サウサンプトン、リバプールから元イングランド代表FWイングスを買い取り! 昨季はレンタルで8ゴール3アシストをマーク

2019.07.02 04:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンは1日、リバプールから元イングランド代表FWダニー・イングス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。

サウサンプトン下部組織出身のイングスは、ボーンマスでプロデビュー後、ドーチェスター・タウン、バーンリーを経て、2015年夏にリバプール入り。だが、2度もヒザを痛めて戦線離脱を余儀なくされるなどケガに泣かされ、十分なアピールに至らなかった。

その後、2018年8月に古巣サウサンプトンへと買い取り義務付きのレンタル移籍で加入すると、今季は主力として公式戦25試合に出場し8ゴール3アシストを記録していた。

サウサンプトンへの完全移籍が決まったイングスは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った 。

「僕は今、新たな契約書にサインしてきた。とても気分がいいよ。僕は夏の間も新シーズンに向けてコンディションを整ていたんだ。早く練習や試合がしたくてうずうずしているよ」

関連ニュース
thumb

南野拓実がクラブ事情で日本代表を離脱…W杯予選7戦連発中

日本サッカー協会(JFA)は12日、MF南野拓実(リバプール)が日本代表から離脱することを発表した。 JFAの発表によると、南野はクラブ事情のための離脱とのこと。ケガなどではないとのことだ。 南野は5月28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から帯同。ミャンマー代表戦で6試合連続ゴールを記録すると、7日のタジキスタン代表戦でもゴールを決めてW杯予選7試合連続ゴールを記録し、MF本田圭佑(ネフチ・バクー)2015年から2016年にかけて記録した数字に並んでいた。 15日のキルギス代表戦で記録更新が期待されたが、9月の最終予選に持ち越しとなった。 2021.06.12 10:49 Sat
twitterfacebook
thumb

「実力がある」とセルビアを警戒する南野拓実、大迫勇也不在時の攻撃に「何か方法を見つけていかなくては」

日本代表のMF南野拓実(サウサンプトン)が、キリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦に向けてコメントした。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を翌日に控えた10日、南野はメディアのオンライン取材に応対。自身は2列目のレギュラーとしてプレーし、前回のロシアW杯予選時とは大きく立場が変わっていることについては「前回のW杯予選に呼ばれた時の自分とは、責任は違いますし、今の方がチームの一員として試合に出させてもらっている時間もあるので、年齢的にもそうですし、経験も積んでいるので、チームを引っ張っていくではないですが、自分の経験をチームに出していかなければいけないと考えています」とコメント。中心選手としての役割を果たしたいと語った。 今回の活動で最も実力あるセルビアとの一戦については「今までやって来ていることを出すという点では変わらないですが、予想される試合の展開はアジアの相手とやってきた中とは変わってくると思います」と語り、試合展開が変わると予想。「メンバーを見ても今までの相手よりは実力があると思いますし、こういった時期にヨーロッパのチームとやれることは有意義になると思います。今までやってきたことをしっかりとぶつけて、どういう結果になるのかは楽しみです」と、力試しとしてとても楽しみにしていると語った。 一方で、セルビア戦を前にFW大迫勇也(ブレーメン)がケガのためチームを離脱。課題である攻撃の組み立ての部分では、かなめの大迫がいない状況となるが「迫君がいる時といない時で、2列目のやり方は変わってきますが、迫君がいないときにチームとして何か方法を見つけていかなくてはいけないと感じているので、(鎌田)大地とどうなるかわからないですが、周りの選手のコンビネーションでどうやっていくかは試されるかなと思います」と、大黒柱が抜けた状態で何ができるかを試したいと語った。 また「フォーメーションも自分がどこで出るか分からないですが、周りの選手と連動して、自分たちのパターンを見つけられる必要があると思います」とし、新たな攻撃の形を模索したいとした。 トップにはFW浅野拓磨か追加招集のFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)が入ると予想されるが「拓磨は裏のスペースを使って相手のDFラインを下げたり、クロスに飛び込むということが特徴があって、それは迫君とは違うかな」と浅野についてコメント。また「阿道に関しては、裏にも抜けられて身体も強いので、ボールも収められてゴール前の迫力もあるかなと。ただ、合宿に合流して間もないのと、一緒にプレーしていないので、それぞれの特徴はチームとしてしっかり考えて行きたいです」とどちらの特徴にも合わせていきたいと語った。 今回のセルビア代表にはリバプールに所属するMFマルコ・グルイッチが含まれており、南野もプレーしたことがある選手。「少し連絡もとったんですが、仲の良い選手の1人です」とグルイッチとの関係を語り、「身体も大きくて技術も高くて、中盤でボールも捌けて、非常に厄介な選手です」とコメント。「相手のチームにとっては1人の重要な選手だと思っています」と警戒すべき選手だと語った。 2021.06.10 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実は来季もサウサンプトン? ハッセンヒュッテル監督が高評価、リバプールオーナーは売却も検討

サウサンプトンは、改めて日本代表MF南野拓実(26)をチームに残すために動いているようだ。イギリス『ハンプシャー・ライブ』が伝えた。 南野は2020年1月に5年間在籍したザルツブルクからリバプールへと完全移籍。ビッグクラブへの移籍に大きな期待がかかる中、加入したシーズンは公式戦14試合の出場に留まった。 迎えた2年目の今シーズン、コミュニティ・シールドでアーセナル相手にゴールを決めるなど良い形でシーズンをスタート。プレミアリーグでは出番が限られたが、EFLカップでは2ゴールの活躍を見せていた。 しかし、ベンチに座る日々が続いた中、冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへとレンタル移籍。すると、新天地のデビュー戦でいきなりゴールを奪うと、チェルシー相手にもゴール。サウサンプトンでは10試合で2ゴールの活躍を見せていた。 半年間のレンタル移籍のため、リバプールに戻ることが既定路線の中、サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は南野を高く評価。新シーズンもチャンスを与えたいと考えているようだ。 「思うように試合に出られず、練習ばかりしていて、11人の1人として見てもらえないことは、選手にとって決して良いことではない」 「しかし、このような状況でも、後になって試合に出られるようになると、精神的にも楽になる。選手がビッグクラブに行きたがるのは、そこでたくさんのお金が手に入り、トップ6の一員として賞賛されるからだ」 「ただ、それを喜ぶのはほんの一瞬だ。なぜなら、十分なプレー機会がなく、クラブにとって重要でない場合は、あっという間に最悪な気持ちになるだろう」 「彼にとって最も重要なことは、プレーする機会を得ることだ。我々は、ケガ人やローテーションが多かったので、彼が我々の下で多くの試合に出場することは明らかだった」 「リバプールが移籍市場で何かを起こす可能性があり、我々は彼らと話をしたが、何が起こるのかは分からなかった」 「彼にとってはここでプレーすることは重要だった。我々は彼にプレーするチャンスを与え、ここにいてくれることを楽しんでいる」 サウサンプトンがリバプールに状況を伺ったようだが、ハッキリとしたことはまだ決まっていないようだ。 一方で、ユルゲン・クロップ監督は南野を高く評価しており、将来的にはリバプールの戦力になってもらいたいと考えているものの、クラブを所有するフェンウェイ・スポーツ・グループ(FGS)はクロップ監督の意思に反して売却を考えているとも言われる。 何れにしても出場機会を得られることが南野にとっては幸せなことだが、果たしでどうなるだろうか。リバプールとの契約は2024年6月30日まで残っている。 2021.06.08 20:52 Tue
twitterfacebook
thumb

補強着々のビラ、英2部MVPブエンディアの次はFKの名手ウォード=プラウズ?

アストン・ビラがサウサンプトンからイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(26)の獲得も目指しているようだ。 今季のプレミアリーグで最終的に11位という結果に終わったが、一時期に上位をかき乱す存在になるなど、残留争いに巻き込まれることなく、1年を戦い切ったビラ。アーセナルも目を光らせるノリッジ・シティのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアをクラブレコードの移籍金3300万ポンド(約51億円)で射止めたといわれる。 今季のチャンピオンシップでMVPに輝いた注目株の争奪戦を制したばかりのビラだが、イギリス『ガーディアン』によれば、補強はそれだけにとどまらない模様。来季のさらなる躍進を期すビラは補強をできるだけ早く完了させようと、ブエンディアの加入で合意に達した翌日からウォード=プラウズの獲得にシフトしたという。 サウサンプトン一筋のウォード=プラウズはリーグ屈指のプレースキッカーとして評判高い中盤の選手。今季もリーグ最多の被ファウル数を記録したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを擁するビラはウォード=プラウズのプレースキック精度が攻撃の強化に繋がり、武器にもなるとして、白羽の矢を立てたようだ。 また、ビラのディーン・スミス監督は今夏に関して量よりも質のスタンスで、新戦力に大きなインパクトを与えるプレーを求めている様子。ウォード=プラウズは年齢やリーグでの経験値という部分だけでなく、プレースタイルの面でもスミス監督が求めるといわれるプロフィール基準に合致する存在だという。 なお、ウォード=プラウズは昨夏、サウサンプトンとの契約を2025年まで延長。今季も主将という役割を担いながらリーグ戦全38試合に先発して8得点7アシストの活躍を披露した。 2021.06.07 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「真剣勝負になる」U-24日本代表戦に意気込むMF南野拓実「プライドを見せる」

日本代表は2日、U-24日本代表とのチャリティーマッチを翌日に控え調整を行った。 キリンチャレンジカップ2021でジャマイカ代表と3日に対戦予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査に関してジャマイカ代表の選手の陰性証明書に不備が見つかり来日できず。その結果、中止の判断が下された。 その代替試合として、日本サッカー協会(JFA)は日本代表とU-24日本代表のチャリティーマッチを行うことに決定。U-24日本代表としては急遽の試合となったが、ジャマイカ戦以上の注目を集める対決となった。 試合を翌日に控え、MF南野拓実(サウサンプトン)がオンラインでのメディア取材に応対。U-24日本代表との試合については「楽しみだなという気持ちが一番ですね」とコメント。「こんな機会は今後もないでしょうし、色々あってこうなりましたが、U-24の選手も必死にプレーするでしょうし、僕たちも勝利にこだわってプレーしたいなと。真剣勝負になると思うので、楽しみだなと思います」と語り、本気で勝利を目指すと語った。 今回のU-24日本代表には、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ(OA)の選手がいる。 普段から日本代表でプレーする相手と対峙するが「お互いに選手の特徴をわかっているという部分はメリットもデメリットもあると思っていて、OAの選手たちはこれが1試合目になると思うので、個人の能力は高いですがチームという部分では僕たちの方が少し優位なのかなと思います」とコメント。警戒しながらも、チーム力では上回っているとコメント。「こっちも、Jリーグの選手たちが入ってきて1試合目という部分はありますが、お互いにやりにくさはあるかなと思います」とし、よく知る相手だからこその難しさがあると語った。 難しい試合になるだろうと予想する南野。「オリンピック代表の選手が特にこの試合のせいで凄くタイトなスケジュールになりますし、絶対ケガもしたくないと思いますが、絶対にアピールになって、直接A代表にアピールできるので、モチベーションという部分ではすごく高くやってくると思っています」と、アピールしたい選手が多いだろうと語った。また「僕たちもA代表として負けられない試合だなと感じていますし、本気の試合になるだろうなと。難しさという部分は色々ありますし、やりにくさとかはありますが、試合がお互いに本気だと思うので、ケガなくやれれば良いかなと思います」と語り、ケガには気をつけながらもしっかりと戦いたいと語った。 一方でA代表の強さを示す必要もある試合。「僕だけじゃなく、A代表の選手はそれを絶対に示さないといけないと思いますし、そういうプライドを見せるという部分でも、僕たちはそうしないといけないというか、その部分では絶対に負けたくないと思います」と、A代表のプライドをかけて戦うと意気込んだ。 最終予選まではU-24日本代表戦を含めて4試合しかない日本代表。南野はこの4試合について「最終予選までにこの4試合しかないので、前回も海外組の選手たちだけでチームとしての理解を深めるであったり、試合の中で攻撃の距離感や守備でのコンパクトさなど、やろうとしている部分を共有することが重要だと考えていました」とコメント。「Jリーグの選手たちとも練習からそういった部分をチームとして完成度を高めていくことが、最終予選に向けての最後の試合の中で1つ重要なポイントになると思います」と、チーム力を上げていく必要があるだろうと語った。 その中では、3月からのシステムでもあるトップ下にMF鎌田大地(フランクフルト)が入り、左に南野が入るシステムが機能している。鎌田については「フランクフルトでもトップ下でやっていて、裏のスペースを使うのが上手い選手。僕もそういうい部分が特徴だと思うので、裏のスペースを生かし合う、お互いを見てそこのスペースを共有するということを意識しています」とコメント。「ポジションが被らないようにポジションチェンジをしていくことも相手には嫌だと思いますし、迫くん(大迫勇也)や純也くん(伊東純也)、ボランチの選手もつけながら、攻撃をやっていくことを話し合っていますし、それぞれの特徴を生かしてプレーできればと思います」とコメント。前線のユニットで良い関係が築けていると語った。 2021.06.02 22:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly