ザルツブルク、今季4ゴールのMF奥川雅也と2023年まで契約延長

2019.10.29 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザルツブルクは29日、日本人MF奥川雅也(23)との契約を2023年5月31日まで延長したことを発表した。

ザルツブルクと新契約を結んだ奥川は、クラブの公式サイトで喜びを語った。

「ザルツブルクと契約を延長できたことをとても嬉しく思っている。僕はザルツブルクで現在のレベルまで達するまでに回り道をしてきました。ただ、その努力が報われ、2023年までの新契約にサインできたことをは誇らしいことだ」

京都サンガF.C.ユース出身の奥川は、2015年6月にザルツブルクへ完全移籍で加入。その後は、ザルツブルクのセカンドチームにあたるリーフェリングやマッテルスブルク、ホルシュタイン・キールで武者修行を重ねると、今夏にザルツブルクへ復帰。

今シーズンは、リーグ開幕戦で移籍後初ゴールを記録すると、ここまでリーグ戦7試合で4ゴール4アシストをマークしている。

関連ニュース
thumb

ファン・バステンの再来か第2のハーランドか、スロベニア代表19歳FWのボレー弾が世界を震撼「今年のプスカシュ賞はこれ」

スロベニアの逸材FWが世界中へ衝撃を与えた。 スロベニア代表は27日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグBのグループ4第6節で、スウェーデン代表とアウェイで対戦した。 1勝4敗で最下位のスウェーデンに対し、スロベニアは1勝2分け2敗で3位のため、引き分け以上であれば降格を免れるという条件下、1-1の同点で終了。スロベニアがグループBにとどまった。 この試合で目の覚めるような先制点をたたき出したのが19歳のストライカー、FWベンヤミン・シェシュコだ。 28分、敵陣中央右寄りのDFペタル・ストヤノビッチからボックス左へ浮き球が送られると、シェシュコは膨らむように動きながら左足でジャンピングボレー。逆サイドのネットへねじ込んだ。 驚愕の一撃には実況も興奮。元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステン氏を例に出せば、ファンも「ブンデスリーガのロゴのインスピレーション」、「うわー、素晴らしいゴール」、「甘く完璧」、「マルコ!ファン!バステン!」、「2022年のプスカシュの勝者はこちら」、「なんて才能」などの賛辞を送っている。 195cmの長身ストライカーは現在ザルツブルクに所属し、来季からはRBライプツィヒでプレーすることが決定済み。オーストリアからドイツというキャリアも重なり、「第2の(アーリング・)ハーランドになるかもしれない」との声も上がっている。 24日のノルウェー代表戦では、そのハーランドの目の前で逆転ゴールを挙げており、この2戦でスロベニアに勝ち点「4」をもたらしたシェシュコ。今後の躍進にも大いに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】19歳の逸材、スロベニアFWシェシュコの圧巻ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sl" dir="ltr">Spiš mirno, Marco van Basten?! <a href="https://twitter.com/hashtag/Srcebije?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Srcebije</a> <a href="https://t.co/9zJ9nebhBr">pic.twitter.com/9zJ9nebhBr</a></p>&mdash; Sportklub Slovenija (@Sport_Klub_Slo) <a href="https://twitter.com/Sport_Klub_Slo/status/1574840921572638720?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】左右違えど瓜二つ、ファン・バステン伝説のゴール</span> <span data-other-div="movie2"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Ly3mSsHg9T0" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.09.28 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブを離れるのは論外」チェルシーが招へいに迫ったフロイント氏、オファーを喜ぶもザルツブルクに忠誠誓う

ザルツブルクへの残留が決定した敏腕スポーツ・ディレクター(SD)であるクリストフ・フロイント氏(45)が心境を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 フロイント氏は2006年からザルツブルクにチームマネージャーとして加入。2015年7月からSDに就任した。 これまで、サディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍や、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、クラブにとっての重要な移籍に関連。有望な選手を見つけること、そしてビッグクラブに売却することなど、ザルツブルクの価値を高める存在だった。 そんな中、SDが不在のチェルシーが獲得に興味。今夏の移籍市場ではそれが響いて上手く立ち回れず、オーナーのトッド・ベーリー氏が暫定で務めていた形となっていた。 一部では条件面で合意し、チェルシーのSD就任が迫っているとされたが、20日にザルツブルクがフロイント氏の残留を正式に発表していた。 そのフロイント氏は、クラブを通じてチェルシーからのオファーがあったことを認めたが、ザルツブルクを離れる考えは無かったとした。 「すでにインタビューでも確認しているように、チェルシーから私個人に関して関心が寄せられた」 「このようなビッグクラブからの問い合わせは、私やザルツブルクの活動に敬意を表するだけでなく、もちろん個人的な配慮が必要な状況でもある」 「しかし、私はレッドブル・ザルツブルクは最高の場所であるという結論に達した。クラブを離れるのは論外だ」 「我々は今、非常に集中した局面にあり、オーストリア・ブンデスリーガ、カップ戦、チャンピオンズリーグと、やらなければいけない重要なタスクがある。それが私がフォーカスし、集中するものの全てだ」 2022.09.21 09:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク、チェルシー関心の敏腕SDの残留を発表

ザルツブルクがチェルシー関心の敏腕スポーツ・ディレクター(SD)であるクリストフ・フロイント氏の残留を発表した。 フロイント氏はこれまでサディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、重要な移籍に関連していた人物。 一方、チェルシーではこれまでディレクターを務め、多くの移籍やスポンサー契約などをまとめていたマリナ・グラノフスカイア氏がロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任を受けてディレクター職を退任。 その結果、後任がいない状態で今夏の移籍市場に臨んだチェルシーは、ことごとく獲得候補を他クラブに奪われてしまっていた。 そんな中でチェルシーはフロイント氏の引き抜きを画策していた。 しかしザルツブルクの最高経営責任者であるシュテファン・ライター氏は次のように語り、フロイント氏の残留を発表した。 「クリストフ・フロイントは長年にわたって素晴らしい仕事をし、最近2026年まで契約を延長した。今後もザルツブルクのディレクターであることを確認する。もちろん、彼は私にチェルシーが関心を持っていることを伝えてくれた。意見交換をした上で今後も彼がザルツブルクのSDであり続けることを発表させてもうらよ」 2022.09.21 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、監督の次はSDを引き抜き? ザルツブルクから敏腕SDと個人合意か

チェルシーがザルツブルクからスポーツ・ディレクター(SD)を引き抜こうとしているようだ。 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まった影響で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と親しい仲にあるロマン・アブラモビッチ氏がオーナー職を追われることに。そのチェルシーはトッド・ベーリー氏をオーナーに迎えていた。 しかし、その最中でディレクターを務め、多くの移籍やスポンサー契約などをまとめていたマリナ・グラノフスカイア氏が退任していた。 その結果、後任がいない状態で今夏の移籍市場に臨んだチェルシーは、ことごとく獲得候補を他クラブに奪われることに。ベーリー氏がディレクターの役割を果たしたが、専任がいないことで遅れをとってしまった。 そんな中で目をつけていたのが、ザルツブルクのSDを務めるクリストフ・フロイント氏だ。 元々はザルツブルクでSDを務めており、サディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍や、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、重要な移籍に関連していた。 言わずと知れた敏腕SDであるフロイント氏だが、移籍市場に精通しているジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が、チェルシーが個人条件で合意に近づいていると報道。ザルツブルクもその事実を知っており、契約が早くまとまるとした。 移籍市場で苦しんだことも影響したのか、チームは開幕から低空飛行。その結果、トーマス・トゥヘル監督が解任の憂き目に遭い、グレアム・ポッター監督を招へい。冬の移籍市場での立ち回りを失敗するわけにもいかず、専門家を早くクラブに引き入れたい考えがあるようだ。 2022.09.18 23:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、今季CLでやられたザルツブルクの22歳FWに感銘! 来夏獲得に挑戦か

ミランがザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)に関心を示しているようだ。 2020年1月にバーゼルから加入したオカフォーはザルツブルク通算90試合の出場で31得点20アシストを記録する快足ストライカー。スイス代表では通算8試合2得点で、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りも期待されている。 今季も国内リーグで8試合5得点と攻撃をけん引し、チャンピオンズリーグ(CL)でもミラン戦とチェルシー戦で2試合連続ゴール。ビッグクラブを相手に強烈なインパクトを残しているが、やられたミランも本格的に調査している模様だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミランのテクニカル・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏らはフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(35)の後継者としてオカフォーに感銘を受け、来夏の獲得に挑戦するという。 なお、ミランからフィジカルやスピード、技術に優れ、チーム強化に必要なすべての要素を兼ね備えた存在とみなされているというオカフォーの市場評価額は推定で3500万ユーロ(約49億9000万円)と考えられている。 2022.09.16 18:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly