江蘇蘇寧がレアンドロ・ダミアンにオファーか…本人は川崎F残留を希望

2019.07.10 05:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
中国スーパーリーグの江蘇蘇寧が、川崎フロンターレに所属する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(29)の獲得に乗り出しているようだ。ブラジル『グローボ』が報じている。

今冬にサントスから川崎Fで完全移籍で加入したレアンドロ・ダミアンは、これまで公式戦19試合に出場し8ゴール3アシストをマーク。しかし、速いパスワークを駆使する川崎Fのスタイルへの順応に苦しんでおり、本来の力を発揮できていない状態が続いている。

そんな中、『グローボ』によれば、中国の江蘇蘇寧がレアンドロ・ダミアンの獲得に向けて移籍金1200万ドル(約13億円)のオファーを出しているという。しかし、同選手は川崎Fへの残留を望んでおり、クラブが断り切れないオファーが届かない限り、川崎Fでのプレーを続けるつもりのようだ。


関連ニュース
thumb

天皇杯の残り3試合は100%収容が決定! 声出しなど不可も、ついにスタジアムが満員に

日本サッカー協会(JFA)は8日、天皇杯の観客動員に関する声明を発表した。 昨シーズンから、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、スタジアムの観客動員に関しては制限がかけられ、当初はリモートマッチ(無観客)になる試合も生まれていた。 徐々に日本国内での感染状況が落ち着いたこともあり、徐々に観客動員を進めて行く中、それでもスタジアムが満員になることはなかった。 2021シーズンのJリーグも「収容人数の50%以下または1万人の少ない方」という日本政府の方針に従って制限を設けていた中、ワクチン接種や感染防止対策などの影響もあり、徐々に制限が緩和。「収容人数の50%」というところまで来ていた。 そんな中、準決勝の2試合と決勝を残す天皇杯に関して、JFAは観客収容率100%で運営していくと発表。マスクの着用や手指消毒などの感染予防対策をすることはもちろん、応援スタイルもチャントやコールなどの声を出しての応援をしないことを条件に、満員を目指すことで各自治体から承認を得たとのことだ。 なお、準決勝は12日に浦和レッズvsセレッソ大阪、川崎フロンターレvs大分トリニータの2試合が行われ、勝者が19日に国立競技場で決勝を戦う。 JFAは天皇杯実施委員長の須原清貴氏の声明を発表。観客への感染予防対策、観戦ルールの徹底をお願いした。 「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会は、今週12日(日)に準決勝、19日(日)に決勝を迎えるステージとなりました。今年は従来のフォーマットで回戦を重ねてきました。ここまで素晴らしい戦いを繰り広げてきた各出場チーム、熱い応援で各会場を盛り上げてくださったサポーターの皆さまに実施委員長として心から感謝しています」 「ここからの3試合は、観客収容率100%で運営してまいります。日本サッカー協会は、政府の方針に則り、11月下旬に「感染防止安全計画」を開催自治体に申請しました」 「これは、満員のスタジアムにおいてどのように感染症が広がらないよう運営をするか、会場内外の動線、警備、感染対策、そして観客の皆さまの観戦ルールを中心に記したもので、順守することを前提に、各自治体に収容100%での開催をお認めいただきました」 「観戦ルールにつきましては、不織布マスクの着用や手指の消毒、コンコースや移動時のソーシャルディスタンスの確保から、自席以外では飲食をしない、チャントやコールなど声を出しての応援をしない、といった飛沫拡散防止のための項目が含まれています。また、会場内でアルコールの販売は行いません」 「各クラブのファン・サポーターの皆さま、ご来場の皆さまには、会場内でのルール徹底にご協力をお願いする次第です」 「「声」に関しましては、本来であれば、サッカーのゲームは選手、チームがピッチ上で魅せる攻防のみならず、サポーター・ファンの歓声やどよめき、チャントやコールが素晴らしい雰囲気を創り出し、さらにはチームのパフォーマンを引き出す非常に重要なものだと考えています。そういったスポーツの日常を取り戻したい、その気持ちは変わりません。どのような状況になれば心おきなく声を出して応援いただけるのか、日本サッカー協会は引き続き、政府、自治体、感染症の専門家の皆さまと連携しながら模索してまいります」 「現時点では、このサッカーの日常を取り戻すために段階を踏んでいるところです。準決勝、決勝には産業技術総合研究所にもご協力いただき、感染対策の各種調査が行われます。安心、安全にスポーツを楽しんでいただく環境があることを証明するためにも、しっかり協力してまいります」 「まずは、満員のスタジアムで観戦できる状況を取り戻す。この3試合はその第一歩になります。来年のJリーグ、そして各種イベントにおいて満員での開催につながるよう、我々も各対策を講じながら運営に努めてまいります。ぜひとも観戦ルール徹底へのご協力をお願いいたします」 2021.12.08 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台が川崎Fの下部組織で育った日体大MF大曽根広汰の加入内定を発表「ベガルタ仙台のために全力で戦います」

ベガルタ仙台は7日、日本体育大学のMF大曽根広汰(22)の来季加入内定を発表した。 大曽根は、川崎フロンターレのU-13、U-15、U-18に所属。そこから日本体育大学へと進学した。 今シーズンは関東大学サッカーリーグ2部で19試合に出場し4得点2アシストを記録していた。 大曽根はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンより、ベガルタ仙台に加入することになりました、日本体育大学の大曽根広汰です。プロサッカー選手としてのスタートラインに立てたこと、ベガルタ仙台の一員になれたこと、非常にうれしいです」 「ここまでサッカーを続けることができたのも、家族、指導者の方々、チームメートの支えがあったからです。感謝の気持ちをピッチで表現して、恩返しをしたいと思います。ベガルタ仙台のために全力で戦います。応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】仙台に加入が内定した日体大MF大曽根広汰</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">加入内定のお知らせ<br>この度、弊部所属 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E5%BA%83%E6%B1%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大曽根広汰</a> (4年/川崎U-18)の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%BF%E4%BB%99%E5%8F%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベガルタ仙台</a> への2022シーズン加入が内定いたしましたのでお知らせします。<br><br>応援よろしくお願いします<a href="https://twitter.com/vega_official_?ref_src=twsrc%5Etfw">@vega_official_</a> <a href="https://twitter.com/kota_osone_0817?ref_src=twsrc%5Etfw">@kota_osone_0817</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/vegalta?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vegalta</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E4%BD%93%E5%A4%A7%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日体大サッカー部</a> <a href="https://t.co/akQJkNZYZN">pic.twitter.com/akQJkNZYZN</a></p>&mdash; 日本体育大学学友会サッカー部 (@nssu_soccer) <a href="https://twitter.com/nssu_soccer/status/1468068391705780230?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.07 13:22 Tue
twitterfacebook
thumb

3度目のベストイレブン選出の家長昭博「選手が投票してくれて選ばれているのは嬉しい」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレのMF家長昭博が、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。家長は自身3度目、2年連続のベストイレブン選出となった。 ベストイレブンに選ばれた感想については「選手が投票してくれて選ばれているのは嬉しいポイントですし、チームメイトにも感謝したいと思いますし、対戦相手で鎬を削ったみんなにも感謝したいです」とコメント。「来年もここに戻って来れるように頑張りたいと思います」と新シーズンでも受賞したいと意気込んだ。 連覇を達成したシーズンだったが「楽しみながらやれた部分もありましたし、楽しむほど余裕があったわけでもないです」と、簡単なシーズンではなかったとコメント。「でも、1年間通してケガなくプレーできましたし、マイペースですけど、楽しみながら一生懸命できたと思います」と、サッカーを楽しんでプレーできたと強調した。 来年は36歳になる家長。年齢でサッカーをしているわけではないが、円熟味が増していっている状況。「年齢のことはあまり深く考えていないですけど、隣に僕より年上のイニエスタ選手もおられましたし、まだまだ上手くなると思います」と語り、「どんな選手になりたいというのはないですが、見ていて楽しいと思ってもらえる選手になりたいですし、成長できるようにやりたいと思います」と、更なる飛躍を誓った。 2021.12.06 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「団結力」がポイントと語る個人2冠のレアンドロ・ダミアン、ベストゴールは「湘南戦」、印象に残った試合は「名古屋との連戦」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレのFWレアンドロ・ダミアンが、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。レアンドロ・ダミアンは初のベストイレブン選出。さらに、リーグ得点王に加え、最優秀選手賞も受賞となった。 充実のシーズンを過ごしたレアンドロ・ダミアンは「今シーズンは移動も多く、隔離生活が長いシーズンでしたが、より自分たちの団結力を生むことができたのかなと思います」とチームの団結力がポイントだったとコメント。「この団結力をもって今シーズンを戦うことによって、Jリーグを優勝することができましたし、みんなのおかげで自分は得点王にたどり着けたので、みんなには感謝していますし、この賞をもらって嬉しく思います」とチームメイトを含めた全員への感謝を述べた。 今シーズンで印象に残っている試合は「名古屋戦の連戦のところの試合です。あそこは1つカギになった試合だったと思います」とコメント。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程の関係もあり、まさかの首位攻防戦が連戦で行われたところがポイントだったとコメント。「名古屋とはあのタイミングで競っていたので、フロンターレの力を見せることができたのかなと思います」と、そこで結果を残せたことがプラスだったと語った。 また、一番印象に残っているゴールについては「湘南戦(第16節)のゴールです」と5月26日の湘南ベルマーレ戦のゴールを挙げ、「隣にいる山根視来選手から素晴らしいパスをもらって、自分がゴールをしました。あのゴールは自分でもすごく気に入っていて、友人たちからもメッセージが届きました。あのゴールは1つ強く思い出に残っています」と、5月の月間最優秀ゴールに選ばれた一発を挙げた。 このゴールは周囲からの反応も大きかったとコメント。「バイシクルシュートを数々決めてきていますが、相手にサプライズを起こす1つの手段です」と語り、「パスは転がってきたボールでしたが、自分で上手く上げることができて、自分の特徴であるバイシクルシュートを決めることができました」とゴールを解説。「あのゴールを見た時に、友人たちはスーパーゴールだと。これからもこういったゴールを決めてくれと言ってくれました」と、素晴らしいゴールを量産したいとした。 リーグ連覇、得点王にMVP、そしてベストイレブンと充実したシーズンだが、来シーズンはアジアのタイトルも狙う。 「ACLに関しては1位で予選を突破することもできましたし、本当に良い大会を過ごすことができたと思います。残念ながらPKであのような結果になってしまいましたが、今大会はあそこでチームとして非常に良い経験ができたのではないかなと思います」 「この素晴らしい経験を必ず来年のACLに生かして、タイトルを勝ち取りたいと思っています」 <span class="paragraph-title">【動画】ダミアンが一番印象に残っている湘南戦のバイシクルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tvgcZSCJmXg";var video_start = 273;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.06 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

複数ポジションを経験しながら掴んだベストイレブン賞、旗手怜央「ものすごく有難いこと」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレのFW旗手怜央が、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が明かされた。ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出されたなか、旗手は今回が初選出となった。 今季は様々なポジションをこなしながらチームに貢献することになった旗手だが、その経験が受賞につながったとコメント。また、ワールドカップも開催される来年に向けて意気込みも語った。 「いろんなポジションを経験させてもらったことで、僕自身たくさん成長できましたし、そういう経験がなければこの賞もとれなかったと思っているので、そこはすごく有難いなと感じています」 「まだワールドカップは意識してないですし、日頃の練習や試合の積み重ねがそのチャンスにつながると思うので、来季も一日一日大事にして、ケガせず頑張りたいと思います」 2021.12.06 22:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly