【J1ピックアッププレビュー】肉迫か、突き放すか…覇権争いの天王山! 《鹿島vsFC東京》

2019.09.14 08:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日、明治安田生命J1リーグ第26節、鹿島アントラーズvsFC東京が県立カシマサッカースタジアムで行われる。

今シーズンの覇権争いの行方を左右すると言っても過言ではない一戦。2位の鹿島と首位のFC東京の首位攻防戦は、勝ち点差「4」の中行われる。

◆着実に定位置へ戻った常勝軍団〜鹿島アントラーズ〜
現在の勝ち点は48。開幕戦で昇格組の大分トリニータに敗れるという波乱の幕開けとなったが、シーズンが進むごとに持ち前の勝負強さを見せつけ、気がつけば2位に位置。FC東京に肉迫するポジションまでたどり着いた。

今シーズンはリーグの他にも、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では準々決勝まで駒を進め、YBCルヴァンカップではベスト4入りが決定。天皇杯でもベスト16に残っており、4冠の可能性が唯一あるチームと言っていい。

そんな中でも、至上命令とも言えるのがリーグタイトル。一昨シーズンは最終節でそのタイトルを逃しており、昨季もACLこそ初制覇したがリーグは満足いかない結果に終わっていた。

着実に勝ち点を積み上げる現在の鹿島は、安定感が抜群。残り9試合で一気に頂点に上り詰めるためにも、この一戦は落とすわけにはいかない。

◆死のロードで迎える大一番〜FC東京〜

対するFC東京は、ラグビー・ワールドカップの影響もありホームスタジアムの味の素スタジアムが使えない状況。タイトル争いに向けた大事な時期に、アウェイ8連戦という厳しい状況に立たされている。

しかし、アウェイ連戦の2試合は1勝1分け。まずまずの滑り出しとなったなか、インターナショナルマッチウィークの中断期間を経てリーグ戦が再開。ただ、中断期間中に行われたYBCルヴァンカップではガンバ大阪と対戦し敗退が決定。リーグタイトルに力を注ぐ状況は整っている。

リーグ2番目の失点の少なさを誇る堅守は健在。アウェイゲーム、さらには勝ち点差「4」で追いかけてくる鹿島との一戦は、勝利を目指しながらも、着実に勝ち点を取りに行く可能性はある。

代表活動で2試合を経験したMF橋本拳人、パラグアイ代表戦では後半から出場したFW永井謙佑のコンディションも気になるところだが、雌雄を決する大事な試合へのテンションは高いはずだ。

優勝争いのライバルとの直接対決をどの様に戦うのか。長谷川健太監督が用意するプランにも注目だ。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆鹿島アントラーズ[4-4-1-1]
©️CWS Brains, LTD.

GK:クォン・スンテ
DF:小泉慶、ブエノ、犬飼智也、小池裕太
MF:セルジーニョ、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵
FW:伊藤翔、土居聖真
監督:大岩剛
出場停止:なし

鹿島は[4-4-2]とも言える[4-4-1-1]のシステムを採用。万全の体制で大一番を迎えることになるだろう。セルジーニョを右サイドに配置することで、より攻撃の厚みを増すことに成功している鹿島は、引き続きその並びに。土居聖真をシャドーに、伊藤翔をトップに置いて、現状のベストメンバーで首位を迎え撃つ。

◆FC東京[4-4-2]
©️CWS Brains, LTD.

GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、オ・ジェソク
MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑
監督:長谷川健太
出場停止:なし

対するFC東京は、前節と同じ11名を起用すると予想。中断期間中のカップ戦敗退により、J1のタイトルへの想いは一層強くなったはずだ。代表帰りの橋本拳人、永井謙佑ともに先発すると予想。代表での経験をチームに持ち帰り、優勝への力添えができるかに注目だ。

【注目選手】
◆MF土居聖真(鹿島アントラーズ)
©︎J.LEAGUE

鹿島の注目選手は、シャドーの位置に入るMF土居聖真だ。鹿島の攻撃のタクトを振るのは土居。前線の潤滑油として機能したかと思えば、チャンスと見れば自らゴールを奪い切る力もある。ホームで首位を叩き、一気に勢いに乗って逆転となるか。大一番でも普段通りの力を発揮してくれるだろう。

◆FW永井謙佑(FC東京)
©︎J.LEAGUE

一方のFC東京の注目選手は、代表帰りの快速ストライカーFW永井謙佑だ。パラグアイ戦では後半途中から、ミャンマー戦は不出場となった。アウェイへの移動疲れは多少あるだろうが、試合出場はしていないため、不完全燃焼の想いをこの大一番にぶつけるだろう。

◆勝利への執念は

同じシステム、同じスタイル、同じ強みを持った首位攻防戦。追いかける鹿島のホームゲームでもあり、インテンシティの高いゲームになるだろう。

互いにショートカウンターを得意とし、フィニッシャーも居る。サイドアタッカーのゲームメイクもある状況と考えると、激しくも好ゲームになるイメージが湧いてくる。

ハイレベルの選手同士の対戦となれば、最後に勝敗を分けるのは「メンタル」だろう。勝利へどちらの気持ちが強いのか。追いかける鹿島か、追われるFC東京か。

前回対戦はFC東京がホームで3-1と快勝して居る。鹿島としては、ここで見返して肉迫したいところだろう。覇権争いの“シックスポインター”は、14日の19時00分にキックオフを迎える。

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第37節:神戸vs横浜FM】3位確保を目指す神戸、2位を死守したい横浜FMの上位決戦

【明治安田生命J1リーグ第37節】 2021年11月27日(土) 14:00キックオフ ヴィッセル神戸(3位/70pt) vs 横浜F・マリノス(2位/75pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆3位確定を【ヴィッセル神戸】 前節は横浜FCを相手にアウェイで0-2で勝利。相手のJ1残留の夢を経つとともに、3位確保へまた前進した。 現在3連勝、6戦無敗と調子を上げている神戸。3位を争い名古屋グランパスが取りこぼしたこともあり、勝ち点差は「5」に広がった。 今節勝利すれば3位が確定。その相手は2位の横浜FMだが、勝ち点差は「5」。神戸は連勝し、横浜FMが連敗すれば、2位になる可能性が残されている。 これまでのJ1での最高位は2016年の7位(2ステージ制)だが、それ以上は確定。自力でACL出場権を獲得し、最高の結果を残せるかに注目が集まる。 選手たちも充実。攻守にわたって高いパフォーマンスを続けており、三浦淳寛監督の続投も決定。磐石の神戸をホーム最終戦で見せつけられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 ◆大失速でピンチも2位確保へ【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で2-1と敗れた横浜FM。直近4試合で3敗と一気にチームは下降線を辿っている。 一時は首位の川崎フロンターレに肉薄し、最終節までも連れ込むかと思わせた中、8月以降は取りこぼしが目立つことに。9月以降は4勝1分け4敗と五分の成績となっている。 その横浜FMだが、実は2位の座も危うい状況に。今節神戸に負ければ、勝ち点差は「2」となり、最終節は川崎F戦。連敗ともなれば、最悪の結末だが、その前にしっかりと勝利して2位を確保したいところだ。 ポイントは決定機をいかに生かすか。FC東京戦は相手のモチベーションがなかったこともあり8ゴールを奪ったが、その前後のガンバ大阪戦、浦和戦は決定機を生かせず。相手の少ない決定機を決められて負けるという結末だった。 今節も課題は変わらず、いかに先に点を取るか。スペクタクルな試合を神戸とともに見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:仲川輝人、前田大然、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2021.11.27 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第37節:湘南vs徳島】J1を懸けた決戦から2年、残留か混戦か、命運分かれる大一番

【明治安田生命J1リーグ第37節】 2021年11月27日(土) 14:00キックオフ 湘南ベルマーレ(15位/36pt) vs 徳島ヴォルティス(17位/33pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆悲しみを乗り越えて残留を【湘南ベルマーレ】 突然の知らせだった。23日、MFオリベイラが急性うっ血性心不全のため23歳の若さで他界。あまりにも突然の出来事で、そのショックは計り知れないものだ。 簡単に整理できないのは当然だろう。元気だったチームメイトとの突然の別れを悲しまないわけはない。しかし、試合は迫ってくる。負けられない試合に向けて、気持ちを持っていくことが必要だ。 残りの降格枠は1つ。その降格圏に位置する徳島との直接対決。勝ち点差は「3」であり、負けるわけにはいかない。そしてホーム最終戦ということもあり、苦しんだシーズンのホームラストマッチだ。 「オリベイラのため」気持ちをひとつに湘南らしいサッカーをホームサポーターの前で見せることができるか。チームがまとまり、徳島を上回って残留を決めたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:石原広教、大岩一貴、山本脩斗 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:ウェリントン、町野修斗 監督:山口智 ◆2年前のリベンジを【徳島ヴォルティス】 残り2試合でJ1残留を掴みたい徳島。湘南と清水とは勝ち点差が「3」となっており、この直接対決が明暗を分けるといっても良いだろう。敗れれば降格決定だ。 その徳島は前節FC東京に2-0で勝利。その結果、首の皮一枚繋がったのだ。 この時期のアウェイ湘南戦といえば、2019年のJ1参入プレーオフが思い出される。J2を4位で終えた徳島は1回戦でヴァンフォーレ甲府を、2回戦でモンテディオ山形を下し決定戦へ。その相手が湘南だった。 その試合では、徳島が鈴木徳真のゴールで先制するも、湘南が松田天馬(現:京都サンガF.C.)のゴールで同点に。1-1で引き分けたが、レギュレーションにより湘南はJ1残留、徳島は昇格を逃した。 翌年に昇格を果たしたわけだが、この地での戦いは思い出さないわけはないだろう。あの時とは互いにチームも変わったが、大一番であることは変わりない。今節は左SBのジエゴが出場停止と痛い欠場になるが、真価を見せたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、福岡将太、田向泰輝 MF:鈴木徳真、岩尾憲、藤田譲瑠チマ FW:宮代大聖、垣田裕暉、西谷和希 監督:ダニエル・ポヤトス 出場停止:ジエゴ 2021.11.27 11:22 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:清水vs広島】監督交代の両チーム、初白星はどちらの手に?

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 清水エスパルス(16位/33pt) vs サンフレッチェ広島(10位/46pt) [IAIスタジアム日本平] ◆残留を手繰り寄せる勝利を【清水エスパルス】 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督がチームを去り、2年連続で平岡宏章監督が就任した清水。初陣となった北海道コンサドーレ札幌戦は2-2のドローに終わった。 ロティーナ監督時代は、攻撃でもアグレッシブさが出ない上、守備陣も局面でのデュエルに勝てないなど攻守にわたって良いところが見せられず、FC東京戦はその悪いところが全て出た試合となり4-0で完敗した。 一方で、平岡監督の初戦はアグレッシブさを攻撃で見せることはでき2得点。攻撃陣がピリッとしないチームだったが、改善が見られれば残留にも近づけるはずだ。 残り3試合。降格権との勝ち点差は「3」。勝利することで、大きく残留に近づくことができるが、負ければ降格権転落もあり得る状況。分水嶺と言っていい試合だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、鈴木義宜、井林章、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、竹内涼、中村慶太 FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ 監督:平岡宏章 出場停止:ヴァウド ◆初白星なるか【サンフレッチェ広島】 城福浩監督が退任し、沢田謙太郎監督が就任した広島。前節は湘南ベルマーレとゴールレスドローに終わり、監督交代の成果はまだ出ていない。 準備期間もあまりなかったとはいえ、2試合を戦い苦しい状況に。監督交代の意味を示さなければ、無駄に終わったという事になりかねない。 チームとしては目標の置き所が難しい順位にいるだけに、監督としてもどこにポイントを置くのか。まずは新体制で勝利を挙げるというところになるだろう。 前節は数的不利な戦いで攻め込まれながらもクリーンシートに終えたことはプラス材料。問題は攻撃陣だ。 前線の連動性を書いている状況なだけに、どう攻撃を構築するか。広島らしさを取り戻し、スピーディーにゴールを奪い切ることができるかどうか。勝機はそこにありそうだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希 MF:浅野雄也、茶島雄介 FW:エゼキエウ 監督:沢田謙太郎 出場停止:柴崎晃誠 2021.11.20 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:横浜FCvs神戸】残留へ、アジアへ、互いに欲しい勝ち点3を掴み取るのは

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 横浜FC(20位/27pt) vs ヴィッセル神戸(3位/67pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆勝たなければほぼ終戦【横浜FC】 残り3節で最下位に位置する横浜FCにとっては、ここが正念場。残留ラインとの勝ち点差は現時点で「6」。この試合で勝っても、その道がほぼ絶たれる可能性が高い。 勝ち点差自体は可能性を残すものの、得失点差が「-40」となっており、この差を埋めることは現実的ではない。つまり、この試合では勝つしかないという状況だ。 とはいえ、可能性がないわけではない。戦わずしてJ1の舞台を去ることはせず、僅かな可能性に懸けて戦い続けるだろう。 ポイントは神戸の強力な攻撃陣をどう封じるか。アウェイでは5-0で敗れているが、今の横浜FCには武器がある。サウロ・ミネイロを中心としたカウンターは破壊力があり、ガブリエル、スヴェンド・ブローダーセンの守備も一定のパフォーマンスだ。 さらに、プレスを掛けてボールを奪うという守備は、ポゼッションをしてくる神戸にはハマる可能性が高い。デュエルで勝利をしつつ、仕留めることができれば、勝機は見える。 一方で、先制を許すと非常に苦しくなるだろう。プレス回避をされて大量失点もあり得るだけに、試合をいかにコントロールして勝利を目指すか。難しいタスクが課される。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:スベンド・ブローダーゼン DF:韓浩康、高橋秀人、岩武克弥 MF:マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、武田英二郎 MF:ジャーメイン良、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 ◆目標のアジアへ【ヴィッセル神戸】 対する神戸は5戦無敗。2連勝中と調子は悪くなく、3位を守り続けている。 今節の勝利でも3位確定の可能性があるが、とにかく勝利が必要だ。熾烈な争いをリードしたまま、最後を迎えたい。 ドウグラス、ボージャン・クルキッチと助っ人FWが相次いでケガのために帰国したが、日本代表で結果を残せなかった大迫勇也に期待がかかる。武藤嘉紀も結果を残しており、アンドレス・イニエスタが司る攻撃の威力は衰えていない。 2年ぶりのアジアの舞台に立てるかどうか。菊池流帆が引っ張る守備陣も安定感を見せており、磐石の戦いで3位確保を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 2021.11.20 11:46 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:鹿島vs大分】3位を目指す鹿島、大分は勝利以外で降格決定の可能性

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(4位/62pt) vs 大分トリニータ(18位/28pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆3位へ負けられない戦い【鹿島アントラーズ】 ここに来て3連勝と結果が残っている鹿島。守備陣の安定が大きく、3位争いで粘りを見せている。 昨シーズンに引き続き、今シーズンも最悪なスタートを切ったシーズンだったが、きっちり最後は上位争いに。しかし、何も勝ち得ていないシーズンが続くことには変わらず、こんなところで満足するクラブではない。 今シーズン残された試合は3試合。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けた戦いを制することが今の目標だ。ヴィッセル神戸との勝ち点差「5」は簡単な差ではないが、自ら切り開くしかない。 残り3節のうち、今節の大分、そして最終節のベガルタ仙台と残留争い中の2クラブとの対戦が残っている。相手も必死に戦ってくることは容易に予想できるが、チームとしてその圧に打ち勝てるのか。鹿島らしさを最後は見せたい所だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ファン・アラーノ、ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、土居聖真 監督:相馬直樹 ◆負ければ降格決定も【大分トリニータ】 一方の大分は苦しい状況から抜け出せない。一時は連勝を収め、一気に抜け出すかと思わせたが、ここに来て2連敗。J2行きが近づいてきている。 下位チームが揃って勝ち点を積み上げていく中での連敗、そして3戦未勝利は厳しいところ。今節負ければ、降格決定の可能性もあるだけに、是が非でも勝ち点3を勝ち取らなければいけない。 引き分けでも降格が決定する可能性は残されており、上位相手に勝利が求められる中、ホームでの一戦はゴールレスドローだった。 個の能力に劣る大分は、ミラーゲームに持ち込まれると脆さを見せ、連敗となってしまった。しかし、鹿島に限ってはそれはないだろう。4バックのスタイルは伝統。3バックで来ることはないだけに、しっかりと主導権を握り、先制点を奪えるかどうか。鹿島の術中にハマれば、抜け出せずに終わる可能性が高い。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:刀根亮輔、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:小出悠太、羽田健人、下田北斗、香川勇気 MF:渡邉新太、野村直輝 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2021.11.20 11:28 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly