ポルト退団のブラヒミ、新天地はまさかのカタールに! 2022年までの3年契約を締結

2019.07.23 05:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ラーヤンは22日、アルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(29)をフリーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となる。

2014年のポルト加入以降、公式戦215試合に出場し、54ゴール43アシストを記録する技巧派ドリブラーのブラヒミは、2018-19シーズンも公式戦49試合に出場し13ゴール9アシストの数字を残すなど主力として活躍した。しかし、今夏のステップアップを望む同選手はポルトとの契約を更新せず、6月30日に契約が満了。そのため、現在はフリーとなっていた。

また、世代別のフランス代表としてプレーしていたブラヒミだったが、フル代表はアルジェリアを選択。2013年3月にアルジェリア代表デビューを飾ると、これまで49キャップで11ゴールをマーク。先日アルジェリアの優勝で幕を閉じたアフリカネーションズカップ(ANC)2019のメンバーにも選出されており、グループステージ1試合と決勝戦に途中出場していた。
フリーでの獲得が可能となるブラヒミに対しては、アーセナルやローマらビッグクラブが獲得に動いていたが、新天地はまさかのカタールとなった。

関連ニュース
thumb

クリスティアン・ロドリゲスが37歳で現役引退…“セボージャ”の愛称で親しまれたドリブラー

元ウルグアイ代表MFクリスティアン・ロドリゲス(37)が現役を引退した。同選手の古巣であるペニャロールが17日に発表した。 ペニャロールの下部組織出身で“El Cebolla(エル・セボージャ:玉ねぎの意)”の愛称で親しまれたロドリゲスは、2005年夏にパリ・サンジェルマンに移籍し渡欧。ベンフィカへのローン移籍を経て、2008年夏に加入したポルトでは4年間の在籍で公式戦120試合に出場し、3度のリーグ制覇や国内カップ3連覇などに貢献した。 2012年夏にアトレティコ・マドリーに加入すると、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるラ・リーガ優勝を経験した。その後はブラジルのグレミオ、アルゼンチンのインデペンディエントなどでプレーし、2017年2月にペニャロールに復帰。同シーズンと翌シーズンのウルグアイリーグ連覇に大きく貢献した。 その後、2021年から直近までは母国のプラサ・コロニアでプレーを続けていた。 また、ウルグアイ代表としても輝かしいキャリアを持ち、2003年10月のメキシコ代表戦のデビューから通算110試合に出場。2011年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもあった。 2023.01.18 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

来年40歳のぺぺ、ポルトと契約延長へ? W杯で決勝T史上最年長ゴール記録を樹立

ポルトがポルトガル代表DFペペ(39)との契約延長を用意しているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。 来年2月に40歳を迎えるペペ。ポルトガル代表として臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメント1回戦のスイス代表戦で決勝トーナメントにおける史上最年長ゴール記録を樹立し、年齢を感じさせない活躍に称賛の声が集まった。 クラブキャリアでは10年にわたって在籍したレアル・マドリーを2017年夏に離れたのち、ベシクタシュを経て2019年1月から古巣ポルトに復帰。今季も主力として中断期間までにリーグ戦7試合に出場し、主将の大役も担っている。 今なお圧倒的な存在感を放つぺぺ。ポルトの経営陣は選手との契約満了を2023年6月に控え、延長も視野に。ジョルジェ・ヌーノ・ピント・ダ・コスタ会長は「ぺぺはあと5、6年プレーできる。競争力を持ち続けた怪物だ」とコメントしている。 残念ながらポルトガル代表はカタールW杯でベスト8敗退となったが、ぺぺの活躍はもうしばらくポルトガルの地で見られそうだ。 2022.12.16 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ケパやメンディでも満足できず? チェルシー、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ獲得を画策か

チェルシーが、ポルトのポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 現在、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディという2人の名GKが所属するチェルシー。後者は2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に大貢献し、同年のFIFA男子最優秀GKという確かな地位を築いたが、ここ数年その後塵を拝していたケパも、今季は中断前まで再び台頭していた。 トップクラスのGK2人が鎬を削る贅沢な環境だが、チェルシー上層部は新たにポルトガル代表GKの獲得を目論んでいる模様。ポルトの下部組織出身のジオゴ・コスタは、カタール・ワールドカップでも守護神として活躍中。2戦目のウルグアイ戦ではクリーンシートで勝利に貢献した。 ケパやメンディに負けず劣らずの優れたGKだが、ポルトとは11月に2027年まで契約を延長したばかり。その際に契約解除金が7500万ユーロに設定されたが、チェルシーは推定7000万ユーロの移籍金を用意しているとのこと。すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏と接触しているという。 イギリス『サン』によれば、チェルシーとしては週給15万ポンドと言われるケパの維持コストを高額と見ているようで、2025年までの契約となっている28歳は、すでに退団が既定路線になっていると推測されている。 2022.11.30 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルト、イラン代表FWとの契約延長望むも… 今夏はアーセナルやチェルシーが関心

ポルトがイラン代表FWメフディ・タレミ(30)との契約延長を目指しているようだ。 タレミは母国の強豪ペルセポリスやカタールのアル・ガラファなどを経て、2019年夏にリオ・アヴェへ加入。欧州初挑戦ながら1年目に公式戦37試合21得点を記録し、早くも翌夏に名門ポルト行きのチャンスを掴んだ。 ポルトでも加入当初からゴールを量産し、通算114試合で62得点42アシストを記録するなどエースとして君臨。今季はチャンピオンズリーグ(CL)でここまで5得点を挙げ、グループステージの首位通過に大きく貢献している。 現行契約は2024年6月まで。ポルトガル『A BOLA』によると、すでにクラブから延長オファーを受けているものの、カタール・ワールドカップ(W杯)が終わるまでは話し合いに応じない姿勢だという。 今夏にはアーセナルやチェルシーなどからの関心も取り沙汰されていただけに、W杯での活躍次第では30歳にしてビッグクラブ行きを見据えているのかもしれない。 2022.11.08 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトとの対戦決定にサネッティ副会長「どの相手でも最大限の敬意を払わなければならない」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の相手がポルトに決まったことを受けてコメントした。イタリア『Sport Mediaset』が伝えている。 グループリーグでは、バイエルンやバルセロナが同居し“死の組”と称されたグループCを3勝1分け2敗の2位で通過したインテル。 7日に行われた抽選会で、ラウンド16の相手はアトレティコ・マドリーやレバークーゼンと同居したグループBを首位で通過したポルトに決定。 サネッティ副会長は、元チームメイトが率いるチームとの対戦について、複雑な試合になると話した。 「ポルトのことはよく知っているし、元チームメイトの(セルジオ・)コンセイソンは素晴らしい仕事をしている。2月頃の調子にも大きく左右されるだろう。相手は我々と同じくチャンピオンズリーグを勝ち上がってきたクラブだし、どの相手でも最大限の敬意を払わなければならない」 また、来夏に契約満了を迎えるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの延長交渉の状況について問われると、「我々は話し合っているし、一緒に進むためのすべての条件が揃っている」と短くコメントした。 2022.11.07 23:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly