ボローニャ移籍は冨安次第? ボローニャMD「クラブ間で合意しているが、選択は選手次第」

2019.07.02 21:03 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)とボローニャはいまだ交渉中のようだ。イタリア『トゥットメルカート』が、ボローニャのマネージング・ディレクター(MD)を務めるクラウディオ・フェヌッチ氏のコメントを伝えている。

ボローニャは2日、今季のユニフォーム発表に際し公式会見を実施。この会見においてフェヌッチMDは同クラブに加入濃厚と言われている冨安について発言。冨安がクラブの施設を見学に訪れたことを認めた一方、交渉成立は同選手の選択次第であると主張した。

「冨安はボローニャを訪れていた。彼は自分が働くかもしれないクラブの施設を見たいと言ってきたので案内した。そして、彼は日本へ帰り、我々の掲示した条件を検討している状況だ。我々はクラブ間で合意しているが、選択はプレーヤー次第だ」

フェヌッチMDが語った通り現在は日本へ帰国中の冨安。6月30日には古巣アビスパ福岡の試合を観戦するなど里帰りを楽しんでいるが、果たしてどういった結論を出すことになるのか。今後も引き続き注目である。
コメント