磐田FWロドリゲス、2.4億円でディナモ・キエフ移籍か

2019.07.31 12:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田に所属するルクセンブルク代表FWロドリゲス(24)のディナモ・キエフ移籍が迫っているという。『Tageblatt』が報じた。

ルクセンブルク代表として16試合1得点をマークするロドリゲスは、ルクセンブルクの複数クラブや、オランダ、モルドバでプレーした後、磐田に今シーズン加入。明治安田生命J1リーグ17位に低迷する磐田のなかで、チームトップの5得点(15試合出場)を挙げるなど活躍している。

そのロドリゲスは、日本で快適な生活を送れていることから移籍に難色。磐田側も当初こそ手放しに拒否姿勢を示してきたが、昨夏も関心が取り沙汰されたディナモ・キエフが諦めず、今夏もルクセンブルク代表ストライカーの獲得に再び乗り出したという。

そうした背景のなかで、ディナモ・キエフがロドリゲスの移籍金として、ルクセンブルク人選手史上2番目に高額な200万ユーロ(約2億4000万円)のオファーを提示しており、これに磐田も合意。今後、数日のうちにも移籍が発表される可能性があり、ロドリゲスは3年契約での加入になる模様だ。

ウクライナリーグ15度の優勝歴を持つディナモ・キエフは、1927年創設の名門。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)も予選から参戦する。

今夏、後半戦の巻き返しを目指して、元日本代表MF今野泰幸や、DF秋山陽介、ブラジル人FWルキアン、オランダ人MFエベシリオを獲得した磐田。ロドリゲスが離脱となれば、打撃を受けることになりそうだが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

就任からわずか4日後…ディナモ・キエフのルチェスク新監督が契約解除

23日にディナモ・キエフの監督に就任することが発表されたミルチェア・ルチェスク氏(74)が、4日後の27日に契約解除を発表した。 先日に退任したオレクシー・ミハイリチェンコ監督の後任として白羽の矢が立ったルチェスク氏。これまでインテルやガラタサライ、ベシクタシュなどの監督を歴任し、2004年から12年間の長期政権を築いたシャフタール・ドネツクでは、8度のウクライナリーグ優勝やUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝にチームを導く手腕を発揮。トルコ代表を指揮した経歴も持つ老将だ。 しかし、ディナモ・キエフの過激派サポーターはこの決定に猛反発。ルチェスク氏が指揮したシャフタールとディナモ・キエフは国内最大のライバル関係にあり、その両チームが激突する“ウクライナ・ダービー”は国内の全サッカーファンが注目するビッグマッチだ。 そのような関係性があるうえ、シャフタールでは黄金時代を築き上げディナモ・キエフに仇なした同氏に、応援するクラブの舵取りを任せるなど言語道断ということだろう。 ルチェスク氏は就任に適した状況ではないと判断し、契約の取り消しを決断。ルーマニア『Gazeta Sporturilor』が以下のようなコメントを伝えている。 「残念ながら、私はディナモ・キエフとの契約を断念することにした。信頼を寄せてくれたスルキスファミリー(クラブオーナー)には感謝しているが、ウルトラスのような熱狂的なサポーターの応援がない環境で働くことは不可能だ」 2020.07.28 02:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ディナモ・キエフ、新監督にルチェスク氏を招へい! シャフタールでは8度のウクライナリーグ制覇に導く

ディナモ・キエフは23日、ウクライナ人指揮官ミルチェア・ルチェスク氏(74)が新監督に就任したことを発表した。契約期間は2年間で1年間の延長オプションが付随している。 同クラブでは先日20日にオレクシー・ミハイリチェンコ監督(57)が退任。アレクサンドル・ハツケビッチ前監督の解任に伴い、2019年8月にスポーツディレクターからトップチームの監督に就任すると、リーグ戦19試合を指揮し12勝3分け4敗の戦績でチームを4年連続の2位に導き、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得。また、ウクライナカップでは5年ぶりの優勝を飾っていた。 その後任としてディナモ・キエフの指揮官に就任したルチェスク氏は、これまでインテルやガラタサライ、ベシクタシュなどの監督を歴任。2004年から12年の長期政権を築いたシャフタールでは、8度のウクライナリーグ優勝やUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝にチームを導いた。 2017年8月からはファティ・テリム監督の後任としてトルコ代表監督に就任。就任当時はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループIで首位クロアチア代表と勝ち点2差の3位と本大会出場の可能性を残していたが、就任後の4試合で1勝2敗1分けと失速。最終的にグループ4位で予選を終え、ロシアW杯に出場権を逃した。 また、2018年に行われたUEFAネーションズリーグでもリーグBのグループ2で最下位に終わり、トルコ代表をリーグCに降格させた。これを受け、トルコサッカー連盟(TFF)は2019年2月に双方合意の下で契約を解除したことを発表していた。 2020.07.24 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表FWがドーピング違反で1年間の出場停止に

ディナモ・キエフに所属するウクライナ代表FWアーテム・ベセディン(24)がドーピング違反により出場停止処分を受けることとなった。 イギリス『BBC』によると、ベセディンは、ドーピング検査を受けたものの不合格。欧州サッカー連盟(UEFA)により1年間の出場停止処分が下されることになったようだ。 事の発端は昨年11月にまで遡る。今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に出場していたディナモ・キエフは、グループステージでマルメと対戦。その際に、ベセディンがドーピング検査の対象となったが、陽性反応を示したようだ。 12月19日までの控訴期間を設けられていたものの、ベセディンは申し出ることはなかった。 ディナも・キエフの下部組織で育ったベセディンは、メタリストへのレンタル移籍を経験し2017年1月にトップチームへ昇格。これまで公式戦105試合に出場し29ゴール11アシストを記録していた。 今シーズンもプレミアリーガで13試合に出場し8ゴール1アシストを記録。ヨーロッパリーグでも6試合に出場していた。 また、世代別のウクライナ代表を経験し、2016年11月にA代表デビュー。アンドリー・シェフチェンコ監督の下でも代表に招集されていた。 本来であればユーロ2020の出場は叶わなかったものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて1年延期となったため、ドーピングでの出場停止は解ける状況。あとは、シェフチェンコ監督に招集されるかにかかっている。 2020.05.12 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す大宮、乾貴士の元同僚セルビア人DFを獲得か? OBで代理人のムルジャ推薦

大宮アルディージャが、新たな外国人選手を獲得するようだ。セルビア『MOZZARTSPORT』が報じた。 報道によると、大宮が獲得に近づいているとされるのは、セルビア人DFアレクサンダル・パンティッチ(27)とのこと。現在は無所属の選手だ。 パンティッチは、セルビアの名門であるパルチザン・ベオグラードの下部組織出身で、2011年7月にラド・ベオグラードでプロキャリアをスタート。2012年8月にはライバルであるツルヴェナ・ズヴェズダへと完全移籍した。 2013年7月にはラ・リーガのビジャレアルへと完全移籍。その後は、コルドバやエイバル、アラベスへとレンタル移籍を繰り返し、2017年2月にディナモ・キエフへ完全移籍。2019年1月からはラ・リーガ2部のカディスへとレンタル移籍し、9月にディナモ・キエフを退団していた。 ラ・リーガでは60試合に出場し1アシストを記録。セルビア・スーペルリーガでは39試合に出場し1ゴール2アシスト。ウクライナ・プレミアリーグでは15試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグでも1試合に出場していた。 また、世代別のセルビア代表を経験しており、U-21セルビア代表として20試合に出場。A代表にも2016年に招集されていたが、出場機会はなかった。 なお、パンティッチに関しては、2014年から2017年まで大宮でプレーした元セルビア代表FWで現在は代理人のドラガン・ムルジャ氏が高く評価。大宮へ推薦し、加入が近づいているようだ。 現時点で大宮から公式発表はないものの、セルビアのラドニチュキ・ニシュが、2018-19シーズンに得点王に輝いたボスニア・ヘルツェゴビナ人FWネルミン・ハスキッチ(30)が大宮へ移籍すると発表。パンティッチは今オフ2人目の外国人補強となるようだ。 なお大宮は、スウェーデン人FWロビン・シモビッチとマケドニア代表MFダヴィッド・バブンスキーの外国人選手2名の退団を25日に発表している。 2019.12.26 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFProの要求は通らず…人種差別被害のタイソンに1試合の出場停止処分

ウクライナサッカー連盟(FFU)の懲戒委員会は21日、シャフタール・ドネツクのブラジル人MFタイソンに1試合の出場停止処分を下した。 10日に行われたウクライナリーグ第14節のディナモ・キエフ戦に先発出場したタイソンは、82分に相手選手との接触でファウルを犯すと、ディナモ・キエフのサポーターから人種差別的なチャントを浴びせられた。それに対してタイソンは、中指を立て、相手GKが持っていたボールを奪いスタンドに蹴り込んだ。 この一連の行為に対し、主審はタイソンにレッドカードを提示。タイソンは目に涙を浮かべながら反発したが決定は覆らず。同選手はそのまま退場処分となっていた。 これを受け、国際選手連盟(FIFPro)は15日にウクライナサッカー連盟に対してタイソンのレッドカード取り消しを要求。しかし、FFU懲戒委員会はこの訴えを棄却。今回の処分が決定した。 また、FFU懲戒委員会は問題の引き金となったディナモ・キエフ側にも1万6000ポンド(約224万円)の罰金とホームゲーム1試合の無観客試合という処分を命じている。 なお、ディナモ・キエフに対してFFU懲戒委員会は保護観察期間を設けると伝えており、残りのシーズン中にクラブが同じような問題起こした場合、1試合の無観客試合処分が科されることとなる。 2019.11.22 04:15 Fri
twitterfacebook