元鳥栖のフェルナンド・トーレスがコペンハーゲン・ダービーに現る! ファンの疑問に「新加入選手」

2019.10.07 17:16 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今年8月にサガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6日に行われたブレンビーとコペンハーゲンによる、コペンハーゲン・ダービーに現れたことが話題になっている。イギリス『101greatgoals』が伝えた。トーレスは、2001年にアトレティコ・マドリーでプロキャリアをスタート後、リバプール、チェルシー、ミランを渡り歩き、チャンピオンズリーグ(CL)や、ヨーロッパリーグ(EL)のタイトルに貢献。通算110試合38ゴールの代表キャリアにおいても輝かしい経歴を誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場を果たして、2010年の南アフリカ大会で同国史上初の優勝を経験した。

その後、2018年夏に鳥栖へ加入した“エル・ニーニョ”は、8月23日に行われた 明治安田生命J1リーグ第24節、ヴィッセル神戸戦をもって現役を引退した。

現役引退後は生まれ故郷のマドリードに戻り、先日には古巣アトレティコの本拠地ワンダ・メトロポリターノに凱旋を果たした様子を自身の公式SNSを通じて明かしていた。

そのトーレスに関して『101greatgoals』は、同選手が6日に行われたデンマーク・スーペルリーガのブレンビーvsコペンハーゲンを現地観戦したと報道。その記事の中ではブレンビーファンと思われる人物が、ブレンビーの本拠地を訪れたトーレスの姿を写した画像をSNSに投稿していた。

また、トーレスと記念撮影したブレンビーファンは、トーレスにブレンビー訪問の理由を尋ねた際に、「新加入選手だよ」と返答を行ったことをSNSに綴っていた。

トーレスに縁もゆかりもないブレンビー訪問を受けて、現役復帰の可能性が指摘されたが、実はブレンビーのオーナーを務めるヤン・ベック・アンデルセン氏がトーレスの友人で今回スタジアムツアーに招待したとのことだ。

アンデルセン氏とトーレスの関係性についての詳細は不明だが、同氏は元チェルシーのジョン・テリーの友人であることも知られており、トーレスがチェルシー時代に知り合った模様だ。

なお、ブレンビーはトーレス御前試合となったダービーを3-1で快勝している。

◆トーレスがコペンハーゲン・ダービーに現る!
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMが連勝ストップもエリキ6戦8発でドロー 鳥栖は森下2試合連続ゴールも今季初連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が30日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 4試合連続の3得点で4連勝を飾り、上位追撃ムードが強まる5位横浜FMは前節の先発から7選手変更のターンオーバー。一方、FC東京戦を3-0の快勝で飾り、3連敗ストップの4試合ぶり白星を手にした14位鳥栖も先発の半分以上となる6選手のメンバーチェンジを施した。 横浜FMがACLを戦う影響で当初予定の10月下旬から前倒し開催の一戦は互いに後ろからの丁寧なビルドアップで攻撃を形作ろうとするなど、それぞれの特長を出し合っての戦いになる。そのなかで、今季初の連勝がかかる鳥栖はプレッシングとパスワークで昨季王者を相手に序盤から好勝負を演じていく。 対する横浜FMは10分に高野の負傷交代を強いられるなど、鳥栖のスムーズなフィニッシュワークに手を焼いたものの、フォアチェックをフィニッシュに繋げるなど、徐々に攻勢ムードに。22分には前節を欠場したジュニオール・サントスが立て続けにシュートを放ったが、GK高丘が立ちはだかる。 守護神の踏ん張りも光る鳥栖は28分、原川の絶妙なスルーパスに反応した右サイドバックの森下が敵陣右サイド深くに抜け出して低い弾道のクロスボールを供給。ボックス中央で合わせた趙東建はこのチャンスを生かせなかったが、ボールの主導権を握り返せば、しっかりと押し上げて反抗する。 そんな拮抗したゲームを先に動かしたのは鳥栖。ゴールレスで迎えた49分、左CKのチャンスを獲得すると、キッカーの原川が右足クロスボールを供給する。扇原の中途半端なクリアボールをボックス内で拾った森下の振り向きざまに右足でインパクトしたボールがゴール上隅に突き刺さった。 ここ5戦連発中と絶好調のエリキをハーフタイム明けから送り出したものの、先制を許してしまった横浜FMは69分、チーム最多11得点のマルコス・ジュニオールとエジガル・ジュニオを投入。対する鳥栖も75分までに小屋松、本田、林、小林、内田の投入で交代カードを使い切り、横浜FMに対抗する。 しかし、横浜FMが鳥栖のひとつのミスにつけいる。84分、そのわずか1分前に最後のカードでピッチインの天野が敵陣中央で松岡の横パスをカットすると、右サイドから中に絞る動きでボックス内を目指したエリキにパス。左足シュートをゴール左下に決め、横浜FMが終盤に追いついてみせる。 エリキのここ6試合で8発目となるゴールでついに鳥栖の守りを崩した横浜FMはその直後に浴びたカウンターから林に決定的な場面を許しながら勝ち越しを目指したが、このまま終了。絶好調エリキの同点弾で追いついた横浜FMと、森下の2試合連発となる今季3得点目で先制した鳥栖の一戦は痛み分けに終わった。 横浜F・マリノス 1-1 サガン鳥栖 【横浜FM】 エリキ(後39) 【鳥栖】 森下龍矢(後4) 2020.09.30 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:横浜FMvs鳥栖】前節は互いにストロングポイントを出して勝利、勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(5位/33pt) vs サガン鳥栖(14位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9tge3zchlo2h16vin3d98muyo" async></script></div> ◆復調の波にこのまま乗り続けられるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。前半から劣勢が続いたものの、77分にエリキのゴールで追いつくとそこから猛攻。最終的には1-3で見事な逆転勝利を収めた。 この試合では戸嶋祥郎が腓骨骨折の重傷を負うなど後味の悪いものとなってしまったが、逆転までの流れで横浜FMが見せた戦い方は見事だった。 特に途中出場で流れを変えた仲川輝人が圧巻の活躍。サイドを起点に柏ディフェンスを翻弄すると、オウンゴールを含めて3得点に絡む活躍を見せた。 昨季MVPの仲川はケガの影響もあり、ここまで15試合の出場にとどまり、わずか2得点と鳴りを潜めている。それでも徐々にチャンスメイクという点でチームに貢献。チームの浮上とともに調子を上げ、結果を残してもらいたいものだ。 今節からはホーム3連戦。このまま連勝を伸ばし、しっかりと上位争いに残っていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:チアゴ・マルチンス、喜田拓也、伊藤槙人 MF:水沼宏太、渡辺皓太、扇原貴宏、高野遼 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆前節は完勝、自信を胸に王者に挑む【サガン鳥栖】 前節はホームに上位のFC東京を迎えた一戦で、3-0と完勝を収めた。 3連敗中と結果が出ていなかった鳥栖が上位のFC東京相手にこれまでの試合をするとは予想できなかったが、しっかりとチーム戦術をピッチ上で体現したことが勝因と言えるだろう。 特に攻守の切り替え、そして精度の高さが目立ったと言える。先制点となった石井快征のシュートは圧巻。GK林彰洋もセーブ不能なコースに正確なシュートを決めた。 鳥栖のパフォーマンスに圧倒されてか、FC東京のミスを誘発。相手が精度を欠いたことでより当sの精度の高いプレーが際立った。 数少ないチャンスをものにして3得点を奪ったことは、チームに大きな自信を植え付けたはず。ポゼッションサッカーも形になっており、後方からのビルドアップにも自信が持てるだろう。似たようなスタイルの横浜FM相手にどのようなサッカーを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、高橋秀人、パク・ジョンス、大畑歩夢 MF:本田風智、松岡大起、原川力、安庸佑 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 2020.09.30 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖が連敗ストップ! 石井、森下、内田のゴールでFC東京にシーズンダブル《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の1試合が27日に駅前不動産スタジアムで行われ、ホームのサガン鳥栖がFC東京を3-0で下した。 前々節から3失点以上を喫して3連敗中の15位鳥栖は前節から先発3選手をメンバーチェンジ。松岡、石井、林をスタートから送り出した。一方、今季4度目の2連勝で上位を追う3位FC東京は森重を出場停止で欠くなか、6選手の入れ替えに動き、ジョアン・オマリ、バングーナガンデ佳史扶、品田、内田、田川、アダイウトンを起用。バングーナガンデ佳史扶はJ1デビュー戦となる。 立ち上がりから激しい攻防戦が続いた試合だったが、先手を奪ったのは徐々にボールの保持率を高め、FC東京を押し込む形を作り出した鳥栖。26分、バイタルエリア左の石井が金森とのワンツーでFC東京守備網を手玉に取ると、わずかに空いたスペースに抜け、リターンパスに右足インサイドで合わせる。見事な崩しからのシュートがゴール右に決まり、ホームの鳥栖が先制した。 鳥栖に先制を許してからアダイウトンやディエゴ・オリヴェイラの馬力を生かして押し返したFC東京だが、43分にボックス右の田川が左クロスに頭で合わせたシュートは相手GKが対応。右CKのチャンスを獲得した続く44分、サインプレーからバイタルエリア中央のアルトゥール・シルバが右足シュートを放っていくが、相手DFの身体を張った守りに遭い、GK守田に処理される。 1点リードで折り返した鳥栖は後半開始早々に右腕を痛めた高橋の負傷交代を強いられたが、その交代で入った大卒ルーキーの森下がプロ入り初ゴールをマークしたFC東京を相手に再びの大仕事。59分、味方からのパスを敵陣右サイドの広大なスペースで受けた森下がドリブルを仕掛け、ボックス右から左足を振り抜く。これがニアサイドをぶち抜き、鳥栖が追加点を奪取した。 劣勢のFC東京は63分に安部、レアンドロ、原を投入するが、鳥栖ペースの流れを変えられずにいると、74分に内田裕斗がガンバ大阪時代に師事した長谷川健太監督の前でJ1初ゴール。ボックス左の小屋松が右クロスを後方に落とすと、駆け上がった内田裕斗が左足ダイレクトで合わせる。鋭い弾道のシュートがゴール右に突き刺さり、鳥栖が勝負を決定づける3点目を手にした。 鳥栖の勢いを押し返しきれず、失点を重ねるFC東京は残る交代カードで三田と永井をピッチに送り出したが、守りの部分でも最後まで集中を切らさなかった鳥栖がシャットアウト。前回対戦に続いてFC東京を下した鳥栖が3連敗の悪い流れを止め、4試合ぶりの白星を手にしている。 サガン鳥栖 3-0 FC東京 【鳥栖】 石井快征(前26) 森下龍矢(後14) 内田裕斗(後29) 2020.09.27 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖DF宮大樹に第一子となる長男が誕生 「家族のためにもより責任を持ち、精進していきたい」

サガン鳥栖は27日、DF宮大樹(24)の第一子となる長男誕生を報告した。 宮はヴィッセル神戸から鳥栖に今季加入。今季はここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場している。第一子誕生を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「この度、私事ではございますが第一子となる長男が誕生したことをご報告いたします。難しい状況の中、元気に生まれてくれた息子、頑張ってくれた妻に本当に感謝しています。家族のためにもより責任を持ち、精進していきたいと思います」 2020.09.27 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vsFC東京】連敗中の鳥栖と連勝中のFC東京、ポゼッションとカウンターのガチンコ勝負

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 16:00キックオフ サガン鳥栖(15位/14pt) vs FC東京(3位/38pt) [駅前不動産スタジアム] ◆ビルドアップの精度を上げて連敗ストップへ【サガン鳥栖】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。互いに勝てていない中の一戦は打ち合いとなり、最終的に4-3で敗戦となった。 攻撃面を見れば神戸を相手に渡り合い、3ゴールを奪えたことはプラスに捉えていいはずだ。一方で、守備陣は4失点。前々節の横浜F・マリノス戦も3失点、その前の北海道コンサドーレ札幌戦も2失点と、複数失点が続いている。 さらに、相手の上手さもありながら、どこか守備陣の対応が淡白。ポゼッションを高め、後方からもビルドアップする一方で、リスクヘッジが不足している印象も拭えない。ストロングポイントをしっかりと結果に繋げるためにも、過密日程で失われがちな集中力を保てるかが重要だ。 FC東京の守備強度とトランジションの速さ、そして前線のスピードと迫力は、鳥栖にとっては大きなピンチを招く可能性が高い。精度を落とさず、いかに集中して戦えるかが勝利への道となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、宮大樹、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆大きな連勝、首位の背中を追うために負けられない一戦【FC東京】 前節はホームにセレッソ大阪を迎えた上位対決でしっかりと結果を残し、2-0で勝利。順位こそ変わらないものの、勝ち点差を詰めることに成功した。ここから首位の川崎フロンターレを追いかけるためには、3連勝を飾りたいところだ。 最大の武器であるカウンターは切れ味が徐々に増している印象。鳥栖のポゼッションサッカーをしっかりと防ぐことで、そのカウンターが大きな刃となって鳥栖を攻め立てる武器となる。 今節は守備の要であるDF森重真人が出場停止。ここ2試合クリーンシートを達成しているが、その中で森重不在がどう結果に出るのか、FC東京としては今のチーム力が試される試合でもある。少しの綻びを突いてくる勢いは鳥栖にもあるだけに、守備陣の奮闘も注目だ。 大型連戦真っ只中で、簡単な試合などどこにもないが、前半戦では敗れている相手だけに、上位を目指すには負けられない相手。古巣対戦が予想される田川亨介、ジョアン・オマリのプレーにも注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、安部柊斗 MF:田川亨介、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.09.27 12:20 Sun
twitterfacebook