リシャルリソンが慣れないイギリスでの生活に満足している理由「女の子がかわいい」

2019.06.26 16:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがイギリスでの生活に苦労していることを認めている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2017年夏に母国フルミネンセからワトフォードに移籍し、翌年エバートンにステップアップしたリシャルリソン。今季はプレミア35試合で13ゴールという上々の成績を収めたが、初めてイギリスに来た頃は苦労したと語っている。

「イングランドでの1年目はとても難しかった。ここの天候になかなか慣れることはできなかったし、ピッチでは足は震え耳は赤く燃えていたんだ」

「食事の文化はイギリスとはかなり違ってて、僕はあまり好んでここの料理は食べないんだ。ワトフォードで初めて食べた食事が口に合わなくて5ポンド溝に捨ててしまったよ」

だが、そんなリシャルリソンがイギリスで満足していることもある。

「ここの人たちはみんなフレンドリーで教養があるんだ。特に女の子は本当にかわいいね!」

楽しそうで何よりである。

関連ニュース
thumb

スパーズ新加入のリシャルリソン、昨季チェルシー戦の行為で出場停止と罰金処分に

トッテナムは4日、ブラジル代表FWリシャルリソンに関する声明を発表した。 今月1日にエバートンから移籍したリシャルリソン。移籍金は5000万ポンド+アドオン1000万ポンドの総額6000万ポンド(約98億2000万円)と報じられ、今夏の移籍市場を代表するビッグディールの一つとなった。 移籍金に見合った活躍に期待したいところだが、元々の素行の危うさが早くも新クラブに迷惑をかけることになったようだ。トッテナムによると、イングランドサッカー協会(FA)の独立規制委員会はリシャルリソンに対し、リーグ戦1試合の出場停止と25000ポンドの罰金を課した。 問題視されたのは5月1日にグディソンパークで行われたチェルシー戦でのある行為。この試合は他でもないリシャルリソンのゴールで勝利し、降格崖っぷちだったチームが上位のチーム相手に残留に望みを繋ぐ金星を挙げたことで注目を浴びた。 サポーターの興奮はもっともだが、リシャルリソンは興奮のあまり、ピッチに投げ込まれた発煙筒をスタンドに投げ返すという暴挙に出てしまった。投げ返した所はファンのいない場所だったようだが、試合後にFAが警察協力のもと調査を開始していた。 そして、この度上述の制裁が科され、トッテナムは「トッテナム・ホットスパーFCのフォワードがエバートンでプレーしていた際、チェルシー戦の46分の行為が不適切だったことを認め、その後のヒアリングで制裁が課されました」と声明を発表するに至った。 なお、トッテナムの来季のプレミアリーグ開幕戦の相手はサウサンプトン。リシャルリソンの出場停止はこの試合が対象となる。 2022.07.05 21:59 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンのレジェンド、ダンカン・ファーガソン氏が退団…3人の監督の下でACを務める

エバートンは4日、アシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏(50)がクラブを退団することを発表した。 現役時代はスコットランド代表としても活躍し、エバートンでキャリアの大半を過ごしたファーガソン氏。公式戦260試合に出場し68ゴール7アシストを記録するなど、レジェンドとして知られている。 引退後にはエバートンのU-18でアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。その後はファーストチームのスタッフになると、カルロ・アンチェロッティ監督、ラファエル・ベニテス監督、フランク・ランパード監督の下でアシスタントコーチを務めた他、2度の暫定監督を務めていた。 今回は、自身の監督業の新たな挑戦のために退団するとのこと。クラブを通じてコメントしている。 「信じられないほど難しいことではあるが、私のキャリアの次のステップに進み、その新たな挑戦を探すために先に進む必要がある」 「クラブは私にとっては素晴らしい場所だった。彼らは私の旅をずっと支えてくれていた」 2022.07.05 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがコロンビア代表FWシニステラ獲得に接近? フェイエノールトは42億円前後を要求か

フェイエノールトのコロンビア代表FWルイス・シニステラ(23)に対し、リーズ・ユナイテッドなどが関心を寄せているようだ。 シニステラは2018年夏に母国のオンセ・カルダスからフェイエノールトへと加入した左ウイングを本職とするスピードスター。昨季は公式戦通算49試合23得点14アシストを記録するなど、絶対的エースとしてチームを牽引した。 昨季終盤にはナポリが関心を寄せているとも報じられていたが、オランダ『テレグラーフ』によると、現在ではプレミアリーグへのステップアップが濃厚と目されており、エバートンとリーズが獲得に本腰を入れているとのことだ。 エバートンはこれまで攻撃の核として活躍したブラジル代表FWリシャルリソン(25)が、移籍金6000万ポンド(約82億円)でトッテナムへ移籍。一方のリーズも、同じくブラジル代表のFWハフィーニャ(25)の移籍が盛んに報じられており、エバートン同様に高額な移籍金収入が見込まれている。 現時点でシニステラ獲得により近いのがリーズとのことで、『テレグラーフ』は、リーズがハフィーニャを売却して移籍金を得た場合は、その大部分をシニステラにあてるだろうと分析。フェイエノールトは自分たちのエースを狙うクラブの足元を注意深く観察しており、3000万ユーロ(約42億円)前後を要求するものと考えられている。もし交渉が成立した場合は、フェイエノールト史上最高額の移籍となる可能性が高い。 2022.07.04 21:44 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン退団のFWトスンが古巣ベシクタシュに4年半ぶりの復帰

ベシクタシュは2日、エバートンを退団したトルコ代表FWジェンク・トスン(31)の加入を発表した。契約は2023年6月30日までとなるが、1年の延長オプションが付随している。 2018年1月に加入したエバートンでは、公式戦61試合11ゴール6アシストの数字に留まったトスン。今夏にクラブとの契約が終了した中、新天地は母国屈指の名門である古巣のベシクタシュとなった。 トルコ代表として45試合18ゴールを誇るトスンは、 フランクフルトでプロキャリアをスタートさせると、ガズィアンテプスポルを経て、2014年からベシクタシュでプレー。同クラブでは公式戦通算142試合64ゴールをマークしていた。 2022.07.03 12:07 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、今夏最初の補強はCBタルコウスキ…4年契約

エバートンは2日、イングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(29)をバーンリーから完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、2026年6月30日までの4年契約を結んだ。背番号は「2」をつける。 オールダム・アスレティックでキャリアをスタートさせたタルコウスキは、ブレントフォードを経て、2016年2月にバーンリーに完全移籍する。 バーンリーでは主軸としてプレーし、6年半で公式戦219試合に出場し7ゴール5アシストを記録していた。 イングランド代表としても2試合に出場していた。 2021-22シーズンはプレミアリーグでブロック数でリーグ1位、空中戦のデュエルで2位となっており、リーグ屈指のセンターバックとして活躍している。 タルコウスキはクラブを通じて加入についてコメントしている。 「エバートンに加入できて興奮している。ビッグクラブだ。僕はこれからの数年を本当に楽しみにしており、与えられた機会に感謝している」 「僕は野心的な人。達成したい、勝ちたい、成功するためにここに来た」 2022.07.02 21:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly