浦和MF山田直輝が期限付き移籍で湘南に1年半ぶりの復帰! 「緑と青の勇者になれるよう日々精進」

2019.07.24 13:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは24日、浦和レッズからMF山田直輝(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は7月24日~2020年1月31日までとなる。なお、期間中は浦和と対戦するすべての公式戦に出場できない。

埼玉県さいたま市出身の山田は、2008年に浦和ユースから2種登録選手としてJ1デビュー。翌年にトップチーム昇格を果たした攻撃的MFは、同年に日本代表にも選出されたが、度重なる故障に苦しみ、2015年から湘南に期限付き移籍。その後、2年間の期限付き移籍期間延長によって在籍した湘南では主力として活躍し、2018年シーズンに満を持して古巣に4年ぶりの復帰を果たした。

しかし、復帰後は再び負傷やポジション争いで苦戦を強いられ、復帰後1年半の公式戦出場はわずか10試合にとどまり、今シーズンも明治安田生命J1リーグで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまった。

山田は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

◆湘南ベルマーレ
「こんにちは、山田直輝です。このたび湘南ベルマーレに加入することとなりました。また湘南ベルマーレでプレー出来ることを大変嬉しく、感謝しています。湘南ベルマーレのために全力を尽くし、ビッグウェーブを作れるように頑張ります」

「そして湘南でサッカー選手として、人間として成長出来る事を自分自信楽しみにしています。緑と青の勇者になれるよう、日々精進しますので、応援よろしくお願いします」


◆浦和レッズ
「このたび湘南ベルマーレへ移籍することとなりました。まずは浦和に帰って来てからの1年半本当にありがとうございました。浦和レッズに関わる全ての方々が僕を温かく迎えてくれ、応援していただけたことに重ねて感謝します。そんな中チームの力になれず、また道半ばでチームを離れることを申し訳なく思います」

「浦和レッズは僕の愛するチームであることは変わりません。これからはみなさんと同じ一サポーターとして、応援していきます。まだまだサッカー選手として成長する山田直輝を少しでも応援していただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

町田の選手1名が新型コロナ陽性判定、濃厚接触者は2名

FC町田ゼルビアは30日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日に実施したJリーグ公式PCR検査で陽性判定となったとのことだ。 なお、選手とチーム関係者の2名が濃厚接触者として認定されたとのことだ。 26日はトレーニングが実施され、抗原定性検査では全選手が陰性に。28日に当該選手の陽性疑いが出たため、全選手と関係者が抗原定性検査を実施したものの、全員が陰性となった。なお、この時点で当該選手と濃厚接触者と思われる関係者は隔離されていた。 29日に当該選手が再びPCR検査を実施したところ陽性判定に濃厚接触者2名も判明し隔離。残りの選手と関係者はホテルで自主隔離を行ったとのことだ。 なお30日にも当該選手を除く選手、関係者全員がPCR検査を実施しているが、結果はまだ出ていないとのことだ。 当該選手、濃厚接触者の2人とも発熱などの症状は出ていないという。 町田では23日に選手1名が発熱を伴う症状があり、新型コロナウイルスで陽性判定を受けていた。 2021.07.30 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸が札幌大学MF野瀬龍世の来季加入内定を発表

ヴァンラーレ八戸は30日、札幌大学のMF野瀬龍世(21)の来季加入内定を発表した。 また、野瀬はJFAの特別指定選手としても承認され、今シーズンも八戸でプレーが可能となる。なお、背番号は「41」となる。 野瀬は北海道出身で、東海大学付属札幌高校から札幌大学へと進学していた。 2021.07.30 11:53 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が在籍4カ月のFWルリーニャとの契約満了を発表、11試合でノーゴール

モンテディオ山形は30日、FWルリーニャ(31)との契約満了を発表した。7月31日で満了となる。 U-17ブラジル代表歴を持つルリーニャは母国やポルトガル、韓国、UAE、キプロスでのプレーを経て、2020年にジュビロ磐田に加入した。 明治安田生命J2リーグ26試合の出場で5得点を記録したが、1年で磐田を退団。4月に山形への加入が発表されていた。 山形では明治安田J2で10試合に出場、天皇杯で1試合に出場したがゴールはなかった。 ルリーニャはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん4ヶ月という短い期間でしたが、私を温かく迎えていただきありがとうございました。大好きなこのチームでJ1昇格まで共に戦いたかったです」 「チームを離れますが、これからの後半戦での躍進を心から願っています。またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています」 2021.07.30 10:36 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の大卒ルーキー今掛航貴が水戸に育成型期限付き移籍

水戸ホーリーホックは29日、サガン鳥栖からDF今掛航貴(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」を着用する。 今掛は興國高校、中央大学を経て、今季から鳥栖でプロキャリアをスタート。JリーグYBルヴァンカップでこそ3試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで出番に恵まれずにいた。 出場機会を求め、シーズン途中の移籍を決断した今掛は水戸を通じて「1日でも早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように頑張ります! よろしくお願いします!」とコメントした。 一歩、鳥栖を通じては「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓っている。 「サガン鳥栖という素晴らしいクラブで沢山のことを学び、経験できて本当によかったです。成長した姿を見せれるように頑張ってきます!」 2021.07.29 16:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly