シェフィールド・U、3部から3年でプレミア昇格に導いたウィルダー監督と2022年まで契約延長2019.07.10 04:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドは9日、クリス・ウィルダー監督(51)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。現役時代にシェフィールド・Uでプロデビューを飾ったウィルダー監督は、2016年からシェフィールド・Uの指揮官に就任。就任シーズンにフットボールリーグ1(イングランド3部相当)で優勝し2部昇格を果たすと、2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で10位となり、2018-19シーズンは2位で13年ぶりのプレミアリーグ昇格に導いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

シェフィールド・U、ユナイテッドアカデミー出身のMFモリソンをフリーで獲得

シェフィールド・ユナイテッドは16日、今季限りでスウェーデンのエステルスンドを退団したイングランド人MFラヴェル・モリソン(26)を獲得した。契約期間は1年間で延長オプションが付随している。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身である攻撃的MFのモリソンは、2010年10月にユナイテッドでプロデビュー。その後、2012年1月にウェストハムへ移籍した後、バーミンガムやQPRにレンタルに出されていた。そして、2015年7月からラツィオでプレー。 しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、2017-18シーズンはメキシコのアトラスへレンタル移籍。2018-19シーズンはラツィオに復帰したが、ベンチ入りすらままならず2月に退団。その後、フリーで加入したエステルスンドでは、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 2019.07.17 00:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレイズ、クラブ史上最高額でアイルランド代表FWロビンソン獲得!

シェフィールド・ユナイテッドは12日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノース・エンドからアイルランド代表FWカラム・ロビンソン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ブレイズの発表によると、具体的な金額は明かしていないもののクラブ史上最高額での加入となった。なお、この金額に関して現地紙は800万ポンド(約10億8000万円)と推定している。 アストン・ビラの下部組織出身のロビンソンは2013年にトップチームデビュー。しかし、トップチームでは思うように出場機会を得られず、プレストン、ブリストルへのレンタル移籍を繰り返した。 そして、2016年にはプレストンに完全移籍を果たし、3シーズンに渡って主力として活躍。昨シーズンはシーズン中盤に負ったハムストリングのケガによって20試合近くを欠場した中、リーグ戦27試合に出場し12ゴール3アシストの数字を残していた。 左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な178cmの右利きのFWは、鋭い仕掛けからのシュートやクロス、ラストパスでゴールもアシストもできるチャンピオンシップ屈指の好アタッカーだ。 また、イングランドの世代別代表歴のあるロビンソンだが、2018年にアイルランドのフル代表を選択し、ここまで通算6試合に出場している。 2019.07.13 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン退団のジャギエルカ、古巣シェフィールド・Uに復帰

13年ぶりにプレミアリーグに昇格したシェフィールド・ユナイテッドは4日、エバートンを退団していた元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(36)の獲得を発表した。契約期間は1年間となっている。 シェフィールド・Uの下部組織出身で2007年まで同クラブでプレーしていたジャギエルカは、エバートン移籍後、在籍12年間で公式戦385試合に出場し、19ゴール11アシストを記録。2013-14シーズンからはキャプテンとしてチームをけん引していたが、今シーズンはリーグ戦7試合の出場に留まっていた。 ジャギエルカの復帰についてシェフィールド・Uを率いるクリス・ワイルダー監督は以下のように述べている。 「彼は素晴らしいキャリアを積んできた。クラブの歴史の中でも重要なシーズンを迎えるにあたり、フィルを迎え入れることができたのは非常に大きなことだと思う。彼の振る舞いがチームに与える影響は貴重なものだよ」 2019.07.05 05:09 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組シェフィールド・Uが、アーセナルにも所属したMFフリーマンをQPRから獲得

プレミアリーグに昇格したシェフィールド・ユナイテッドは4日、QPRのイングランド人MFルーク・フリーマン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。3年契約となる。 フリーマンは、ジリンガムやアーセナルの下部組織で育ち、アーセナルではセカンドチームで長らくプレー。 アーセナルではトップチームでの出場はないものの、U-23チームで29試合に出場し8ゴール5アシストを記録し、ヨービル・タウンやスティーブネイジへとレンタル移籍を繰り返した。 2012年1月にスティーブネイジへと完全移籍すると、その後はブリストル・シティ、QPRでプレーしていた。 2018-19シーズンはチャンピオンシップで43試合に出場し8ゴール6アシストを記録。FAカップでも4試合に出場し2アシスト、EFLカップで1試合に出場し1ゴールを記録していた。 2019.07.04 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

かつてはポグバ以上の評価を受けた男が昇格組シェフィールド・Uのトライアル受験へ

かつてはマンチェスター・ユナイテッドに所属し、サー・アレックス・ファーガソン監督から最も評価されていた若手選手がトライアルを受けるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 今回注目を集めているのは、元U-21イングランド代表MFラベル・モリソン(26)。ユナイテッドの下部組織で育った逸材として当時は注目を集めていた。2011年にはフランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表MFジェシー・リンガードらとともにFAユースカップで優勝したメンバーの1人で、当時トップチームを率いていたファーガソン監督も高く評価しており、同年代の選手からも一目置かれる存在に。さらには、U-18チームに所属しながらトップチームでも3試合プレーしていた。 しかし、ピッチ外での行動が問題視され、暴行事件などで自らのキャリアに傷をつける。さらには、チームを追いやられ、2012年1月にはウェストハムへと完全移籍すると、バーミンガムやQPR、カーディフへのレンタル移籍を経験。2014年には婦女暴行容疑で逮捕されると、ウェストハムとは契約解消。2015年7月にラツィオへ加入するも、QPR、メキシコのアトラスへとレンタル移籍を経験した。 2019年2月からは半年間の契約でスウェーデンのエステルンドヘと移籍。アルスヴェンスカン(スウェーデン1部)では6試合に出場していたが、契約満了となり現在はフリーの状況だ。 モリソンは、今シーズンからプレミアリーグに昇格したシェフィールド・ユナイテッドのトライアルを受けるとのこと。今週末からポルトガルでトレーニングキャンプをスタートさせるチームに合流すると見られている。その中で、テストされ、契約するかどうかが判断される見込みだ。 かつてはイングランド中で期待された逸材。見事に合格し、ピッチ内で暴れ回ることができるか注目だ。 2019.07.03 17:20 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース