総数116件の全てが陰性

Jリーグは14日、新型コロナウイルスに関する第4回公式検査の結果を公表した。 第4回の2度目となる検査結果報告の今回は審判員が対象。今月8日〜10日の間に検体が採取され、検査総数116件の全てが陰性判定を受けたという。 なお、第4回の初回は7日に開示。Jリーグ全カテゴリーの登録選手、チームスタッフ、Jリーグ担当審判員、その他関係者を対象にした検査総数3203件に対して、陰性判定3200件、その他3件だった。 検査総数:116件 陰性数:116件 その他:0件 陽性確定数:0件 2020.08.14 17:55 Fri
twitterfacebook