ポルト、コロンビア代表MFウリベを完全移籍で獲得

2019.08.05 22:29 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトは5日、コロンビア代表MFマテウス・ウリベ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。

2017年8月に母国クラブのアトレティコ・ナシオナルからメキシコのクラブ・アメリカに加入したセントラルMFのウリベは、クラブ・アメリカでの在籍2年間で公式戦80試合に出場して18ゴール8アシストを記録。昨季は公式戦40試合の出場で3ゴール6アシストを記録していた。

コロンビア代表としてはこれまで20試合に出場して2ゴールをマーク。6月に行われていたコパ・アメリカ2019では3試合に先発していた。

日本代表MF中島翔也が加入したポルトでは今夏、キャプテンを務めていたメキシコ代表MFのエクトル・エレーラがアトレティコ・マドリーに移籍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ監督、レアル時代に衝突のカシージャス氏引退に「最も偉大なGKの1人」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が現役引退を表明した元スペイン代表GKのイケル・カシージャス氏との関係性について言及した。スペイン『アス』が伝えた。 昨年5月に所属するポルトでの練習中に心臓発作を起こしたカシージャスは、事実上の引退状態だった中、4日に現役引退を正式に発表。22年間の現役生活に幕を下ろした。 そんなカシージャス氏はマドリーで公式戦通算725試合の出場を誇るも、モウリーニョ監督の下では守護神の座を外されることに。その結果、両者には軋轢が生じていたとされた中、ポルトガル人指揮官はカシージャス氏の引退について言及した。 「彼の知性と完成度はに対し、常に互いをリスペクトしてきた。数年後には良い友人になれたことを意味していた」 「素晴らしいGKであり、素晴らしい男だ。レアル・マドリーの歴史、スペインの歴史、サッカーの歴史の中でも最も偉大なGKの1人だ。彼とともに、我々は全ての記録を破ってリーグ戦を優勝した」 「私が下した判断により、我々の間には難しい時期もあった。他の選手を守護神に指名したのは個人的な決定ではなく、プロとしての決定だった」 また、カシージャスが心臓発作で倒れた際にもメッセージを送っていたというモウリーニョ監督。当時は衝突していたことを認め、その関係は修復していると強調した。 「誰もが知っている。私がチームから彼を外すと決めた時に対立していた。それは自我の衝突ではなく、マドリーのキャプテンとマドリーの監督としての対立だった。この決定をするのは簡単ではなかった」 「彼もまたこれを受け入れるのに簡単ではなかった。しかし、我々の関係はポジティブだ。多くの人が考えているようなものではない」 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チームから離れている中島翔哉の問題にポルトSDが言及「納得させるため40分間を費やした」

ポルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルイス・ゴンサウベス氏が、日本代表FW中島翔哉について語った。 中島は今シーズンからポルトに加入。プリメイラ・リーガで16試合に出場し1アシストを記録していた。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断してからは、チームに合流しないことが度々報道。再開後はメンバーに入ることなく、シーズンが終わっていた。 <div id="cws_ad">◆ポルトがクラブ史上29度目のリーグ優勝!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3Q2hUVmlxNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 一部報道ではクラブとの報酬の問題が取り沙汰されていたものの、家族の問題であることが明るみに出ていた。 ポルトは中断明けのシーズンを終えてリーグ優勝を達成。しかし、中島の姿は優勝セレモニーにもなく、メダルも受け取っていないことが大きく報道されていた。 そんな中、ゴンサウベス氏が中島の問題についてコメント。解決のために話し合ったものの、事態が解決しなかったとポルトガル『zerozero.pt』が伝えた。 「中島の問題に関しては、説明するのが難しい。それは、彼がCOVID-19にどのように反応したかに関係している。ただ、それは文化的な問題というよりも、より身近な問題だ」 「例えば、ポルティモネンセの日本人選手はトレーニングに戻っている」 「彼の家族の状況とももっと関係がある。彼には喘息の妻がいる」 「戻って来ることに問題がないことを彼に納得させるため、我々は約40分間を費やした。しかし、それは難しかった。多分、それは言語の問題でもあったと思う」 「中島はポルトの選手であり、トレーニング中なので現時点では問題ない。しかし、問題は依然存在し、我々はそれを解決したいと思う。彼も保証してくれた」 2020.07.30 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガルの魔術師クアレスマがカスムパシャを退団…新天地は古巣ポルトか

スュペル・リグのカスムパシャは29日、ポルトガル代表MFリカルド・クアレスマ(36)の退団を発表した。 ポルトガル代表として80試合の出場歴を持つクアレスマは、バルセロナやポルト、インテル、チェルシー、ベシクタシュ、アル・アハリ、ポルトを渡り歩くと、2019年の夏にカスムパシャに加入。 本職の右ウイングに加え、2列目の全ポジションをこなすテクニックに優れるアタッカーは、カスムパシャでも主力として重宝され、今シーズンはスュペル・リグ27試合4得点を記録していた。 なお、フランス『レキップ』によればクアレスマには、過去に2度(2004年7月~2008年9月,2014年1月~2015年7月)在籍した古巣ポルトが関心を示しているという。 2020.07.30 03:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル関心のポルト主将ダニーロがプレミア参戦を希望 「より高いレベルでプレーしたい」

ポルトに所属するポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラ(28)がプレミアリーグへのステップアップを希望している。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 2015年の加入以降、ポルトの絶対的な主力に君臨するダニーロは、キャプテンに就任した今季も公式戦38試合に出場し、先日にはプリメイラ・リーガ制覇を達成していた。 そのダニーロに関しては、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)の獲得交渉が難航しているアーセナルが次善策として獲得に動いているとの噂が出ている。 そして、今夏の去就に注目が集まるダニーロは、アメリカ『Stats Perform』で、移籍先の候補に挙がるアーセナルの印象について言及。さらに、プレミアリーグへのステップアップを希望していることを明かした。 「彼(ミケル・アルテタ監督)は本当に良い仕事をしていると思う。アーセナルは良いフットボールを見せているし、それが彼の仕事がうまくいっていることを表していると思うよ」 「彼らのスタイルは個人的にフィットし易いと感じている。ボールを大事にし、全員が常にイメージを共有するというのは良いプレースタイルだと思う」 「もちろん、ポルトでのプレーは大好きさ。自分の国でもあるからね。だけど、プレミアリーグのようなより高いレベルのリーグでプレーしたいんだ」 「いつでもプレミアリーグでのプレーを夢見てきたんだ。セリエAでもプレーしたけど、プレミアリーグはより大きなリーグだと思っている。いつかそこでプレーし、より良いプレーヤーに成長したいんだ。個人的に世界最高のリーグだと思っているからね」 なお、ポルトガル代表でも通算37キャップを誇るダニーロに関しては、契約解除金が6000万ユーロ(約74億円)に設定されているものの、契約が残り2年となっていることに加え、コロナ禍での市場価値の下落によってクラブは契約解除金の3分の1程度の移籍金で売却を考慮しているようだ。 2020.07.22 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ポルトMFダニーロに関心! トーマスの次善策か?

アーセナルがポルトに所属するポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラ(28)の獲得に興味を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 アーセナルは今夏の移籍市場でフィジカルと守備力に長けたホールディングロールタイプのMF獲得を目指している。 ここまで幾度となく関連が伝えられるアトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)がトップターゲットと見られているが、5000万ユーロ(約60億円)といわれる契約解除金の支払いに二の足を踏んでおり、交渉は難航している模様だ。 そういった中、同ポジションで新たなターゲットに浮上しているのが、数年前にも興味が伝えられていたダニーロだ。 パルマでキャリアをスタートし、マリティモを経由して2015年にポルトへ加入した守備的MFは、中盤の主力としてここまで公式戦200試合近くに出場。メキシコ代表MFエクトル・エレーラのアトレティコ・マドリー移籍に伴い、キャプテンに就任した今季も公式戦33試合に出場している。 ポルトガル代表でも通算37キャップを誇るダニーロに関しては、契約解除金が6000万ユーロ(約72億2000万円)に設定されているものの、契約が残り2年となっていることに加え、コロナ禍での市場価値の下落によってクラブは契約解除金の3分の1程度の移籍金で売却を考慮しているようだ。 今後もアーセナルはトーマス獲得を最優先事項としていくが、その交渉と並行してダニーロ獲得の可能性を探っていく模様だ。そして、今シーズンの終了近くのタイミングで代理人との交渉も行う予定だという。 2020.06.27 17:30 Sat
twitterfacebook