中国代表マルチェロ・リッピ監督、カタールW杯後の引退を宣言

2019.07.06 17:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国代表を率いるイタリア人のマルチェロ・リッピ監督(71)が、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)を以って、監督業から身を引くことを明らかにした。イタリア『sportmediaset』が報じている。これまでナポリやユベントス、インテルをはじめとしたいくつものイタリアクラブで指揮を執ってきたリッピ監督。2004年からは2度に渡ってイタリア代表監督を務め、2006年にはドイツW杯優勝に導いた。

2012年から広州恒大、そして2016年10月から中国代表監督に就任。今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了を以って退任を発表していたが、5月に復任。6月に行われたフィリピン代表とタジキスタン代表との親善試合では見事に連勝を収めた。

2度目の中国代表との契約は2022年まで。そこで1982年から続く長いコーチングキャリアに終止符を打つことを決断した。

「今、私は中国サッカーの経験を積んでいる。もうしばらく続けるつもりだが、この契約が終われば私は監督業から身を引くことにする。その後は管理職で働くことになると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ベニテス率いる大連、残留POを前にフェネルバフチェからブラジル人MFを補強!

中国スーパーリーグに所属する大連人職業は12日、フェネルバフチェからブラジル人MFジェイウソン・シケイラ(25)を完全移籍で獲得した。背番号は「12」を着用する。 移籍金や契約期間などは明かされていないが、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億6000万円)とのことだ。 グレミオの下部組織出身のジェイウソンは、2015年にレンタル移籍で加入したシャペコエンセでプロデビュー。2016年1月にグレミオに復帰すると、2年半で公式戦80試合に出場し4ゴール1アシストを記録。 2018年6月から加入したフェネルバフチェでは、本職の守備的MFだけでなくセンターバックでもプレーし、これまで公式戦63試合に出場していた。 ジェイウソンが加入する大連人職業は、名将ラファエル・ベニテス監督が指揮官を務めており、スロバキア代表MFマレク・ハムシクやベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンらが在籍している。 なお、今シーズンの中国スーパーリーグは新型コロナウイルスの影響でレギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で2グループに分けてのグループステージ方式に変更。そんな中、大連人職業はグループAで2勝7敗5分けと大きく負け越し、7位で残留プレーオフに回ることとなった。 そして、17日に残留をかけたプレーオフ初戦でグループBで6位の石家荘永昌と対戦する。 2020.10.13 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

天津泰達がウリ・シュティーリケ監督を解任…今季は開幕から1分け4敗

天津泰達は19日、ドイツ人指揮官ウリ・シュティーリケ監督(65)の解任を発表した。 シュティーリケ監督は、2017年9月にイ・リムセン前監督の後任として天津泰達の指揮官に就任。昨シーズンは、元ドイツ代表FWサンドロ・ワグナーを補強し、2014年シーズン以来となる一桁順位にチームを導いていた。 しかし、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けシーズンの開幕が無期限延期となると、ワグナーが個人的な理由でチームを退団。7月末にシーズンが開幕したが、これまで第5節終了時点で1分け4敗と未勝利が続いていた。 また、天津泰達は同日に中国人指揮官のワン・バオシャン氏(57)が新監督に就任したことを発表。バオシャン氏は、これまで重慶力帆や北京人和、深センFCなどで指揮官を歴任。2018年9月からは河南建業で監督を務めていたが、今年7月に辞任を発表していた。 2020.08.19 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オスカルが中国代表に!? 「ルールが変わるならヘルプ可能」

上海上港の元ブラジル代表MFオスカルが中国代表入りとしてのプレーに前向きな姿勢を示した。 オスカルは2017年1月にチェルシーから上海上港入り後、一貫して中国でプレー。公式戦通算124試合39得点66アシストの数字を残しているが、48キャップを誇るブラジル代表としての活動は2015年を最後に遠ざかっている。 実際、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を含めて公式戦出場歴があるため、現行のルール的に鞍替えができない状況のオスカルだが、中国国営放送局『CGTN』で可能であれば、中国代表入りの意思があることを語った。 「前にも言ったように、今の僕はこの国にいるが故にブラジル代表に選ばれにくい状況だから、それ(中国代表入り)を考えられる」 「でも、中国であれば、僕がどれだけ良いプレーをしているのか誰もがわかってくれている。最終的に中国代表が良い中盤を探していて、ルールも変わるなら、僕はヘルプできる」 「僕自身は中国が気に入っている。でも、今の選手たちが国籍を変更して中国のためにプレーしたら、もっと強くなれるはずだ」 なお、中国代表は最近、広州恒大に所属するFWエウケソンが帰化して代表入り。2019年9月の代表デビュー後、4試合に出場して3得点をマークしている。 2020.07.28 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

武漢卓爾が約3カ月ぶりに本拠地へ帰還!「ファンの支持と関心に感謝」

中国の武漢卓爾は19日、所属選手たちが約3カ月ぶりに本拠地の武漢に帰国したことを発表した。 武漢卓爾は、2020シーズンに向けて1月下旬からスペインのマラガでキャンプを実施。しかし、その頃武漢では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大。都市封鎖により武漢へ戻ることが出来ない状態となっていた。 当初は2月半ばでの帰国を予定していた武漢卓爾だったが、これを大幅に延長すると、キャンプ地のスペインでも新型コロナウイルスの感染が拡大。これを受け、3月半ばに中国へ帰国したが、武漢には戻ることが出来ず、深センで14日間の隔離生活を過ごした後にトレーニングを再開。 その後、チームは仏山に移動しトレーニングを続けていたが、今月8日に武漢の都市封鎖を解除されると、18日の夜に武漢卓爾の選手たちが武漢駅に到着。数十名の熱烈なサポーターに迎えられた。 104日ぶりの本拠地帰還となった武漢卓爾は、公式サイトで以下のような声明を発表している。 「3カ月以上の放浪の末に、武漢卓爾の選手たちがホームに帰ってきた。クラブはファンの支持と関心に感謝するとともに、流行の状況や様々なイベントスケジュールに応じていつでも前向きな態勢を整え、新シーズンを迎えるため十分な準備を整える」 なお、武漢卓爾は22日から練習を再開する予定だという。 2020.04.20 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

中国代表FWウー・レイがプレミアへ? その興味は戦力以上に中国でのバリューか

エスパニョールに所属する中国代表FWウー・レイ(28)に対して、プレミアリーグのクラブが獲得を目指しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ウー・レイは、2019年1月に上海上港からエスパニョールへと加入。今シーズンはラ・リーガで22試合に出場し3ゴール、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し2ゴールを記録している。 現在世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことでも話題となったが、現在は無事に回復を遂げている。 ウー・レイとエスパニョールは、2020年12月31日まで契約を結んでいるが、エスパニョールとは延長オプションを保持しており、2021年12月まではエスパニョールに滞在するとみられている。 いくつかのプレミアリーグクラブがoウー・レイの獲得に興味を持っているとされているが、それは戦力以上に商業的な側面に大きな興味が持たれている様子。「中国でのメディアバリューが非常に魅力的」と見られているようだ。 エスパニョール移籍後は、ウー・レイを見ようと中国からの観客も増加。また、中国遠征などをオフシーズンに見込めるため、マーケティング的にも効果は大きいとみられている。また、中国市場に進出することはプレミアリーグのクラブにとっても大きく、そのキッカケにウー・レイを獲得する狙いがある様だ。 一方で、中国への復帰の可能性は低いとみられている。ウー・レイは、カタール・ワールドカップの出場を目指す中国代表としても活躍しており、そこまではヨーロッパの高いレベルでサッカーを続けることを求めているという。中国の出場権獲得は簡単ではなさそうだが、何れにしてもエスパニョールを退団してもヨーロッパに留まることにはなるとのこと。果たして、どこのクラブが獲得するだろうか。 2020.04.19 15:45 Sun
twitterfacebook